シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

物を捨てたらこんないいことありました~断捨離で得られた5つのメリット



物を捨てるといいことがいっぱいです。私が断捨離片付けをして「よかったな、こんな効果があったな」と思うことを5つ紹介します。

断捨離は単に一時的に部屋の掃除をすることにとどまりません。身の回りの不用品を捨てるのは心の整理になります。

部屋がいらない物で埋まってしまうのは、結局日々の生活習慣のせいです。

物を捨てることで、習慣を見直すことができたので、生活そのものが変わってきました。

そんな暮しを6年以上続けたおかげで、いろいろ得がたいものを手に入れました。今回はそのうちの5つをご紹介しますね。

私が断捨離によって得た5つのもの

1.すっきりとした部屋
2.余分な時間
3.お金が残るようになったこと
4.健康
5.穏やかな気分

1つずつ説明します。

1.すっきりとした部屋

断捨離の基本は「不用品を捨てること」。それを徹底したので、部屋がすっきりしました。当たり前といえば当たり前のことです。

本当は、「スッキリとした住環境」と書きたいところですが、残念ながら夫の「モノ」がキッチンや居間に侵入しているので書けません。

しかし、昔は山のようにあった本、雑貨、衣類、娘のおもちゃどなど全て捨てることができたので、とてもスッキリしました。

掃除や管理が楽に

モノが減ったので、当然掃除が楽になりましたし、自分のモノなら、家にあるのかないのか即答できるように。

「あれって、たしかどこかにあったけどどこだろ」と感じることがなくなって本当によかったです。

「どこかにあるはずだけど、どこにあるのかわからない」状態ってけっこうストレスですよね。


視覚的ノイズが減った

以前は、ごちゃごちゃのクローゼットや、くしゃくしゃのキャビネットを持ち、本の山があちこちにできている部屋の中に住んでいました。

昔の部屋の写真を見ると、「ううっ」となってしまいます。

モノが少なくなった現在は視覚的ノイズが少なく、神経を逆なでされるようなことがありません。

自分で選んだものに囲まれているのはなかなかいい

現在手元にあるモノは、「ときめく」から置いているものばかりではありませんが、それなりの理由があって残しているモノばかり。

私はモノにこだわるのをやめたので、高価な「ミニマリスト御用達の何か」を持っているわけではありません。ですが、ボールペン1つにしても、自分にとって使い勝手のいいものを毎日見ているので、気分がいいのです。

2.余分な時間

モノを管理する時間が減った

毎回書いていますが、モノが減ったので管理に費やす時間が減り、そのぶんほかのことに使えるようになりました。

たとえば、私は、衣替えをもう何年もやっていません。

カナダは日本のようにきっちりとした四季があるわけではない、というのもその理由の1つではありますが。

手持ちの服が16着なので、シーズンかかわらず、すべて仕舞いこむことなく、出しておくことができます。

出したりしまったりをする時間が浮いたということです。

買物に費やす時間が減った

モノを買わなくなりましたので、買物をする時間や買う物を検討する時間も減りました。

やることそのものが減った

物理的なモノだけでなく、タスクも減りましたので、その分時間が浮きました。

これについてはこちらに詳しく書いています⇒小さな暮しを満喫中~生活をダウンサイズしてやらなくてもよくなった7つのこと

3.お金が残るようになったこと

モノを捨てていると、いかに捨てるのが大変なのか身にしみます。よって、よけいなモノを買わなくなります

私の場合、モノを減らしているうちに、ミニマリスト志向になりましたから、買物は最小限になりました。無駄遣いも減り、いわゆる浪費も少なくなりました。

今でも、買物に失敗することはありますが、昔に比べたら、無駄な買物は格段に減少。「娯楽としてのショッピング」「暇つぶしでする買物」「ストレス解消のための買物」をめったにしなくなったのです。

「買わない暮し」になり、無駄なものを買う分のお金が残るようになりました。

湯シャンや肌断食をしているので、化学薬品にお金を使うことも減りました。

関連記事⇒セルフカット、湯シャン、肌断食で美容代はほぼミニマムな暮し

4.健康

ものがいっぱいあるときは、不健康だったと思います。

昔は不衛生な部屋に住んでいた

まず物理的に部屋が汚かったので不衛生でした。そうじも大変なので、きっちりできませんでしたし。

特に私は「本が汚かったな」と思います。古本には「シミ」という小さな虫が生息しますが、私、あれを飼っていたような気がします。

積ん読歴が長かったですから。

段ボール箱もたくさん持っていたので、それに生息していた可能性も。

からだによくない食べモノを断捨離した

断捨離生活を続けるうちに、少食、粗食、エコロジーなどに関心が向かい、結果、不健康な食べものをとらなくなったので、より健康になったと思います。

関連記事です:
白砂糖はこんなに体に悪い~私が砂糖をやめた理由とは?

カフェインの本当の恐ろしさにせまる~私がカフェインをやめた理由とは?

心の健康もアップ

ストレスが減ったので、メンタル面も健康になりました。その点については、5番に詳しく書きます。

5.穏やかな気分

本当の自分を生きるのに近づいた

自分で選択しながらモノを捨てていると、多少なりとも自分の人生を生きている、という気分になります。

これまで、たくさんのモノを買ってきました。買ったのはもちろん自分ですが、自分が本当にほしいものがわからなくて、なんとなく社会やその場の状況に「買わされた」と言えなくもありません。

それに加えて、粗品やおまけなど、たくさんのもらいものに囲まれていました。

せっかくもらったから、なんとなく使うのですが、自分で選んだものではないから、「なんか今1つ好きになれない」という気持ちを心の奥底にくすぶらせていました。

さらに私は、昔はかなりモノにこだわるタイプだったのですが、どんどん捨てているうちに、「物は物でしかない」のであり、1番大切なのは自分だ、と考えるようになりました。

すると物に執着したり、こだわることが少なくなったのです。

物にふりまわされることがなくなり、「あれが足りない、これも足りない」と思わなくなったので、以前より気持ちが穏やかになりました。

人の目があまり気にならなくなった

私は若い時はとても自意識過剰でした。人の目が気になるタイプだったのです。

しかし、断捨離をするうちに、より自分らしさを大切にするようになりました。まわりの意見や評価にふりまわされない「自分軸」がしっかりしてきたのです。

世間の常識や固定観念にとらわれていると、物をざくざく捨てることはできませんからね。

自分の気持ちに忠実に生きることが多くなったので、周りはさほど気にならず、毎日楽しく幸せ度があがったと思います。

物以外のものを大切にする暮し

よくシンプルライフは心が豊かになるといいます。たぶんそれは、この世は物だけでできているのではない、と気づけるからではないでしょうか?

消費生活から、一歩身を引くと、太陽のあたたかい光、木々の緑、朝のひんやりした空気、鳥の鳴き声、ゆったり流れる午後の時間など、お金や物に関係ないものの存在感が増します。

こうしたものはとてつもなく日々の暮しを豊かにしてくれます。

「人間は自然と調和して生きているんだ」、と実感できたのも、断捨離効果の1つです。

grey dot line

私が真の意味で自分軸で暮らせるようになったのは、50歳を過ぎてからです。もっと早くからしっかり断捨離しておけばよかった、と思わなくもありませんが、過去に起きたことは、すべて必要なことだったのかもしれません。

こんなふうに思えるのも断捨離をしたおかげでしょうね。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの中を検索