シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

敷布団もマットレスも断捨離~ミニマリストのふとんはこれだけあればよい



ミニマリスト筆子のふとんの話です。「ミニマリストなら、寝袋じゃないの?」もしかしてそう思っていますか?

寝袋ではなくふとんを使用

寝袋もね、悪くないですけど、あいにく筆子、寝袋を持っていないので、手持ちの毛布とふとんがだめになるまでは、お世話になるつもりです。

「物を買わない挑戦」もしていますので。

両方ともずいぶん長い間使っているけど、まだまだ大丈夫そう。でも、ふと気になったのでふとんの寿命を調べてみました。

一口にふとんと言ってもいろいろあるし、使い方によっても違うから、これとはっきりは言えないそうだけど、あるサイトには「羽毛布団は10年から15年、掛布団は5年から10年、敷布団は3年から5年」とありました。

こちらです⇒暮らしのヒント | ふとん | インテリア・家具が通販できる専門店アテーナ

けっこう幅がありますね。

上にかけるのは10年、下に敷くのは5年という感じでしょうか。うーん、敷布団、あまり持たないんですね。

でも、筆子は敷布団は使ってないから、敷布団の心配は不要です。


筆子のふとん

先日、娘の複雑な寝具(ベディング)の構成をお見せしました。
こちら⇒ミニマリストはやっぱり布団でしょ、ベッドはいろいろ複雑だから

今回は筆子の使ってるごくシンプルなふとんをお見せします。

床に寝るので、まずベッドのようなフレームは不要。そして、寝具はこれだけです。

最近ははこんなふうに丸めたのを立てて、クローゼットに収納しています。

布団

では、ひとつずつ見ていきましょう。

これは木枕。いわゆる硬枕(こうちん)です。桐でできていて中は空洞。とっても軽いです。

木枕

木枕だと、枕カバーいらないし、洗濯しなくてもいいから楽ちん。1つ買えば一生ものです。

木枕の話はこちら⇒木枕でウソのように肩こり解消~健康にいいし、小さいし、床に寝るミニマリストには理想の枕です

これはシーツ。フランネルのシーツです。夏はこれに直に寝ます。もちろん、からだの上にかけることもできます。これは4,5年前から使っています。

シーツ

今は冬なので、このシーツの上に毛布を2つ折りにしてひいてます。
これが毛布。ほぼウールに何か特殊加工して温かく、心地良くなっているはずです。

10年以上前のもの。実はあるふとん屋さんの新商品の毛布のネーミングの景品でもらいました。

毛布

筆子は「夢式部」という、敷布と式部のダジャレで考えた名前を投稿したら、なぜか選ばれちゃって。

毛布の上に寝て、この羽毛布団をかけます。これは、10年ぐらい前に、母にもらいました。薄手で軽いです。

羽毛布団

寝具はこれだけ。ちょっと前までは、体の熱を逃さないという新聞紙を1番下に敷いていたけど、床にカーペットが敷いてあるから充分暖かいようなので、最近は新聞紙を使ってません。

新聞紙敷くとすぐ上に敷くシーツが黒く汚れてしまうし。

この頃あまりしませんが、昼寝をするときは毛布を2つ折りにして、折り重なった中に入り込んで寝ています。もちろん枕は木枕。

ちなみに、お手入れは、シーツと毛布と掛け布団のカバーは洗濯機で丸洗い。羽毛ふとん本体は、たまに干しています。

床に寝る前は、ふつうの人みたいにマットレスに寝てましたが、引っ越し前に断捨離しました。マットレスは捨ててよかったものの1つです。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter