シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

浪費と投資の違いとは?~ミニマリストへの道(7)



筆子がミニマリストになるまでをつづっています。前回は、忙しい派遣先をやめ、会計事務所に勤めていたとき、道端でもらったチラシがきっかけで英会話(とパソコンとワープロ)スクールに行くことを決めるまで。

英会話学校の費用を捻出するために、お金をためることになり、結果的に浪費をしなくなりました。

浪費をしなくなったとは言っても、全く使わなかったわけではありません。服は買わなくなりましたが、会計事務所時代に、人生最初で最後の宝石を買いました。

この事務所の顧問先に、宝石屋さんがあったので、展示会に呼ばれてうっかり買ってしまったのです。

買ったのは指輪とピアス。指輪は高かったのですが、結局断捨離しました。展示会で買ったピアスは1つだけ手元に残しています。

ピアスの画像はこちらに⇒アクセサリーはピアスだけ、3組持っています~カジュアル系主婦ミニマリストの持ち物公開(写真つき)

こんな脱線があったため、少し時間がかかりましたが、半年ほどして、このスクールの入学金と最初の代金が払える額がたまり、無事入学しました。

前回の記事はこちら⇒私の浪費が止まったきっかけとは?~ミニマリストへの道(6)

はじめはワープロをやってみました。それ以前に、ECCでワープロを習っていたことがあり、日商の検定で2級までとっていました。

「あわよくば1級も」、と思っていたのですが、おばあさん先生とそりがあわず、ワープロはほどなく挫折。

次はパソコンをやってみました。ウインドウズ95が出たばかりの頃。最初は誕生日カードの作成。

そういう課題はすぐに終わってしまい、BASIC(ベーシック)というプログラミング言語を残すだけに。

これが、死ぬほど退屈で、わけがわかりませんでした。E-ラーニングといって、コンピュータの説明を見ながら、自分で学習し進んでいくのですが、すぐにつまづきました。

パソコンの画面には、直線で結ばれた丸や四角が並んでいました(チャートみたいに)。あとはよくわからない英文の羅列。

途中でつまづいたら、インストラクターに聞きます。若い男性と女性のインストラクターがいました。

筆子は色白のN先生という男性のインストラクターとなぜか気があって、無駄話ばかりして、ベーシック言語のほうは全く進まないのでした。

N先生は新婚だったので、奥さんのことや、世界人口の話や、およそパソコンとは関係のない話ばかりしていました。

「これではお金がもったいない」。

そう思った筆子は、コンピュータのクラスはやめて英会話のクラスをとることにしました。すると、これがすごく楽しかったのです。

英会話のクラスではどんなに無駄話をしてもかまいません。ただし、英語でしゃべる必要がありますが。やはり、対面で話をするというのは、パソコンに向かっているよりずっとおもしろい行為なのです。

筆子は、英会話のクラスにすっかりはまりました。

その学校は定額制で、クラスは取り放題。予約さえ取れれば。

いくつかのレベルに分かれていました。初心者のクラスより、上のクラスのほうが、生徒が少ないので予約が取りやすいことを知った筆子は、少しでも上にあがれるように、自宅でも英語の勉強を熱心にするようになりました。

先生は若いカナダ人や、オーストラリア人でしたが、やはり物の見方が、日本人とは違うので、話をしていておもしろかったのです。また、スクールでほかの生徒さんと友だちになり、日本語でおしゃべりするのも楽しかったものです。

仕事帰りに毎日通っていたので、買い物に行く時間がなくなりました。TOEICや英検も受け、点数がだんだんあがっていくのがおもしろく、英語の勉強や、勉強の仕方を研究することに夢中になって行き、洋服のことなどどうでもよくなりました。

ただ、当時の筆子の生活がシンプルライフだったのか、と考えると違うと思います。服は買わなくなったのですが、替りに英語の問題集や、英語の本を買っていたのですから。

学校でもらったプリントもどんどんたまっていきました。
それにお金はスクールの授業料に相変わらず使っていました。

ですが英語の本は、ストレス解消に買っていたわけではないので、買い物の質がちょっと違うと言えます。

本やスクールに払っていたお金は浪費ではなく、投資だったのです。

お金は相変わらず使っていたものの、その使い方が変わったわけです。自分が好きで夢中になれることに使っていたから、むなしさはあまりありませんでした。

当時のことを振り返ると、次の2つのことが言えそうです。

つまり:

  • 自分が好きなこと、打ち込めること、さらにうまくなりたいことに使うお金は浪費ではなく投資。
  • 自分が打ち込めることで忙しくしているのなら、ストレスはたまらない。

筆子は、あまりに英語の勉強がおもしろく、ついに留学も視野に入れて、お金をため始めることになったのです。

この続きはこちら⇒その場限りの喜びにではなく、少し先の幸せへの投資~ミニマリストへの道(8)

ミニマリストへの道を最初から読む方はこちら⇒私が断捨離してミニマリストになった理由(1)~物は私を幸せにしてくれなかった

☆浪費と投資の違いは人によって考え方はいろいろでしょうが、将来的に回収できそうなものに、お金をつぎ込むのが投資と言う人は多いです。

考えてみると、私は英語の学習にずいぶんお金をつぎこみましたが、今、英語で仕事をしているわけではないし、払った分、回収できたか、というとそんなことはないと答えます。

でも語学というのは学習しているプロセスが、けっこう楽しいので、べつに「すべてのお金をドブに捨てた」とは思いません。

ただ、英会話学校は高いので、インターネットのある今ならば、迷わず独学していました。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter