シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

水切りカゴは使わない、三角コーナーと洗い桶もなくても大丈夫


Pocket

持たない暮しを実践しているので、筆子は、水切りカゴ三角コーナー、洗い桶は使っていません。それでなんの不自由もありません。

キッチン用品は、実にさまざまなものがあり、100円ショップでも、「便利グッズ」がたくさん並んでいます。安いからついつい買ってしまいそうですが、このようなものを安易に買っていると、物は増える一方です。

「あると便利」は「なくても平気、むしろあると邪魔」な物なのです。

どうしても必要なもの(包丁とか、まな板など)以外は、どんどん台所から追放しています。

きょうは水切りカゴ、三角コーナー、洗い桶を使わず、どのように暮しているのかお伝えします。

水切りカゴはいらない

水切りカゴとは、洗った食器をのせて、水を切るものです。洗った食器をそのままカウンターにのせると、カウンターがぬれます。

水切りカゴを捨てた経緯

カナダに来て初めて下宿した家には、水切りラックがあったような気がしますが、よく覚えていません。家庭を持って最初のころは水切りカゴを使っていました(こちらではディッシュラック dish rack と呼びます)。プラスチックの白いものです。お皿を立てられるように、細い仕切りが並んでいました。

白いプラスチックなので、汚れが目立つし、きれいに洗わないとすぐにぬめぬめして、メンテナンスが大変でした。

そこで、プラスチックの水切りかごは断捨離し、金属の細い水切りラックを買いました。これは流しの上に渡すものです。いつも渡しておくと邪魔なので、必要なときだけ使っていました。

しかし、どうにもこうにも邪魔に感じて、あるとき使うのをやめました。夫は「水切りラックを使わないなんて信じられない」と思っていたようで、自分がたった1枚のお皿を洗うときですら、このラックをひっぱりだしていました。

この水切りラックを捨てたくて、けんかになったこともあります。

そのように悩ましかった水切りラックですが、この家に来てからはすっぱり使うのをやめました。流しが小さすぎて、このラックをのせるスペースがないからです。

水切りカゴを使わずディッシュクロスを使う

水切りカゴを使わない

シンク
食器を洗ったら、クロスを敷き、そこにいったんのせて乾かします。お皿は向こう側の壁に立てかけたり、他の食器に斜めにもたせかけたり、適宜工夫します。

食器をすべてを洗いおわったら、ディッシュクロスで拭いて棚にしまいます。洗い物がたくさんあるときは、もっと大きなクロスをシンクまわりに敷いて、洗った食器を置いています。

筆子が料理するときは、使った道具を洗いながら進めるので、洗い物はたまりません。3人分の食器(お皿3枚、グラス3つ、カトラリー)ぐらいです。

夫が調理するときは、スプーンを何本も使ったり、ボールや鍋をたくさん使うのでそういうわけにはいきません。

夫が全面的に料理し、筆子が後片付けを担当するのは、サンクスギビングやクリスマスに、ターキーや大きなチキンを丸焼きするとき。

こういうときは、キッチンのカウンターだけでは足りないので、テーブルの上にクロスを敷き、そこに洗い物を置いています。

水切りカゴはラ・バーゼの製品が人気ですね。素敵だとは思いますが、筆子の暮しには必要のないものなのです。

ふきんはリネンを愛用しています⇒ワンランク上のふきん、リネンのキッチンクロスの使いやすさの秘密


洗い桶はいらない

カナダに来て初めて下宿した家には、洗い桶がありませんでした。実家ではずっと使っていましたから、筆子はひじょうに戸惑いました。

このときは、洗い桶は必要だと思い込んでいたわけです。そこで母に洗い桶を送ってくれるように依賴。ほどなくベージュのプラスチックのを送ってくれたので、それを使っていました。色や柄は全然気に入りませんでしたが。

しかし、そのうち別に洗いおけに水をためなくてもいいような気がして、使うのをやめました。洗剤も必要最低限しか使わなくなりました。

今は、水やお湯を蛇口から細く出したり、止めたりしながら洗っています。

人の家の台所をあまりしっかり見たことがないのですが、たぶんカナダでは洗い桶は売ってないと思います。

日本よりディッシュウォッシャー(食器洗い機)が普及しているので、皿にのっている残り物などを捨てたり、ほかの容器に移したあとは、ディッシュウォッシャーに入れるのではないでしょうか。

また、古い家の台所は、ダブルシンク(小さいシンクが2つついている流し)で、1つのシンクに洗剤を入れたお湯(か水)を張りここで洗い、隣のシンクですすぐのだと思います。昔のドラマでそういうシーンを見たことがあります。

去年まで住んでいた家はダブルシンクでしたが、そういう使い方をしたことはありません。

何かをつけ置き洗いしたいときは、シンクに水を張ってやります。野菜を洗う時や、細かいものを洗いたいときは、調理用のボールを使います。

調理用のボールはけっこう大きいものを持っているので、何らかの理由で、それなりの大きさのある容器に液体を入れる必要があるときは、すべてこのボールを使っています。

鍋を使うこともあります。わざわざ食器を洗う専用の入れ物はいりません。

三角コーナーはいらない

三角コーナーとは、流しの角っこにおく、生ごみを入れる三角形の容器です。「コーナーにおく、三角のもの」という意味のネーミングでしょうか。おもしろいですね。

これは日本特有のものかもしれません。カナダではみかけません(知らない可能性もあります)。

三角コーナーの代わりに、生ごみを処理するディスポーザーというものがあります。最近、日本のマンションなどにも設置されていますね。ディスポーザーは流しの排水口に生ごみを入れると、粉砕して排水管に流す機器です。

幸か不幸か、私がカナダに来て住んだ家は、いずれも古い家ばかり。台所も小さく、ディスポーザーもディッシュウォッシャーも使ったことはありません。

ですが、ディスポーザーがなくても、三角コーナーは不要です。

生ごみ(野菜の皮やお茶がらなど)は、新聞紙やそのへんのいらない紙に受けて、直接、台所のゴミ箱に捨てればいいのです。
それで全く不都合はありません。

チラシや古い雑誌のページで、ゴミ箱を作って、それに生ごみを入れていたこともあります。

この箱、以前はよく作っていて、お菓子を焼く時、材料の計量に使ったり、さくらんぼの種を出すのに使っていたのですが、今は作らなくなりました。

というのもわざわざ箱を作らなくても、ふつうの器を使えばいいからです。

最近は、野菜の皮は、もういらない紙(プリンタ用紙やルーズリーフ)の上でむいて、紙ごとまるめて捨てたり、ゴミ箱の上で直接むいて、皮を落下させています。それで充分間に合うので、三角コーナーは不要です。

そもそも三角コーナーに入れておくと、さほど濡れていないものまで、いつも水にぬれることになり、不衛生です。

そこで、濡れないように、わざわざインナー(中敷)としてビニール袋をひくと、これまたゴミと手間が増えます。

調理中出たゴミ⇒三角コーナー⇒ゴミ箱という経路はたどらず、いきなりゴミ箱に入れてしまうほうが手間がかからず、流しの見た目もすっきりします。
grey dot line

いかがでしたか?

人の暮し方はさまざまですので、水切りカゴを便利に使っているのなら、わざわざ捨てることもありませんが、邪魔だな~と思っている場合は、使わない道もある、ということをお伝えしたいのです。

なくても暮しが充分成り立つのであれば、「他の人が持っているから」という理由で、使う必要はありません。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの中を検索