服がいっぱいのクローゼット

断捨離テクニック

時間がない人が確実に断捨離に成功する方法

「忙しくて断捨離している暇なんてない」そんなふうに反応する人ほど、物を減らすべきです。ガラクタがない家に住むと思考がクリアになり、生産性もずっとあがるからです。

この記事では忙しいあなたが、いかに断捨離すべきか、5つのステップに分けてお伝えします。



ステップ1.物がありすぎるから忙しいことに気づく

「忙しくて部屋片付けている時間なんてない」と思えば思うほど、断捨離したほうがいいです。

なぜなら、物が多ければ、それだけ物の管理に時間とエネルギーを取られるから。逆に言えば、物が少なければ時間ができるのです。

例をあげます。

先週の水曜日の朝、娘に「安全ピンをあるだけ持ってきて」と言われました。その日は娘のダンスクラスの発表会のリハーサルの日。コスチュームを身につけるのに安全ピンがいるとのこと。

私はすぐに安全ピンを2つ持って、娘の部屋に行きました。

自分がどこに安全ピンを入れているのかよくわかっています。本棚の下の段の右端に置いている小物入れの真ん中の引き出しの左側の奥です。

クリップなどと一緒に、古いゼリー型に入れてます。

安全ピンを取り出すのに30秒もかかりませんでした。

娘は、「これだけでは足りない」と言いました。そこで、ソファに座っていた夫に、「安全ピンある?」と聞いてみました。

「あると思うよ」

「すぐ出して。●●(娘の名前)が使うから」

「……..」

夫はどっこいしょとソファから体を起こし、のろのろと自分の部屋に行きました。私もその後をついて行きました。

部屋の奥に置いてあるバッグの中をごそごそしています。もう、おわかりでしょう。彼は安全ピンを持っているらしいのですが、さっと取り出せないのです。

結果的に、サイズがバラバラの安全ピンが5つぐらい出てきましたが、取り出すまでにあちこちひっくり返して、15分もかかりました。

夫は極端な例でしょう。ですが、物が多い家では、この「安全ピンを取り出すのに15分もかかる件」と同じことが、毎日のように起きているのです。

いくら物をたくさん持っていても、すぐに取り出せなかったり、目当てのものにアクセスできなかったら、持っていても全く意味がありません。

あなたが忙しい原因の一つは、物がありすぎるから。この点に気付くことが、断捨離の第一歩です。

ステップ2.捨てる決断をする。さらに次の決断もする。

「物が多すぎると生産性が落ちる」。このことに気づいたら、次は捨てる決心をします。

ガラクタは決断を先延ばしした集積です。

●出した後、すぐに片付ける決断をしなかった⇒床の上に散らかっている。

●いらなくなったのに捨てる決断をしなかった⇒代わりにどこかに押し込んだ。

●物の処理について、決めることを後回しにした⇒だからいつまでもそこにある。

こんなふうに、意志決定を先延ばししたので、望ましい行動をとることができず、部屋の中に物があふれています。

物がいっぱいあるから掃除が大変だし、探しものを頻繁にしなければなりません。

物があふれているから、視覚的ノイズになって、気持ちがざわつき、物事をしっかり考えることができません。

ガラクタがあると気が散る話はこちら⇒集中できないのはぐしゃぐしゃの部屋にいるから。ガラクタは脳にも悪影響を与えています

こんな状態だから、物事に集中できず、仕事はなかなかはかどらず、いつも忙しいのです。

それでは、どうしたらいいのか?

決断しなかった結果が、今の状態なので、今すぐ決断をすればいいのです。

つまり、断捨離をする決断をします。

そのあとも、どんどん決断を続けます。

たとえば、いつ断捨離を始めるのか、何を取っておくのか、何を捨てるのか、捨てるとしたらどうやって捨てるのか、友達にあげるのか、フリマに出すのか。

これまで決断をしてこなかった分、これからはどんどん決める必要があります。その瞬間、瞬間に、意志決定をするクセがつけば、決めることが上手になり、部屋もきれいになっていきます。

ピアノがうまくなりたかったら、ピアノを弾かなければならないし、料理がうまくなりたかったら、料理をしなければなりません。

断捨離がうまくなりたかったら、「決断する」行為を何度も、何度もするべきです。

そもそも「断捨離をする、しない」とか、「捨てる、捨てない」なんて、そんなに重大な決めごとではありません。決めるのに失敗したって命の危険があるわけではないのですから。

とにかく決断する。また、決断する。また、決断する。そうすれば道は開けます。





3.1%でもいいから物を減らす

捨てる決断をしたら、今度は実際に捨てる行動に入ります。断捨離は決断と行動がすべてです。

この時、いきなり大きな断捨離プロジェクトをすると失敗します。

近藤麻理恵さんの言う、全出しはしないほうが賢明です。2番に書いたように、ガラクタをたくさん持っていて、片付ける時間がない人は、今まで決めてこなかった人です。

つまり、決めることが苦手です。

いきなりたくさんの物を出して、「捨てる、捨てない」を決めようとすると、頭がオーバーフローします。早々に断捨離を挫折してしまうでしょう。

これまで、断捨離にまつわる決断をしてこなかったので、圧倒的に経験が足りないのです。

これは、性格とか能力の問題ではありません。

単なる「決断する練習不足」。

そこで、練習がてら、小さな場所から片付けを始めてください。どのみち、忙しいのですから、ポーションが小さいほうが取り掛かりやすいです。

小さなものをちまちま捨てるのは時間がかかります。ですが、1つでも捨てられたら、その成功体験で自信がつき、断捨離に対して前向きに取り組めるモチベーションを得られます。

☆小さな断捨離のアイデアはこちらをどうぞ⇒忙しい日は1日5分の断捨離を~5分で片付けられる10の場所

4.捨てやすいシステムを作る

捨てることに慣れてきたら、自分が捨てやすくなる工夫を取り入れてください。

極端な話、部屋にゴミ箱がなかったら、ゴミを捨てにくいですよね?

たとえば、洋服がぎっしりはいっているクローゼットが気になっているのなら、クローゼットの床に、紙袋の口を開けて置いてください。この紙袋には捨てる服を入れます。

朝、服を着たときに、難があると思ったら、すぐに紙袋に放り投げます。

わざわざ断捨離をする時間を設定しなくても、着替えをしているついでにどんどん捨てられるシステムを作るのです。

あるいは、部屋から部屋へ移動するときは、必ず何か捨てるものや片付ける物をガシっとつかむことにしてください。これも、物を捨てやすくするシステムです。

「そんなシステム、どうやって作ったらいいの?」

システムを作るにはコツがあります。

捨てることがうまくいかない時に、「どうしてうまくいかないんだろう?」「何が障害になっているのだろう?」と考えることです。

そうすれば、自分の生活環境にあった、捨て活動がうまくいくシステムを思いつくことができます。

5.断捨離を楽しみながら続ける

部屋にある物を捨てることは、1日、2日ではできません。ある程度長期戦を覚悟してください。捨てることを継続しなければならないのです。

断捨離を長続きさせるコツは、楽しむことです。何でもいいので楽しむポイントを見つけて、それを励みに続けてください。

通常、物が少しでも減れば、とても快適になるので、「もっと捨てよう」と思うものです。

ですが、急に家族が病気になったとか、会社の同僚がやめてしまったといった理由で、ものすごく忙しくなり、断捨離どころでなくなることもあるかもしれません。

そんな時は断捨離を中断することになるでしょう。

それでも、財布の中のレシートだけは出しておく、とか、メーラーの受信箱からいらないメールどんどん削除する、など、何らかの「捨てる活動」は続けて、完全に、断捨離のエンジンを止めることはしないでください。

たとえ1日30秒でもいいので、捨てる活動を続けます。

完全にやめてしまうと、復帰するときに、また前と同じように気持ちを奮い立たせなければなりません。

スケールダウンしても、やめない、楽しむ。これが、断捨離成功のコツです。
~~~~~~~
「忙しいから」と言い訳して、ずっとそのままにしていると忙しい状態はいつまでたっても変わりません。

現在の状態に不満があるのなら、それを改善するために、動きだすべきです。生活を変えるとっかかりとして、「物を捨てること」はとても簡単だし、効果的。今すぐやって下さい。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 考える女の人

    断捨離テクニック

    片付けられない、捨てられない、そんな悩みを解消する6つの考え方。

    今年もまた汚部屋から抜けられなかったけど、来年こそはよけいな物を捨てた…

  2. 汚部屋

    断捨離テクニック

    このまま一生汚部屋に住むか、今行動をおこすか?汚部屋脱出、6つのステップ。

    汚部屋を片付ける5つのシンプルなステップをお伝えします。軽症な…

  3. お片づけする女性
  4. 本棚の書類

    断捨離テクニック

    紙類をためこまない7つの方法。まめな断捨離に増やさないシステムをプラスする

    家の中でもっとも増殖しやすいのが紙もの。今回は、紙類をためないコツを7…

  5. 捨てられない女

    断捨離テクニック

    考え方のクセを変えて「捨てられない人」から「捨てられる人」になる方法

    「捨てられない」という考え方のクセを変える方法をお伝えします。…

  6. コイン

    断捨離テクニック

    物を捨てられないのは恐怖のせい~損失回避と、授かり効果の心理をさぐる

    物を捨てにくい理由を行動経済学の観点から説明します。損失回避と授かり効…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

518人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 古新聞
  2. portrait
  3. 忙しいママ
  4. 歩く女
  5. セブンイヤーボールペン
  6. 捨てられない理由を考える人
  7. 読書
  8. たくさん買った女。
  9. 花を手渡す
  10. 新年の抱負

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 笑顔
  2. 1人暮らし
  3. クローゼットをチェック
  4. 風邪
  5. スケジュールをチェックする女。
  6. 仕事にとりかかれない人。
  7. ストレス
  8. ジャック・オ・ランタン
  9. 雑巾がけ

過去記事、たくさんあります♪

  1. 絵を描く人

    読者の一押し記事

    使えたらいいな、と思って物を買っても実際には使わない話:読者のおすすめ第4位(後…
  2. 笑顔

    ミニマム思考

    ミニマルライフのメリット:物を減らすと今を生きることができる理由とは?
  3. 音を聞く

    TEDの動画

    音が人に与える4つの大きな影響:ジュリアン・トレジャー(TED)
  4. おもちゃ

    ミニマリストへの道

    どんなに断捨離したくても、子供のおもちゃは捨てないほうがいい理由:ミニマリストへ…
  5. 歯

    歯の健康

    オススメのデンタルケア:ワンタフトブラシで歯垢を取る
PAGE TOP