シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

セルフカット、湯シャン、肌断食で美容代はほぼミニマムな暮し



ここ8年ぐらい、自宅で自分で髪を切るセルフカットをやっています。美容院に行かなくていいから、湯シャンと肌断食の合わせ技で、相当美容代は節約しています。

ヘアケアに使うのは白髪を染めるためにはっているヘナのみ。セルフカットをするためのはさみを2年前に買いましたが(記事後半で紹介しています)、それまでは、10年ぐらい前に買った散髪用はさみをずっと使っていました。

化粧品は、去年は、ヴァセリンリップを買っただけ。今年はまだ何も買っていません。

私の美容代は限りなくミニマムに近いです。

節約したい人は、湯シャン、肌断食、セルフカットをやってみることをおすすめします。3つやると劇的に節約できますが、どれか1つだけでも、かなり美容代が浮くはずです。

きょうはセルフカットについて詳しくお伝えしますね。

self hair cut

今年でカナダに来て20年目ですが、カナダで美容院に行ったのは3回だけ。日本に里帰りしたときに4回行っていますので、19年で7回行ったことになります。

日本でOLをやっていたころは、2ヶ月~3ヶ月に1回美容院に行っていました。

私のスタイルはずっとボブです。

美容院に行っていた当時から、前髪やサイドなどは、ちょっと伸びたり、気になったら、自分でチョキチョキと切っていました。

筆子は、数年前までは、赤がつく貧乏でしたから、子どもはもちろん夫の髪も切っていました。

最後に娘の髪を切ったのはいつだったでしょうか?中学生のときはもう切っていなかったような気がします。

夫はあまりに注文が多いので、筆子のほうから切るのをやめました。

私がセルフカットを始めたきっかけ

私がセルフカットを本格的に始めた理由は、こちらの美容院でひどい目にあったからです。

いわゆる白人というかアジア系でない美容師は、「直毛に慣れてないから、めちゃめちゃにされる」といううわさをよく聞いていました。カナダに来てしばらくは髪をずっとのばしていて、たまに、夫に切ってもらっていました。

夫は特にカットがうまくはないのですが、要するに髪が短くなればいいのであり、サイドなど気に入らないところは自分で修正していました。

そのうち夫が切りたがらなくなったので、10年前の冬、初めてこちらの美容院に行きました。たまたま夫がある店の無料お試し券(クーポン)を持っていたので、それを使ったのです。


33ドルの店でひどい目にあう

当時はまだ完全湯シャンではなかったので、ふつうに髪をシャンプーしてもらいました。まずこのシャンプーの仕方にギョッとしました。シャンプーをつけてちょっと髪を洗ったあと、ほとんどすすがないのです。

その年の夏に名古屋の美容院でショートボブにしてもらって、ちょっとのびてきたところだったので、スタイルはそのままで短くしてくれるように頼みました。しかし、できあがった頭は違っていました。

この店の当時の正規の料金はシャンプー・カットで33ドル+チップ。クーポンを使ったので、チップ代だけ払えばよかったものの、これで33ドルは不当だ、と思いました。

筆子はずっとおかっぱですが、おかっぱというのはシンプルなスタイルゆえに技術がいる奥の深いスタイルなのかもしれません。

しかも、私は後ろのはえぎわにクセがあり、ちょっと盛り上がるらしいのです。自分ではよくわかりませんが、これまでいろいろな美容師に何度も言われました。

16ドルの店でさらにひどい目にあう

33ドルの店でこりたので、その次は、夫御用達の安いスーパーカッツ(Supercuts)に行きました。「どうせ今いちのスタイルになるなら、安い店でいいや」、と思ったのです。ところが、ここでは、さらに素人くさいカットをほどこされました。

スーパーカッツは当時、カットのみを16ドルで提供。純粋にカットだけでブローはなし。ここへは2回だけ行きました。

1度めは、スタイリストがやたら水をスプレーしてから切ったので、半分頭が濡れた状態のままサービスが終了しました。夏だったので、びしょびしょ頭のまま(Tシャツの襟口もびしょびしょ)帰宅しましたが、冬なら凍りついているところです。

2度目もやはりスプレー攻撃にあい、頭がびしょびしょになったので、スタイリスト(別の人)が気の毒に思ったのか特別にドライヤーで乾かしてくれました。

この人はいい人でしたが、腕がとんでもなく悪かったのです。「まっすぐに切ってください」、と頼んだら、白い幅3センチぐらいのテープを髪の上から渡して、このテープにそって切っていました。

私はこんなふうにカットする人を初めて見ました。しかもカットだけに30分もかかりました。

このとき筆子は、「自分のほうが彼女よりうまくカットできる」と確信したのです。

もしかしたら、中国系の美容師のいる美容院に行けば、もっとまともな仕上がりになるのかもしれませんが、この日以来セルフカットをしています。

自分で切れば時間もお金も節約できます

ちなみに、私の美容法はすべてチープです:
白髪染めはヘナを使用⇒ヘナ歴15年の私が、白髪染めにヘナを使うメリット、デメリットを徹底解説

湯シャンなのでシャンプーいらず⇒私が湯シャンにした理由(1)~ある女性ミニマリストの場合

肌断食で化粧品いらず⇒ミニマリストの私が使っているたった1つの化粧品

私がセルフカットに使っている道具

セルフカットの道具

右からパックンクラブ、カットばさみすきばさみ、散髪用マント、ダッカールです。1つずつ詳しくご説明します。

赤ちゃん用ヘアカッター(ナショナルパックンクラブ)

