シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

幸せは自分の心の中にある、幸せをアウトソーシングしてはいけない(TED)


幸せになりたいと願っている人に見てもらいたいTED動画を紹介します。

タイトルは、Happiness is All in Your Mind(幸せはすべてあなたの心の中にある)。スピーカーは Gen Kelsang Nyema(ゲン・ケルシン・ニエマ 読み方、間違っているかもしれません)さん。この方は、アメリカの女性の僧侶です。

僧侶らしくとてもゆったりとにこやかに、幸せについて、わかりやすく教えてくれます。

幸せはあなたの心の中に

シンプルだけど奥が深い動画です。最近イライラしてどうしようもない、という方で英語に抵抗のない方はごらんください。

動画は16分ほどですが、ケルシン・ニエマさんはとてもゆっくり話しているし、最後に短い瞑想をしますから、情報量はそんなに多くありません。

日本語字幕がないので、動画のあとに抄訳をつけます。

※TEDの説明はこちら⇒TEDの記事のまとめ(1)ミニマリスト的生き方の参考に

幸せとは良い1日が毎日続くこと

皆さん、こんにちは。

まず、皆さんにいくつか質問をします。とても簡単な質問です。心の中で答えてください。

最初の質問は、

良い1日をすごしていますか?(Are you having a good day?)

答えましたか?では次です。2番めの質問は、

なぜですか?なぜ、良い1日を過ごしているのですか?または、悪い1日を送っているのなら、なぜ、悪い1日なのですか?

最後の質問です。3つのうちでもっとも簡単な質問のはずです。

明日は、良い1日にしたいですか、それとも悪い1日がいいですか?

明後日はどうでしょうか?その次の日、日曜日、月曜日、火曜日、水曜日、木曜日は?来週の今日はどうですか?

良い1日、それとも悪い1日がいいですか?

最後の質問は簡単ですよね。だれでも、毎日、良い1日になってほしいと願っています。月曜日は悪い1日がいいな、なんて思わないものです。

私たちが日頃願っている幸せはこういうものだと思います。良い1日なら、幸せだし、毎日幸せでありたい、と願っているのです。幸せになりたくない日はないのです。

ですが、その日が良い日か悪い日かは、2つめの質問の答えにかかっています。

良い1日、悪い1日を決めるものとは?

2つめの質問、覚えていますか?

なぜ、私は良い1日を送っているのか?なぜ、悪い1日を過ごしているのか?

これでしたね。

私の先生である、ゲシ・ケルシン・ギヤッツォはこう言っています。

「ほとんどの時間、私たちの心は風の中に浮かぶ風船のようだ。外的状況によって、あっちに行ったり、こっちに行ったりする」。

彼によれば、物ごとがうまくいっているとき、自分の思ったように進んでいるとき、私たちは幸せです。

ですが、何かがうまくいかない時、たとえば、嫌いな人と一緒に働かざるを得ないときや、自分の思い通りにことが進まないとき、幸せな気分は消えます。

「なぜ、私は良い1日を過ごしているのか」「なぜ、私は悪い1日を過ごしているのか?」という質問の答えもこれと一緒です。

たとえば、皆さんが、今日家に帰ったあと、「TEDはどうたった?良い1日だった?」と聞かれたら、こんなふうに答えるでしょう。

「うん、良い1日だったよ。ある人は、元囚人にやさしくしたほうがいいという話をしてくれたし、すばらしいビートボックスのパフォーマンスもあったし、ほかにもいろいろなプレゼンがあってね…」。

(※筆子注:ビートボックスとは口(くち)でパーカッションの音やレコードのスクラッチ音、シンセサイザーに似た音を出す芸)。


常に幸せでいるためにすべき2つのこと

このように、私たちが良い1日を過ごした理由が、外的状況にあるのなら、私たちが求めている、常に幸せな状況を得ることはできません。そうですよね?

私たちは、他人や環境を毎日コントロールすることはできません。幸せが外的状況によっていたら、それは自分以外のもので決まることになります。

ですから、もし本当に毎日良い1日を過ごしたいと願うのなら、私たちは2つのことをする必要があります。

1)幸せをアウトソーシングしてはいけない

最初にすることは、幸せをアウトソーシングしたり、自分の不幸を、他人や環境にアウトソーシングするのをやめることです。

(※筆子注:アウトソーシングとは、業務などを外部委託すること)。

別の言葉で言えば、外部で起こっていることのせいで、幸、不幸を決めない、ということです。

他人を非難するのをやめなければなりません。特に、他人のせいで自分が不幸なんだ、と考えるのはよくありません。

周囲の人や状況に、自分の幸せや不幸せを作らせていたら、私たちの幸せは実に不安定で、現実的なものにはなりえません。

2)インナーピース(心の平和)を作る

次にすることは、自分の心の中にある、平安と幸せの源(みなもと)を、自分で、熱心に育てることです。

ここで、皆さんにどうしても覚えてほしいことをいいます。これも、私の先生の本に書かれていることです。

“Happiness and unhappiness are states of mind; and therefore their real causes cannot be found outside the mind.”

