シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

使うことも、捨てることもできず溜め込んでいた物の行末とは?



家の押入れや洋服だんすの中に、「使うことも、捨てることもできずそのままになっている物」はありませんか?

どんなに、きれいな物でも、上等の物でも、そのままでは、それは「ガラクタ」。今すぐ使うか、捨てることをおすすめします。

ずっと溜め込んでいた私はこんな苦い体験をしました。

シールを大量に溜め込んでいた私

子どものころ、父親に買ってもらったシールや、少女雑誌『りぼん』の付録がもったいなくて使えなかった、という話は以前もお話ししました。

こちらに書いています⇒くさらない物も賞味期限を過ぎるとガラクタに~もったいなくてシールが捨てられなかった愚か者の独白

商事会社に勤めていた父は文房具屋さんにつてがあり、よくシールをもらってきてくれました。

土曜日に、商店街にある文房具屋さんに、仕事で行く父に、幼い私もついていきました。

そこでもまたシールをもらっていました。

私は、大量のシールを持っていましたが、もったいなくてほとんど使うことができませんでした。

シールは、同じ絵柄のサイズ違いがシートになっていました。絵柄が同じなのだから、1枚や2枚、使えばいいのに、ほとんど使わず、30年近く持っていました。

ずっと枕のケース(ちょっと分厚い透明なビニール袋)に入れてました。

結局、シールは、高齢出産で産んだ娘が、3~4歳の頃、一気に消費してくれました。

子どもが生まれていなかったら、あるいは、シンプルライフに切り替えなかったら、今でも持っていたかもしれません。

なぜ使わずに溜め込んでいたのか?

なぜ、私は大量のシールを使わずにずっと持っていたのでしょうか?

大きな理由を3つあげますと、

1.収集癖があったから

私は、収集癖があったので、文字通り、集めて手放さなかった、と思われます。

自分の収集癖をこちらで分析しています⇒人はなぜ物を集めたがるのか?~私はこうして収集癖を断捨離しました シール以外にも溜めていたものを書いています。

人が物を集める理由はいろいろありますが、私の場合、いったん手に入れたものを失うのが惜しかったようです。失うことに恐怖を感じていたのです。

上で紹介した記事にも書きましたが、授かり効果のせいであろう、と考えています。

授かり効果とは、いったん何かを自分の物にしたら、自分にとってその物の価値が高くなってしまう心理です。

ただのシールなのに、とても貴重なものに思っていたのかもしれません。

2.使い道がなかったから、あるいは思いつかなかったから

シールの使い道が思いつかなかったから、というのも使わなかった理由です。

シールの使い道ってありそうで、ありません。せいぜい、手紙の封筒や、グリーティングカードに貼るぐらいでしょうか?

ところが、娘にあげた時、自分がお絵描きした紙、ノート、スケッチブック、絵本、壁、テーブル、床、自分の顔とありとあらゆるものに貼って喜んでいました。

私が父親にシールをもらい始めたのは、幼稚園児のときでした。すでに、その頃、「シールの正しい使い道」にこだわって身動きできなかった完璧ちゃんだったのかもしれません。

完璧ちゃんの話はこちら⇒完璧主義すぎるといつまでたっても部屋が片付かない理由

3.いらないけど、捨てることもできなかった

子どものときは、シールを溜め込んで、ほんわかとした安心感に包まれていたかもしれない私。

しかし、二十歳頃には、すでにこのシールは邪魔者と化していました。掃除をするたびに、「シールいっぱいあるなあ」と思いつつも、使うこともできず、捨てることもできませんでした。

「人にあげればよかったのに」と今となっては思います。

失うのが怖くて、使うことも、捨てることもできず、ずっとそのまま持っていたのです。


溜め込んだ末に起きたこと

シールは娘が使ってくれましたが、私が溜め込んだほとんどのものは、断捨離され、家の外に出ました。

小学校のときに集めていたキーホルダーも、最初の断捨離(27歳)まで持っていて、このとき、捨てました。

ゴミ箱に捨てたのではなく、どこかに寄付したと思いますが、はっきりとは覚えていません。

私が覚えているのは、「ずっとキーホルダーが邪魔だった」ということです。

こちらは、はじめはおせんべいが入っていた缶に入れていました。そのうち、ビニール袋に移し替えました。

袋に入れるほうが、場所を取らないからです。

掃除をするたびに、この袋の置き場所を変えていました。邪魔だから、最適な置き場所を考えていたのです。

しかし、どこに置いても、ピタっと来ませんでした。

今ならその理由がわかります。

私にとってキーホルダーのコレクションの本質は、「ガラクタ」なので、最適な置き場所はゴミ箱しかなかったのです。

フライレディや、カレン・キングストンは、「ガラクタは整理することができない」と本に書いています。いらない物はどうがんばっても、うまく家の中に収めることができないのです。

断捨離する直前、キーホルダーを入れた袋は、洋服ダンスの洋服をかけるスペースのはしっこにぐしゃっと突っ込んでありました。

上にびっしり服がかかっていたので、はしっこは光があたらず、暗い場所でした。

「もう捨てるしかない!」

思い切って、キーホルダーを捨てたとき、本当にすっきりしました。

同時に、キーホルダーを全く活かせなかった自分に情けない気持ちでいっぱいでした。

コレクションするなら、月に1回は取り出して、眺めて喜ぶとか、磨くとかすればいいものを、私は、すべてをぐしゃっと袋に入れたまま、何年も放置。

中身には全く注意を向けず、袋を置く場所だけ移動させていたのです。

安易にキーホルダーを溜め込んで私が得たものは、

◯邪魔な気持ち
◯使わない罪悪感
◯片付けと断捨離の手間

これだけだったのです。

私が溜めていたのは、キーホルダーやシールだけではなかったので、たくさんの品物に、こんなネガティブな感情を持ち、何度も整理整頓しようとしていたのです。

化粧品

使わないコスメを持っている人も多い。

しまいこまずに使うコツ

溜め込んだあげく苦い思いをした私は、今は、持っているものは、ちゃんと使うことにしています。iPhoneやiPadについてくる、アップルマーク(りんごのシール)も、さっさと手帳に貼っています。

もし、私と同じように、使わないものがある人は、捨てるか、使うかのどちらかをしてください。

とても心がすっきりします。

以下のようなことを心がけたら、所持品、すべてを使うことができるようになりました。

1.必要なものしか買わない。

2.使っていない物はどんどん捨てる。

3.買ったら、すぐに使う⇒物をためないコツ。「買ったらすぐに使おうルール」のすすめ

4.よけいな物はもらわない、持ち帰らない

5.もらったらすぐに開封して、その場で対応を考え、実行に移す。

6.「使わないほうがもったいない」と思考を転換する。

======

私が溜め込んでいたものは、安価なものばかりでしたが、高い物を溜め込むことってよくあります。

自分にしては高価な買物だった服やバッグ、靴を、「高かったから使うのがもったいない」「汚したくない」という気持から、あまり使っていない、ということはないですか?

服、靴、バッグは実用品。身につけてこそ、商品の価値を活かすことができます。

高い洋酒を、「これを飲む完璧な機会に飲まなければならない」と思い、いつ来るかわからないそんな時を、ずっと待っていませんか?

しかし、そんな時は、来ないのです。今が使うベストなタイミングです。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

このブログの中を検索