『奥さまは魔女』よ永遠に

ミニマリストの持ち物

「『奥さまは魔女』よ永遠に」は楽しすぎるから捨てられない~断捨離せずに持ってる本2冊め

何でも断捨離する筆子が、捨てずに持っている本を紹介するコーナー、というのを先日作りました。

2冊めは「『奥さまは魔女』よ永遠に」。

これは『奥さまは魔女』というアメリカのテレビ番組(シットコム)を解説した本。



海外のドラマが好きだった

いまはテレビを全然見ませんが、子供のころはよく見ていました。

テレビを見ない話⇒ミニマルライフを加速する~テレビを断捨離すると手に入るもの

私が子供のころは、高度経済成長期。

日本のテレビ業界がどんどん発展して行く時代で、アニメやドラマなど、新しい番組が、どんどんお茶の間に届けられていました。

海外ドラマの吹き替えがたくさん放映されていて、おもしろい番組がいっぱいでしたよ。

特に好きだったのは、『奥さまは魔女』、『0011ナポレオン・ソロ』、『ゆかいな音楽一家パートリッジ・ファミリー』、ちょっと時代がさがって『刑事コロンボ』。

ナポレオン・ソロの本は持っていませんが(発見できず)、あとの3つの番組の本は買いました。パートリッジ・ファミリーのは断捨離しちゃったけど、コロンボと「奥さまは魔女」はまだ持ってます。

『奥さまは魔女』とは?

『奥さまは魔女』はアメリカのテレビドラマ。米倉涼子が出たドラマや、ニコール・キッドマンが主演した映画のことではありません。

1964年から1972年までアメリカのABCで放映されていた大ヒットしました。原題はBewitched (ビウィッチド))、「魔法をかけられた」という意味。いわゆるシットコム(シチュエーションコメディ situation comedy)です。

シチュエーション・コメディとは、いつも同じ登場人物が、いろいろ予測のつかない状況に巻き込まれ、笑いが生まれる喜劇です。シットコムが出る前のコメディは、ただ顔にパイを投げつけたり、ドタバタして笑わせるものが多かったのですが、シットコムはドラマ性があるのが特徴。

毎回、おもしろい状況(シチュエーション)になるので、シットコムなのです。

☆ドラマ『奥さまは魔女『の状況設定

1.人間そっくりの魔女が、人間の男性と恋愛をして結婚

2.夫は、妻に魔法を使うことを禁じ、人間の妻としてふるまう約束をさせる。なぜなら、他の人に妻が魔女であることがばれては困るから。

3.妻は夫の言うとおり、よき「人間の妻」として生きることにしたが、いろいろ困った状況にあい、ついつい、毎回、魔法を使ってしまう。

4.魔女だということがばれそうになり、あたふたする2人

5.怒る夫

6.あやまる妻(この時点でさまざまな問題は魔法で解決している)

7.魔法を使っても、自分は妻を愛しているから、結局許す夫

という感じ。

時々、妻の変な親戚がやってきて、夫や、周囲の人に勝手に魔法をかけて妻は困り果てます。

最初の設定がいいので、毎回、本当に笑える、しかし、愛のあるほのぼのとしたお茶の間のドラマになっています。

日本では1966年から放映。最初の74話はモノクロ放送です。

タイトルバックでは、中村正のナレーションが流れていました。

「奥様の名前はサマンサ。そして旦那様の名前はダーリン。ごく普通の二人はごく普通に恋をして、ごく普通に結婚しました。でも唯一つ違っていたのは、奥様は魔女だったのです」。

だんなさまの名前は、吹き替えでは、ダーリンですが、オリジナルではダレン(Darrin)。

子供のころは、サマンサが、いとも簡単に魔法で物を出したり、両手で指をならすだけで、ボンッと瞬時に場所を移動するのが、うらやましかったものです。





「『奥さまは魔女』よ永遠に」という本の魅力

「Bewtiched Forever」には、全254エピソードの詳細な解説、制作にまつわる話、関係者へのインタビュー、主要キャストのバイオグラフィー、マニアックな裏話、キャラクターグッズなどなど、「奥さまは魔女」に関することは、なんでものっています。

どれも、丁寧に取材やリサーチしてあります。特に制作や、脚本に関する話が興味深いです。

写真がいっぱいなのも楽しいです。

『奥さまは魔女』よ永遠に

右は魔女服を来たサマンサとエンドラ(サマンサのママ)

脇を支えた役者さんの話も豊富です。

『奥さまは魔女』よ永遠に

著者のハービー・J.ピラトは、テレビ評論家ですが、『奥さまは魔女』の大ファンで、好きがこうじて、この本を著しました。

彼のこのドラマへの愛情がこめられているので、この本は、読んでいて楽しいのでしょう。写真もとてもいいものが使われています。

パートリッジ・ファミリーの本は、ただの資料という感じだったので捨てました。そういう情報は、今、ネットで調べることができますから。

英語板と日本語版を持っている理由

10年以上前のこと、Bewitchedの本があることを知り、アメリカのアマゾンで探したのですが、在庫切れで入手できませんでした。

そこで、日本の本屋で、翻訳本を買いました。翻訳版がよかったので、その後、オリジナルも買いました。あたりまえですが、翻訳版だと英語がのっていないからです。

「捨てずに持っている本」初回の本はこちらです⇒何でも捨てる私が暮しの手帖社の『すてきなあなたに』は断捨離せずに持っているわけ

おまけ:ダレンとサマンサの家

サマンサとダレンの家

これは2人の住んでいる家です。厳密に言うと、家の中はセットで、外側が、このカリフォルニアにあるワーナーのロケ用の家の外観を使っています。この家はほかにもいろいろなドラマに使われているそうです。

新婚のサマンサとダレンは、第2話でこの家を購入します。ダレンは広告代理店の腕利き宣伝マン。宣伝の企画を持参して、その会社の広告の契約を取るのが仕事で、オフィスでは、広告の絵コンテを描いたり、キャッチコピーを考えたりしています。サマンサは専業主婦。

新婚早々、こんな家が買えてしまうなんて、ダレンは高給取りなのでしょう。バックヤードも広いです。

西海岸でロケをしていますが、2人はニューヨーク市に住んでいる設定です。住所は1164 Morning Glory Circle、日本語吹き替えでは、「曙町1164番地」。

オリジナルと翻訳版を持っていると、こういうトリビアを仕入れることができます。

あとは、各エピソードのタイトルを見比べられるのもいいところ。

オリジナルのタイトルも、名言やよく知られているフレーズのもじり、語呂合わせが多いのですが、日本語版のタイトルも工夫がこらされています。

たとえば、131話の
How Green Was My Grass 直訳:私の芝はいかに緑だったか
というのは、「芝でお芝居」です。

ダジャレ好きな筆子にはたまりません。

1本25分ぐらいなので、今でも時々、気分転換に「奥さまは魔女」を見ていますが、何度見ても楽しさは変わらず。この本を読んで、ますます好きになった次第です。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. マスキングテープ

    ミニマリストの持ち物

    マスキングテープのミニマリスト的活用方法、これ1つあればアレンジは自由自在

    数年前からちまたで大流行しているマスキングテープ。筆子もmtブランドの…

  2. クーンリコン圧力鍋

    ミニマリストの持ち物

    愛用の圧力鍋で炊く玄米生活、炊飯器は断捨離しても大丈夫でした

    ミニマリスト筆子の所持品の紹介です。台所にあるものから、圧力鍋をご紹介…

  3. ヴァセリンのクリームとリップ

    ミニマリストの持ち物

    ヴァセリンリップをスキンケアに取り入れ、唇の荒れにそなえたのに、ほとんど出番がないわけは?

    肌断食実践中なので、化粧品はほとんど持っていませんが、ちょっと前にヴァ…

  4. 帽子

    ファッションをミニマルに

    実用性重視で選んだ4つの帽子~非おしゃれ系ミニマリストの持ち物公開

    50代節約主婦ミニマリストの持ち物公開シリーズ。きょうは帽子です。帽子…

  5. 森修焼「穂の香」マグ

    ミニマリストの持ち物

    私が森修焼(しんしゅうやき)のマグを使うわけ~安全にこだわった食器です

    ミニマリスト筆子が飲み物を飲むのに使っているのはたった1つのマグカップ…

  6. 水切りカゴ

    ミニマリストの持ち物

    水切りカゴは使わない、三角コーナーと洗い桶もなくても大丈夫

    持たない暮しを実践しているので、筆子は、水切りカゴ、三角コーナー、洗い…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

698人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 色鉛筆やペン
  2. 罪悪感
  3. 落ち葉のしおり
  4. フリマ
  5. ハンガー
  6. 海をいくコンテナ船
  7. 和室
  8. お金を数える人
  9. 迷う人
  10. 古い写真

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 新入社員
  2. 罪悪感を感じる人
  3. 夏の少女
  4. 手紙
  5. ティータイム
  6. 恐怖
  7. 捨てる女。
  8. おばあさん
  9. キッチン
  10. 花粉症

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP