服に迷う

ファッションをミニマルに

すぐにでもクローゼットから捨てられる5つのもの(プチ断捨離その8)

片づけが苦手でも、小さなところからやれば、捨てられます。きょうのプチ断捨離は、洋服を置いてある場所から即、捨てられるものを5つピックアップしました。



服の数を数えてみたら300着あった

2日前にある読者の方からお便りをいただきました。この方は数年前から、断捨離や整理整頓を心がけていらっしゃるそうです。整理収納アドバイザーの資格講座を受けたこともあるとか。

婚活中とあったので、まだお若い方だと思います。

この方が、ゴールデンウィークに、はじめて、自分の衣類の数を数えてみたところ、部屋着を入れて、300着ほどあったそうです。

300着はちょっと多いですね。ですが、うっかりしていると、誰でも簡単に達成してしまう数字だと思います。

このお便りを読み、今週のプチ断捨離は、クローゼットエリアにしようと思った次第です。

正直、最近、日本の方が、どこに洋服を収納しているのか、はっきりとはわかりません。たぶん

●クローゼット
●押入れ
●和ダンス
●洋服ダンス
●洋服をかける専用のバー(ハンガーラック)

このあたりに、皆さん、洋服を入れてますよね。

タイトルはクローゼットとしていますが、ご自身の洋服置き場をターゲットにしてください。

こんなものを見つけたら、すぐに捨ててくださいね。

1.この1年使わなかったバッグ

経験からバッグはたまりやすいものだと、断言できます。バッグ好きな人も多いですね。

昔、バッグは、かばん屋さんや、デパートのかばん売り場にしかありませんでした。しかし、いつの頃からか、雑貨屋さんでも、たくさん扱われるようになりましたね。

いろいろなお店に、安くてかわいいバッグがたくさん並んでいます。最近はネットショップで、ワンクリックで手に入ります。

服と同様、バッグにもトレンドがあり、毎シーズン、新しいバッグが販売されます。春夏用、秋冬用と季節ごとにも売りだされます。

しかも、バッグはよく福袋に入っています。

そもそも、日本人はバッグ類が大好きです⇒なぜ日本人は必要以上に袋、ケース、バッグをたくさん持っているのか?

そんなこんなでバッグは増殖しやすいのです。まめにストックをチェックしたほうがいいでしょう。きょうはもう使っていないバッグを捨ててください。

すでにバッグは断捨離済みなら、ポーチ類をどうぞ。

2.穴のあいた下着類

ほつれているものや、ゴムがゆるくなった下着も含みます。つまり、もうすっかりくたびれてしまった下着です。

まだ、ワイヤーの入ったブラを着用していたころ、よくワイヤーが飛び出してブラが寿命が尽きたものです。その頃、私は下着を手洗いしていなかったので、痛みが早かったのです。一応、ブラ用の洗濯ネットに入れて洗濯していましたが。

ワイヤーが飛び出すと、危険でもありますので、そうなる前に、ほどほどのところで捨ててください。

どのみち、ワイヤー入りはあまりおすすめできません。その理由はこちら⇒下着もミニマルにブラとショーツだけ、さらにノーブラ化をめざしています

伝染しているストッキングや、穴のあいた靴下も捨てましょう。私は、穴のあいたソックスはウエス用にキープしています。

ウエスとは?⇒ウエスの作り方と使い方~拭き掃除だけが好きな主婦のおすすめの掃除道具

しかし、すでにウエスや雑巾がたくさんあるのなら、捨てることをおすすめします。再利用を考えると、いつまでたっても物が減りません。





3.曲がった針金ハンガー

針金ハンガーはすべて断捨離をしたほうがいいと思います。ですが、プチ断捨離なので、もう曲がってしまったものを1本選んで捨ててください。

なぜ、曲がった針金ハンガーを捨てるべきなのか?

曲がったハンガーは、ハンガーとしての機能が著しく衰えているからです。そんなことは誰だってわかっています。

ところが、「いらない物は捨てよう」という意識を持って、クローゼットを見ない限り、そこに曲がったハンガーがあることに気づかないのです。

ハンガーの数は抑えたほうが、洋服本体の数を減らすことができます。

ハンガーと言えば、私は、靴下を買うとついてきた靴下用のハンガーが、もったいなくて捨てられませんでした。いわゆる店頭でのディスプレイ用のハンガーです。
靴下用ハンガー
小さいサイズで可愛いし、何かに使えるかも、と思っていたわけです

たとえば、ネックレスをかけるとか。

ですが、やはり、「いつか何かに使えるかも」のいつかは来ませんでした。針金ハンガーだけでなく、このようなディスプレイ用の、衣類を買うとついてくるプラスチックのハンガーがあったら、捨ててください。

「洗濯物を干すときに使えるかも」と考えてはいけません。こんなふうに考える人は、もうちゃんと物干し竿や小物干しを持っているはずです。

ディスプレイ用ハンガーは、買って家に持ち帰ったらもう役目を終えています。包装をといたときに、すぐに捨てるべきなのです。

そうしないといつまでも居座ります。

買ったらすぐに服の包装をはずしたほうがいい話はこちら⇒物をためないコツ。「買ったらすぐに使おうルール」のすすめ

4.古いジーンズ

ジーンズは、とても丈夫な衣類です。普通にはいていたら、なかなか傷まないでしょう。

もちろん1本しかないジーンズを大事にはくならいいのです。

しかし、複数のジーンズがあり、そのすべてをしっかり活用できていないなら、着古したのを1本選んで捨ててください。

腰や膝のところがゆるくなってきたものや、穴があいたもの、色が抜けてしまったものを選んでください。あるいは、あまりにも今の時代にそぐわない物でもいいです。今の自分には似合わないもの、そもそも体に入らない物でももちろんOK.

