1週間で8割捨てる技術

お知らせ

筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」3月5日より予約開始

読者の皆さまにうれしいお知らせです。なんと、この私の数々の捨てるノウハウが1冊の本になり、発売される運びとなりました。



1週間で8割捨てる技術

タイトルは「1週間で8割捨てる技術」。

出版社はKADOKAWAです。

KADOKAWAといえば、私的には、角川春樹社長や松田優作を思い出すメジャーな会社。最初メールをいただいたときは、何かのいたずらなのかな、と思いましたが、冗談ではありませんでした。

本を出版できるのも読者の皆さまのご支援のおかげです。本当にありがとうございます。今日からアマゾンで予約開始です。

さっそくアマゾンで見てみる方はこちらから⇒1週間で8割捨てる技術・筆子

少し内容を紹介させていただきますね。

「1週間で8割捨てる技術」の内容

全部で5章です。
第1章 今度こそ、捨てる!
捨てたいのに、捨てられない本当の理由とは?

第2章「捨て方」にも技術があった!
1週間で8割捨てるためのウォーミングアップ

第3章 いよいよ開始!「1週間で8割捨てる」プラン
「プライムゾーン」からはじめれば、どんな人でモノは減らせる

第4章 一生リバウンドしない方法
モノが増える理由がわかれば、予防策も立てられる

第5章 ミニマリストの生きる知恵
どんな時代も「小さな暮らし」で乗り切る

本全体は208ページ。本文は203ページまでです。

ほぼ最初から最後まで「捨てるノウハウ」をぎっしり詰め込みました。

8割捨てるのは、パレートの法則を応用しました。パレートの法則は、全体の8割のことは2割の要素が握っているという経験則です。

実際、私も8割以上捨てています。

このブログではミニマリスト、シンプルライフ、健康、TEDなど、いろいろな話題を扱っているため、捨てることばかり書けないのですが、この本で一挙に放出いたしました。

さらに詳しい紹介

第1章 捨てられない理由
物にあふれた部屋で暮らしていて、捨てたい気持ちはやまやまなのに、捨てることができない人がたくさんいます。

なぜでしょうか?

その理由にせまります。

第2章 捨てる心構えと準備
物を捨てたことがない人、捨てられない人は、何がガラクタかわからないものです。みんな、大事なものに見えてしまうのです。

この章では、そういう方のために、ガラクタの発見方法を解き明かし、捨てる練習プランを入れました。

第3章 プライムゾーン
プライムゾーンは、ブログには全く書いていないコンセプトです。

詳しくは本を読んでいただきたいのですが、この場所から捨て始めると、捨てる加速がつく秘密の場所です。

モノをためこんでいる人の家には必ずあります。

ここを攻略することで、1週間で8割捨てよう、というのがこの本の肝になるノウハウです。

実際に1週間、編集者の方に捨ててもらって検証しました。ちゃんと捨てられたそうです。

第4章 リバウンドしない方法
物が増える原因を明らかにし、その原因をクリアして、物をためないようにする方法を提案しています。

原因から取り除くやり方なので、ちゃんとやれば効果があります。

第5章 小さな暮らしのすすめ
1~4章まではずっと捨てる話ですが、ここではミニマリストについてふれています。

といっても、ミニマリストになれと言っているのではありません。小さな暮らしのメリットをお伝えしています。

収納術の本は多いですが、ここまで捨てること、それも具体的な捨て方をしつこく書いている本はないのでは?

本当にしつこく書いています。

私の好きな、カレン・キングストンの「ガラクタ捨てれば自分が見える」も捨て方の本ですが、リバウンドの防ぎ方なんて書いてないですしね。

私がミニマリストになるまで、30年間、捨て続けてわかった知恵に、読者の方からいただいた実体験やフィードバックを盛り込み、実用的な本にしたつもりです。

そういう意味では、読者の皆さまがいたからこそ完成できた本です。

特にこの本が向いている人

●家の中の物を8割以上捨てたい人

●これまでいろいろな捨て方を試したけれど、さして物が減っていない人

●これから断捨離してみたい人

●こんまりメソッドでリバウンドした人

●こんまりの「ときめき」がわからない人

●「筆子ジャーナル」のファンの人(カナダ暮らしにもふれています)。

●年度末に一気に断捨離したい人

●家の中をスッキリさせたい人

●家族と円満な関係を保ちつつ断捨離したい人

●いずれはミニマリストになりたい人

●物を捨てて未来を変えたい人

●老後までに大幅にダウンサイジングしたい人

●片付けられないお母さんがいる人(お母さんにプレゼントしてください)。

ブログ更新の合間に、一から夜なべして書きました。今日から予約開始です。読んでいただけるとうれしいです。

☆予約はこちらから⇒1週間で8割捨てる技術・筆子

☆2016年3月18日、発売されました。 Kindle版、オーディオブック(Audible版)もあります。

本を買うと物が増える?

さて、物を増やしたくない方は、「本を買うと物が増えてしまいませんか?」と心配になるかもしれません。

大丈夫です。

本を買って読んで、8割減らせば、結果的に物の絶対量は減ります。ある程度捨て終わったら、本は、妹、お姉さん、弟、お兄さん、ご両親、隣人、ママ友などにあげてください。

みんなでスッキリした生活を手に入れましょう。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 「それって、必要?」

    お知らせ

    筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。

    私、筆子の2冊めの著書、「それって、必要?」が2017年の7月20日に…

  2. バラの花束

    お知らせ

    一押し記事プレゼント企画、当選者の発表といただいたリクエストへの返事。

    10月いっぱい応募を受け付けていた一押しプレゼントの当選者を発表します…

  3. 海岸でパソコンする人

    お知らせ

    いずもさんへ、メール未達の連絡です。再度メールください。

    子供のいない人生について質問いただきましたいずもさん、8月2日午前11…

  4. 婦人公論2018年12/25号

    お知らせ

    婦人公論に筆子の記事あり(2018年12/25-1/4日合併特大号)。

    現在書店に並んでいる雑誌、婦人公論に、筆子の記事が載っているのでお知ら…

  5. 衣替え

    お知らせ

    マイナビニュースで、衣替えに関するインタビュー記事が掲載されました。

    お知らせです。マイナビニュースにて、衣替えのときに、服を捨てるポイント…

  6. それって、必要?

    お知らせ

    新刊「それって、必要?」本日発売です。読み方、使い方案を紹介。

    ブログ「筆子ジャーナル」の書籍化、第2弾「それって、必要? いらないも…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

951人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. オンラインショッピング中の女性
  2. アップライトピアノ
  3. けんかしたカップル
  4. 古い写真
  5. ミシンがけ
  6. たんぽぽの綿毛を飛ばす人
  7. 忙しい人のデスク
  8. セールのショーウインドウ
  9. カラーペンの整理
  10. iPhoneを持つ女性の手

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 美しい爪
  2. 捨てられない人。
  3. スーパーでシャンプーを買う
  4. Saita(咲いた)2017年10月号
  5. 退屈
  6. 散らかった部屋
  7. 風鈴
  8. 掃除する主婦
  9. 写真をとる女性
  10. 葉

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP