静寂

断捨離テクニック

年末年始のストレス解消に音の断捨離が効く

師走は何かと慌ただしいです。年末年始はストレスレベルがあがる人が多いですね。こんなときは、「」の断捨離を心がけてはどうでしょうか?ごく簡単なことをするだけで、心の平安が得られます。

先進国に住む現代人の暮しには、さまざまな音がついてまわります。騒音公害とまでは言えないまでも、周囲の雑音は想像以上に人を疲れさせます。今回は、身の周りの音が私たちに与える影響と、音を断捨離する方法をお伝えします。



私たちは思った以上に音にさらされている

私は昼間は1人でコツコツとブログを書いたり、家事をしています。1人のときは、わりと心穏やかに暮らせていますが、娘や夫が帰ってくる午後4時以降から、だんだん身辺がうるさくなり、私の平和はどこかに行ってしまいます。

夫や娘にあれやこれや話しかけられるし、夫のブラックベリーのアラームはすごく大きいし(何度も「小さくして」と頼んでいるのにしない夫。きっとやり方がわからないのに違いない)、そもそも夫は声が必要以上に大きいです。太っているので、ソファの上でもぞもぞ動くたびに、いろいろな音がします。

今、キャンディを包みから出している音が聞こえます。彼はキャンディをなめずバリバリかみます。それから、ソファに足をかけて、カタカタゆすったり。こういう小さな音の集積ってけっこう気になりますよね。

しかも夫は、寝れば寝たでものすごくいびきが大きいので、これはこれで本格的な騒音公害です。

まあ、家は特にうるさいのですが、一般家庭でも、思いのほか生活音がうるさいと思います。冷蔵庫のモーター音や、洗濯機や暖房の音、隣や上の部屋のに住んでいる人の流す水の音、誰も視聴していないのにずっとついているテレビやラジオ、カチカチ言う時計の音。

それだけでなく、パソコンのハードディスクのバリバリ言う音、スマホのノーティフィケーションの音、しゃべるぬいぐるみの声など、デジタル時代になったらますます音が増えました。

多くの人はこれが当たり前になっているかもしれませんが、昔はこんなにうるさくなかったはずです。

周囲がうるさいことによる弊害

いつもいろいろな音にさらされていると、物理的にうるさいだけでなく、こんな悪影響があります。

1.物が覚えられない

音に囲まれていると、ふつうならごく簡単に覚えられる電話番号や、数字が覚えられない、という研究結果があります。

どうやら脳が音による情報を解釈する場所と、短期記憶を司っている場所は同じところらしいのです。

また、あまりにまわりがうるさいと、子供の脳の発達に影響があることもわかっています。うるさいと、物を覚えたり、学習することができないのです。

2.ストレスになる

「うるさいな~」と感じたままでいると、とてもストレスになります。さらに音に対して何もできない自分に無力感を感じ、それもストレスに。

また騒音の中で、重要な情報とそうでない情報を区別するのも脳を疲れさせます。たとえば、赤ちゃんがわーわー泣いている横で、幼稚園児が、大声で、何か親に訴えている状況を想像してください。

1日の仕事を終えてこれをやられると、かなり疲れます。





3.自分に向き合えない

Youtubeのストリーミングが延々と続いたり、スマホのノーティフィケーションが常時鳴っていると、じっくり自分に向き合う時間が取れません。要するに気が散るわけです。

脳は外で起こっていることと、その人の心の中にあることをうまくバランスをとっています。しかし、常に外側から音の刺激があると、このバランスがくずれます。

心の平安を見つけるためには、自分とじっくり向き合って静かに考える必要があるのです。どんなにお金や物を持っていても、心の中の平安が得られないと、幸せになれません。

このように、たとえ無意識にせよ、周囲に音を流しつづけるのは、心身の健康のためによくありません。では、どうしたらもっと静かな環境で暮らせるのでしょうか?

