シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

ミニマリズム~何もしない時間、何もないスペースを作ってより充実した人生を


Pocket

以前、TED Talks の中から、グラハム・ヒルの『ものは少なく、幸せは多めに』をとりあげた記事を書きました。

意外にこの記事が好評で、このブログでよく読まれている記事のベスト10に入っています。

今回もTEDからミニマリズムに関する短いプレゼンテーションをご紹介しますね。

TED Talks(テッドトークス)は、世界中からいろいろなスピーカーが参加してさまざまなアイデアをプレゼンテーションしているわりに短い動画のことです。

TEDはTechnology, Entertainment and Designの略ですが、そのトピックは多岐に渡っています。TED独自の講演会のプレゼンのほか、ほかの団体とコラボレーションした講演会のプレゼンもたくさんあります。

このブログでは上記のグラハム・ヒルのほかに以下の2つの記事でTEDのプレゼンを紹介しています。

この講演会を主催している団体のスローガンは Ideas Worth Spreading(人に伝えるだけの価値のある考え)で、インターネット上に膨大な動画のアーカイブがあります。
TED: Ideas worth spreading

TEDトークスのいいところは、クリエイティブ・コモンズで、自由にシェアできることです。この点、レオ・バボータのブログと一緒です。

意外に簡単、シンプルライフブログの第1人者、レオ・バボータに学ぶ、ガラクタをゼロにする方法

前置きが長くなりました。
今回のプレゼンをご紹介します。

ミニマリズム、より充実した人生のために

動画のタイトルは Minimalism – For a More Full Life
ミニマリズム、より充実した人生のために

スピーカーはグラント・ブレイクマン(Grant Blakeman)という人で、3分25秒の短いプレゼンです。

英語の字幕付きのビデオです。英語に抵抗のない方はどうぞ。
英語を聞きたくない人は、日本語の訳に飛んでください。短いビデオなので、ざっと訳してみました。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒TEDxBoulder – Grant Blakeman – Minimalism – For a More Full Life

グラハム・ヒルのプレゼンはこちら⇒『ものは少なく、幸せは多めに』~グラハム・ヒルに習う「小さく暮らす」メリット

■ミニマリズム、より充実した人生のために

準備はいいですか?
このプレゼンはすぐに終わりますよ。
では、行きます。
 
私の1日についてですが、あなたの1日も似たようなものでしょう。

朝起きて、スマホを手に取り、メールをチェックします。
夜のあいだに来ているテキストをチェックして、ツイターも見ます。
みなさんは、フェイスブックかもしれませんね。そのあとブログを読んで、ニュースを見る。

こんな感じで1日が始まります。

仕事の話をしましょう。私はこのプロジェクト、別のプロジェクト、また別のプロジェクトをやります。

クライアントはすでにに昨夜から5通もメールを送ってきています。でも、実は今、私は別のクライアントと話をする必要があるわけです。

メールを送ってもいいし、インスタントメーセージで連絡をとることもできます。ビデオチャットでもいいし、電話をしてもいい。

でも、誰かが私にツイターで何か言ってきてるので、返事をしなければなりません。すると、また別のクライアントが私に電話をしてきます。

彼の依賴はもっともなことなんです。でも、すごく緊急なことがあり、私は今やってることを全部中断しなければなりません、そして、私は…、あれ?私は何をやろうとしていたのでしょうか?

まあ、いいです。だってランチタイムですから。


あなた、きょうランチに何食べましたか?きのう食べたのと同じじゃないですか、あるいは一昨日食べたものと。あるいはその前の日のと。ええっと仕事に戻りましょう。

私は仕事しながら音楽を聞くのが好きなんです。スマホには軽く数千曲入ってます。でもインターネットがあれば、どんな曲でもストリーミングで聞けますよね。

仕事のあと運動をします。水泳や、ロッククライミング、自転車、ヨガ、いろいろできますが、トレイルランをすることにします。

そのあと、ちょっと買い物に行きます。すると、お気に入りの歯磨き粉が売り切れてるではないですか。でも、同じ銘柄の4つの違う歯磨き粉が。目の前の棚には歯磨き粉が20種類も。

帰宅して、テレビを見ます。ケーブルテレビなので、チャンネルが何百個もあるんですが、インターネットがあれば、何でも見られます。

読書なら、4,5冊同時進行で読んでる本があります。でもほかにやることたくさんあるんです。

その本の内容について、教えてくれませんか?あなたに教えてもらえば、自分で読んだのと同じようなもんです。

要するに、私たちはこの豊かな選択肢のある世界に生きていて、それはすばらしいことです。

電話1本で、明日世界中どこにでも行くことができます。ただ、お金がいりますよね。

歯磨き粉を例にあげれば、消費者があまりにたくさんの歯磨き粉の選択肢を前にすると、実は、「何も選ばない」という選択をするのです。

何も選ばないで、他の人に選んでもらうほうが簡単ですから。

で、こうしたことがどうミニマリズムに関係あるかと言うと、ミニマリズムは物を減らし、そぎ落としていくことです。そうしてできるだけ人生を生きやすくします。

つまり、「より少ないことは、より多いこと」、あるいはディーター・ラムスによれば「少ないことは、よい良いこと」なんです。

私たちはこうした考えを自分の生活に取り入れることができます。

ミニマリズムは何もかも捨ててしまうことだけじゃないんです。もっと自主的に暮らすことであり、邪魔になるものを取っ払うのです。

何か新しいものをプラスするまえに、マイナスします。つまり、人生において大きな余白を見つけることなんです。

ミニマリズムは私たちが物事をする方法変えることです。より集中できるようになるために。

では、こうしたことを毎日どうやって実現すればいいでしょうか? あなたは新しい歯磨き粉を選ぶとき、ただフリーズしてるだけですか?

いつも気が散って、たくさんのものを人生にプラスしていますか?みんな、最大限にこの人生を生きたいと願っています。そうすべきなんです。

充実した人生を生きるためには、余白を見つける必要があります。その日をちゃんと過ごすために。

私の余白は毎日ランニングしている時間です。そのときは頭をからっぽにしてぼーっとしています。

皆さんに、こう質問します。あなたの毎日で、余白にあたるものはなんですか?

ありがとうございました。

余白、あるいは何もしない時間

この動画でブレイクマンが主張していることに、筆子も多いに共感します。

「私はミニマリストで、断捨離してます」、と言うととただ単に物をどんどん捨てている人、と受け取られがち。しかしミニマリズムの本質はブレイクマンの言うように、より充実した人生、楽しい人生、自分らしい人生を送ろうとすることにあります。

選択肢がいっぱいあると頭がフリーズして、選択できなくなる、つまり、前に進めなくなってしまうのです。

フリーズしないまでも、ものすごく時間をかけて選ばなければなりません。筆子はそういうことに時間や気力を費やしたくないのです。

私たちはあまりにもたくさんの選択肢に囲まれています。ただ流されているだけでは、大事なことを見落としてしまいます。自ら選択肢を削ぎ落とす必要があるのです。

動画の中で negative space (ネガティブスペース)という言葉が出てきます。このnegative は positive (良い)の反対の意味のネガティブではなく、プラスに対する、マイナスのスペースという意味です。

現代社会は何でもプラスして解決しようとしますが、今はその逆を行くことが求められているのでは?。どんどんプラスしたって何の解決にもならない気がするのです。

ネガティブスペースは、余白と訳しましたが、何もしない時間、何もないスペースと言い替えることができます。

何もしない時間って、大切ですよね。

スケジュールぎっしりだったり、1度にたくさんのことをやろうと欲張ると疲れるだけです。やること少し減らして、スローダウンしてみませんか?


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの中を検索