春の野原

ミニマルな日常

不愉快な気持ちが感謝に変わった瞬間。

家と心の片付けをがんばっている読者のお便りを紹介します。2月、3月にいただいたメールからランダムに3通選びました。

内容は

・過去を再定義した話

・3月にチャレンジしたいこと

・小1の娘さんが片付けを始めたこと

まず、感謝できることを教えてくれたOさんのお便りです。



嫌な思い出が感謝できることに変わった

件名:過去の再定義

筆子さん こんにちは。

何度かメールさせていただいていますOです。私は今年57歳になります。

短大卒業後に就職した会社が嫌でしかたありませんでしたが、一応4年ほど勤めました。

先日あることがきっかけで(後述)約30年ぶりで、同期2人と食事をしました。

1名はまだその会社に勤めていることもあり、昔や今の変化など興味深い話も沢山聞くことができました。

振り返ってみると、私にとっては黒歴史とおもっていた4年間が、実は楽しいことも沢山あり、嫌なことにしか目を向けていなかった自分に気付き、

でもそんな自分にも、優しく接して下さっていた方々もいたことに気付き、とても貴重な経験をさせていただいたんだと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

TEDジェーンフォンダさんの「人生の第3幕」がよみがえりました。

とてもスッキリと明るい気持ちになり、思いもよらなかった感覚に驚いています。

これを「過去の再定義」というのでしょうか?!

いずれにしても、スッキリとして第3幕を迎えられて良かったです。

そして この再会のきっかけとなったのは、年賀状の断捨離でした。

まずは、メールで連絡がとれる人へは、その旨を伝えて、それがきっかけでの再会でした。

シンプルライフを心がけなければ、あり得なかったことです。

全てはつながって、流れている。それを体感できました。

こちらは、早咲きの桜が咲き始めました。

カナダも少しは暖かくなりましたか。お身体ご自愛ください。毎日ブログ 楽しみにしています。





Oさん、メールありがとうございます。

不愉快な感情が感謝に変わってよかったですね。

はい、Oさんのしたことは過去の再定義です。不愉快なできごととしてずっと意味づけていたことを、感謝できることに変えたのですから。

しかも、もうずいぶん昔のできごとですから、かなり心が軽くなったのではないですか?

過去の再定義は、過去より、今を大事にすることと言えます。

不愉快だった事件にたいして、それが終わった今も不愉快なままでいることを選ぶのも、べつの気持ちになることを選ぶのも自分でできますからね。

年賀状の断捨離をしようと思ったことが、懐かしい人たちとの再開につながったことも、とてもよかったですね。

こちらも昼間は気温が0度より上にあがるようになりました。まだ雪は残っていますが、もう冬ではないと思います。

Oさんも、どうぞお元気でお暮らしください。

ジェーン・フォンダのTEDトーク⇒60歳以降は可能性に満ちている「人生の第3幕」ジェーン・フォンダ(TED)

年賀状をやめる話⇒年賀状を出すのをやめる方法。無理に出すのはおかしくないですか?

次は30日間チャレンジに関するIさんのメールです。

使わない物はもう捨てる

件名:3月のチャレンジ

筆子さま

こんにちは、いつもたのしく拝読しています。

昨年一度メールをお送りしました、名古屋市のIです。

今回は、3月のチャレンジを聞いていただこうと思ってメールしました。

昨年12月に名古屋市内で転居し、日常生活に必要なものはすべて出して、しかるべきところに置いて生活できています。

そこで、いまだ残っている数箱の開かず、あるいは開封しただけの段ボール・・・。

転居してからの2か月あまり、結局使う必要のなかったものと判断し、断捨離の対象とすることにしました。

気持ちの余裕も出てきたので、4月の新年度を前に、30日間チャレンジの習慣を取り戻したいな、と思いました。

残っている段ボールの中身を、毎日5分、10分決めて、あるいは、なにか1つでもいいから、確実に減らしていく。

というのが、わたしの3月のチャレンジです。

片付けねばと思っているだけなら箱はそのままですが、毎日ひとつでも処分すればかならず終わる、と信じて、がんばります。

転居先がほんとうに気に入っていて、すっきりした居心地のいい部屋にしたいと思っています。

そのためなら、いろいろなことをがんばれる気がします。

夫にも宣言したのですが、筆子さんにも聞いていただきたくて、メールしてしまいました。

返信は不要です。

末筆ではありますが、お身体お大事にしてください。ブログをたのしみにしています。

Iさん、メールありがとうございます。

このお便り、もっと早くに紹介するべきでしたね。3月も残り1週間となりましたが、調子はどうでしょうか?

新しい家を気に入っているとのこと、よかったですね。

確かに、「片付けなければ」と思っているだけでは、いつまでたっても片付きませんね。

こちらで説明したとおりです⇒なぜ、結果より、行動(プロセス)にフォーカスしたほうがいいのか?

少しずつ断捨離して、ますます居心地のいい環境にしてください。

Iさんも、どうぞお元気で、すがすがしい新年度をお迎えください。

30日間チャレンジとは?⇒マット・カッツに学ぶ30日間で人生を変える方法~30日間チャレンジのススメ(TED)

最後は、お嬢さんのことを教えてくれたさとみさんのメールです。

娘が断捨離に目覚めました

件名:感謝

初めまして。

毎日の楽しみに、筆子ジャーナルを読ませていただいています。

私には、小1の娘がいます。

娘は、ものが捨てられず、ものが多く、毎日ものをなくし、探していました。

娘のスペースは足の踏み場がないほどでした。

しかし今日一緒に掃除したところ、なんと娘が断捨離に目覚めました。

きっかけは、気に入っていた手提げ袋を、

「穴が開くまで使ったんだから、今までありがとうって言ったら、捨てて良いんだよ。」

と伝えたところ、目から鱗だったようで、そこから、勢いがつき2畳ほどのスペースからごみ袋1つ分捨てました。
 
自分から捨てることに目覚め、足の踏み場もなかったのに、床には何もなく、

机の上には目覚まし時計だけになり、ものがあふれていた引き出しや本箱は、8割収納になっていました。

今まで捨てられなかったのは、ものを捨てて良いのか分からず、また罪悪感が強かったようです。

私に捨てて良いと承認されたことによって、捨てられたようです。

他人の言葉って、こんなにも影響力があるんですね。驚きました。

娘は捨てることが楽しくなって、

「捨てるって気持ちいいね」と笑顔で言っていました。

今後はものが増えないことを祈っています。

明日からは娘と2人で、家中の断捨離をどんどん進めようと計画中です。

娘の劇的変化は、筆子さんのブログで、ものを捨てられないのは、家族が捨ててはダメと言うからだ、と読んでいたので、娘に捨てて良いと承認できたからです。

本当にありがとうございます。

長々とごめんなさい。

娘の劇的変化が嬉しく、筆子さんに感謝の気持ちを伝えたかったのでメールさせていただきました。

ブログ更新を毎日楽しみにしています。

毎日お忙しいと思いますが、ご自愛ぐさいませ。では、失礼致します。

後日談:娘のスペースのその後ですが、散らかっても娘が片付けるようになりました。

毎日寝る前にその日出したものは片付けるようになり、私のストレスが激減しました。

そして娘は、家中を片付けてくれています。娘の成長を感じる日々です。

さとみさん、はじめまして。メールありがとうございます。

毎日、ブログを楽しみにくださっているのですね。重ねてお礼申し上げます。

娘さん、かわいいですね。

これまで、部屋がぐしゃぐしゃだったのは、「不用になったものは、捨てるべきだ」という考え方を知らなかったからでしょうね。

ごくあたりまえのことですが、学校では教えないし、家庭でも、はっきりそういう親は少ないのかもしれません。

私の世代だと、親はむしろ、捨てずにためこんでいました。

お母さんに、捨てたほうがいいと教えてもらって、「そうだったのか!」と気づいたのでしょう。

「物が多いから、部屋がいつもぐしゃぐしゃなんだ、まずは、不用品を捨てることから始めるべきだ」という原則、筆子ジャーナルを読んでいる人は、よく知っていると思います。

しかし、このことに気づいておらず、なんでもかんでも、無理やりしまいこもうとする人は、まだまだ多いですね。

娘さんが、そういう人生を歩まずにすんでよかったです。

「他人の言葉」とメールにありますが、お母さんの言葉だったから、影響力があったのだと思います。

きっと仲のいい親子なのでしょう。

さとみさん、これからも親子仲良くお暮らしください。

春休みにお子さんと片付けたい方は、こちらへ⇒春休みがチャンス。子供の作品を処分する方法。保存するものはこうして選ぶ

*****

いつもたくさんのお便りありがとうございます。

小学校1年のころの自分を思い出そうとしましたが、何も覚えていません。

唯一覚えているのは、お道具箱に入った、計算を練習するのに使うスティック(マッチ棒みたいなもの)一つひとつに、父親が、名前のシールを貼ってくれたことです。

父はまず、シールに私の名前を万年筆で書いていました。

箱には、他にもいろいろ細かい物が入っていました。

父は几帳面なたちで、こういう仕事をまじめにやっていましたね。

昭和40年あたりの話です。家にはまだ必要最低限の物しかありませんでした。

それでは、次回のお便り紹介コーナーをお楽しみに。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 日記をつける人

    ミニマルな日常

    人に見られるかもしれないと思うと怖くて日記が書けない(その1)。

    当ブログでは、思考の整理をするために、気持ちを紙に書き出すことをおすす…

  2. 物がたまっている場所

    ミニマルな日常

    私の断捨離生活、うまくいったこと、いかなかったこと。

    物を減らしてシンプルに暮らしている読者のお便り紹介コーナーです。今月(…

  3. グレーのセーターの女性

    ミニマルな日常

    よけいな感情を捨てるのはスキルの1つ。誰でも思考のグルグルを手放せる。

    読者からのお便り紹介コーナーです。きょうは2016年9月の半ばから下旬…

  4. 押入れ

    ミニマルな日常

    ようやく実家の片付けが終わってわかったこと

    不用品を捨て、スッキリした暮らしをめざしている読者のお便り紹介コーナー…

  5. 自信のある人

    ミニマルな日常

    とてもシンプルな自信のつけ方を教えてもらいました。

    2016年12月後半に、読者の方から「筆子ジャーナル」にいただいたメー…

  6. 連弾

    ミニマルな日常

    子供の「めんどくさい」という言葉の裏にあるもの。

    小学校2年生のお子さんが、「めんどくさい」と言って、ピアノをやめたがっ…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

944人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. ブティック
  2. セントポーリア
  3. 紅茶
  4. PHPくらしラク~る♪ 2019年 11月号
  5. 服が好きな人
  6. 食器棚
  7. ジャケットの買い物中
  8. セーター
  9. 小さなカップケーキ
  10. ティーカップとお皿

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 楽しくない人
  2. 自然の中にいる女性
  3. カトラリー
  4. 散らかった部屋
  5. 幼児とおもちゃ
  6. 白いセーターを着た人
  7. 海を見る女。
  8. 『モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術 』
  9. トイレ

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP