祈る人

TEDの動画

夢を現実に変えるための隠された法則(TED)

汚部屋をきれいにしたい、と思っているのに、なかなかそのとおりにできない、いまとは違った結果がほしい、そんな人の参考になるTEDの動画を紹介します。

タイトルは、The Hidden Code For Transforming Dreams Into Reality (夢を現実に変えるための秘密のコード)。

プレゼンターは、ライフコーチの、Mary Morrissey(メアリー・モリッシー)さんです。



夢を現実に:TEDの説明

What could your ideal life look like one year from today? Throughout her life Mary was able to improve her results, no matter how difficult the challenge. Though interactions with thousands of leaders including the Dalai Lama, Nelson Mandela, and delegates to the United Nations, Mary explains how to advance confidently in the direction of your dreams.

あなたの理想的な、きょうから1年はどんな人生でしょうか?

メアリーは、これまでずっと、結果を向上させることができました。どんなに難しいチャレンジでも。

ダライ・ラマや、ネルソン・マンデラ、国連の代表などの、何千人ものリーダーとかかわってきたメアリーが、自信をもって、自分の夢に向かう方法を説明します。

18分36秒。英語の字幕があります。

☆TEDの說明はこちら⇒TEDの記事のまとめ(1)ミニマリスト的生き方の参考に





1年後、また会うとしたら

1年後、ここにいる人全員が、また集まることを想像してください。

「たぶんね」ではなく、「必ず」です。

皆、ここに戻ってきて、この1年に起きたことを、報告しあいます。2016月のTEDXで夢みたことと、その後、365日のあいだに起きたことを。

自分の人生についてどんなことを話したいですか? 

私たちはらせん状の世界に生きています。らせん状の世界では、上にむかってどんどん新しいことが起きます。

きのうのガラスの薄いかけらは、きょう、より厚くてしっかりしたものになるし、木も、1日たてば、成長し、より木らしくなっていきます。

人間も同じですが、私たちはちょっと違ったふうに感じます。1日、1日と、思いこがれることや、不満に思うことが増えていきますね。

より大きな自由にあこがれ、いまの状況にがっかりします。

人が結果を残す4つの分野

これから来る、365日を生きる間、誰でも結果を作ります。それが人間のすることだから。

私たちは4つの分野で結果を残します。

1)健康と幸せ(health and well-being)

いまの状態はわかりますよね? 1年後、それがどうなっているといいと思いますか?

2)人間関係(relationships)

いろいろな人間関係があります。すばらしい関係、深い関係、助けあう関係、よくない関係も。

今後、1年の間、あなたは何を大事にしたいですか?

どんな人をあなたの人生に招き入れたいですか? すでにある関係を変えたいですか? それとも、より深めたいですか?

3)天職・使命(vocation)

自分の時間や才能を使って、何をするか。それをして、お金を稼ぐか稼がないか。

日々、生きているだけで、私たちは、自分の時間と才能を使っています。

「ああ、失敗ばかり。ベッドに潜り込んで、布団をかぶりたい」と思うときも。こんな日も、「布団を頭からかぶる」という結果を作っています。

4)時間とお金(time and money)

時間とお金という結果も残します。

自由、または制限。

私にとっての自由は、いまよりたくさんの経済的な自由、そうしたいときに行きたい場所に行ける自由。したいことができる自由。

もっと重要なのは、大事なことを大事にできる自由です。

変わることを追求してきた40年

過去、40年間、変わること(transformation)に強い興味を持ち続けてきました。子供が好きだったので、大学で勉強したあとは、学校の先生になりたいと思っていました。

変わることに役立ちそうなことなら、何でも勉強しました。

子供たちに、ぜひ教えたいことがあったから。

どんな状況でも、自分がなりたい人間になれると信じることができ、成しとげたいと思うことを、成しとげられるセルフエスティームを、教えたいと思っていました。

大学院にもすすみ、心理学を勉強しました。本も書きました。

ラッキーなことに、ダライ・ラマと仕事をする機会もありました。世界的なリーダーたちに、どうやって結果を変えたのか聞きました。

特定の結果がどのようにして起きるのか、結果を変えるにはどうしたらいいのか。

国連で、マーチン・ルーサー・キングのお子さんやローザ・パークスと話し、ガンディーのお孫さんと、64日間にわたっって、非暴力のセッションをしたこともあります。

暴力ではなく、やさしさで、問題を解決する方法を中学生に教えました。

南アフリカでネルソン・マンデラに会ったこともあります。

前々から、彼には聞きたいことがありました。

無期懲役刑で、27年も服役したあと、刑務所から出ることができただけでなく、その国の大統領になってしまうなんて。

いったい、どうやったらそんなことができたるのか?

ほかにも大勢の人と会って、話して、結果を変える方法を学びました。

だからといって、毎回、私の夢が現実になったわけではありません。やることすべてがうまくいったわけでもありません。

私が手がけた最初のビジネスは、お金の管理がまずくて失敗し、私はすべてを失いました。23年間、心血を注いできた仕事なので、本当に落ち込みました。

ヘンリー・デイヴィッド・ソローの実験

夢を現実にする人が、意識的にせよ無意識にせよ、やっている3つのステップがあります。

どんな状況や環境にも、夢が負けないために。たとえどれほど時間がかかろうとも。

150年前、ヘンリー・デイヴィッド・ソローが、自分の生活で実験しました。みなさんも、今後12ヶ月かけて同じことをします。

人生の実験をしてください。

彼は、実験をする前にこう語っています。

「生きる真髄を味わいつくすことを学びたいと思った。生きているあいだに、自分が愛する人生を生きたいと思った。

私が森に行ったのは、人生の本当に大事なことに向き合いたかったから、人生から学べるはずなのに、まだ学んでいないことを知りたかったから、死ぬ時になって、本当は生きていなかったんだ、と思い知るのは嫌だったから」。

ソローの森での生活は、2年2ヶ月と2日、続き、その後、その生活について、彼はエッセイにまとめました。

「自分の夢に向かって、自信をもって進み、自分が思い浮かべた人生を生きるように努めれば、(思いがけず、それに成功する)私はこれを実験から学んだ」と書いています。

夢を実現したいならイメージしろ

でも、自分の夢がどんなものかわからないと、そっちへ行くことはできません。

夢を実現する人が、最初にするのは、自分の求める人生がどんなのものか考えることです。

私が、「お宅の玄関」「あなたの家の流し」「よく使うベッド」と皆さんに言ったとき、皆さんの頭に浮かぶのは、は、「玄関」「流し」「ベッド」という言葉ではなく、実際のイメージです。

夢を実現したいとき、これは重要なことです。

たいていの人が、夢を夢見ることで終わってしまいますから。「よりよくなりたい」「より楽になりたい」。これではあいまいすぎます。

「旅行したい」とだけ言うと、旅行に行く先のイメージがありません。

夢をより具体的にイメージし、語ることで、これからの1年が変わりますよ。

自分のしたいことをする

自分が本当にしたいことは何か?

多くの人は、こんなふうに考えます。

私にもできそうなことは? 

手持ちのお金でできそうなことは? 

ほかの人が言っている私のできそうなことって? 

お母さんによると、私のできることは?

そうではなく、「私が本当にやりたいことは?」という質問をしてください。

これから4つの分野で結果を作っていくのですから。

1966年当時、私はこういうことはいっさい知りませんでした。

昼間の高校から夜学へ転校

幸せな家庭で成長した私は、当時、高校2年でした。

幼いころから知っている親友たちと、楽しい学校生活を送っていました。副級長で、劇で主役をしたり、学祭のプリンセスに選ばれたり。

その年の春休みに、大学に行っていたボーイフレンドが休みで戻ってきて、私は妊娠しました。

母は、まるで私が死んだかのようにすすり泣きました。

5月に10人程度呼んで、あわただしく結婚式をあげました。

結婚して、妊娠中の私は、高校に戻ることができず、川の向こうの、あまり治安のよくない場所にある夜学に転校しました。

12月に長男が生まれました。

これまで中がよかった友達の親たちは、私と友達を会わせてくれませんでした。

腎臓の病気になる

1967年、夜学を卒業し、7月に、病院にいました。

腎臓の病気になったのです。片方の腎臓は完全にだめになり、もう片方も炎症が進行し、半分だめになっていました。

1967年当時は、透析も移植もなかったので、助かる見込みはありませんでした。

手術をして、血中の毒素のレベルをさげれば、あと半年はもつだろう。

こんな診断を受け、私は恐怖でいっぱいでした。

これは自分のせいだと思いました。素行がよくなかったから、罰が当たったのだと。

何でも2回作られる

手術の前夜、手術前の患者のために、お祈りをとなえる女性が病室にやってきました。

この女性は、私に、この1~2年、私の身の上におきたことを話すようにうながしました。

私が話し終わると、女性はこう言いました。

「メアリー、どんなものも、2回作られるのよ」

「え、どういうこと?」

「誰でも知っていることよ。気づいていないけど。あなたが寝ているベッド、着ているナイトガウン、シーツ、壁、天井、床、医療機械、みんな、最初は、誰かが、こんなものを作りたい、とイメージしているのよ。そうしてできあがったわけ。

話を聞いて、あなたが、お子さんをどんなに愛しているかはよくわかったわ。でも、あなたは、自分のことをずいぶん憎んでいるわね。

自分のことを恥じている。学校や家族も、残念なことだと思っている。

どんなものも、2回作られるとわかったから、そういうあなたの気持ちが、起きたことに関係しているとは思えない?

恥ずかしいと思うと、ほっぺたが赤くなるでしょ? 何かを怖いと思うと、心臓がドキドキするでしょ?

それって実際に、恥ずかしいことがあるとか、何か怖いことが起きているということではなく、あなたが、そう感じているということよね。それに、あなたの体が反応している。

毒のようなことばかり考えているから、体の中に、毒がたまり、それが、あなたの命をおびやかしているんじゃないかしら」。

この話をきいたときは、理解ができませんでした。

病気がよくなると信じてみた

「祈りや、言葉のちからで、あなたの体にある毒を取り除けると信じることはできない? 明日、医者が、やってきて、『ほら、起きて、家に帰りなさい。もう大丈夫だから』と言うと、信じてみない?」

私の答えは、ノーでした。

このとき、そんなことはこれっぽっちも信じられなかった。痛みのほうをずっと信じていたから。

「信じないなら、それでもいいわ。でも、この世にはたくさんの可能性があることは覚えておいて。

可能性が、たった1つである必要はないわ。

お祈りをして、あなたの中にある病気のもとを全部取り出して、明日、取る腎臓に入れて、一緒に取り除いてもらうことにしましょう。

病気のもとを取ってしまったら、あなたは、だんだんよくなるのよ。この可能性、信じることができる?」

そんなことが可能かどうかわかりませんでしたが、彼女がそれを信じているのはわかりました。このとき、はじめて、誰かほかの人が信じているものの周波数を選ぶ、ということをしました。

彼女は高いところにあるものを信じていました。

「可能かもしれないわね」、こう私は答えました。

ルパート・シェルドレイクやデヴィッド・ボームの理論も、場の量子論もまだない時代の話です。ハーバードの心と体のクリニックもまだありませんでした。

「いいわ。じゃあ、ワンアイデア、というのをやってみましょう。あなたの体の1部分が、1つの考えにオープンになったと考えて」。

こうやって彼女は、思考と感情を使う方法を教えてくれました。

本当に病気がよくなった

手術が終わって1、2週間後、私の数値は安定していたので、救急車でいったん退院し、夫と息子に会えました。

この時は、ほとんど寝たままでしたが、その後、だんだん体調も数値もよくなりました。

4~5ヶ月たつと、腎臓はすっかりよくなって、なぜそうなったのか、医者にもわかりませんでした。医学的には說明がつかなかったのです。

その後、先ほど話したように、大学に入学し、大学院に進み、人々の結果を変える方法を学びました。

イメージングのパワー

結果を変える人が、意識的に、または無意識にやっていることが3つあります。

私の腎臓がよくなったときは、何も意識しておらず、彼女に言われたとおりのことをしただけです。

彼女はこう言いました。

「暗いことばかり考えていると、ますますそういう毒のような思考をしてしまうの。

明日、腎臓を1つとります。

この先、毒のようなことを考えていることに気づいたら、『毒は腎臓と一緒にどこかに行ってしまったわ』と言って、すぐに、自分が歩いて、ベッドに入るところをイメージして」。

私には、2つの大きな夢がありました。先生になることと、息子を育てること。

「自分が学校に入っていくところをイメージして。あなたの5歳のお子さんの手を握りながら。

子供の手のあたたかさを感じて。あなたは教室に、お子さんは幼稚園のクラスに行きます。

コツ、コツという自分の靴の音を聞いて。角をまがると、あなたの教室がある。あなたは先生で、息子さんは5歳よ。

今度は自分が、大きなホールに座っているところをイメージして。

卒業式よ。息子さんは18歳で、高校を卒業するの。

あなたはそこにいます。先生としてのキャリアもどんどんよくなっているの」。

自分を嫌う気持ちになるたびに、私は、無意識にこれをやってきました。「あ、でも、みんな腎臓と一緒に取っちゃったわよ」と。

そして、自分が息子を幼稚園につれていくところ、息子が卒業するところ、息子の結婚式で、一番まえに座っているところをイメージしました。

こうすることに、そんなすごいパワーがあるとは思っていませんでしたが、45年、研究し、何千人もの人に会って、わかったんです。

私も、夢を実現するための3つのことをやっていたのだと。

夢を実現するための3つのコツ

1)夢を具体的に思い描く

自分の夢が具体的であればあるほど、脳はその周波数にチャンネルをあわせます。

テレビやラジオのチャンネルを変えるとき、周波数を変えます。私たちの思考にも、周波数があるんです。

可能性を見るか、見ないかは、使っている周波数の違いです。

具体的な夢を思い描きましょう。その夢の中にいる自分をイメージします。

2)いつまでも落ち込まない

がっかりした状態にとどまることを避けます。

がっかりするな、とは言いません。誰でも、物事がうまくいかず、気落ちするときはあります。

でも、人は、這い上がることを学んでいます。ずっと落ちたままではありません。

子供のときは、探検し、実験することが普通でした。ところが、大人になると、どんなことも、うまくいくのがあたりまえだと、思い込んでしまいます。

がっかりしたままでいるのはやめましょう。フィードバック(反応)だと考えればいいのです。

エジソンは、「どうやって1万回の失敗に耐えられたんですか?」と聞かれたとき、「失敗なんてしてませんよ。全部、フィードバックです」と答えています。

今年、フィードバックを受けるでしょう。でも、気落ちしたままでいないでください。

3)成長を意識する

夢を見ることで得られる成長に目を向けましょう。

夢を実現する人になれば、たくさんのすばらしいことが起きます。ただのドリーマーではありません。ドリームビルダーになってください。

いずれにしろ、結果を作ることには変わりはありませんから。

コンフォートゾーンにいるままだと、すでに持っているものを持ち続けるだけです。

これまで持ったことがないものを手に入れるには、これまでやったことがないことをしなければなりません。

それが成長です。

成長しているときは、不安定なものです。

居心地のよさより、成長に興味をもつほうが自分のためです。夢を叶えるためにそうしましょう。

結論

・具体的な夢をもつ

・気落ちしたままでいない

・成長を心がける

毎日、この3つを意識して、これからくる365日、実験してください。そして、来年、またここで会いましょう。

過去を変えることはできませんが、どんな人も、これからの人生を変えることができます。

//// 抄訳ここまで ////

本の紹介

メアリーさんの本です。

森の生活

他にも翻訳は出ています。

汚部屋からの脱却

このブログの読者の夢といえば、「汚部屋でなくなること」です。

メアリーさんの、3つのコツを使ってください。

1)具体的な状況を思い浮かべる

部屋がどんなふうになったらいいのか?

ここをしっかりイメージするといいでしょう。

絵に描いてもいいですね。

その部屋で、あなたはどんなことをしますか?

きれいになった部屋で自分が何かをしているところを思い浮かべてください。

一回考えただけだと、弱いので、毎日、思い浮かべるといいですよ。

「こんな部屋にしたい」という理想の部屋について、手帳に書いておき、毎日見たり読んだりします。

汚部屋を片付けるという夢を忘れないために。

2)すぐに立ち上がる

うまくいないことがあっても、ぐずぐず落ち込むのはやめましょう。

たっぷりあるマインドを心がけると、立ち直りが早いです⇒「足りている」「充分」と思うと、本当に心身・経済ともに豊かになれるのか?←質問の回答。

あらかじめ、落ち込む時間を決めておくといいかもしれません。嫌なことがあったら、2分だけ、落ち込むことにする、とか。

3)成長を意識する

現状をこわさないと成長できません。

ガラクタを捨てると、あとで困るんじゃないか、という心配は、成長をさまたげます。

こんなに服を捨てると、着るものがなくなるんじゃないの? 同じ服ばかり着ていると、人に笑われるんじゃないの? という心配もいりません。

そういう無駄な心配が汚部屋を作ります。

いさぎよく、どんどん捨てて、汚部屋という固定された状態から、新しい状態に向かいましょう。

******

先日、「これからもずっと、節約する日々が続くのかと思うと、悲しい」、という方のメールにアドバイスしました。

節約疲れの対処法、10選。先の心配より、いまの生活の充実を。

この方のように、いまの現実や、これから起きることに絶望に近いものを感じている人は、もっと自分のちからを信じてください。

自分でどうにもならないこともあるけれど、どうにかできることもたくさんあります。

メアリーさんが言うように、私たちは、毎日、何らかの結果を作っています。

自分のお金や時間の使い方は、自分でコントロールできます。

使い方を変えれば、望みの現実に近づけますよ。





石ころ迷いながら捨てたものも、不思議と忘れてしまう~不用品を1000個捨てて手に入れたもの。前のページ

昔の原稿を捨てたいけど、思いきれない。そんな時はこう考えよう。次のページ紙束

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 花瓶

    TEDの動画

    『ものは少なく、幸せは多めに』~グラハム・ヒルに習う「小さく暮らす」メリット

    TEDの動画から、居住スペースを小さくして、より幸せになった人の動画を…

  2. マシュマロ

    TEDの動画

    人生で成功したいなら自制心を持て~マシュマロ・テストに学ぶ成功法則(TED)

    「お金をためること」「人生で成功すること」に参考になるTEDの動画をご…

  3. 考えている女性

    TEDの動画

    脳について知るべき、1つのこと。それは、あなたの人生を変えます(TED)

    自分の能力を最大限に発揮したい、と願う人の参考になるTEDの動画を紹介…

  4. スケジュールを考える

    TEDの動画

    仕事の失敗でいちいち落ち込まない方法。親切で、優しい成功哲学(TED)

    ちょっと仕事に失敗しただけでどーんと落ち込む。ついつい自分と他人を比較…

  5. 赤ちゃん

    TEDの動画

    本当のことを話せば、ほかの人の本当の姿にふれることができる(TED)

    心の整理や、人間関係の改善に役立つTEDの講演を紹介します。タ…

  6. ペン立てとノート

    TEDの動画

    気持ちの整理をするために、紙に書き出そう:ライダー・キャロル(TED)

    毎日忙しいわりには、今ひとつ、やりたいことができない人、今年も汚部屋で…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,203人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. ドアと鍵
  2. セーターを持つ女性
  3. お肌の手入れをする女性
  4. ゴミ袋
  5. 服を買っている女性
  6. 贈り物
  7. ベージュのバスタオル
  8. スマホで買い物する人
  9. タオル
  10. オフィスの受付

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. パンプス
  2. ゴミ出しする人。
  3. 考え事をしている人
  4. ベッドの上の時計
  5. ネット通販をする女性
  6. 捨て物チェックリスト
  7. カレンダー
  8. 砂時計
  9. レジで支払い
  10. きれいな部屋

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP