赤いジョギングシューズ

ファッションをミニマルに

靴は4足持っています~非おしゃれ系ミニマリストの持ち物公開

ミニマリスト筆子のをご紹介します。

現在4足持っています。これ以上減らすのはちょっと難しいので、このラインナップで落ち着いています。



ミニマリスト50代主婦の靴

写真左上から時計回りに、アンクルブーツ、ふつうの靴、クロックス、スニーカーです。靴を選ぶポイントは、1.できるだけかかとが低く、2.はきごこちがよく、3.値段がリーズナブルなものです。

ミニマリストの靴

20代後半から30代のころ、ヨーロッパの高い靴を好んではいていた時期がありました。

この記事に当時のことを書いています⇒浪費が止まらない日々~ミニマリストへの道(5)

「靴はおしゃれのポイント」とか、「やはり高い靴は違う」と思っていましたが、そういうこだわりはとっくの昔に手放しました。

現在は、「値段がそこそこで、履き心地がよければそれでよし」と思っています。靴って消耗品ですからね。

もちろんオーダーで自分の足にあった高い靴を買い、底を修理しながらはく、という生き方もありますが、私は大量生産される靴で充分です。

1足ずつ詳しく説明しますね。私の足のサイズは22.5cmです。

アンクルブーツ

これは、冬のブーツなのですが、こちらでは、春、夏にはいていても全く問題ありません。むしろどちらかというと、春、夏むけのブーツに適しています。

以前似たようなブーツをはいていたら、こちらの人に、「すてきなサマーブーツね」と言われたぐらいですから。

積寒地対応の商品で、底のグリップは深いほうですが、はっきりいって、この靴では寒すぎます。

寒すぎますが、筆子はあまり外出しないので、これでがまん。寒い日に外出しなければいけないときは、靴下の3枚履きなどで対応しています。

2007年の12月19日に楽天のアシックス商事で、1450円で買いました。たぶんセールだと思います。もう7年はいていることになりますね。

底がだいぶすり減ってきて、すべりやすくなっており、今年の冬も何回かすべって転びました。

そろそろ買い替えどきかもしれません。

筆子は、長いブーツよりアンクルブーツのほうが好きです。もう少し長いブーツをはいていたこともありましたが、いろいろ不便なのでやめました。ロングブーツは玄関で邪魔だし、手入れも大変です。

このブーツを選んだのは、デザインが気に入ったから。サイドにあるファスナーをおろして、脱いだり、履いたりします。

アシックスの靴が自分の足にあっているので、ここで買うことが多いです。時々激安セールもやっていますし。

ふつうの靴

ごらんのとおり、他の3足がカジュアルなので、1足、会社にはいて行けそうなのを持っています。今は、ほとんど在宅ですが、事務所に行って働いていたこともありましたので。

底が黒いウレタンで、これもカジュアルな靴ではあります。サイドの前のほうにあるファスナーを下ろして、はきます。

これもアシックスで、2007年の5月に3120円で買いました。





クロックス(CROCS)

夏のサンダル用です。2007年の5月に買いました。ここまで、3足とも2007年ですね。筆子は靴がだめになるまで買い換えません。

クロックスは軽くて、はきやすくて、歩きやすいのでお気に入り。それに驚くほど長持ちしています。まあ、このサンダル、夏場しかはきませんが。

これはメリージェーン(Mary Jane)と呼ばれるモデルです。ケイマンより、先が細身でかわいいデザイン。メリージェーンと呼ばれる靴は、一般に、かかとが低く、ストラップのついた靴。たいてい、ストラップに留め金がついています。

昔の子供がピアノの発表会ではく、エナメルの靴に多かったデザインです。今はスエード、キャンバスなどさまざまな素材で作られていますね。

「メリー・ジェーンは小さな女の子がはく靴」、というイメージがあります。

これを買ったとき、当時8歳の娘に、「大人でこんなのはいてる人いないよ、恥ずかしくないの?」と言われました。

しかし、筆子は昔から、こういうストラップ付きのフラットシューズが好きで、ハイヒールには全く興味がない少女趣味の人間なのです。値段は35ドルぐらいでした。

子供用ならば、多少、値段が安いので最初、はいてみましたが、長さはちょうどよくても、幅がきつかったので、店頭にあった大人用の1番小さいサイズを選びました。

ところで、なぜこのタイプの靴をメリー・ジェーンと呼ぶかというと、昔のアメリカの漫画にバスター・ブラウン(Buster Brown)というのがあり、これに出てくる主人公の妹、メリー・ジェーンがこういう靴をはいていたからです。

メリー・ジェーン

バスター・ブラウンのメリー・ジェーン
バスター・ブラウンとメリー・ジェーンは金持ちの子供という設定。

バスター・ブラウンは1902年にニューヨークヘラルド紙に掲載が始まったマンガで、登場人物のバスター・ブラウンとメリー・ジェーンが1904年にブラウン・シュー・カンパニー(Brown Shoe Company)のマスコットになりました。

ブラウン・シュー・カンパニーは、去年、2014年に、上場100周年のお祝いをした、靴屋の老舗です。

スニーカー

普段、筆子はスニーカーを愛用しています。朝のスロージョギングもこれで。このスニーカーはミズノのもの。正式な名前は「ミズノ ウォーキング・ランニングシューズ EASY STAR(イージースター)」。2013年の秋に4200円で購入。

毎日履いて走っているから、1番最近買ったのに、1番消耗しています。

この靴も、横にファスナーがついていて、履くのが簡単そうだったので買いました。何せ、筆子、ものぐさですから。比較的軽く、クッション性もあります。

このタイプはすでに廃版のようで、現在EASY STAR2 という商品が出ています。

ジョギングにはいいシューズをはいたほうがいいのですが、筆子にはこのぐらいで充分です。

*******

以上が、現在筆子が使っている4足の靴です。たまたま4足のうち、3足は日本で買ったものですが、カナダでは、Payless Shoesというところで何度か買いました。

これまで、日本の通販で靴を買うことが多かったのですが、靴はやはり試履きをしたほうがいいし、母も高齢になり、荷物を送ってもらうのも悪いので、今持ってる靴がだめになったら、カナダで買う予定です。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. closet

    ファッションをミニマルに

    あなたがその服を着ないワケ。着ない理由がわかれば断捨離できる。

    なかなか服を捨てられない人のために、なぜその服を着ないのか、理由を考え…

  2. 自転車

    ファッションをミニマルに

    ミニマリストのファッションをめざして:服の捨て方まとめ記事その2

    洋服の捨て方を書いた記事がたまってきましたので、まとめ、その2を作りま…

  3. 白いTシャツ

    ファッションをミニマルに

    少ない服で暮らす7つのメリット。15着の服で1年暮らして気づきました。

    服の数を減らしたら、いろいろよいことが起きました。今回は、私が実感して…

  4. ブレスレット
  5. ネットショッピング

    ファッションをミニマルに

    安いけど、すぐにタンスの肥やしになる服を買わない6つのコツ

    安くてかわいい服を買うのがどうしてもやめられない、そんな悩みのある方に…

  6. 衣替え

    ファッションをミニマルに

    こんまり流、衣替えをしない収納とは?秋こそ服の断捨離のチャンスです

    片付けコンサルタントの近藤麻理恵さんが「人生がときめく片付けの魔法」で…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

697人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 色鉛筆やペン
  2. 罪悪感
  3. 落ち葉のしおり
  4. フリマ
  5. ハンガー
  6. 海をいくコンテナ船
  7. 和室
  8. お金を数える人
  9. 迷う人
  10. 古い写真

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 多すぎる服
  2. リビングルーム
  3. 観葉植物
  4. 悩む少女
  5. ぬり絵
  6. 家事をする主婦
  7. 着るものがない
  8. 文房具
  9. ぬいぐるみと遊ぶ女の子
  10. お片付け

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP