あきらめモード

ミニマルな日常

物が多すぎて片付けを投げ出しそうになった人が読む記事~あきらめるのはまだ早い。

「毎日、不用品を捨ててるけど、代り映えしない。捨てても捨ててもちっともきれいにならない。やっぱり私には片付けなんてできないんだ。。。」

何もかも投げ出したい気分ですか?

そんなときは、以下のことをしてみましょう。



1.捨て活動は休んで好きなことをする

あきらめモードのときは、精神的に疲れているので、エネルギーをチャージできる活動をしてください。

私の場合、昼寝(30分ぐらい)をすると、わりと簡単に気分転換できます。

ほかには、

-水を飲む
-お茶を飲んで一服する
-好きな本をちょっと読む
-好きなドラマをちょっと見る
ブレインダンプをしてみる
-楽しかったことを思い出してみる
-誰かに手紙を書く
-イラストを描く
-趣味にいそしむ
-スクワットを数回する
-散歩する
-音楽を聴く
-庭の手入れ
-家事(雑巾がけとか)
-「やらなきゃ」と思うだけで、やっていなかった小さなタスクをする(ボタンをつけるとか)。

好きなことなら何をしてもいいのですが、買い物だけはしないでください。ウインドウショッピングならOKです(それが、買い物の呼び水にならない限り)。





2.家に物を入れていないかチェックする

「捨てても、捨てても、片付かないんですけど?」と思うとき、捨てる一方で、家の中に物を入れていることがよくあります。そこで、買い物習慣(人によってはもらいもの習慣)を見直してください。

買い物はくせになるので、自分では気づかないことが多いんです。

たとえば、定期購入で、必要な分だけ買っているつもりでも、よく考えると必要以上に買っていたりします。

もしくは1ヶ月に1回買えばいいのに、2週間に1回買っているとか。

特に、ネット通販は、買い物のハードルがとても低いので買いすぎてしまいます。

「もしかして、私、家に物をたくさん入れてしまっているかも?」と疑いの目で、自分の行動を振り返ってみましょう。

3.責任は自分にあると考える

セルフチェックの結果、必要以上に買っていることが判明したら、買い物習慣を変えるべきですが、その前に、責任は自分にあると自覚してください。

以下の買い方は、物を増やします。

1)ストックを買いすぎる
2)セールで買う習慣がある
3)必要なのは1つだけなのに、必ず2個以上買う
4)同じもの/似たものが家にあるのに買う

私も、部屋に物がたくさんあったときは、上記の2)3)4)すべてやっていました。

でも、自分ではそういう買い方を全く問題視していなかったんです。

服や雑貨、本を買いすぎて、貯金ができなかったのですが、「貯金ができないのは給料が少ないせいだ」と思っていました。ずっとそう信じ込んでいたんですね。

実家に住んでいたから、家賃も食費も出さなくてよかったのに、です。

口では、「無駄遣いが多すぎて貯金できないのよね~」と言っていたとしても、心の奥底で、「でも、それは私のせいじゃない」と信じていたら、今のライフスタイルを変えることができません。

もし、あなたが昔の私のような買い方をしているなら、部屋が汚いことや、貯金できないことを、自分以外の何かのせいにするのはやめましょう。

生活や環境を変えたいとき、「すべては私の責任だ」と思ったほうがうまくいきます。

4.買い物習慣を変える作戦を立てる

相変わらず、物をたくさん買って家に入れていることがわかったら、買い方を変える作戦を考えてください。

ちょっとしたことでいいです。

-物を買ったらすべて記録する
-必需品じゃないものを買うときは、頭を冷やす時間をもうける(24時間~30日)。
-買い物のきっかけになるものは極力なくす

こんなことをすると、あまり買わなくなります。

買い物のきっかけでよくあるのがショップのメール、セールのお知らせ、インフルエンサーの投稿。

給料の入金がきっかけになっている人もいます。給料を止めたら、生活できないので、このような場合は、きっかけに対する反応を変えるようにしましょう。

買い物のきっかけがわからない、そんなものはないと思うときは、買い物のハードルを下げているものを取り除いてください。

たとえば、アプリ、クレジットカード、その他のキャッシュレス決済。意図的に買い物のハードルをあげましょう。

スピードバンプ(speed bump)というものが道路や駐車場にありますよね?

車を減速させるための凸凹です。

スピードバンプ

なかなか物が減っていかないと思う人は、買い物をしてどんどん物を増やさないように、自分なりのスピードバンプを作るといいですよ。

「スピードバンプを作ろう」と意識すると、今よりもっと工夫できます。

5.小さな目標を作って捨てていく

汚部屋の人は、「この家全体をきれいにする」「この部屋のすべてをきれいにする」という目標のもと、捨て活動をしていると思います。

しかし、物が多いと、そう簡単にはきれいなりません。

家全体、部屋全体をきれいにするという目標ではなく、数日がんばれば達成できる目標を立てましょう。小さな目標の達成をめざして捨てていくと、わりとすぐにゴールインできるので、やる気が続きます。

目標は紙やスマホのメモに書いて、自分が今、その目標に向かっていることがわかるようにしておくことをおすすめします。

私たちは、失敗したときの挫折感を味わいたくないので、失敗を避けるために、目標を立てないことがあります。

目標がなければ、それに到達できないという失敗もありませんから。

しかし、片付けに関しては、失敗はありません。1つでも捨てれば前進です。

完璧主義すぎる人は、目標を立てることが自分を苦しめることもありますが、多くの場合、目標を立てて、それに向かってがんばるのは、いいアプローチだと私は考えています。

1日1個捨てでも、ワンインツーアウトでも、15分に27個捨てるのを1週間続けることでも、1000個捨てでも何でもいいので、自分なりの目標を立てて、片付けていってください。

