テーブルを拭く

断捨離テクニック

家族に片付けを促す一番いい方法は、自分ができることにフォーカスすること。

シンプルライフや、持たない暮らしなど、夢や理想の生活があって、それを実現したいとき、すごく大事なのは、自分が、今、できることにフォーカスすることです。

ふつうに暮らしていると、できないことや、自分に足りないものばかりに目が行ってしまいます。これは、無意識にしていることなので、自分で意識的に、今、できることだけに目を向けてください。



言い訳ばかりしている人は、できないことに目が行っている

最近、ありがたいことに、片付けに関するいろいろなお問い合わせをいただきます。

自分が片付けられないという相談も多いのですが、それにもまして、実家が汚屋敷である、家族が物をためこんでいる、親に断捨離を促すにはどうしたらいいのか、といった、自分以外の人がからんでいる悩みが多いです。

たとえばこちら⇒片付けない大学生と物を捨てない60代の父。家族のガラクタの悩みに答えます。

見ず知らずの人からのたった1通のメールでは、その人がどんな人なのか、本当はどんな状況なのか、わかるよしもありません。想像力を駆使して、お返事を書いています。

私の返事に対して、また返事をいただくこともあります。

返事の中に、私が「こうしてみてはどうでしょうか?」とアドバイスしたことに対して、いちいち、「それはできない、なぜならば…」と事細かに個人的な事情を書いてくる人がいます。

確かにその通りなのでしょう。

ですが、こういう人は、できないことや、足りないことにフォーカスしすぎてはいないでしょうか?

できないことにばかり意識が向く人に、どれだけアドバイスしても、必ずまた、それができない事情が、相手の頭の中に浮かびます。

本当に現状を改善したいなら、できないことばかり考えていても仕方がありません。





ついついできないことにフォーカスしてしまう私たち

人は生まれたときは、何の偏見もなく、まっさらです。快、不快、恐怖といった根源的な感情は持っているでしょうが、何かができないとか、できるとか、そういう考えはないので、自分の欲望のままに突っ走ります。

ところが、成長するにしたがって、人生は複雑になっていきます。

親や学校の先生、友達、周囲の人たち、あるいは、テレビでしゃべってる人たちなどから、いろいろ制限を受けるようになります。

– ここまでは、いいけど、この先に進んではだめです。
– これはこうしなくちゃだめです。
– これをしたいなら、親や先生の許可がなければだめです。

だめです、だめです、だめです、と言われつづけ、社会的なルールを学んでいきます。

ルールに従わないと、社会生活ができないから、ルールを学ぶのは必要です。

けれども、あまりに、「だめです、だめです」と言われ続けてしまうせいか、ある程度成長したとき、誰も「だめです」と言っていないのに、自分で先回りして、制限のかかった状況を受け入れようとします。

「ああ、これをしちゃだめなんだ」「これをするには、親の許可がいるんだ」「これをするには、こういう状況が揃わないとだめなんだ」と、思ってしまい、だんだん、外的状況に左右される生き方をするようになるのです。

人によって、程度の差はありますが。

そのように、先に、限界ばかり意識する思考のクセがつくから、部屋をきれいにしたいと思って、断捨離に関する情報を仕入れても、

●時間がないから片付けられない

●台所が狭いから片付かない

●家族が協力してくれないからきれいにならない

●ほかにスペースがないからここにおくしかない

●収納ケースが足りないのがよくないんだ

こんなふうに、片付けがすすまない理由や外的要因ばかり、思いついてしまいます。

何かできないことがあったとき、自分以外の人や、外的要因のせいにすることが多い人は、逆に言うと、外的状況に支配された人生を送っています。

他人に、自分が信じるべきこと、あるべき状況、自分がすべきことを決めさせているのです。

自分以外のものが、自分の暮らし方や生き方を決めているから、不満だし、楽しくないんだと思います。

できないことばかりが見えるメガネ

自分ではできないこと、やることを許されないことばかり次々と思いつく私たちは、「できないことばかりが見えるメガネ」をかけて生きています。

この世界の現実は脳が作っています。

関連⇒私たちが幸せを感じる理由~制限がある方が幸せ?ダン・ギルバート(TED)

メガネをはずして見ると、周囲は、実は、すごく可能性に満ちた世界です。自分ができることであふれています。

しかし「できないことばかり見えるメガネ」をかけて見てるから、可能性に気づくことができません。

ふだん「できない言い訳」が多い人は、メガネの度が進んでいます。

世の中で同じことが起きていても、メガネのガラスが分厚い人と、薄い人、メガネをはずすことができる人(いないような気がしますが)では、ずいぶん見方が変わってきます。

よく出てくる例ですが、グラスに水が半分入っていたとき、まだ半分もある、と考える人と、もう半分しかない、と考える人がいます。

多くの人は、「まだ半分もある、と考えたほうがいいよね、そのほうがストレスがなくて生きやすいよね」とわかっています。しかし知識として知ってはいても、何か、やりたいことがあって、ちょっとした障害に遭遇すると、自動的に、「水はもう半分しかない思考」になります。

そういう考え方のクセがついているからです。

どうしたらできることにフォーカスできるか?

