シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

布団圧縮袋って本当に必要なの?:ミニマリストへの道(84)


衣類や布団を圧縮袋に入れて自宅に保管する必要が本当にあるのでしょうか?

必要なものだけを持てば、圧縮など余計なことをしなくても、じゅうぶん暮らせます。むしろうっかり圧縮してしまうと、いらない物となかなか手を切ることができません。

私もうっかり圧縮袋に入れたシーツ類をそのまま引越し先に持ち込むところでした。

引越し荷物の中にあった圧縮袋

その日も私は、生活のミニマル化を目指し片付けに励んでいました。

すでに引越し用に荷造りした箱の中を見ていたとき、衣類圧縮袋が目にとまりました。大昔、フェリシモで買った袋です。

買ったのはたぶん1990年代の初め頃。

なぜこんなものを買ったのか?

たぶん、少しでも手持ちの服をすっきり収納したいと思ったのでしょう。

しばらく使わずに放置していたのですが、1996年の春、カナダに来る時、この袋に衣類を入れて海を渡りました。

そんなにたくさんの衣類を持ってきたわけではありません。ただ、スーツケースではなく、小さなボストンバッグで移動したので、服を圧縮したかったのだと思います。

ボストンバッグを持ってカナダに来た話⇒ボストンバッグ1つの生活のはずがなぜこんなふうに?~ミニマリストへの道(9)

カナダに来てからは圧縮袋の出番がなく、別に圧縮しなくてもいい雑貨やおもちゃをランダムに突っ込んでいました。

ただの袋として使っていたのです。

そのうち、シーツの替えを入れることを思いつきました。

シンプルライフを始めたらシーツの替えが不用になったのです。ふだん使っているシーツを洗っても、春夏の天気のいい日は外に干しておけば、1日で乾きます。冬場は衣類乾燥機を使うのでこれまたすぐに乾きます。

そこで、使わなくなってしまったシーツ類をこの圧縮袋に入れ、ずっとそのままになっていました。

物入れの中に圧縮袋があるのがふつうになっていた

圧縮袋に入れた予備のシーツは、いつも物入れの中にほかの毛布やらといっしょに重なっていました。

青と白のストライプの袋が棚にあるのにすっかり目が慣れて、違和感を感じていなかったのです。

毛布やシーツの重なったその一角は物入れの一番上。ここは何年も変化していませんでした。ずっと物が置きっぱなしだったのです。

収納は次に使うときのために、ちょっとのあいだだけ物をしまっておくことです。あくまで本当に使う機会がある物をしまいます。

ところが我が家のシーツ置き場は何年もそのままで、まるで廃墟のようでした。ちなみに、ここはすごく高い場所で、小柄な私には手が届きません。

天袋などあまりにアクセスのしにくい場所に物をしまうのも考えものです。なぜなら、繰り返しますが、次に使うために、物をしまっているのに、すぐに取り出せないからです。

高いところに物を入れるとあとが大変⇒収納場所の多すぎる台所の悲劇~実録・親の家を片付ける(12)

フェリシモの圧縮袋には、シーツが2枚、枕カバーが4枚入っていました。木枕を使用するようになったので、枕カバーも不用になっていました。

捨てたシーツ

木枕の話⇒木枕でウソのように肩こり解消~健康にいいし、小さいし、床に寝るミニマリストには理想の枕です

何年も使っていなかったのですから、このシーツ類は捨てました。寄付箱へ。

寄付箱

布団を圧縮する必要、本当にあるの?

圧縮袋も、物を入れるための物なので、安易に導入するべきではありません。

入れ物を増やさないほうがいい話⇒入れ物を手放せばモノはたまらない。今すぐ捨てたい6つの入れ物(プチ断捨離12)

そもそも一般人が、袋や衣類を圧縮してまで自宅に保管する必然性が本当にあるのでしょうか?


布団の圧縮袋が活躍するのは衣替えのシーズン。季節外の布団(冬用のふとんなど)を圧縮して収納する人が多いようです。このような人はきっと家族が多くて寝具の数も多いのでしょう。

ですが、以下の理由から、布団を圧縮してしまっている人は、べつに圧縮しなくても大丈夫な場合が多い、と言えます。

・家族は別に多くないが、お客さん用などで布団の数が増えている。

・本来布団をしまうべき押入れに、関係ないものがいっぱい入っていてしまう場所がない。

本当に頻繁にお客さんが来て泊まっていくのなら大量の布団が必要かもしれません。しかし、お客さんが来て布団に寝ていく家は、それなりにスペース(和室)が多いはずなので、押入れだってそれに付随して数があるはずです。

その押入れがいっぱいだとしたら、よけいな物を持ちすぎているのです。

お客さんがしばしばやってきて泊まっていくお宅は、まず押入れに入っているどうでもいいものを断捨離すればいいだけのこと。そうすれば、布団を圧縮して収納する必要はなくなります。

お客さんなどめったに来ないのに、なんとなくお客さん用のふとんをたくさん所持しているとしたら、布団は不用品なのでやはり処分すればいいのです。めったに来ないお客さんのために、布団を圧縮してしまっておくって変じゃないですか?

布団の圧縮はちょっとコツがいります。インターネットには、「多くの人が圧縮袋の使い方を間違えている」とか「正しい圧縮袋の使い方」といった情報がたくさんのっています。つまり、扱いがちょっと難しいようなのです。

布団はかさばりますから、それをうまいぐあいに袋に入れて、掃除機のノズルを突っ込んで空気を吸入するのもけっこう面倒な作業です。衣類の圧縮袋は別に掃除機を使わなくても自重で圧縮できますが。

そうやって圧縮して敷布団や掛け布団をぺたんこにしても、重さは変わりません。重いのをえっちらおっちらと天袋に入れるのも一苦労です。

いらない布団を断捨離してしまえば、どこの圧縮袋が使いやすいのだろう、100均それともニトリ?、などと考えたり、上手な布団の圧縮方法を調べたり、実際に圧縮という作業をしたり、圧縮した布団をどこかにしまう必要はすべてなくなるのです。

圧縮してまで旅行に持っていきたい衣類ってどんなの?

衣類を圧縮して、自宅に保管している人も少なからずいます。また、旅行する時、衣類を圧縮する人が多いです。

実際私も服を圧縮してボストンバッグに詰め込みました。私の場合、何年も使っていなかったフェリシモの圧縮袋を使いたかったから、圧縮したのです。いつも同じ服しか着ていなかったので、ほとんどの服が無駄になりました。

衣類についても、ふつうの状態で収納できる分を持つだけで、充分人間らしい生活ができます。

多くの人が、服を持ちすぎなのです。

家の中の物が減ってくると、旅行するときの荷物も減ってくるものです。「万が一のためにこれも持っていこう」「これがないと困るかもしれない」という根拠のない恐怖心を捨て去ることができるからです。

バックパック1つで、温暖な場所からいきなり寒冷地に行くため、どうしてもダウンジャケットを圧縮したい、といった理由があるなら使ってもいいと思います。

ですが、ただなんとなく旅行先で着替えがいっぱいいるから圧縮する、というのはやめたほうがいいです。

そもそも旅行とは非日常を楽しむもの。何でも揃っている自宅での暮らしを、そっくりそのまま旅先で再現したいとあれもこれもスーツケースに詰め込むなら、旅行する意味がありません。

☆ミニマリストへの道シリーズを最初から読む方はこちらへ⇒何度も失敗したけど、今も前を見て進んでいます~「ミニマリストへの道」のまとめ(1)

☆この続きはこちら⇒かわいい雑貨への執着を手放す簡単な方法:ミニマリストへの道(85)

======

現代人は物に頼りすぎています。

確かに、物は私たちの生活を便利にしてくれますが、なければないでなんとかなります。「これがあるとこんな時に便利そう」と、どんどん便利グッズを導入すると、どうでもいい物が増えすぎてかえって暮らしにくくなります。

おまけに昔の人ならふつうに持っていた生活技術を失ってしまいます。何か問題が起きたとき、すぐに物を買って解決しようとすると、自分の頭や身体を使って創意工夫するチャンスをのがしてしまうのです。

もっと自分の力を信じれば、すぐにゴミになるような物に無駄なお金を使うこともないし、部屋の中に物があふれて、掃除や整理に苦慮することもなくなります。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・9版発売中

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索