「15分で27個捨てましょブギ」を続けて気づいた「捨てる」最大のコツとは?~ミニマリストへの道(30)

持たない暮らしに近づく1000個捨てチャレンジの楽しみ方。

6.記録しながら捨てていく

めんどくさくなければ、捨て活動を記録してください。

複雑なことを書かなくてもいいです。片付けをした日は、カレンダーに◯をつけるとか、捨てたものを家計簿の備考欄に書くとかでOK.

私は、いつもGoogleのKeepに、その日やったことを、特に仕事を中心に書いています。これは、今年になって始めたのですが、なぜか、前より、仕事をするようになりました。

たぶん、記録することで、仕事に意識が向き、特に意図しなくても、振り返って、勝手に改善ポイントを見つけてしまうのだと思います。

振り返らないと記録できませんから。

よって、モチベーションが続かないときは、自分がやりやすい形で記録するようにしてください。

記録がたまったあとそれを見ると、「私、こんなにがんばったんだ」と思えるので、一見、部屋は何も変わっていなくても、前進していることを実感できます。

7.たくさんあるものから捨てる

あきらめモードのときは、簡単に捨てられるものを探して捨ててください。

ブログや本で、「誰でも今すぐ捨てることができるもの」を紹介しているので、参考にしてください。

筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」3月5日より予約開始

ムック・8割捨てて二度と散らからない部屋を手に入れる、発売しました。

私がおすすめするのは、家にたくさんあるもの、くさるほどあるもの、うんざりするほどあるものから始めることです。

数がたくさんあればあるほど、ガラクタもたくさんあります。

数がたくさんなければ困るものって、日常使うものの中にそんなにありません。使う人間は自分1人か、数人の家族だけなのですから。

数が必要なのは、何かのコレクションぐらいじゃないでしょうか?

家にたくさんありそうなものとしては、衣類、食器、キッチンツール、書籍、タオルなどがあります。

■関連記事もどうぞ

汚部屋すぎてちっとも片付かない、とあきらめる前に考え方を変えよう。

挫折回避の心得。断捨離や片付けをあきらめそうになったら読もう。

*****

あきらめモードでどんよりしている人に、あきらめるのは早いことをお伝えしました。

あきらめぎみのときは、八方塞がりで、なすすべもないと思うものですが、実はやれることが、たくさんあります。

とりあえず、今から、27個捨てるのははどうでしょう?

意外と捨ててしまう自分に驚くかもしれません。





車のキー車を手放したとき、とても名残惜しかったので手元にキーを残しました。前のページ

ガラクタにかかっているコスト:持ちすぎないほうが自分のためになる。次のページコスト高で悩み中

ピックアップ記事

  1. ムック・8割捨てて二度と散らからない部屋を手に入れる、発売しました。
  2. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  3. 新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」3月14日発売のお知らせ(現在予約受け付け…
  4. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  5. いつか使うかもしれない、と思うものを本当に使う方法、あるいは見切りをつける方法。…

関連記事

  1. ベッド

    ミニマルな日常

    実はとても簡単なこと。出したら片付ける人になって汚部屋を脱出

    物を出して使ったあと、すぐに片付ける人になる方法をステップ・バイ・ステ…

  2. お風呂掃除

    ミニマルな日常

    私のシンプル家事、4つの工夫。家事が苦手だからこそ「物のない暮らし」を選ぶ

    家事が苦手な私は、持たない暮しをすることでシンプル家事を実現し、なんと…

  3. スケジュール帳

    ミニマルな日常

    みんなに伝えたい、捨てる生活が運んでくれた思わぬ効果。

    読者のお便り紹介コーナー。今回のテーマは「サプライズ・思わぬ効果」です…

  4. 外国のお札とコイン

    ミニマルな日常

    海外旅行で余った外国のお金の使いみち、6つの方法。

    先日、古いカナダ紙幣が、いまもカナダで使えるか、という質問に回答したと…

  5. ペットボトルの水

    ミニマルな日常

    備蓄と食糧危機に関する質問にもう1回だけ回答します。

    防災に備えてする備蓄に関しては、わりと最近、記事にしていますが、また質…

  6. レス・イズ・モア

    ミニマルな日常

    物が少ない生活の具体的なメリットとは?(前編)

    所持品が少ないと、掃除が楽になりそうな気はしますが、それ以外に何かメリ…

新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」

ムック:8割り捨てて二度と散らからない

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,824人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 窓辺のグリーン
  2. 散らかったキッチン
  3. 断っている人
  4. ガーデニング
  5. 考え事をしている女性
  6. 呉服屋さん
  7. 時計を持つ手
  8. ペンで何か書いている手元
  9. 散らかった部屋にいる猫
  10. 80対20の法則

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ぐしゃぐしゃの部屋
  2. ノートを見て考えている女性
  3. ヘアケア
  4. 散らかった部屋
  5. オマキザル
  6. 断捨離
  7. 財布と電卓を持っている女性
  8. 食器がありすぎる食器棚
  9. ブティック
  10. 財布から1万円を出す人

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP