アヒルのフィギア

ミニマルな日常

最終更新日: 2017.09.9

夫の物が多すぎて整理できない。どうしたらいいの?:断捨離の悩みに答えます

ページに広告が含まれる場合があります。

 

「夫のコレクションが多すぎて、整理できないが、どうしたらいいのか」というご質問を読者の方からいただきました。この記事で私の回答を書きます。



主人がグッズをためこんでいます

メールの内容をかいつまんで書くと、スターウォーズ、ミュージシャンのポスターや、グッズをたくさん集めているご主人がいて、その整理をどうしたらいいか、というご相談でした。

ご主人は暇な時は、掃除や片付けをするそうですが、自分の好きなものを整理できないようです。

また、ホコリがつくのが嫌で飾らないそうです。

自分はどうしたいのかそれを明らかにする

実は、お便りだけでは、状況がよくわからない点が多かったです。

お便りを読んでこんな疑問を持ちました。

1.ご主人はコレクションをどうやって収納しているのか?

箱詰めなのか?それとも押入れや引き出しなどに適当に突っ込んであるのか?

それはどこにあるのか?ご主人の部屋にあるのか、リビングルームなど家族の共有スペースにあるのか?

量はどのぐらいあるのか?箱に1つか2つなのか?それとも、家の収納スペースからはみだして、居住空間を冒しているのか?

2.ご主人は自分のコレクションに対してどんな気持ちを持っているのか?

「ほこりがつくのがいやだから飾りたくない」ということはわかりました。それに加えて、ご本人も、ちょっと物が増えすぎたから、捨てたいと思っているのか?

それとも1つも捨てたくないけれど、ごちゃごちゃになっているのがいやだから、少し整理したいと思っているのか?

整理したいと思っているのなら、なぜ整理しないのか?量が多すぎて片付け方法がわからないのか?それとも時間がないのか。

あるいは1つも捨てたくないし、特に整理したいとも思っていないのか?

捨てたくないとしたら、それはなぜなのか?一生、このままコレクションを持ち続けたいのか?そうだとしたらその理由は何なのか?

3.Kさんはご主人の物に対してどんな気持ちなのか?

邪魔だから少し捨ててほしいのか?捨てなくてもいいから、少しきれいに整理してほしいのか?

全部きれいさっぱり捨ててほしいのか?捨ててほしいとしたら、その理由は何なのか?

ご主人が整理できないのなら、自分が整理してあげたいと思っているのか?整理してあげたいけど、量が多すぎて持て余しているのか?整理方法がわからないのか?

4.その他の疑問:物の整理とは?

メールに書いてあった「物の整理」とはどういう意味なのか、ばさっと捨てたいのか、少し間引き捨てしたいのか、必要な物をさっと取り出せるように、種類ごとに分けてしまいたいのか?

それは収納の問題なのか?

・・・こんなふうに、一口に、「夫がたくさん物を持っている、整理したい」と言ってもいろいろな状況が考えられるわけです。

メールの最後に、「こういう物の整理はどうしたら、お互い気持ちよくいられますか?」とありました。

この質問も今ひとつわかりません。

お互いが納得できる、捨て方、整理方法、収納の仕方を知りたいのでしょうか?

それとも、お互いが歩みよる方法を知りたいのでしょうか?





