シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

iPhoneで違う人にテキストメッセージを送って恥ずかしかった



去年の春、娘にiPhoneを支給するついでに自分の分も買いました。

私は電話嫌いでそれまで携帯電話すら持っていませんでした。だってずっと家にいるし、誰にも電話しないし、受信しかしないのだから。

iPhoneを買っても、しばらくは電話機能はほとんど使っていませんでした。家族の間では、テキストメッセージを送り合っています。

娘と私はiPhoneなのでアイメッセージという機能を利用。

ただ、アイメッセージはワイファイで送るから、ワイファイにつながっていないと、送ったり見たりできません(たぶん)。

先日、いつもの調子でバイト先の娘にアイメッセージを送っていたら、「3Gの枠を使いきってしまったから、テキストメッセージで送って」と言われました。

娘のバイト先にはワイファイの接続がないので、休憩時間にメッセージをチェックするときは3Gの接続を使っているようです。

毎月何がしかの3G枠があるのですが、それを使いきってしまったわけです。

娘がバイトに出かけるとき、テキストメッセージの送り方を聞いたら「ダブルタップすればよい」と言われました。

ダブルタップとは、タップを続けて2回すること。タップはiPhoneなどの画面をやさしく指でたたくこと。しかし、どこをダブルタップしていいのか検討がつきません。

思いつくところ、すべてダブルタップしてみました。コンタクト(連絡先)があいたり、「ディクテーションしますか」と出たり。

しかたないので、ネットで調べました。すると「メッセージの画面を開き、右上の鉛筆と紙のマークをタップすれば、テキスト作成画面が出る」とありました。

それをさっきやってみたのです。鉛筆マークをタップして、新規メッセージを書く画面を出し、◯にプラス(+)の入ったところを押し、コンタクト先から、娘の名前を押す・・・すると、どうしてもアイメッセージの画面になってしまいます。

そこで、娘の電話番号を手打ちして送ってみました。娘は、「バイトが終わった後、もし友だちが行けなくなったら、代わり私に買い物につきあってほしい」と言っていたので確認したかったのです。

英語で、「きょう、私はSモールに行くことになっているの?」と送ってみました。

すると、「う~ん、わかんない。あなたが行きたければ行けば?」という返事。そこで「友だちと行かないの?どうしても必要じゃなかったら行きたくないけど」とメッセージしました。

すると、「あなた、絶対番号間違ってると思うわよ」という返事。

え~~っ?

そこで、「あ、すみません」とあわてて返信。すると「いいわよ。でも、そうね、私もSモールには行かないわね、どうしても必要でなければ」と返事が入りました。

私はいったい誰にメッセージを送っていたのでしょうか?

よくよく調べたら、娘の電話番号の末尾の2を間違えて4とタイプしていたのです。テキストメッセージって番号だけだから相手が誰なのかわからないですよね。

間違いメッセージのショックから3分ぐらいで立ち直り、また、「テキストメッセージを送るにはどうしたらいいんだろ」と考えながら、アイメッセージの画面を出しました。

娘の番号を入れると、どうしてもアイメッセージの画面しか出てこないのです。とりあえず、ふつうにアイメッセージを送ってみました。

そして、なんとなく送ったメッセージをダブルタップしたら、「テキストで送る」という選択肢が、上に出たのです。それをタップしたら、テキストメッセージとして送信してくれました(iPhoneが)。

「アイメッセージを送ったあと、そのメッセージの吹き出しの上でダブルタップしろ」という意味だったわけです。

「なんだ、そんな簡単なことだったのか」と脱力。

1つ勉強になりました。同時に、「テキストメッセージの誤送信をしないように気をつけなければいけない」ということも学びました。

電話なら、用件を言うまえに、間違えてかけたということがわかりますが、テキストを送ってしまったあとはどうにもならないですから。

誤送信を防ぐアプリもあるようですが、私はきわめて限られた人にしかメッセージを送らないので、導入するほどでもないでしょう。

もう少し落ち着いて操作をすればいいのです。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter