シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

もう汚部屋にならない。床の上に服を散らかさない6つの秘訣。



女性の汚部屋の最初の兆候は、床の上に散らばる服だと思います。私の娘の部屋も、かつてかなりの汚部屋でしたが、元凶は衣類でした。

このような洋服の海を作らない方法を6つお伝えします。

散らかさなければ、片付ける手間も不用です。汚部屋解消に本気で取り組みたい方は、ぜひ先をお読みください。

1.余計な服を買わない

これはもっとも大事なことです。強調しすぎてもしすぎることはありません。

床の上や家具の上に服が散らばっているのがデフォルトの人は、服を買いすぎています。

家の中に余計な物を入れなければ、散らからないのです。

服を買うのが一番の楽しみだ、シーズンごとに服を買うのは女性として当たり前、去年の服を着るなんて、おしゃれじゃない。

こんな思考を持っているのなら、まずこの考え方を捨てるか、修正してください。

「服はたくさんあればいい」という考え方をして生きてきたから、汚部屋ができあがったのではないでしょうか? 今こそ、思考を変えるときです。

世の中、服を買うことより楽しいことはたくさんあります。

別の趣味を追求する手もあります⇒ミニマリストに最適な趣味とは?物をたくさん持たなくても人生は充分楽しい

服を買わない方法はこちら⇒安いけど、すぐにタンスの肥やしになる服を買わない6つのコツ

買わない挑戦もおすすめです⇒誰でもできる『買わない挑戦』の始め方。自分ルールで楽しく実践。 買わない挑戦といっても、何も買わないわけではありません。

物はたくさんあればあるほどいい、というマインドを手放してください。

2.着ない服を捨てる(クローゼットのデトックス)

次は断捨離です。タンスやクローゼットに服が満杯だから、床に散らばります。

収納スペースからはみ出ているのです。

そこで、いらない服を捨ててください。

服の断捨離のポイントは、収納しようとしないこと。

ウォークインクローゼットを作ろう、家具の配置を変えよう、服の入れ場所を変えよう、新たに収納グッズを買おう、服のたたみ方を工夫しよう。

このようなことは考えないほうが、結果的に部屋はきれいになります。

収納を工夫し、手持ちの服を全部しまいこもうと努力することは、今までの「服をたくさん買ってためこむライフスタイル」と何ら変わりません。

ライフスタイルが変わっていないのですから、忙しくて余裕がない日が続くと、またすぐに汚部屋に逆戻りです。

ライフスタイルを変えるのが一番。

いらない服を捨てる作業をすると、これまでの買い物や自分のファッション観について、考え直すことができます。

この「考える」ということが、汚部屋解消に効果的なのです。

どんどんしまい込むメンタリティは、人生に何の変化ももたらしません。

服の捨て方はこちら⇒こんな服は今が捨て時。年末こそ衣類の断捨離を

服の量がたくさんあると、一度に捨てるのは大変です。まずは、1日15分ぐらいずつ、タンスやクローゼットのデトックス作業に当ててください。

考えながら作業することを忘れずに。


3.「もういらない服入れ」を設置する

自分が服を収納している場所のそばに、トートバッグや箱、紙袋、ショップの袋などを設置します。これらの入れ物は、「もういらない服入れ」です。

ふだんから気づいたときに、この「いらない服入れ」に服を投げ込みます。

たとえば、洋服ダンスの服をつるすスペースの下にトートバッグを置いたとします。朝、身支度をしているときに、「あ、これもういらないな」と思ったら、すぐにトートバッグに投げ込みます。

洗濯物をしまうときに、「これはもう着ない」「この服、破れてる」と思ったら、トートバッグに放り投げます。

月に一度、トートバッグの中身を出し、捨てるもの、人にあげるものなどに分けて処理します。

部屋の中にゴミ箱があると、ゴミを捨てやすいように、「もういらない服入れ」があると、不用な服を外に出しやすくなります。

毎日1着は、「もういらない服入れ」に投げ込む、というルールを作るのもいいでしょう。

4.服を脱いだら即座にかける/しまう

仕事や買い物から戻って、着ている服を脱いだら、すぐにクローゼットにつるしてください。

服をつるす収納をしていない人は、乱れカゴに入れてください。洗濯物はランドリーバスケット行きです。

絶対、椅子の上、ソファの上、ベッドの上、床の上に放置しないこと。慣れるまでは、「脱いだらかける」とポストイットに書いて、自分が服を脱ぐ場所の壁に貼っておくといいかもしれません。

