シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

80対20の法則を利用してミニマリスト的な生活をする方法


Pocket

80対20法則をご存知でしょうか?

イタリアの経済学者であり社会学者の、ヴィルフレド・パレート(1848-1923)の「全体を構成する大部分は、全体のうちの一部分のみが生み出している」という理論をベースにした考え方です。

全体は100
大部分は80
一部分は20

私は80対20の法則を念頭において、暮しをシンプルにしています。

パレートの法則とも呼ばれます。
80対20の法則

80対20の法則とは?

パレートはイタリアの富の80%は、イタリア国民の20%が所有していることに気づきました。別の言い方をすると、20%の高所得者が、イタリアの80%の富を持っていたのです。彼はこの法則を別の国の経済状態にあてはめて、同じ傾向があることを発見。

実はパレートの庭でも同じことが起きていました。

パレートはガーデニングが好きで、庭でサヤエンドウを育てていましたが、サヤエンドウのうちの20%から全体の80%のエンドウ豆が採れたそうです。

「物ごとの結果の8割はたくさんある原因のうちの2割のせいで起きている」と考えることができるのです。

必ずしも80と20というきっちりした数字にはなりませんが、何事においても全体のうちのほんの少しのものが、大きな影響力を持つという考え方には「確かにそうだなあ」と納得する人も多いのではないでしょうか?

80対20の法則をビジネスに応用している人は大勢います。

たとえばマイクロソフトは、人々から報告されるたくさんのバグのうち20%を修正したら、80%のエラーやOSのクラッシュを取り除くことができました。

有能なセールスマンは自分の顧客の20%が売上の80%に貢献していることを知っているので、特にその2割のお客さんを大事にします。



80対20の法則は、大切なものにだけフォーカスするミニマリスト的生き方をするための強力なツールになります。

今、自分の生活で起きている80%のことは、自分の行動の20%に起因するのです。ほんのちょっとのことを変えれば、生活が劇的に変わるわけです。

持ち物にあてはめると、所持品のうち、しっかり活用できているのは20%ですから、残りの80%は削ぎ落とすことができます。

手持ちのすべての物や行動に同じように注力するのではなく、自分の人生に大きく作用する20%を見つけて、それだけに集中します。

そうすると「レス・イズ・モア」の状態になるのです。レス・イズ・モアについてはこちらに書いています⇒レス・イズ・モア(Less is more)の真の意味とは?何もない部屋に住むことがミニマリストの目的ではない

暮しをシンプルにするための80対20の法則

パレートの法則を暮しに応用するとき大切なのは、鍵を握っている20%をうまく見つけて、それを選ぶことです。

この20%は人によって違います。20%を選択したら、今度はそれに集中します。

たとえばこんなふうに応用できます。

ミニマリストのワードローブ

自分がふだん着ている服の8割は、自分の持っている服の2割である。

ということは、残りの8割の服を捨てても全く問題ないわけです。

私は現在、14着の服を持っていますが、いつも着ているのは、トラックパンツ、長袖のトップス(夏ならTシャツ)、それにパーカです。14着の20%は2.8なのでだいたい3着です。

外に行くときはこの上に厚手のパーカを着ますが、2割の線と考えていいでしょう。

こちらの記事にもパレートの法則の具体例を書いています⇒これで簡単に捨てられる、洋服を捨てる7つのルール~あなたの服の8割はいらない服です

手持ちの服をリストアップしてから、自分が毎日どんな服を着ているのか、記録をとってみると、いらない服が見つかると思います。

あまり着ない服を手放せば、ワードローブはミニマルになりますね。

バッグや靴も最小限に

所持しているバッグや靴の20%のみを、80%の時間使っている。

たくさんバッグや靴を持っていても、ふだん使うものは決まってきます。これも8割ほど捨ててしまっても、まず問題ありません。

ここ1年使わなかった靴やバッグは、間違いなく、2割の大事な物には入りません。

バッグの断捨離の方法⇒ついつい集めがちなバッグの減らし方、捨てどきはいつ?今です

靴の捨て方⇒靴の断捨離の方法。適量を決めると簡単に捨てられる

食器のミニマル化

手持の食器のうち、80%の時間使っているのは、20%だけ。

ふだん同じ食器ばかり使っていませんか?めったに使わない食器は断捨離してしまっても全く困りません。むしろ食器の出し入れが楽になりストレスが減ります。

お気に入りの食器、よく使う食器だけ残して、他は手放しましょう。

私がよく使う食器はこちらです⇒ミニマリストの食器の数は?~50代節約系かつ粗食系の主婦の場合

やることを減らす

自分が楽しい気分でいられるのは、毎日自分が行っている行動のうちの20%のこと。

パレートの法則は、日々の行動にあてはめることもできます。

毎日いろいろなことをやっていると思いますが、あなたが「楽しいな」「これ好きだな」と思うこと20%に集中してみてはどうでしょうか?

いやなことはやるのをやめて、「楽しいと思える行動」を全体の80%の時間、やってみるのです。

たとえば、「義理でやっている何か」とか「なんとなく惰性でやっている何か」は真っ先にやめてしまっていいと思います。

わたしの場合はブログを書くことや語学が好きなので、かなりこの部分に集中しています。その代わりテレビは全く見ないし、ショッピングで時間をつぶすこともありません。

楽しいことがよくわからない場合は、こんな考え方もあります。

毎日自分がやっていることで、もっとも自分にストレスをもたらす20%のことは何か?

ほんの少しのことが、あなたのストレスを増大しているのです。それは何でしょうか?そのストレスの元を取り除けば、いきなりハッピーな毎日になる可能性大です。

そのためには、No (ノー)ということも必要ですね。ノーと言えない人はこちらをどうぞ⇒断る勇気を持とう。上手にNo(ノー)と言う方法

grey dot line

80対20の法則をあてはめられる場面をほかにもいろいろあります。化粧品や美容、健康法などにも使えそうですね。

上手にミニマルライフに応用するには、何が自分にとって快適なのか、何が、これからなりたい自分に貢献してくれるのか考えるくせをつけることです。

また、無意識にいろいろなものを消費しないことも必要です。いつも情報や物を受取る側ではなく、時には誰かに使ってもらうものを作ったり、情報を発信する側にまわってみると、視点が変わり、より意識的に暮らすことができます。

インプットよりアウトプットというわけです。80対20の法則、ぜひお試しください。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの中を検索