たまに断捨離しない限り、ジーンズのストックはどんどん増えていきます。

私自身は、ジーンズはすべて断捨離してしまいました。
私の定番はこちら⇒ミニマリストの服全14着公開~非おしゃれ系50代主婦の場合(写真あり)

実はジーンズは大好きなアイテムです。

昔はよくはいていました。なかなか傷まないのも、節約系主婦にはうれしいところです。

しかし、私はジーンズではなくレギンスを選びました。

なぜか?

ジーンズではジョギングをはじめとした運動をしにくいからです。ストレッチするジーンズもありますが、やはりレギンスやヨガパンツのほうが、重量が軽いし、動きやすいです。

しかも、ジーンズは、乾きにくいです。

ジーンズをはいて、よたよたスロージョギングをしているときに、雨など降ってきたら大変です。濡れてだんだん重く冷たくなってくるジーンズをはいて走り続けることになります。

これはあまりやりたくありません。

また、ジーンズはレギンスに比べて、収納スペースを取ります。

そんなわけで、私はジーンズを自分の定番からはずしました。しかし、そこまでやる必要はありません。「もう、はかないな」と思うものを1本、手放してください。

もっと服を断捨離したい方はこちらをどうぞ⇒洋服を減らしたいならこれを読め:ファッション関連記事のまとめ

5.シミのついたTシャツやシャツ

白いTシャツやシャツ、ブラウスに、コーヒー、ジュース、醤油をこぼすと悲しいですね。必ずシミになります。

お気に入りかもしれませんが、目立つシミがついていたり、すっかり黄ばんだシャツは捨ててください。

もちろん、その前にシミ抜きをやってみてもいいです。

数日前、娘に、白いノースリーブのトップスについたシミの取り方を聞かれました。スムージーかなんかをつけてしまったようで、薄い黄色いシミが広がっていました。

「ベーキングソーダを使えば?」とアドバイスしたら、そのとおりやったみたいです。「きれいになった」と喜んでいました。

ベーキングソーダの活用法⇒私のベーキングソーダ(重曹)の使い方7つ。エコな掃除の決定版

このようにシミ取りにトライするなら、24時間以内にやってください。プチ断捨離決行後、24時間以内です。

シミ抜きは早くやればやるほど成功率があがります。

いつシミをつけたのかもわからないし、どのみち、全然着ていない、そんな服は、シミ抜きなど考えず、さくっと断捨離するべきです

これまでも、シミ抜きしなかったのです。きゅうにまめな人になってシミ抜きをやり始めるとは思えません。
* * * * *
衣類の数が多いと、シミがついてしまったり、ボタンが取れても、そのままにしがちです。なぜなら代替品はくさるほどあるからです。

クローゼットの断捨離を何度かやって、手持ちの服を全部把握できるぐらいになると、難が出た服を放置するようなことはなくなるのです。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. スタートが切れない。

    断捨離テクニック

    だから捨て始めることができない。行動できない6つの理由と対応策。

    読者の方から、いらない物を捨てたほうがいいと頭ではわかっているけれど、…

  2. 多すぎる服

    断捨離テクニック

    無理なくゆるやかに断捨離したい時役立つ5つの習慣。

    忙しいし、暑いし、大がかりな断捨離はやりたくない。でも、できれば、いら…

  3. 捨てられない人

    断捨離テクニック

    部屋にある大量のいらない物が象徴する3つの心の闇とは?

    部屋の中にあふれている物は、その部屋の住人の心の表れである、とよく言わ…

  4. 台所用品

    断捨離テクニック

    捨てても困らないもの、7種類。捨てても平気なものはたくさんある。

    捨てても困らないものがわからないので、教えてほしい、という質問をいただ…

  5. お片づけする女性

    断捨離テクニック

    30年かけてミニマリストになった私の断捨離のやり方を詳しく公開します

    私がどんなふうに断捨離をしてきたかお伝えします。私のブログに「…

  6. きれいな人

    ファッションをミニマルに

    この春買うべき服?いえ、買わずに捨てることが素敵な人になる方法です

    春はおしゃれの季節。新しい服を買おうとわくわくしている人も多いでしょう…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

751人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 読書
  2. 計算機
  3. 白い花と筆子
  4. 買い物する人
  5. クリスマスプレゼント
  6. カナダのマグ
  7. 窓ぎわ
  8. ジャンプする人
  9. 考えている人
  10. 散らかった台所

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 着るものがない
  2. 1週間で8割捨てる技術
  3. 『奥さまは魔女』よ永遠に
  4. ジャック・オ・ランタン
  5. トイレ
  6. パン
  7. ドーナツ
  8. 娘の汚部屋
  9. 笑顔

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP