シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

断捨離を活用して、貧乏主婦が金持ちになる方法



断捨離シンプルライフミニマリズムミニマルライフという言葉を聞いたとき、あなたはどんなイメージを持ちますか?

「素敵」「うらやましい」「真似したい」「あこがれる」

こんなふうに好意的な印象を持たれてる方が多いのでは?なんといっても、筆子のブログ、ほとんどのアクセスが、日本ブログ村の「ミニマリスト(持たない暮し)」から来ていますので。

けれども、ほかのサイトを見ていると、断捨離嫌いの人が少なからずいます。

「断捨離、ああ、それ私、嫌いなんです」

「まだ使えるものを捨てて、おろかですよね」

「捨ててうれしがってる人たちですね」

「自分の家だけきれいになればいいと思ってるエゴイストの集団」

「断捨離は金持ちの道楽でしょ」

こんなふうに。

断捨離やミニマリズムは1つのライフスタイル。やる、やらない、好き、嫌いは本人の自由です。筆子もやりたくない人に押し付けるつもりはありません。

ふとんやベッドに寝たい人はそうしてください。

関連⇒ミニマリストの寝床~床に毛布をひいて寝るようになって4ヶ月、こんな変化あり

顔に化粧をしたい人はどんどんぬればいいんです。

関連⇒ミニマリストの私が使っているたった1つの化粧品

シャンプーで髪を洗いたい人はそうすればいいのです。

関連⇒私が湯シャンにいたるまで(1)~序章

ですが、筆子、1つだけ言いたいことがあります。

断捨離は金持ちの道楽ではありません。
むしろ、金持ちになるツールです。

「私は貧乏だ」、「借金を返したい」、「もっとお金がほしい」、「クレジットカードの支払いがこんなに」、そんなふうに思っている人にこそ、断捨離やシンプルライフをおすすめしたいのです。
コイン

貧乏な人とは?

貧乏と言っても、さまざまな度合いがあります。生活が苦しくて、きょう食べるものにも困っている人は、すでにミニマリストになっているかもしれません。

たとえば、路上生活者とか。
そういう人はたぶんこんなブログは見ていないでしょう。

ここで考えるのはそこまで貧乏ではない人。生活はできてるけど余裕がない、借金があるといった人たち。

貧乏な人が断捨離したら?

そういう金銭的な余裕のない人が断捨離したらどうなるでしょうか?
たいていの場合、心も財布も豊かになります。

その理由をお伝えします。ここでは、筆子と同じ50代主婦を想定しますね。

お金を生む断捨離の魔法

「私は貧乏」・・・こんなふうにこぼす主婦でも家の中にずいぶん不要なものをためこんでいます。

ためしに、自分の持っているものを、一度全部床に出してください。こんまり流の全出しです。まずは押入れ1つぐらいから始めるといいでしょう。

きっとその量に驚くのでは?

筆子も、だいぶ物を減らしましたが、まだすべての所持品を床にぶちまける勇気はありません。寝るところなくなりますから。

そして、1つ1つ「これはいる、これはいらない、これは迷い中」と判断しながら、いらないものをどんどん捨てて、物を減らしてみてください。

するとこんなことが起きます。

1.パートに行く時間ができる⇒所得が増える

物が減ると、物の管理や掃除が楽になります。
すると自由な時間が増えます。

自由時間が増えれば、アルバイトできます。
アルバイトをすれば余分なお金が入ってきます。


2.いらないものを売ることができる⇒所得が増える

いらないものの中には、まだまだ使えるものもあります。

そういうものはゴミ箱に捨てず、ヤフオクや、アマゾンのマーケットプレイスで売ってみましょう。

すると余分なお金が入ってきます。
たくさんある場合は、フリマを開いて、一気にさばきましょう。

3.無駄使いをしなくなる

物を減らしていると、

「どうして私こんなもの買っちゃったんだろう。だから、今お金がないんだ」

「こんなもの買わずに、貯金をしておけば、今頃は…」

と過去の行動を後悔すること、1度や2度ではありません。

買ったことを後悔すれば、今後の無駄遣いは減少します。実際、物を捨てるのは相当エネルギーを取られる行動なので、これ以上増やしたいとは思わなくなるでしょう。

4.頭がだんだんクリアに、気持ちは前向きに

物が減ってくると、何がなんだかわからなくなって、ごちゃごちゃになっていた頭もいくぶんクリアになります。

こんな言葉、聞いたことありませんか?

「部屋のありさまは、あなたの心の中を映し出している」

「机の上は、あなたの頭の中を表している」

これ、あながち嘘ではありません。

いつも「これ使う?これまだいる?これは大事なもの?」そんなふうに自問自答していると、自分が自分の人生に何を求めているのか、少しずつ明らかになってくるもの。

物を減らすことは、自分の大切なものを探すことでもあるのです。

5.生活の質が向上する

片付けを続け、お金が入って気をよくしたあなたはさらに断捨離をするでしょう。やればやるほど、断捨離に加速がつきます。

今までしまいこんでいた、お客さん用のタオルや食器を、自分が気分よく使うかもしれません。

物の数が減ったぶん、1つ1つのものを大切に、ありがたく使います。
そんな自分がちょっと誇らしかったりするのです。

***************************************************

いかがでしょうか?

アメリカのミニマリストのブログを読んでいると、よく「ミニマリズムのおかげで、借金を返すことができた」という記述を見ます。

クレジットカードで作ってしまう借金です。
北米では、その物を買うだけの現金がない時、クレジットカードを使って買い物をし、借金がふくれあがるケースが多いのです。

関連⇒『ものは少なく、幸せは多めに』~グラハム・ヒルに学ぶ「小さく暮らす」メリット

断捨離やミニマリズムは捨てることが目的ではありません。それは自分らしい暮しや幸せを見つける1つのライフスタイル。

決して金持ちの道楽などではないのです。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter