シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

捨てても大丈夫!失うのが怖くても、捨ててしまえば開放感に満たされる


Pocket

捨てたいと思っている物を、なかなか捨てられないのは恐怖のせいです。今回は、断捨離をしているとき、私たちが感じる恐怖心の正体と、それを克服する考え方をお伝えします。

私も、捨てるたびに「怖い」と思っていました。

べつに、部屋の中に転がっているぬいぐるみや、クローゼットにぎっしり詰まっている服が怖かったわけではありません。

しかし、なぜかそういう物を捨てようとすると、急に先のことが心配になるのです。

これ、捨てたいけど、捨てて本当にいいのかな?
捨てると、あとで困るかもしれない。

こんなふうに思っていました。

ある時、恐怖心をふりきって、エイッと捨てました。エイッ、エイッ、エイッ。

恐怖心と闘い、それに打ち勝つたびに、捨てパワーがつきました。たくさんの物を捨てましたが、捨てて後悔したものは1つもありません。

繰り返します。

捨てて後悔したものは1つもありません

むしろ身軽になり、自由になりました。


物を捨てるときの恐怖心の正体

物を捨てるのが怖いなんて、おもしろいですね。

この恐怖心は、すべて「失うのがこわい」という気持ちです。「何か1つでも物を捨てると、今の自分の生活を失ってしまう」と恐れているのです。

ですが、あなたはその生活に満足していますか?幸せですか?

もし満足しているのなら、特に断捨離をすることはないです。しかし、現状に不満があったり、もう少しこうだったらいいな、という気持ちがあるのなら断捨離を決行すべきです。

汚部屋から脱出したい、探しものばかりする日々と別れを告げたい、目障りなガラクタをもうちょっと何とかしたいと思っているのなら。

失うのが怖くてなかなか断捨離できないのに、失ってみると、案外平気なものです。

それは、子どもにとってのクリスマスやお正月と同じこと。クリスマスやお正月はその日が来るのを待っている時こそが、わくわくして楽しいのです。

当日になると、わりとあっけなく終わります。

「楽しみだ」とか「怖い」という気持ちは、すべて、人が心の中で作り上げている妄想や思い込みなのです。

失うのが怖いと思っていても、失ってしまえばもう恐怖はありません。そこにあるのは開放感です。
捨てられない女

捨てるとき、私たちはこんな恐怖を感じている

物を捨てられないと思っているとき抱く恐怖心の例を5つあげます。

1.これを捨てちゃうと、思い出まで消えてしまいそうで怖い

「思い出の品」は捨てにくい人が多いようです。思い出は心の中にあります。自分にとって必要な思い出なら、ふとした瞬間によみがえります。

それに、過去のことばかり考えるのもよくありません。大事なのは、今と、ちょっと先の未来です。

「思い出」が消えてしまうのがいやで胸がつぶれそうなら、その物の写真をとっておきましょう。写真を見るだけでずいぶんたくさんのことを思い出します。

思い出の品の捨て方はこちらに詳しく書いています⇒思い出の品をさくっと断捨離するコツ~6つの思考で今を生きよ

2.捨てたらまた必要になりそうで怖い

使いもしないのに大量の紙袋をためている人がいます。

紙袋は、品物を買ったときについてくるおまけのようなもの。あなたが買ったのは、中身の品物であって、紙袋ではないはず。

まあ、時には好きなブランドのペーパーバッグ目当てで買い物することもあるかもしれません。でもこれはまれなケースです。

そんな、お金を払ってもいないおまけの存在の紙袋を、なぜ、いつまでも手元に溜め込んでいるのでしょうか?

しかも、確たる使い道もわからないままに。仮に、何か使い道があったとしても、そんなに必要でしょうか?

紙袋がなくたてもレジ袋や、ふろしきで代用できます。

どうしても紙袋が必要なら、100円ショップで、あっという間に調達できます。

使うあてのないかさばる紙袋の収納方法をあれやこれや考えるなんて、時間と労力の無駄です。

もっとほかにやりたいことはないのでしょうか?

ここでは紙袋を例にあげましたが、タオル、ストッキング、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、洗剤、シャンプー、歯磨き粉など、ストックしがちなものすべてにあてはまる話です。

私はストックはいらないと思いますが、持つにしても、ごく少しで大丈夫。必要なときは、また買えばいいのです。

3.まだ読んでない本を捨てるのは怖い

本が捨てられないのも恐怖心からです。読まないまま捨てると、情報を得るチャンスを失ってしまいそうで怖いのです。

もしかしたら、その本には本当に貴重な情報が書いてあるのかもしれません。

ですが、これまで読まずにいて、べつだん暮しに支障はなかったのです。手元に残しても、たぶん読まないと思います。

将来急にその本のための時間が取れるのか多いに疑問です。

仮に読んだとしても、中身の情報を自分の望むような形で、吸収できるかどうかもわかりません。

私は、本やCD、DVDは買ったときからしばらくが賞味期限だと思います。何年も読まずに本箱に放置されているものは、すべて賞味期限切れなのです。

外に出して、別の人に味わってもらったほうがいいです。

4.まだ使えるものを捨てるのはお金をどぶに捨てるようで怖い

実は使わないものをためこんでいるほうが、お金を失うことにつながります。

スペース、時間、体力、気力、すべて失われます。物を所有したら、必ず「管理する」という作業が発生するからです。

私が若いころ、日曜日によくやっていたのは、掃除、洗濯、片付けです。

部屋の中が服や雑貨であふれていたため、片付けないとごちゃごちゃで、悪夢にうなされそうでした。

私がやっていた片付けは、単に、物を多少整えて、部屋のA地点からB地点に移すこと。場所を移動させただけだったのです。

この作業を「整理整頓」と呼ぶ人もいます。あの頃は、まだ独り身でひまだったからできたことです。

しかし、主婦となった今はそんな贅沢なことはやっていられません。物がなければ、いちいち場所を移動させることもなく、その時間は、ほかの家事や自分の勉強、仕事に使えるのです。

若い時は、無駄なことをするのもいいかもしれません。ですが、時間が貴重な中高年は、不用品を家のあちらこちらに移動しているうちに、日が暮れてしまっては困るのです。

物を所有するとお金を失う話はこちら⇒節約ではお金はたまらない。お金持ちになりたいなら、買わない暮らしが1番いい

5.まだ使えるものを捨てると、人から「物を大切にしない人」と思われるのが怖い

せっせと断捨離していると、「まだ使えるものを捨てるなんて、罰当たりだ」と言う人がいます。

しかし、使わないものをためこんでいても、家の中でゴミになっているのです。

家の中でゴミになっていても、外に出せば、ゴミでなくなる可能性があります。たとえば人にあげたり、どこかに寄付すれば、ゴミが、「役立つ物」に変わるのです。

家の中に入れておけばずっとゴミのままです。

「これ、まだ使えるから」とその物に執着するのは間違っています。いくら「使えるもの」でも、誰も使っていなかったら、物としての機能を果たしていません。

「使えるもの」を自分で使うことができないのなら、家の外にだして、「使うもの」にしましょう。

誰も使うことができそうにないものは、真性ゴミですから、やはり家の外に出すべきです。家は住むためのスペースであり、ゴミを入れる場所ではないのです。

grey dot line

今より「よい暮し」を手に入れるには、現状をこわすのが1番いい方法です。そのために「物を捨てること」は素晴らしい効果があります。

これはまぎれもない私の実感です。

恐怖心を乗り越えて、使っていない物を捨てれば、開放感が得られ、その先には心の平安があるのです。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの中を検索