シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

家族のガラクタが邪魔。そんな時平和的に断捨離を進める5つの方法



シンプルライフをめざして、一生懸命、家の中を片付けていると、だんだん人のガラクタが気になってくるものです。私もそうでした。

今回は、ガラクタ持ちの家族と18年暮して会得した、家族が自分の持ち物を片付けないとき、できるだけ心安らかに断捨離を続ける方法を5つお伝えします。

1.家族に余白を見せてあげる

家族のガラクタ(に見える物)が、いっぱいあっても、まずは自分の物を捨ててください。それから、公共スペースをできるだけきれいに整えておきましょう。

自分がいらない物をどんどん捨てて、シンプルかつ幸せになっていく様子を見せれば、家族は影響を受けます。

残念ながら、私の家族はあまり影響を受けていないようですが。それは私があまり大げさに、「捨てたからいいことあったよ」というしぐさを見せないからです。

私は、いつも淡々と、きわめて個人的に捨てていますから。

それでも、私がキッチンのカウンターやテーブルをいつもきれいにしておけば、家族もそうした余白の良さに気づくと思います。

片付けない家族は、そもそも「余白のよさ」を知らないか、忘れているのです。

まず自分の物を断捨離して身辺をきれいにし、余裕があれば、キッチンやリビングルームも片付けて、家族に余白を見せてあげましょう。

余白推進運動です。

2.最低限のコミュニケーションはする

なぜ、自分が断捨離をしているのか、どうしてシンプルライフにしたいのか、そういう意向は、家族全員に話しておいたほうがいいです。

「言ってもわかってもらえない」と思うかもしれません。ですが、言わないともっとわかってもらえないし、かえって物が増えることがあります。

先日、こんなことがありました。

私はキッチンの引き出しにある、大きな包丁が余分だと思ったので、1つ、取り除いておきました。いきなり捨てると、夫が何か言いそうだったので、引き出しから出して、ユーティリティルームの奥に置いてある箱に入れておきました。

この箱は、断捨離執行猶予箱です。

そこに入れたまま、何ごともなく半年すぎたら、「包丁を断捨離しよう」、と思っていたのです。

ところが、なんということでしょう。

夫は、私がいつも不用品を寄付している、地域の寄付センターから新しい(でも古い)包丁を買ってきて、引き出しに入れたのです。

私が黙って、包丁を間引きしたばっかりに、余計な包丁が家に入ってきたわけです。

共有しているものは、黙って捨ててはいけないのはもちろんのこと、猶予箱に入れてもだめなのです。

みんなで使っているもので、「これはもういらないかな?」と思うものがあったら、一応、ほかの家族にも意見を聞いてみましょう。

「捨てちゃいけない」と100%言われると思っても、「万が一」とか「あわよくば」といったケースがないとも限りません。


3.最適な片付け方は人によって違うことを忘れない

人はみんなそれぞれ個性があります。「きれいさ加減」の解釈も、人によって違います。このことを忘れないことが、家族ともめずに、断捨離を続けるコツです。

私は、机の上に何もないほうが好きだし、作業中は音もないほうが集中できます。

たぶん、誰でも、余計な物が出ていない部屋のほうが、仕事の効率があがるはずです。

その理由⇒集中できないのはぐしゃぐしゃの部屋にいるから。ガラクタは脳にも悪影響を与えています

ですが、この理屈が通らない人がいます。

子どもです。

子どもは、何もない机より、マーカーやおもちゃが出ている机のほうがうれしいようです。大人でも、道具がいろいろ出ていたほうが、安心して、作業できる人がいます。

人によって、どの程度片付いているのがベストかは違うのです。

そこで、主婦として、家の中を片付けるとき、余白を作るべきだけれども、共有スペースによっては、家族の好きな「散らかし具合」や「片付け方」にしておくことも大事です。

言うは易しですが。

我が家では、キッチンツールは、流しの引き出しに全部入っています。この引き出し、幅60センチ、奥行き52センチ、深さ15センチという大きなもの。

ここに包丁、フライ返し、ピーラー、キッチンバサミ、その他のキッチン小物をすべて入れています。

引出しの中に秩序はありません。

仕分けするケースを入れたほうがいいような気もしますが、そういうケースをわざわざ買いたくないので、ずっとそのまま。

私としては、余計な物が減れば、たとえ引き出しが大きくても、物は見つけやすくなると思っているのです。

そこで、先に書いたように、こっそり包丁を間引きしたりしているわけです。仕分けケースなんか買ってしまうと、かえって物が増えそうです。

引き出しを開けるたびに、中身が探しやすいように、ツールをざっと縦に並べて揃えていました。

ところが、最近、夫は、人がせっかく縦に並べたものをみんな横にしてしまうのです。彼は横に並べたほうが使いやすいらしいのです。

共用の収納スペースでこのようなことが起きたら、意地になって、自分のやり方を通そうとすると、かえって疲れます。

相手の性格にもよりますが、譲り合いの精神を持ったほうがいいです。

家族円満

家族円満が何より。

4.ガラクタの背後にある問題を解決する(努力をする)

もし、家族にガラクタ持ちがいて、そこらに放置しているなら、そのガラクタを問題にして、家族を責めないほうがいいです。

部屋の中にあるガラクタは単なる現象にすぎません。

その現象を起こしている真の理由を解決しなければ、ガラクタは減らないのです。

ガラクタがそこに出ている理由は、そのガラクタの持ち主が、物とどんな関係を持っているのか、どんなふうに空間を使おうとしているのか、そんなことが原因になっています。

そこで、ガラクタを問題にせず、原因のほうを解決するほうにフォーカスしたほうがいいでしょう。

たとえば、子どもがやたらとおもちゃや紙を散らかす場合、夜になってお母さんが、おもちゃを拾って片付けているとしたら、これは真の解決法ではありません。

子どもでも、おもちゃを投げ入れてしまえるような物を設置して、そこに入れることを教えてあげるのが、より根本的な解決になります。

もちろん、おもちゃを買い過ぎないことも大切です。

おもちゃの断捨離法はこちら⇒子どものおもちゃを減らす方法。すでにたくさんある場合 | 筆子ジャーナル

私も娘が脱ぎ捨てた服を片付けていますが、その一方で、ゴミ箱や化粧品を入れるトレイを買ってきて、できるだけ娘が片付けやすいように、気を配っています。

あまり成功しているようには思えませんが。

現象の背後にある原因に目を向ける。大事なことです。

5.柔軟な対応をする

家族全員がミニマル志向で、みんなでどんどん断捨離している笑顔な毎日、というのはまれなケースだと思います。

夫や妻、子ども、その他の同居人は、みんなそれぞれ違うガラクタ観を持っています。

自分のやり方を無理に通そうとすると、余計なトラブルが起きて、ストレスがたまるだけです。

誰でも、他人の物はゴミに見えてしまうのです。ところが、自分の物はみんな大事で、使ってなくても、捨てられません。

そこで、その場その場で、柔軟な対応をするのが求められます。散らかす相手が子どもだったら、片付け方を教えてあげることができます。けれども、相手が大人だったら、ほっておいたほうがいい場合もあります。

強制的にきれいにしても、望ましくない反動が起きる可能性があります。私は夫に物を捨てさせようとして、何度も失敗しています。

シンプルライフをする目的は、少しでも心地よくして、家族で幸せに暮らすこと。

自分の我を通すと、この目的から遠ざかってしまいます。

何のために捨てているのか忘れず、風にしなる柳のようなしなやかさと強さを持って事にあたるのが、ガラクタ持ちの家族とうまくやる極意です。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

このブログの中を検索