幸せと不幸せは、心の持ち方である。幸不幸の真の原因は、心の外にはあり得ない。

つまり、もし私たちが、穏やかな気持ちでいられれば、他人や環境にかかわらず、幸せでいられるのです。

心の中がざわざわしていたら、たとえ、とてもよい状況にいても、幸せになれません。

できごとが、私たちを幸せにしたり不幸せにしているのではありません。外部で起きたことに対する、私たちの反応によって、幸せになったり、不幸せになったりします。

私たちの心の持ち方が、幸せと不幸せを決めるのです。

心の平安を得る方法

では、どうやって幸せになったらいいのでしょうか?

心の持ち方次第、ということを理解するのは難しくありません。「ああ、そんなの、もうみんな知ってるよ」という人も多いでしょう。

では、どうやったら、外的状況に惑わされない、心の平安を持てるのでしょうか?

瞑想がいいのです。

瞑想についてお話するためには、別のTEDのプレゼンをするべきですが、今回は、瞑想は、穏やかで前向きな心に集中するための行いである、とお伝えすることにとどめます。

瞑想するときは、平和でポジティブな心に集中します。

瞑想には、フォーマルなものもありますが、日常で簡単にできるものもあります。

今この場で、短い瞑想をやってみましょう。私の持ち時間はまだ3分あります。

ゆったりと座って足を床につけて、両手を膝の上に乗せます。目は軽く閉じて、呼吸に意識を向けてください。

息を吐くとき、ざわざわした気持ち、せわしない心、イライラ、不幸な気分を一緒に吐き出してください。汚れた煙を吐き出すように。

そして、息を吸う時は、澄んだ明るい光を取り込みます。これが心の平安(inner peace)です。澄んだ明るい光が心と全身を満たすのを感じてください。光を楽しんでください。

さて、これで終わりです。きょう1日この心の平安を持ち続けてください。

——– 抄訳ここまで ————

これまでに紹介した幸せになる方法7選

幸せはすぐそこにある:自然と美と感謝と~ルイ・シュワルツバーグに学ぶ(TED)

私たちが幸せを感じる理由~制限がある方が幸せ?ダン・ギルバート(TED)

静かにたずむことが幸せにつながる~ピコ・アイヤー(TED)

幸せになる12の方法。お金や物では幸福になれません

『ものは少なく、幸せは多めに』~グラハム・ヒルに習う「小さく暮らす」メリット

キャメロン・ラッセルの「ルックスはすべてじゃない」に学ぶ本当の幸せ(TED)

『必要なのは10分間の瞑想だけ』~物より心が大切です(TED)

幸せをアウトソーシングするのをやめる

ケルシン・ニエマさんの説明はとてもわかりやすいですね。

自分のまわりのできごとが、自分の思い通りに進んでいるときは人は幸せを感じている。だから、いったん思い通りに進まなくなったら、不幸になる。

それならば、最初から、他人や環境に幸せを決めさせなければいい。幸せをアウトソーシングするのをやめて、自前で幸せを構築しよう、それを実現するためには、瞑想が効果的だ。

これが、このプレゼンの主旨です。

結局人は、自分の人生の質を、他人や物に決めさせようとするから不幸になってしまうのです。

いくらお金があっても、物がたくさんあっても幸せになれないのは、そもそもの出発点が間違っているから。

自分の幸福を、物や他人に外注するのをやめて、改めて自ら幸せを作り出す姿勢を持つ、これが幸せになるコツです。

==========
ケルシン・ニエマさんは、とてもにこやかにゆったりお話をしますが、これは修行と瞑想のおかげでしょうか?

こんなふうにゆったり暮らせたらいいですね。

いったん、心の平安を得ることができたら、外で何が起きても、平気ですから。

僧侶の境地に達するのは、難しいでしょうが、日常生活で、気分がうつうつとしたり、カリカリしたら、瞑想でも何でもして、幸せになる方を選んだほうがいいと思います。

人の悪口を言いそうになったら、すかさず、カジュアルな瞑想に入り、邪気を吐き出してみましょう。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索