「音」を断捨離する方法

1.意識的に静かな環境の中で暮らす

ほっておくと、どんどん雑音が襲ってきます。見ていないときはテレビは消す、散歩に行く時は、スマホを持たない、メールやSNSのノーティフィケーションの機能をオフにするなどして、「音のない状態」をデフォルトにします。

テレビを手放せない人は、テレビの場所を移動させるという手もあります。意識的に音を減らし、静かで平和な環境を作ってください。

デジタルデトックスも効果的⇒スマホ疲れしてませんか?~簡単デジタルデトックスで心の余裕をとりもどす

2.瞑想してみる

10分時間があったら、瞑想をしてみてください。
瞑想のやり方はこちら⇒『必要なのは10分間の瞑想だけ』~物より心が大切です(TED)

昔から人は瞑想や祈りの時間をとってきました。これは別に信仰のためだけではありません。瞑想や祈りは、1人で静かな時間に身を任せることができる、絶好の機会です。

瞑想をするとストレスが軽減されるだけでなく、外で起きていることがそんなに気にならなくなります。まわりががやがやしていても、心の中が乱れなくなるのです。
静寂

3.ヘッドフォンを使っているならノイズキャンセリングタイプにする

別に音楽を聞かなくても、このヘッドホンをするだけで生活音が消えます。どうしても周囲の雑音を排除できないときは、こうしたヘッドホンをするのも一案。

実は私のヘッドホンは耳に当てる部分が小さいスカイプ用のタイプ。周囲の音が全部聞こえてきます。もっとしっかり耳を包み込み、ノイズキャンセリングしてくれるものが欲しいと思っています。ソファで寝る夫のいびきが本当にうるさいので。まあ、そうは言ってもなかなか買いませんが、投資する価値はあると思っています。

4.静かな場所へ逃げる

うるさい場所でがまんする必要はありません。トイレに10分間だけ逃げこむとか、子供の面倒をちょっと夫や他の人に頼み、20分だけ散歩に行くとかします。

これは育児放棄でも何でもありません。時には自分1人の静かな時間を持たないと、心の余裕がなくなり、かえってうまく子育てできません。休憩は「さぼり」とは違います。活動と休憩は2つで1セットです。

*******

「音」の断捨離のために、用意する物があるとすれば、ノイズキャンセリングヘッドホンだけです。ほかの方法は、まわりの音を消すだけで簡単に実現可能。

神経や心が疲れぎみの人は、自分が耳に音を入れすぎていないか、1度振り返ってみてください。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. バスケットシューズ

    ファッションをミニマルに

    靴の断捨離の方法。適量を決めると簡単に捨てられる

    靴の断捨離の方法、捨てる判断基準についてお伝えします。靴は自分…

  2. 寄付するおもちゃ

    断捨離テクニック

    片付けを日々の習慣にする7つのステップ。

    不用品を捨てること(断捨離)を、毎日の習慣にする方法を7つのステップに…

  3. バブル景気

    断捨離テクニック

    50代から始めるシンプルな暮らし。捨てられない人におすすめの7つのチャレンジ。

    50代からシンプルライフに切り替えたいけれど、物を捨てることはすごく苦…

  4. 散らかった部屋

    断捨離テクニック

    新入社員にもすすめたい。1人でできる簡単なストレス解消法は断捨離で決まり

    1人で手軽にできて、お金のかからないストレス解消法をお探しなら、私はま…

  5. 汚部屋

    断捨離テクニック

    どうしていつもぐしゃぐしゃなのか?あなたの家が片付かない最大の理由はこれ

    家の中がガラクタだらけで、暮らしにくくなっている1番の原因をお伝えしま…

  6. 冷たい飲み物

    断捨離テクニック

    夏場に捨てたい5つのガラクタ:プチ断捨離(34)

    プチ断捨離シリーズでは、不用品を捨てることに慣れない人でも、簡単に楽し…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

958人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. タイプをする手
  2. もう捨てるもの
  3. スマホを見る女性
  4. スーパーでお菓子を買う人
  5. 終活な空
  6. 寄付する物
  7. スマホを使う女性
  8. ノートに書く人
  9. ワードローブ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ショッピング
  2. 子ども部屋
  3. 断捨離中の人
  4. ロータス
  5. ダブル
  6. 母の日のバラ
  7. 料理する人。
  8. ストレスが多い人
  9. ラップトップ
  10. ノートパソコンを使う人

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP