シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

家族が好きなテレビ番組、それはリアリティショー


私はテレビは見ません。しかし、家族が見ている居間にパソコンを置いてあるので、背中で見ている、というか聞いていることがあります。

もう何年も、リアリティーショーというのが流行っています。プロの役者ではない素人が、あるシチュエーションに置かれ、どんなふうに行動するのかカメラで映し出していく番組です。

隠しカメラで撮影するのではなく、出演している本人は、撮られているのは承知しているわけです。

設定はいろいろあります。孤島でサバイバルな生活をしたり、知らない者同士が一軒家で暮したり。

スターになるためにトレーニングを受けながら、音楽コンテストに勝ち残っていく(または脱落していく)さまを追ってみたり。

いずれも、予測不能な筋書きと、出演者たちの思いもよらないリアクションが新鮮で、見ている人を飽きさせないようです。

夫と娘は、恋愛もののリアリティーショーをよく見ています。

とてもハンサムでお金持ちで、女性なら誰もが恋愛の相手に選びそうな男性が、複数の女性の中から、恋人を選ぶというものです。

恋愛などというきわめてプライベートなことを衆人の目にさらしながら、恋人を選んでうまくいくのでしょうか?

しかし、出演している本人たちはいたって真剣に、自分の思いやら何やらを語っています。

そのショーに出ている人達は、スタジオに入っている視聴者と質疑応答もするので、視聴者参加型の番組でもあります。

夫と娘も、〇〇はいいね、XXはよくないね、彼のあの態度はいかがなものか、どうして△△を選ばないのだ?と番組を見ながらけんけんがくがくです。



そういえば、昔、日本でも、恋人を作るために、カメラの前で集団で見合いをするような番組がありました。あれはバラエティという感じの、もっと軽い番組でしたが、先日やっていたリアリティーショーはそれよりはずっと重たかったです。

恋人に選ばれなかった女性は泣いていましたし。恋人に選ばれた女性は、なんかすごく辛辣なことをほかの女性に言っていたし。

リアリティーショーは、プロの俳優を使ってふつうのドラマを作るのにくらべると、緻密な台本は不要で脚本家にお金を払う必要がなく、さらに出演者は素人だから、さほど高いギャラを払う必要もありません。そのわりには、とても人気があるので、制作する側としてはお手軽に視聴率を稼げる、費用対効果の高い番組なのでしょうね。

この手の番組の人気にともない、制作側はますますいろいろな設定を考えて、あの手この手のリアリティーショーを送り込んでいます。

しかし、私は、やはりリアリティー番組より、フィクションのほうが好きです。なぜかフィクションは、現実より現実の本質を見せてくれるし、「大変な現実」は自分の分だけでたくさんですしね。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・9版発売中

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始
実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索