シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

情報を遮断すると持たない暮しが実現してしまう理由とは?


Pocket

持たない暮しをめざすなら、情報をできるだけ遮断することが不可欠です。その理由をお伝えします。

なぜ部屋が片付かないのか?

室内に、物がいっぱいで、なかなか片付かない1番の理由は、物を家に入れてしまうことです。

物はどうやって家の中に入ってくるのでしょうか?考えられるのは3つだけ。もらう、買う、拾うことによって、です。まれに、窓から何かが飛んでくることがあるかもしれませんし、以前筆子が体験したように、雨どいに誤って落ちたリスが、家の中に入り込むこともありますが、こういうのは例外です。

もらうか、買うか、拾わない限り、物は増えないはず。ここで言う「もらう」には、郵便や宅配便で届けられるものも入っています。
ラップトップ

断捨離の2つの車輪

断捨離には以下の2つの車輪があります。

1. 物を家に入れない。
2. 今、家にある不用品を出す(捨てる)。

1が断捨離の断で、2が捨にあたります。断捨離と聞くと、人は、「捨てることだ」と思いがち。

1と2とどちらが大事かと聞かれたら、筆子は1の「物を家に入れない」ことだと答えます。

もちろん、現在のあなたの部屋が、完璧な汚部屋で、足の踏み場がなく、生活できない状況なら、まずは捨てることにフォーカスするべきでしょう。

ですが、片付けはじきに終わります。

今、どんなに汚い部屋に住んでいたとしても、その部屋に何千、何万というガラクタやモノがあったとしても、それは有限だからです。

片付けを続ければ、いつかはきれいな部屋になります。

現在、ゴミ屋敷だと、片付けはものすごく大変に思えるでしょう。最初は、部屋を見るだけで無力感に襲われるかもしれません。

でも、自分1人だけでなく、友だちに援軍を頼むとか、お片づけをしてくれる業者に作業を依賴すれば、きれいにすることは不可能ではありません。

関連⇒断捨離初心者のシニアにおすすめ、『若返り片付け術』を読んで老前整理を加速する この記事で紹介しているアート引越センターのエプロンサービスはわりと片付ける値段がリーズナブルだと思いました。

ところが、1の「物を家に入れない」というのは、ずっと続くことです。ここが生ぬるいと、せっかく徹底的に捨てて、いったん家の中がきれいになったとしても、また不用品がたまって行きます。

つまり永遠にしんどい片付けが続くのです。だから1の「家にモノを入れないこと」の方が重要になってきます。


モノを家に入れないためには?

では、モノを家に入れないためには、どうしたらいいのでしょうか?

自分の意志にかかわらず入ってくるものはできるだけ流入を止める

物はいろいろな経路をたどって家に入ってきます。宅急便で届く贈り物、セールスの人が置いていった粗品、家族が持ち込むもの、ポストに投げ込まれたもの、窓から飛んできた隣の家の洗濯物。

こういうのは、自分で完全にコントロールするのは難しいです。第3者の意志と行動の結果、あなたの家にモノが入ったのですから。

もちろん、入ってこないように対症療法的に自分でできることはあります。

贈り物が届いたら「これからはこんな気をつかわないでね」と相手に言ってみたり、自分から贈ることをやめます。

今度、セールスの人が粗品を置いていこうとしたら断ります。家族が家に何か持ち込んだら、居間などのパブリックスペースには置かないように頼みます。ダイレクトメールは停止します。洗濯物は隣の家に返せばいいでしょう。

関連⇒ミニマリストの不用品を「もらわない」ための努力と工夫

勝手に入ってくる物と違い、「拾うこと」と「買うこと」はあなた自身で完全にコントロールできます。

やたらと拾うのはやめる

今の時代、人がつい拾ってしまうのは子猫でしょうか?ペットを家にいれるのも、暮しを複雑にしてしまうので、よく考えてからにしたほうがいいです。これは捨てる人が悪いのですが。

廃材、廃棄物、粗大ごみが好きな人も要注意。今の暮しに本当に必要で、必ず活かして使える自信のあるものだけ、拾いましょう。

買わないことが1番大事

モノを拾うより、買って増やしてしまうケースが断然多いと思います。本当に持たない暮しをめざすなら、買うことを少しセーブしたほうがいいです。

断捨離では「物を買わない」ということがすごく大事なのです。幸い買うか買わないかは自分で決めることができます。

ただ、この購買態度に強く影響力を持つものがあります。

それって?

広告です。「広告さえ見なければ、買っていなかっただろう」というものが多いのではないでしょうか。

広告にのせられて買ってしまった結果は?

この世の中は、広告であふれています。

テレビ、新聞、雑誌、インターネット、ポストに入ってるチラシ、街の看板。スマホを持つ人が増え、いつもポケットに広告を入れて歩いているようなものです。

企業は広告、宣伝に巨額の投資をしています。いわゆるマーケティングです。マーケティングは、消費者にとってのメリットを提供すると言われています。

「これがあると、あなたの悩みは解決しますよ、暮しがもっと快適になりますよ」、といったことを教えてくれるのです。しかし、その広告にのせられて、たくさん物を買ってしまった今、はたして暮しは本当に便利になっているのでしょうか?

どちらかというと不便になってしまったので、みんな「物を片付けたい」「断捨離したい」と願っています。

つまり、私たちはそんなにたくさんのメリットは必要ないのです。

1つ1つの商品は便利なのかもしれませんが、こういうのが大量に集まるとかえって不都合なことが起きるのです。

関連⇒ミニマリズム~何もしない時間、何もないスペースを作ってより充実した人生を

現代は、過ぎたるは猶及ばざるが如し、状態になっていると言えます。

広告を見ないようにするには?

広告を見ると、購買意欲を刺激されて商品を買ってしまいます。広告を見て、ほしくなった物をがまんして買わないでいると、ストレスがたまります。そして、いつか反動が来ます。

そこで、最初から広告を見ないようにします。といっても、今の世の中、あらゆるものに広告がついているので、完全に目にふれないようにするのは不可能です。

ただ情報を遮断すれば、広告にさらされる頻度が減ります。雑誌、ラジオ、テレビ、インターネットなどメディアにふれる時間を削減するか、見るとしても、意識的に見るようにすることをおすすめします。

情報を遮断する工夫

以下に、情報を遮断するためにできることをいくつか書いておきます。

●テレビは見ない

見るなら広告のないチャンネルにするとか、番組を選ぶ、といった意識的な視聴をします。

なんとなく見てると、テレビのCMに出てくる物が、頭にインプットされてしまいます。サブリミナル効果を狙った広告だってあるかもしれません。

サブリミナル効果とは、潜在意識とふつうの意識の境目あたりを刺激して、意識的には認知できない知覚を生じさせ、人の心をコントロールしようとすることです。

関連⇒ミニマルライフを加速する~テレビを断捨離すると手に入るもの

●新聞をとるのをやめる
新聞は毎日届いて物理的にもたまるので、この点でも断捨離的に好ましくありません。どうしても読みたい人は、ネットで読んだり、朝刊、夕刊の両方をとっていたら、どちらかにするとか、職場、喫茶店、図書館で読む、というふうにすればいいでしょう。

●雑誌は買わない

●コンビニや本屋に目的もないのに、ふらふらと入らない

●インターネットは目的を持って、少なめに閲覧
楽天市場やアマゾンをひまつぶしに見るのはあまりおすすめできません。

●不要なメルマガは解除する

情報にふりまわされていると、貴重な時間を失いますので、その意味でも、少し意識的に情報を遮断することは有用です。

grey dot line

いかがでしたか?

もちろん、全ての情報を断つ必要はないですし、そんなことは不可能でしょう。まずは、ふだん自分がいかに無意識に、情報を受け取っているか、そこに意識を向けるだけで、暮しはシンプルな方向に変わっていくと思います。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの中を検索