使った物を元の場所に戻せない人はこの記事をお読みください⇒なぜ物を出しっぱなしにするのか?その5つの理由と対策法。

床の上に服の海ができてしまったらこうして片付けます⇒床に落ちている服の海を片付ける方法(汚部屋改善)

服を持つ女。

たくさんあるから迷う。

5.どうしても必要な服を書き出してみる

部屋の中で服があふれている人は、いらない服をたくさん持っています。自分の普段の生活や行動を振り返り、どうしても必要な服を書き出してください。

「そんな暇はない」という人は、これまで買い物に費やしていた時間を使えばいいのです。

買い物に費やす時間とは、こんな時間です。

●次にどんな服を買おうか、ぼんやり考える時間

●ネットの洋服屋のサイトをぼーっと眺める時間

●ネットの洋服通販ショップのメルマガを眺める時間。

●ファッションブロガーが買ったものを眺める時間

●ファッションブロガーのコーディネートを見ている時間

●出て来る女優の服装が見たくてドラマを見ている時間

●ファッションブログを読んでいる時間

●ファッション雑誌をパラパラ見ている時間

●新聞に入っているユニクロなどのチラシを見ている時間

●リアル店舗をウィンドウショッピングしている時間

●リアル店舗で買い物する時間(店へ往復する、試着する、店員と会話する、お金を払っている時間など)。

1週間に何時間、服のショッピングに使っていますか?それを1年に換算したら?

買い物に比べたら、リストを書くことなど、ずっと短時間ですみます。

例として、私がどうしても必要な服を書きますと、

●ダウンジャケット 1着
●半袖Tシャツ 2枚
●スパッツ 2本
●長袖トップス 2着
●長袖のパーカ 1着
●ジャケット(ダウンジャケットを着ると暑いけど、パーカでは寒い日用)1着。
●ライトなスパッツかショーツ(夏用)2着

11着だけでいいのです。

実際は14着持っていますが、レインジャケットや、綿混のパンツ2本(スパッツで出向けない場所用)があるからです。

私は会社に行かない生活をしているので、これだけですんでいますが、OLだと、もう少し服がいるでしょう。

リストを書いて、必要な服、どうしても譲れない服をしぼりこんでください。

すると、「手持ちのほとんどの服は、いらないのだ」ということがよくわかります。

洋服だけでなくバッグや靴のリストも書くと楽しいですよ。

6.週に一度リセットする

1から5番までをしっかりやると、かなりマインドが変わって、部屋に服が散らかりにくくなります。

しかし、床に服を放置するクセが完全に改まるまでは、毎週、床の上をチェックする時間をもうけてください。

毎日やる必要はありません。

週に一度でいいです。

ふつうの勤め人なら、日曜の夜がいいでしょう。寝る前に、服が、あるべきではない場所にのっていないかチェックします。5分もかからないと思います。

もし服が、床やベッドの上に出ていたら、拾って所定の位置に戻してください。それはたぶん、

●クローゼット
●たんす
●その他の服を収納するもの
●洗濯もの入れ
●いらない服入れ

この5つのどれかです。

日曜の夜にすっきり片付けておくと、きれいな部屋で、新しい週を始めることができて快適です。

=========
衣類を散らかさない人間になれると、波状効果で、コスメ、生活雑貨、本や雑誌なども片付けられるようになります。

すべて同じことをすればいいのです。すなわち

●「なんでもたくさん持つのはいいことだ」というマインドを捨てる。
●買いすぎない。
●よけいな物を捨てる。

この3つをやるだけです。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

このブログの中を検索