裸足

健康・アンチエイジング

スマホ疲れしてませんか?~簡単デジタルデトックスで心の余裕をとりもどす

パソコンに向かっている時間が長い私が、日々、心がけてやっているデジタルデトックスの方法をお伝えします。



デジタルデトックスとは?

デジタルデトックスは、デジタル機器を使うことによって心身にためこんでしまった毒を抜くことです。

デジタルはdegital 、パソコンやスマホなどデジタル機器を使うことやデジタルなライフスタイルを意味します。

デトックスはdetoxで、これは detoxification の略です。意味は 「解毒作用、アルコールや麻薬依存症患者の治療」など。tox は「毒」です。

どんな毒がたまってしまうかは、人によって違います。肉体的に支障が出る場合もあれば、ストレスいっぱいになることも。

例をあげますと

SNSに時間を使いすぎて慢性睡眠不足

・スマホの画面を見つめすぎて首がこっている

・スマホで入力しすぎて、親指に違和感がある

・ゲームサイトにはまり課金しすぎて、クレジットカードの支払いが膨大に

・パソコンの画面を見つめすぎて、夜になると目がかすむ

・SNS上で起きたことのせいで人間不信になっている

・四六時中、メールやライン、フェイスブックをチェックしていて気ぜわしい

・パソコンばかりやっていて、家族とコミュニケーションをとらないでいたら、娘が不良グループに入ってしまったようだ

・毎日のように便利そうなアプリを探し、スマホの奴隷状態に

・夜遅くまでスマホの画面を見つめているので、寝付きがひじょうに悪い

・どうやらスマホ依存症になってしまったようだ
スマホ依存症とは?⇒スマホ依存のミニマリストは要注意~減らしたつもりが不用なモノを抱え込むことに

などなど。

人によって症状は違いますが、「デジタルなものを使っていなかったら、こんなことにはなかっていなかっただろう」という「よくないできごと」が毒です。

毒をためすぎるとひどい中毒症状に襲われる可能性もあります。

デジタルデトックスのやり方

デジタルデトックスのやり方は簡単で、パソコンやスマホのスイッチを切って離れればいいのです。離れる時間は長ければ長いほど効果的。

フランス人みたいに1ヶ月ぐらいヴァケーションをとって、毎日ぼーっと海を眺める、というのが理想です。でも、なかなかそうも行きません。

1日デトックスも効果的です。

私は、1年365日、ほぼ毎日ブログを書いているので、毒のたまりやすい生活をしています。

今のところ長期的なヴァケーションや、1日デトックスが難しいので、日常生活の中でデジタルデトックスをしています。こまめにデトックスしておけば、毒はたまりません。





私のプチデジタルデトックス

1.夜9時にはパソコンのスイッチを切る

理想は8時です。が、なかなか8時に切ることができず、最近9時になっています。

パソコンを切る時間を決めておくと、ずるずるやらないので効果的です。

2.朝1番にメールチェックをしない

ここ3年ぐらいの習慣です。以前は朝1番にチェックしていました。

しかし、1日で1番頭が冴えているときにメールチェックするのはもったいないので、習慣を改めました。

今メールは昼休みにチェックすることが多いです。

3.iPhoneの時計を目覚ましに使わない

去年の秋ぐらいから今年の春ごろまで、iPhoneの時計でめざめていました。

それまでは時計付きタイマーを目覚まし時計として使っていたのです。

「タイマーが断捨離できていいな」と思っていたのですが、iPhoneで目覚めると、どうしてもアラームを止めたついでに、他のアプリを触ってしまうので、iPhoneを目覚ましに使うことをやめました。

目覚ましがなくても毎日なんとなく同じ時間に起きられるで、目覚ましを完全に撤廃してもいいかもしれません。

ちなみに、昼寝の目覚ましはiPhoneを使っています。

不思議なもので、朝の目覚めをふつうの時計を使うようになったら、昼寝から目覚めたあとも、iPhoneをかまうということをしなくなりました。タイマーをタップして止めるだけです。

※パソコンの使いすぎを防ぐ方法はこちらにも書いています⇒パソコンとスマホ依存を防止する5つの方法

4.デジタル機器にふれない時間を作る

パソコンもスマホもさわらない時間を毎日連続で2~3時間はとるようにしています。寝ている時間は除きます。

「たった、3時間?」と思う人もいるかもしれませんが、私はパソコンのヘビーユーザーなので、これだけでかなりデトックス効果を感じます。

ポイントは「連続して取る」というところです。
iPhoneは電源を切ります。

5.寝る1時間前はデジタル機器をいっさいさわらない

パソコンやスマホの画面を見ていると、脳が眠るモードにならないので、画面を見ないようにしています。

朝起きた直後と寝る直前はとても大切な時間です。
毎晩死んで、翌朝生まれ変わるのですから。

しつこいですが、また、ガンジーの名言を書いておきます。

「毎晩眠るとき、私は死ぬ。そして翌朝、目覚めるとき 生まれ変わる。」

死ぬ前と生まれたときに、せわしなくパソコンとかスマホやってるのって変ですよね?

*******

以上が私のささやかなデジタルデトックスです。

もともとテレビは見ないので、テレビデトックスをする必要はありませんが、テレビを見すぎている人は、たまにはテレビを見ない日を作ることをおすすめします。

パソコンから離れている時間、私は何をやっているかというと、本を読んだり、塗り絵したり、ノートに何か書いたり、フランス語の勉強をしたり、散歩したり、公園でぼーっとしたりしています。家事もやっていますが。

インターネットをやらずにいると時間がとてもゆっくり流れていいですよ。

一銭もお金をかけず、ゆったり、のんびりとした気分になります。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. ロングヘア
  2. マルセイユソープ

    健康・アンチエイジング

    アレッポの石けんで髪を洗い始める~私が湯シャンにいたるまで(4)

    筆子が湯シャンをするようになったいきさつを書いています。前回は…

  3. コーヒー

    健康・アンチエイジング

    カフェインを抜きたい人へ。コーヒーのやめ方、実用的なアドバイスつき

    これまでカフェインの害や脳にどんな作用をしているのか書きました。今回は…

  4. こまめに水分補給

    健康・アンチエイジング

    更年期の女性も要注意!熱中症で倒れるのはお年寄りだけではない

    近年、毎年夏になると熱中症が話題になります。今回は、熱中症について…

  5. 冷蔵庫の中をチェック

    健康・アンチエイジング

    おなかがすいていないのに食べ過ぎる5つの理由とその対策

    暮れからお正月はごちそうが並ぶ時期。お正月太りしてしまうシーズンでもあ…

  6. 骨折したおばあさん

    健康・アンチエイジング

    更年期からは要注意。骨粗しょう症になりやすい人とは?

    骨粗しょう症になりやすい人をお伝えします。骨粗しょう症は「沈黙…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

522人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 万年筆
  2. 製菓道具
  3. 怒っている人
  4. 古新聞
  5. portrait
  6. 忙しいママ
  7. 歩く女
  8. セブンイヤーボールペン
  9. 捨てられない理由を考える人
  10. 読書

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 仕事始め(元気)
  2. ジョギング
  3. 学生
  4. テレビドラマ
  5. 不満がちな女性
  6. 眠っている新生児
  7. 物はいらない
  8. 黒板
  9. カフェオレ

過去記事、たくさんあります♪

  1. ボーダーのトップス

    お金を貯める

    お金をかけずにおしゃれになる10の方法、ミニマリスト流ファッションなら可能。
  2. ブルーライトカットメガネを着用中

    健康・アンチエイジング

    ブルーライトとは?この光の正体とその影響をわかりやすく説明
  3. グリーンスムージー

    30日間チャレンジ

    私がいつもダイエットに失敗するたった1つの理由:脂肪の断捨離(3)
  4. 花を手渡す

    TEDの動画

    あなたは与える人、それとも奪う人?:アダム・グラント(TED)
  5. きれいな歯

    歯の健康

    知らないうちに進む病気~歯肉炎と歯周病の恐ろしさ
PAGE TOP