シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

洋服を減らしたいならこれを読め:ファッション関連記事のまとめ


これまでに書いたファッション関連記事をまとめました。

とにかく服の断捨離のコツを知りたい、洋服の数が増えて困っている、新品の服があるのに、似たようなものをまた買ってしまう、ミニマムファッションにしたい、いたずらに洋服を買うのをやめたい、ファッションについて考えるのが好き、という方におすすめです。

古い記事から20個集めました。

洋服を断捨離するヒント

3ヶ月33アイテムでおしゃれを楽しむ方法~アメリカの女性ミニマリストに学ぶ、プロジェクト333
アメリカの女性ミニマリスト、コートニー・カーバーが始めたカプセルワードローブを作るための企画、プロジェクト333について詳しく紹介。

3ヶ月33アイテムを身につけます。これには下着、パジャマ、部屋着は入っていないので、わりとゆるいしばりです。

靴は4足持っています~非おしゃれ系ミニマリストの持ち物公開
私の靴を紹介。スニーカーはぼろぼろになったので去年新しいのに変えました。ブーツもズボッとはけるタイプのに変えました。

実用性重視で選んだ4つの帽子~非おしゃれ系ミニマリストの持ち物公開
私の持っている帽子を紹介。別におしゃれでも何でもありません。日焼けが防止できるつばの広い帽子と、防寒用です。

ミニマリスト主婦の普段着とよそ行き~少ない服はストレスフリーで生産性があげる
以前、筆子さんは、よそ行きも普段着も一緒なのですか、という問い合わせをいただきましたので、こんな記事を書きました。

どこへ行くかにもよるのですが、私は会社へ行ってないし、クライアントと打ち合わせをするなんてこともないので、ほとんど一緒です。

よそへ行くときしか着ない服(黒いパンツ)はあっても、部屋でしか着ない服というのはパジャマ以外はありません。

アクセサリーはピアスだけ、3組持っています~カジュアル系主婦ミニマリストの持ち物公開(写真つき)
私の持っているアクセサリーのすべて。400円で買った雪の結晶のピアスはめったにしないので、もう捨てようかと思っています。

私が天然素材を選ぶ5つの理由~静電気が健康に及ぼす害はあなどれない
天然素材のメリットと静電気が健康に及ぼす害について。

なぜ日本人は必要以上に袋、ケース、バッグをたくさん持っているのか?
日本にはせっかく風呂敷という汎用性の高い、物を包む布があるのに、戦後どんどんバッグが増え、バッグにまみれている人も多いと思います。

日本人が袋もの好きだから、さまざまな用途のバッグが販売されているのか、あまりにいろいろなバッグが売っているから、袋もの好きになったのか、その理由はわかりません。

まともなバッグをたくさん持っているのに、ショップの紙袋まで捨てない人が多いですから、バッグ好きなのかもしれませんね。



激安衣料品(ファストファッション)を求める心がガラクタを生む~実録・親の家を片付ける(3)
母の服を捨てていたとき感じたことファストファッションは使い捨てられる運命を背負った服であり、ガラクタを増やす元凶だと思います。

母もやはりバッグを持ちすぎていた~実録・親の家を片付ける(4)
母のバッグを捨てていたとき感じたこと。母の場合は、もらいもののバッグがたくさんありました。また化粧品メーカーのノベルティのポーチも多かったです。

化粧品の数を減らして、おまけも断れば、こういうポーチは増えません。

ミニマリストの服全14着公開~非おしゃれ系50代主婦の場合(写真あり)
今も同じ構成ですが、ユニクロのパーカにかなりガタが来ているので、近々断捨離予定。トラックパンツは穴を繕いながらはいています。このパンツは地が厚いせいか、思いのほか丈夫です。

私の強力な紫外線対策5つ:ユニクロのUVカットパーカはマストアイテム
紫外線の防止法を書いた記事ですが、おしまいのほうに、UVカットパーカを画像入りで紹介しています。

紫外線対策入門~SPF、PA、UPFの違いを徹底解説~お肌にいい日焼け防止とは?
SPFなどの日焼け止め指数について書いているマニアックな記事ですが、日焼け止め防止効果のある衣料を紹介しているので、ファッションの記事としてこちらに入れました。
自由な気分

「真の代償」The True Costはファストファッションの真実を暴く映画 ~これでもあなたは安い服を買い続けますか?
“The True Cost”がアメリカで公開されたときの予告編を紹介。欲望のままに安い服を買って使い捨てすることを、「個人の勝手でしょ」とは、もはや言えない時代です。

『フランス人は10着しか服を持たない』の著者、ジェニファー・L・スコットに学ぶ「10着のワードローブ」(TED)
ニューヨークのスタテンアイランドという島で2014年の9月に行われたTEDxからジェニファー・L・スコットのプレゼンを紹介。

ジェニファーの言っている10着はシーズンごとのコアアイテムに過ぎません。今、すごく服が多い人は、まずこのぐらいから始めるといいかもしれませんね。

ジェニファー自身は化粧やきれいな物が好きで、来日したときもコンビニで汗取りパッドをたくさん買ってました。アメリカにないみたいですね。

必ず知っておきたい洋服を減らすコツ~私はこんなふうに衣類を断捨離しました
最近は過去1年着なかった服、着すぎて崩壊寸前の服を捨てています。

これで簡単に捨てられる、洋服を捨てる7つのルール~あなたの服の8割はいらない服です
洋服を捨てる7つのルールを書いています。洋服は実用品なので、着用しない服を持たないようにすれば、数を減らせるのではないでしょうか?

どうしてこんなにたくさん洋服を買ってしまうの?あなたが洋服を買い続ける7つの理由
洋服が増える原因は一にもニにも買うからです。「着もしない服」を買うお金をためて、本当にほしい物を買ったほうがいいですね。

☆ミニマムファッションまとめ記事、その2はこちら⇒ミニマリストのファッションをめざして:服の捨て方まとめ記事その2

ついつい集めがちなバッグの減らし方、捨てどきはいつ?今です
バッグの捨て方。バッグがたくさんあると、日によって持ち替える必要があります。その中身を入れ替えるのを楽にしようとして開発された商品が「バッグインバッグ」(バッグの中に入れるバッグ)です。

何かおかしいと思いませんか?

読者の方から、ファッションに合わせてバッグを持ち替えるので、バッグもたくさんある、というメールをいただきました。

そうですかね?

着物にショルダーバッグだとおかしいかもしれませんが、同じ洋服なのですからそこまで変える必要はないと思います。

洋服だってくるくる変える必要はないのでは?カメレオンではないのですから。

靴の断捨離の方法。適量を決めると簡単に捨てられる
靴は消耗品なので、洋服ほどためこむ人は少ないかもしれません。が、下駄箱からはみでるほど持っていたら、少し考えたほうがいいでしょう。

自分の適量を考えて減らす、というオーソドックスな断捨離方法を提案しました。

アクセサリーをどうやって収納する?とことん数を減らせば、そんなことに悩む必要なし
細かいものが多いアクセサリーの収納方法。まずは使っていないものを捨てることから。

* * * * *
物の数が減ってくると、持ち物に対する考え方も変わってきます。断捨離ステージがあがるたびに、読み直してもらえるとうれしいです。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・9版発売中

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索