パックンクラブ

赤ちゃん用のマイルドなバリカン。娘が小さいとき、このカッターで髪を切っていました。15年ほど前のものです。外側がカメで、ぱっくんと口をあわせると髪を切ることができます。長い髪をざっくり切る時は、このカッターで。

左はスキバサミ用カッター。通常、これは外側のカメの中に入っていますが、とりはずすことができます。髪をすきたいときはこれで適当にすきます。電動だから早くできます。

赤ちゃん向けとはいえ、けっこう使いやすいので、いまだに持っています。多少刃の切れが悪くなってきたかもしれません。

ちなみに、現行の製品はパックンカットという名前で、もっと洗練されたデザインです。

カットばさみとすきばさみ(セニングシザー)

カットばさみとすきバサミ

ごくふつうのステンレスのはさみです。3年前に楽天の杉山刃物店という刃物の専門店で購入。

カットばさみが1600円、すきばさみが1740円でした。

この店には、いろいろな刃物や包丁があります。海外にも発送してくれます。はさみだけでなく、爪切りとデスクで使う洋ばさみも買いました。

散髪用ケープとダッカール

散髪用ケープとダッカール

オレンジ色のはケープです。もとは、刈った芝生を入れるゴミ袋で、通常のゴミ袋より厚手です。片方の角を切って使っています。

とても大きいので、小柄な筆子のからだがすっぽり包まれ、服に髪がつきません。洗濯バサミは子ども用のケープとして使っていた風呂敷を留めるのに使っていたものです。

銀色のはダッカールで、これで外側の髪を上にあげて、内側の髪を切ったりします。子どもの髪を切るときはよく使っていました。

500円カットの話

なぜきょうセルフカットのことを書こうと思ったのかというと、きのう、カッタロカという500円で理容室・美容室でヘアカットできるアプリのことを、運営会社の人からお問い合わせでお知らせいただいたからです。

筆子さんのブログと相性がいいと思いご連絡致しました。
どうかブログにしていただけませんでしょうか?

カッタロカは年齢性別容姿に関係なくご利用いただけます。

とお便りにありました。「容姿に関係なく」というのを読んで笑ってしまいました。筆子のブログは節約ブログなので、お便りを下さったのだと思います。

せっかくお知らせをいただいたので、リンクしておきますね。

フジテレビのバイキングという番組にてお笑い芸人のハマカーンさん(全く知らない人ですが)が利用したリポートです。
【PR】育ちがよさそう?お笑い芸人ハマカーンの浜谷さんが500円カットで大変身?

カットモデル(美容師アシスタントの技術向上を目的としたモデル)に登録するようです。

自分で実際に体験していないので、保障はできないのですが、日本のヘアスタイリストの技術は全体的に高いし、サービスもいいのは本当です。

このサービスは、美容師アシスタントが路上で行っている、技術向上のためのカットモデル探しをWeb上で手軽に行えるように、というアイデアから生まれたそうです。

ヘアスタイリストの卵が、路上でカットモデルを探していたなんて初めて知りました。興味のある方は試してみてください。

1番節約できるのはセルフカット~セルフカットのやり方

セルフカットのやり方やコツは、YouTubeにたくさん動画があがっています。2つサンプルで貼っておきます。海外の動画です。この人達と日本人の髪質は違うのですが、セルフカットってこんなに簡単なんだ、と思えることでしょう。

☆5分でするセルフレイヤーカット


※YouTubeで見る方はこちらから⇒HOW TO: Layered haircut in 5 minutes

☆ロングヘアからボブに

※YouTubeで見る方はこちらから⇒DIY || Self-Cut Bob with Bangs || Long to Short Hair

メンズのセルフヘアカットの動画もたくさんあります。自分の髪の毛なんだから、好きにきればいいと思うのです。

私は、いつも前下りのボブカットにしています。日本でお世話になっていた美容師も、去年行った美容院の美容師も、「え、自分で切ったんですか、うまいですね」と言ってくれました。

お世辞かもしれませんが、何度も切っているうちに、そこそこうまくなってきます。細かく観察すると、微妙にアラがあるのですが、人はそこまで細かくチェックしません。ふつうの人は、自分のことばかり考えていますから。

いきなり全部をセルフカットするのはハードルが高いかもしれませんが、スキバサミを手に入れて、前髪やサイドなどを自分で切れば美容院へ行く回数が減って、おおいに節約になると思います。

失敗したって、髪の毛はまたのびてきますしね。ゴールデンウィークやお盆休み、シルバーウィークなど連休中に試してみてください。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter

このブログの中を検索