シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

汚部屋を片付けられないのはADHD(注意欠陥他動性障害)のせいだと言う娘



きょうはADHD(注意欠陥他動性障害)という病気の話です。
筆子には、39歳で産んだ16歳の娘がおります。実は、彼女の部屋は、中学生ぐらいの時からずっと汚部屋でした。

引っ越して何もない部屋に入ったあとも、あっという間に汚部屋になりました。現在は、筆子が毎日、娘の部屋に数分入って、汚部屋になりきる前に食い止めているので、ふつうの部屋に近いです。しかし、休日に、娘が数時間部屋にいただけで、たちまち床がモノで埋まっていきます。

こんな感じ(まだましな状態)

汚部屋

娘は、「私はADDだと思うの。だから部屋が片付けられないんだ」とよく言っています。後述しますが、ADDもADHDも同じ病気です。

筆子は、16年以上、娘を間近で見てきましたが、彼女がADDだなんて、夢にも思ったことがありません。

保育園のとき、一度先生に「くすくす笑い出したら止まらない」と言われたことがありますが、「くすくす笑い」をする女の子ってけっこういるし、ふだんの生活はふつうにできているので、べつに心配はしていませんでした。

娘の友だちに、実際にこの病気の診断がくだっている女の子がいて、その子は本当に、じっとしていられないので、彼女に比べると、娘はきわめてふつうです。

単に「だらしないだけなんじゃ?」と思いましたが、本人はすっかりそう思い込んでいる様子です。

そこで、筆子はADD(ADHD)について調べてみました。もし本当にADDなら、治療を受けさせなければなりませんから。

ADD(ADHD)とは?

ADDもADHDも同じ病気で、正式には、Attention deficit hyperactivity disorder という病名です。

これはアメリカの精神医学協会が定めた名前で、日本語はそのまま訳して、「注意欠陥他動性障害」となります。

ポイントはdisorder (障害)となっているところ。

娘に「病気(desease)じゃないと思うよ」と言ったら、「ADDは病気じゃない、メンタルディスオーダー(mental disorder)なんだから」と言われました。

調べてみると、diseaseはいわゆる病気を表すやや古い言い方。mental disorderは、精神的なこと(脳神経)が原因で、さまざまな症状の出る病気のようです。

ADHDは人によって、多種多様な症状が出るわけです。


ADHDは子どもに多いけれど大人の病気でもある

ADHDは一般に子どもに多い病気で、アメリカでは就学児童の3~5%はADHDである、という統計があります。

5歳から18歳でこの病気にかかっている人は200万人以上だとか。

大人になると、この病気が治るのかというと、決してそんなことはありません。単に、子どもの時に、診断がつきやすいので「ADHD = 子ども」と思われがちなだけなのです。

診断が難しいADHD

ADHDはひじょうに診断の難しい病気です。血液や尿を調べれば一発でわかる、という種類の病気ではないのですから。

患者をとりまく、たくさんのデータを検証する必要があります。

たとえば、これまでの本人の行動、まわりの人の証言、家庭の遺伝的要素、家庭環境、観察経過、質疑応答などを検討して、経験豊かなプロが診断します。

自閉症、アスペルガー、学習障害などの症状があると、さらに診断が難しくなるでしょう。

ADHDの特徴

病名に、hyperactivity (過剰行動)と言う言葉が入っているので、「ADHDの子どもは、やたらと落ち着きがなく、いつもそこらを走り回っている」、という印象がありますが、これは誤解です。

ADHDには以下の3つの大きな特徴があります。

  • inattentive  インアテンティブ 無頓着
  • hyperactive  ハイパーアクティブ 異常に活発
  • impulsive  インパルシブ 衝動的

☆この3つのタイプの人が具体的にどんな行動をするのか、さらに詳しく書いています⇒ADHD(注意欠陥他動性障害)の行動の特徴とは?汚部屋に関係あるの?

ADHDの人が、すべてこの症状を持っているわけではありません。

最近の研究によると、以下の3つのタイプの人がいます。

  1. 衝動的かつ活発で、さらに無頓着なタイプ
  2. おもに無頓着なタイプ
  3. おもに衝動的かつ活発なタイプ

授業中、席にじっと座っていられず、先生の指示にも従わず、人の発言をさえぎり、そこら中を走り回ったり、そのへんのものを盛大にかきまわす子どもはADHDの可能性大。

一方でじっと席についてはいるものの、先生の言うことなど全く耳に入らず、ぼーっと宙を見ながら、考えごとをしている子どももADHDである可能性があります。

また、おとなしく席に座っているけれど、勝手に自分の好きなこと、たとえば、消しゴムのカス集めなどを、周囲のことは全く眼中になく、1人で何時間も、集中してやっている子どももADHDでありうるのです。


関連記事

ランキング参加中

好きなの押して応援してね

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・重版(9刷)決定

「お気に入り」に登録

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒Ctrl+D 同時押し

☆ツイターに更新情報を流しています。 お気軽にフォローを。

筆子のつぶやきをちょっと見てみる⇒筆子(@sumi_fudeko) | Twitter