シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

モノはいつかゴミになるからゴミ処理問題に無関心は禁物


Pocket

我が家でゴミをどのように分別し、どのように収集場に出し、収集に出したゴミはどこでどのように処理されているのかお伝えします。

ミニマリストになるために、たくさんのゴミを出してきた筆子はゴミ問題に無関心ではいられません。

ゴミは最初からゴミではなかったのです。物をゴミにしてしまったのは私です。まあ、最初から、安く売るために安い原価で、長持ちしないように、つまりすぐにゴミになるように製造されている製品もあります。しかし、そういうのを買ってしまったのは自分です。

それに、物をゴミとして捨て、自分の目の前から排除したとしても、なくなって消えたわけではないのですよね。

ゴミ処理場でCO2や焼却灰に生まれかわったら、地球規模的には、片付けた、とは言えないのかもしれません。

ですから、今は手元に残したものは、なるべくゴミにしないように使い切る、これから買うものはなるべくゴミにならないもの、すんなり土に還るものを選ぶ、ゴミを処分するときはできるだけ自治体の指示にしたがって分別することを心がけています。

ゴミ箱とリス

3つのゴミの種類

筆子の住んでいる場所ではゴミは大きく分けて以下の3種類に分別します。

1.燃えるゴミ

2.リサイクル用ゴミ。たとえば、紙や缶やペットボトル、ミルクカートンなど。紙、ガラス、金属などの素材が主ですが、物によって出せるものと出せないものがあります。

3.1と2以外のゴミ。粗大ゴミや、危険物、バッテリーなど。

燃えるゴミとリサイクル用ゴミは、収集日に出しておきます。この家は集合住宅ですから、ゴミを置いておく場所があります(後述)。

燃えるゴミはゴミ箱に入れたままでも、ゴミ袋に入れて出してもいいのですが、リサイクル用のゴミはブルーバッグと言われる青い透明の袋に入れます。

リサイクルできるゴミの中で、お酒の瓶、清涼飲料水のペットボトル、ミルクカートンなどは、空き容器を所定の場所に持っていくと、1本につき10セント~25セントもらえます。これは市のリサイクル促進プログラムです。

各種学校や団体ではこういうボトルを集めるファンドレイジング(資金集め)がよくあり、これをボトルドライブといいます。

以前はボトルドライブのボトルをもらいにくる小学生のために、ボトルを物置にためていましたが、今の家はスペースがないので、こうしたボトルもリサイクル用バッグに入れて出しています。

3のそれ以外のゴミは、エコステーション(粗大ゴミを持ち込むゴミステーション)に、自分で持っていけば、無料で回収してくれます。

引っ越しのとき、大量の粗大ゴミが出ましたが、そういうのはすべてエコステーションに持ち込みました。


2つのゴミ箱を台所に設置

ふた付きのがふつうのゴミ(可燃ごみ)用で、ふたのないやつに、リサイクル用のゴミを入れています。

ゴミ箱

これ以外に、自分の机の下に1つ、娘の部屋に1つ、バスルームに1つ、夫の部屋に1つゴミ箱があります。

夫の部屋以外のゴミ箱は私が管理し、適宜中身を捨てています。

ゴミにはせず、市の寄付センターに持っていく物は廊下に置いています。収集してもらえない粗大ゴミも、廊下に出しておくと、夫が都合をつけて、エコセンターに持って行きます。

関連⇒不用品を処分するときはお金にすることを考えないとシンプルにできる

ゴミはゴミの日に出す

週一回可燃ごみとリサイクルゴミの収集(曜日は同じ)があるので、ゴミを出しておきます。

ゴミを出す所

1番左のゴミ箱2つを家が使っています。それぞれに、可燃ごみ、リサイクル用ゴミを入れています。

ゴミは市のゴミ処理場に行く

トラックで収集されたゴミは市のゴミ処理場(Waste Management Centre)に行きます。この施設は、市の郊外にあり、一般住宅から出るゴミのすべてを処理しています。

ごみ処理に関する研究施設も含めたかなり大きな敷地です。

ここには市民がエコステーション(粗大ゴミを持ち込むゴミステーション)に出したゴミも集まっています。

以前見学に行ったことがありますが、捨てられたパソコンのモニターやテレビが山のようになっていて、『猿の惑星』のようなSF映画を思わせる風景でした。

生ゴミなどの有機体のゴミは培養土にされ、その研究をしている施設もあります。

ブルーバッグに入っているリサイクルゴミは、専門の工場でクレーンが袋からゴミを開けます。ゴミの山はコンベアの上を流れ、これを人が仕分けします。

仕分けされたゴミはそれぞれ行き先が違います。たとえば牛乳などの入っているカートンは香港に送られて中国むけのトイレットペーパーになり、紙類はアメリカのしかるべきリサイクル工場へ行きます。

カナダにはゴミを捨てる場所はあるが、輸送がネック

このゴミ処理場のそばにランドフィルがあります。ここはリサイクルも培養土にもできないゴミを廃棄する場所です。

ランドフィルではスクラップしたゴミが、積み重ねられています。ここがいっぱいになったら、底と上からふたをかぶせて閉鎖します。最後にふたをしないと、メタンガスなどを排出して、環境によくありません。

カナダは国土が広いので、捨てる場所はたくさんあります。しかし、ゴミを輸送するのにコストがかかります。ゴミ処理にも多大なお金が必要ですし、輸送にもお金がかかるのです。

ゴミの量、半端じゃないですからね。
1人1人がゴミを出せば出すほど、政府の財源を圧迫し、環境に負荷がかかってしまうのです。

日本のゴミ問題は?

日本では、1人頭毎日1キロのゴミを出していて、年間で1家庭から1~2トンのゴミが出ています。今、断捨離が流行っていますが、まだまだ断捨離している人は少ないですから、ごくふつうの人がふつうにゴミを出している結果だと思います。多いですね。

しかも家の中にはもっとあり、これらの品物はいずれ遺品整理され、そのときゴミになります。

ソース⇒5分でわかるごみ問題|環境問題を知ろう|NPO法人ネットワーク『地球村』

ゴミを減らすためのスローガンに3Rというのがあります。

Reduce (リデュース) ゴミを減らす
Reuse (リユース) 何度も使う
Recycle (リサイクル) 再び資源として再利用する

3Rはこの順番ですることが好ましいと考えられています。つまり、ゴミを減らし、何度も使って、それでもゴミになってしまったものは、リサイクルに出す、ということです。資源として、再利用する道をたどるのは、最後の手段なのです。

3Rの前にもうひとつ Refuse (リフューズ)のRをつけて、4Rという言葉もよく使われます。

リフューズは「拒否する」、つまり「ゴミになるものを受け取らない、買うのを拒否する、レジ袋を拒否する」といったこと。

関連⇒ミニマリストの不用品を「もらわない」ための努力と工夫

最初からゴミの元を手に入れなければ、そのあとの3つのRを考える必要はなくなるのです。

重要文化財にでもなり、長期的に保存されるもの以外の物はいつかはゴミになります。ゴミになるまでのあいだ、いかに活かして使うか、ゴミにするとき、以下に環境に負荷をかけないか、そんなことを考える必要がありますね。

私はこれまでの人生で本当にたくさんの物をゴミにしてきました。政府にゴミ責任を問われたら、どれだけ税金を払っても許してもらえないぐらいです。

ですが、企業がたくさんの物を売りさばける政治をしてきたのは政府ですから、お互いさまとも言えます。

これからはミニマリストとして生き、最小限の物を持ち、手にした物はとことん使いきろうと決意しているのです。

(補足:カナダで4Rというとき、Recover(回復する回収する、再生利用する)のRを意味します。これはゴミの中から、エネルギー源になるようなものを取り出すことです。この場合3Rの次に来ます。)


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの中を検索