お互いの妥協点を見つける

夫婦で話し合って、私が書いた質問の答えを、明らかにすることが第一歩だと思います。

自分はいったいどうしたいのか、そしてご主人はどうしたいのか、それぞれの言い分を明確にして妥協点を見つける必要があります。

それが、お互い気持ちよくいられるコツです。

以前、片付けられない家族と暮らす方法を記事にしました⇒きれい好きな人が片付けない家族と円満に暮らす4つの秘訣

この記事に書いたように、他人の行動を変えることはできません。無理に変えようとするのではなく、理解しようと努力することが必要です。

人は変えられない話⇒夫が断捨離を邪魔しても「他人はコントロールできない」ことを知っておく

理解するのは難しくても受け入れる

私の夫も、「どうしてこんな物持ってるの?」とあきれる物をたくさん持っています。

彼の場合、コレクションではありません(帽子などのコレクションもあるにはありますが)。(私の目から見ると)いらない物をためているのです。

実は、きょう、ふつうの洋封筒が必要になり、夫にテキストで尋ねて、封筒がある場所を教えてもらい探しました。この時、すでに使った封筒を10枚ほど発見しました。

新品ではありません。請求書などが入っていた窓あき封筒で、上部をペーパーナイフで開けたものです。こんな封筒、人様に出す手紙を入れるのに使うことはできません。

その後、夫と2,3回テキストをやりとりして、他に封筒がありそうな箱の場所も聞いたのですが、あまりに箱や物がありすぎて、探すのを断念しました。

私は封筒ごときでテキストを何度もやりとりしたり、探したりする、その時間がもったいなかったのです。結局、ドラッグストアに買いに行きました。

夫の部屋には、使い古しの封筒や使っていない紙ばさみ、その他私にはよくわからない物がありすぎて、新品の封筒をさっと取り出せない状況です。

彼は、「私なら、こんなもの、すぐに断捨離するのに」と思うものをいっぱい持っています。

さっぱり理解できない行動です。

理解できませんが、人は自分とは違うのだから、夫には夫なりのシステムがあるのだろう、と思っています。

そして、夫の物が夫の部屋におさまっているのなら(実はキッチンにも夫の箱がありますが)、それは仕方ないと思っています。

Kさんのご主人が「コレクションはすべて捨てたくない」と言うならそれはそれでしかたがありません。

ご主人をコレクション込みで受け入れるべきなのです。

もちろんそんな場合も2人で話しあって、生活の邪魔になる場所にコレクションが出ているなら移動してもらったり、自分が掃除するとき、掃除しやすいところに置いてもらったりしてください。

コレクションを減らす方法⇒せっかく集めたから捨てられない?コレクションを少しでも減らす10の方法

パンダのフィギア

パンダのフィギア

何のために片付けをするのか?

断捨離にしても、収納にしても、掃除にしても、究極の目的は、暮らしやすい生活空間を作って、よけいなことに時間を取られないようにすることだと思います。

時間を作って何をするかというと、自分が楽しいと思うことです。

友達や家族と過ごしたり、自分の好きなことをしたり。そう、もっと人生を豊かにしたり、楽しむことに使うのです。

部屋がくしゃくしゃだと片付けに時間がかかりすぎて、本来やりたいことをやる時間がなくなってしまいます。

片付けとは、もっと幸せな暮しをするためにやることなのです。ですから、断捨離や片付けが原因で、家族と言い争いをしたり、お互いに悪感情を持ってしまうのは本末転倒です。

自分の要望を押し付けるとケンカになってしまうので、自分が得たい最終的な状態、主婦なら家族の幸せだと思いますが、それを忘れるべきではないでしょう。

私も、娘の部屋で脱ぎ捨てられた衣服を拾ったり、夫に「ちょっと、いい加減、あの箱、どうにかしてよ」と言うとき、目の前の服や箱に目が行きがちです。

片付けやモノ減らしが目標になってしまうことがあります。

そうすると、家族のものがものすごく邪魔に見えます。

そんな時は、冷静になって、自分がミニマルライフで得たいものや、物を減らしてどうなりたいのか考えるようにしています。

それは絶対人と争う暮しではないのです。





素足冷え性の7つ理由とその対策。靴下より健康の底上げを前のページ

取扱説明書(マニュアル)と保証書の収納方法、ミニマリスト流次のページノート

ピックアップ記事

  1. いつか使うかもしれない、と思うものを本当に使う方法、あるいは見切りをつける方法。…
  2. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  3. 新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」3月14日発売のお知らせ(現在予約受け付け…
  4. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  5. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…

関連記事

  1. 小さな贈り物

    ミニマルな日常

    「贈り物」という名のガラクタを増やさない7つの方法。

    あげる側、もらう側、両方の立場から、ガラクタになるギフトを減らす方法を…

  2. 押入れの中

    ミニマルな日常

    しまい込むな。なんでもかんでも収納するクセを直す5つのステップ。

    部屋の中が散らかっている人だけが、不用品をたくさん持っているわけではあ…

  3. こたつ

    ミニマルな日常

    そこにあるのが当たり前になっていたテーブルを捨てて気づいたこと。

    片付けに励んでいる読者のお便りを2通紹介。内容:・見慣…

  4. パスポートを持つ女性

    ミニマルな日常

    私がした人生最大の断捨離~留学前に持ち物の大半を処分した。

    シンプルライフにするためにしたことを教えてくれた読者のお便りを3通紹介…

  5. 海岸線

    ミニマルな日常

    休日の過ごし方を決められなくて困るときはこうしよう。

    休日に何をすべきか悩みます、というメールをいただきました。時間…

  6. 心配している若い女性

    ミニマルな日常

    将来、必要になるかもしれない:物を手放すことに対する不安と恐怖(その8)

    不用品を捨てているときに感じる恐怖や不安を1つずつ取り上げ、その気持ち…

新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」

ムック:8割り捨てて二度と散らからない

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,828人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 服をチェックしている女性
  2. レジリエンスのある少女
  3. 納屋の中を片付ける
  4. 服の買い物
  5. 着物の査定
  6. 子供のものを整理する母親
  7. 引き出しを片付ける
  8. 写真の整理
  9. 飛び立つ鳥
  10. 引っ越しした直後の女性

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ピンクのハート
  2. マグのコレクション
  3. 粗大ゴミ
  4. PHPくらしラク~る♪2022年6月号
  5. クリスマス
  6. 古い家
  7. 歯医者
  8. 電卓を持つ手
  9. 何もかも捨てる
  10. 勉強している女性

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP