シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

あなたが捨てるべき4つのガラクタとは?~カレン・キングストンに学ぶ


Pocket

断捨離をして、不用品を捨てるということは、ガラクタを捨てるということですが、このガラクタの正体について、あなたは考えたことがありますか?

ガラクタはただのゴミではありません。ゴミなら、誰だって毎日捨ててますよね?汚部屋やゴミ屋敷の住人はやや事情が違うかもしれませんが。

今回はこのガラクタについて詳しく見ていきます。意外と自分ではガラクタだと思ってなかったものが、しっかりガラクタだったことに気づくかもしれません。

ガラクタの語源

clutter (クラター)とは?

ガラクタは英語で clutter (クラター)といいます。

断捨離提唱者のやましたひでこさんは、自分のことを「クラター・コンサルタント」と言っていますので、この言葉に馴染みのある方も多いかも。

クラターという言葉は、山下さんが肩書に使う前は特に日本語になっていたわけではありません。

英語で、ガラクタを捨てることを declutter (ディクラター)といいます。clutter に「分離、除去」を意味する接頭語の de- をつけて動詞として使っています。この言葉は比較的新しい単語です。

というのも、筆子の古い電子辞書にはのっていないですから。しかし、昨今ひじょうによく使われています。きわめて今日的な言葉ですね。

筆子が断捨離バイブル本として愛読している、カレン・キングストンの「ガラクタ捨てれば自分が見える」の中で、このclutter の語源にふれています。

関連⇒「ガラクタ捨てれば自分が見える」から学んだ心の断捨離~ミニマリストへの道(25)

それによると、clutterは、中世の英語で、「凝固する」という意味の clotter から派生した言葉です。凝固する、つまり、ネトネトと固まって、さまざまな物の流れをさえぎってしまうものがガラクタ、ということですね。

clutter は clot (血、粘土、ゴムなどの)どろっとした固まり、という単語の親戚です。


ガラクタとは?

日本語の「ガラクタ」の語源ですが、こちらはガラ+クタに分解できます。

ガラは、ガラガラと物が当たって出る音。クタはゴミという意味の「芥(あくた)」から来た言葉。「芥(あくた)」は「朽ちる(くちる)」がなまったものではないかと考えられています。

ガラガラと崩れ落ちてくるゴミ、あるいはものすごく古くて腐ってるようなもの。そこらに積み重なって風通しを悪くしているものがガラクタなのです。

clutter も ガラクタも、ただのゴミではなく、その場にべったりくっついて、動こうとしない固まりというイメージですね。

4つのガラクタの種類

カレン・キングストンはガラクタを4つのカテゴリーに分けています。

1.Things you do not use or love
2.Things that are untidy or disorganised
3.Too many things in too small a space
4.Anything unfinished

和訳すると、
1.使っていないもの、愛していないもの
2.きちんと整理されていないもの⇒ぐしゃぐしゃになってるもの
3.あまりに狭いスペースに、たくさんありすぎるもの
4.すべきことが終わっていないものすべて

1つずつ説明し、例をあげますね。

1.使っていないもの、愛していないもの

これは、想像しやすいと思います。思わず通販で衝動買いしてしまったものの、全然着ていないスーツ、結婚式の引き出物でもらったけど、全く趣味ではない、たち吉の茶碗蒸しセット、といったもの。

これはほかのお片づけ本にもよく出てきます。こんまり流でいいえば、「ときめかない物」たち。

2.きちんと整理されていないもの⇒ぐしゃぐしゃになってるもの

たとえ自分の好きなものばかりを持っていたとしても、整理がなされていなくて、使いたいときに、さっと取り出せないものは、カレンに言わせるとガラクタです。

それぞれの定位置を決めて、使ったらいつもそこにしまうことで、ガラクタから「ふつうの物」に昇格させることができます。

3.あまりに狭いスペースに、たくさんありすぎるもの

小さなスペースに、たくさんの物を入れると、それはガラクタになってしまいます。収納術を駆使して整理整頓し、下駄箱に靴をたくさん入れて、一見すっきりしているかのように見えても、これはカレン的にはガラクタです。

小さな収納場所に、物を入れれば入れるほど、そこをエナジー(気)が自由に流れることができないため、私たちは身動きがとれなくなってしまうのです。

これは食器棚や洋服ダンスの中でもよくある現象です。自分が下駄箱の靴、食器棚のマグ、洋服ダンスの中のブラウスだと想像してみればわかります。

相当息苦しいのではないでしょうか?何事においても余白は必要なのです。

4.すべきことが終わっていないものすべて(未完了のもの)

このガラクタはあまりほかのお片づけ本にのっていないと思います。キングストン独特の定義ではないでしょうか。

このカテゴリーのガラクタは一見、ガラクタには見えにくいのですが、そのネガティブパワーは強力です。

たとえば、修理が必要な物です。こわれたパソコン、エアコン、iPhoneなど、そのままにしているとすごくストレスを感じてしまいます。

家電はわりとすぐに修理に出したり、古いのを捨てて買い替えたりしますが、もっと小さなことで、修理が必要なものがあります。たとえば、取れかけのボタンとか、すそあげしなければいけないズボンやスカート。

ずっと前から「掃除しなくちゃ」と思っている窓ガラス、汚いから気になっているパソコンのキーボード(筆子のがそうです)、パッキンがゆるんで水がポタッ、ポタッと落ち続ける水道の蛇口、庭に生え放題の雑草。

返さなければいけない本やお金。かけなければならない電話、返事をすべき手紙やはがき、支払いの終わっていない請求書。提出しなければいけない宿題や報告書。

読みかけでずっと放置されている本、3年ぐらい編みかけのセーター。やりかけて止まっている問題集。

ケリをつけなければいけない問題。決めなければならないこと。

すべて「終わっていないもの」です。

べつに終わらせなくても、日々を過ごすことはできるので、人はこうしたことを無視しがち。ところが、この「未処理の問題」は心の奥底で、いつも私たちをネガティブな方向にひっぱっています。

問題が大きければ大きいほど、知らず知らずのうちに私たちのこころをむしばんでいるのです。

その証拠に、やらなければいけないことをやると、すごくスッキリして、気持ちが晴れ晴れします。たとえ「メール1通送る」という、小さなことであったとしても。

「終わっていないもの」は、終わらせるか手放すかして、できるだけ早く自らを開放しなければなりません。

筆子が、わりと小さなタスクも早め早めにやるようにしているのは、終わっていないガラクタに押しつぶされたくないからです。

grey dot line

いかがでしたか?

こんなガラクタがあることを知ると、断捨離はさらに進みますね。1と2のガラクタは、わかりやすいですが、3と4は意外と盲点ではないでしょうか?

スペースに余裕をもたせることと、小さなことでも、やるべきことはどんどんやっていくと、本当に心が軽くなります。このカテゴリーのガラクタを捨てるのは、特におすすめです。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの中を検索