できないことばかり見えるメガネは、自分の思考のクセですから、自分で修正できます。

以下の4つのことを試してください。

1.メガネをかけていることに気づく

メガネをかけていることに気づかないと、はずすことができません。

ふだんの自分の言動や口癖を振り返って、度の強いメガネをかけているかどうか、考えてみてください。

2.無理やりメガネをはずす

私もふつうに赤ちゃんのときから、社会生活に対応できるように、育てられてきたので、できないことばかりが見えるメガネをかけています。

私のレンズは人一倍分厚いものでした。

ですが、あるとき、メガネの存在や、自分は考え方にクセがあるんだ、ということに気づいたので、できないことばかり数え上げないようにしています。

「あれもできない、これもできない」。そう思っても、一呼吸置いたあと、「でも、もしかしてこういうことはできるんじゃない?」と、今の自分にできることを無理やり考えています。

ポイントは、無理やり考えだすことです。

自然にすらすらと出てくる考えは、メガネをかけているときに出てくるものです。

3.小さいことから始める

「断捨離するとき、小さな場所から始めるといい」と、多くの人が言っています。この方式は、メガネをはずすときにも使えます。

たとえば、汚屋敷にすむ実家のお母さんに、部屋を片付けてもらいたい思った時、いきなり「部屋が片付いた状況」を求めてはいけません。

また、「あの家、何とかならないのかな、でもお母さん頑固だしな」と頭の中で考えているだけでは何も変わりません。

今自分ができる小さな行動をおこしてください。実際に、お母さんのところにいって、最近どんな感じで暮らしているのか、ざっくばらんに話をすることから始めるのです。

4.今の自分にできることを1日1つやる

理想の暮らしの達成にむけて、今の自分にできることを1日に1つだけやってください。

汚部屋を脱却したいのに、そうできない理由がいっぱいあったとしても(この理由は、自分が、自分の頭の中だけで考えていることですが)、それはとりあえず横に置き、とにかく、今の自分にできることを1つだけやってください。

どんなに小さなことでもいいです。

「忙しくて断捨離できない」と思っても、ゴミを1つ拾う時間ぐらいはあります。うわっと物がある部屋のゴミを1つぐらい拾っても、見た目は何も変わりません。

ですが、できることにフォーカスする練習なので、それでいいのです。

明日も明後日も、状況改善のために、今の自分ができることを1つだけやり続けてください。

この方法は断捨離のみならず、ほかの目的達成にも応用できます。

たとえば、老後のための貯金がゼロだったとします。今は、貯金がなくても、3000万円を貯金しようと決意したり、預金口座を開いて千円貯金をすることはできます。
~~~~~
できないことばかりにフォーカスして、そこにどんなにエネルギーを注いでも、疲れるだけで何も生まれません。

「家族が断捨離の邪魔をする!」「自分の理想の暮らしに進めない」。こんなふうに行き詰まったときの唯一の解決策は、自分が今日できることにフォーカスすることなのです。





クローゼット洋服を捨てながら断捨離の経験値をアップする日々:ミニマリストへの道(63)前のページ

浪費癖を治すのに最適な「買わない挑戦」を成功させる5つのコツ次のページセールのメール

ピックアップ記事

  1. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  2. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  3. 新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」3月14日発売のお知らせ(現在予約受け付け…
  4. いつか使うかもしれない、と思うものを本当に使う方法、あるいは見切りをつける方法。…
  5. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 捨てる女。

    断捨離テクニック

    いつまでたっても物が減らない。断捨離に失敗し続ける5つの理由。

    断捨離をがんばっているつもりだけど、いつまでたっても片付かない。なぜ物…

  2. ヒステリー

    断捨離テクニック

    こうすれば何でも捨てられる。執着を手放す5つの現実的な方法。

    断捨離をするときにしばしば障害となる「物に執着してしまう気持ち」を捨て…

  3. 机

    断捨離テクニック

    机の上からすぐに断捨離できる11のもの(プチ断捨離10)

    捨てることに慣れていない人や、ずっと捨てることを先延ばししていた人にも…

  4. スマホを持つ手

    断捨離テクニック

    もう使わないとわかっているのに捨てられない物を捨てる5つのコツ。

    断捨離をしていると、「これはもう使わない」と自分でわかっているのに、捨…

  5. たくさんの本

    断捨離テクニック

    いらない物を捨てる勇気がほしいと思うあなたへ。

    筆子ジャーナル読者のイチオシ記事の紹介です。今回も、物の捨て方やシンプ…

  6. ネックレス

    ファッションをミニマルに

    アクセサリーをどうやって収納する?とことん数を減らせば、そんなことに悩む必要なし

    きょうはアクセサリーやファッション雑貨を断捨離して、収納するところまで…

新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」

ムック:8割り捨てて二度と散らからない

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,812人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 片付けている人
  2. 引っ越し荷物の梱包
  3. 服のチェックをしている人
  4. 車のハンドルを握る手
  5. 田舎を歩く女性
  6. 考え事をしている女性
  7. 新学年
  8. 段ボール箱
  9. 車を運転しているところ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ファイティングポーズ
  2. スマホを見ている女性
  3. 裸足
  4. つぶした段ボール箱をまとめてしばる
  5. フロッシュ
  6. 食器棚の整理
  7. ストレス
  8. ブランコに乗る女の子
  9. 何もない部屋
  10. 海岸

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP