シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

ミニマルな寝床を実現~床に毛布をひいて寝るようになって4ヶ月、こんな変化あり



物を持たないようにしている筆子は、床にシーツと毛布をひいて直に寝ています。

以前はセミダブルのベッドに寝ていました。ですが、引越し前に、ベッドフレームとマットレス2枚を、断捨離

当初はセミダブルを捨てて、シングルにしようかとも思っていたのですが、結局、床に寝るのが快適なのでベッドなし生活で行くことにしました。

「冬場、寒いかもしれない」という心配がありましたが、真冬でも薄い掛け布団だけで大丈夫でした。

カナダは寒いので、通常セントラルヒーティングです。こたつはもちろん、ストーブなど、部分的な暖房器具は一般的ではありません。

冬はずっと暖房しっぱなし。このアパートでは、気温を19.5度に設定していますが、それでちょうどいい感じです。

筆子のパソコン机の周囲は、だいたいいつも18.5~19度あたりです。

筆子が床に寝る理由

なぜ床に寝ているのかというと、今のアパートが狭くてベッドを置く場所がないから。そして、かねてより、健康のために固い床に寝たいと思っていたからです。

固いところに寝ると健康にいい理由は、こちらの記事に書いています。
床にじかにシーツをひいて寝てみたら、グッスリ眠れて健康によいみたい

それまでも、2枚あるマットレスのうち、固いほうを上にして寝ていました。そのマットレスは近所のおじいさんからもらったものです。奥さんが、そのマットレスだと硬すぎて、からだが痛くて寝られないから、とのこと。

だからそこそこ硬いマットレスでしたが、それでも床には負けます。

現在の寝床

●ふとんをしく場所(パソコン机の隣のスペース)
ふとんをしく場所
この上にふとん(シーツと毛布)をひきます。カーペットの上にある透明のシートは、パソコンの椅子のキャスターで、床を傷つけないためのもの。

●ふとんをしいたところ
ミニマリストの寝床

きわめて普通の見た目です。敷布団がないので寝支度はとっても簡単で、1分もかかりません。

寝具についてはこちらの記事で書いています。
ミニマリストのふとんはこれだけあればよい

枕は木枕を使っています⇒木枕でウソのように肩こり解消

朝起きたら、ちょっと時間を置いてから、丸めて、クローゼットに収納しています。

掛け布団など

丸めたふとん

クローゼット

軽いので全部合わせて、片手で持てます。

うちは最初からカーペットを敷き詰めてあるせいか、寒くありません。フローリングに直に寝る場合は、ダンボールか何かをしかないと、体の熱を取られるので気をつけてくださいね。


ベッドを断捨離して、床に寝るようになってから起きた変化

●良いこと
1.とにかくフレキサブル
今は、パソコン机の横で寝ていますが、廊下でも、ほかの部屋でもちょっとしたスペースさえあれば寝ることができます。

2.スペースがある
場所をとるベッドがないので、当然ながらそのぶんのスペースがあきます。

3.ベッドのいらないからだになった
ベッドは家の中にある1番大きな家具ではないでしょうか?そんなベッドとおさらばしたので、ひじょうにフットワークの軽い人間になったような気がします。

4.目覚めすっきり
もともと朝までぐっすり眠るタイプなので、「床に寝ているせいだから」、とは言えないかもしれません。少なくとも、引っ越してきてから病気はしていません。

●悪いこと
特になし。

ただ、居間に寝ているので、となりで夫がテレビを見ていて、うっとうしいことがあります。夜10時には、自室に入るように頼んでいるのですが。

最近、娘はバイトで忙しいし、筆子はテレビを見ないから、居間のテレビはいっそ、夫の部屋に持っていってもらいたいぐらいです。

これからだんだん暖かくなってくるので、寝具は変わるかもしれませんが、床に寝る生活はずっと続きそうです。

子どもの頃は、布団に寝ていて、ふかふかのベッドにあこがれていました。そんな私が、50歳をすぎて行き着いたのは、床に寝る生活だったのです。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter