本を顔に当てている女性

ミニマルな日常

お金をかけずにすぐにできる5つの自己投資。

「自己投資だから」という言い訳をしてする買い物が、しばしば浪費につながります。

留学したり、高いセミナーやコースに申し込んだり、高い道具(車やコルフクラブでしょうか)を買ったり。

こんなワナにはまらないために、あまりお金がかからない自己投資法を、5つ紹介しますね。



そもそも自己投資って何?

「自己投資、自己投資」と言いながら、無駄遣いすることが多い人は、一度、「私にとって自己投資とは何なのか?」をしっかり考えておくといいでしょう。

一般に、自己投資は、将来、大きな利益を得るために、いま、時間やお金というリソースを注ぎ込んで、自分を成長させることです。

利益はお金だけとは限りませんし、裕福でも不幸な人は大勢います。

将来、何がほしくて、今、手持ちのリソースを投資するのか、納得して自己投資すると、失敗が少ないでしょう。

この記事で紹介する自己投資は、以下の3つを得ることを考えています。

1)今の生活を充実させる

2)将来的な幸せ(今日の生活が充実すると、当然、明日の生活も充実します)

3)健康で楽しく暮らせる老後





1.悪い習慣を手放す

明らかに、未来の自分のためにならない習慣を手放してください。

新しい物やスキルを手に入れなくても、悪い習慣を手放すだけで、将来の生活が大きく変わります。

きのう、日々の習慣が、将来自分がやることを変えるというTEDトークを紹介しました⇒習慣を科学的に説明してみると(TED)

きょう、何に時間をかけるかは、将来の生活にものすごく大きな影響を与えるのです。

たとえば、毎日、YouTubeやソーシャルメディア、ゲーム、ネットで人のゴシップを読むこと、人の悪口を書くことなどに、けっこうな時間をかけているとします。

それを何年も何年も続けたとしたら、どうなると思いますか?

1日に1時間だったとしても、1年、3年、5年というスパンでみたら、相当エネルギーや時間を注ぐことになります。

その時間、もっと有益なことや、本当に自分がしたいことに使えるんじゃないでしょうか?

悪習慣をやめるには?⇒悪い習慣を断ち切る簡単な方法(TED)マインドフルネストレーニングのすすめ。

2.やっておきたいことを書き出す

生きている間に、この地球上で、やりたいことを書き出してみます。

ゴールや目標があいまいなまま、世間のいう「自己投資になりそうなもの」にお金を出しても、その時、多少、満足感があるだけで、長期的には自分が思った方向に行きません。

世間でおすすめされていることが、自分のやりたいことだとは限りませんからね。

「ああ、こんなことやってみたいなあ」と思うことをざっと書いてみると、自分の求めているものの輪郭が見えてくるから、価値観にそって、お金を使えるんじゃないでしょうか。

行きたいところ、食べたいものはすぐに思いつきますね。

私の行きたいところは実家です。

実は、実家に帰らねばならない用事があるのですが、新型コロナウィルスの問題が、ある程度落ち着くまでは(PCRテストに高いお金を出さなくてすむようになるまでは)、行かずにおこうと思っています。

会いたい人、読みたい本、見たい映画、作りたいもの、チャレンジしてみたいこと。

幼いときやってみたいと思っていたことを思い出してみると、いろいろ出てくるかもしれませんね。

生きているあいだに体験したいことを、ブレインダンプしてください。

頭の中のガラクタを断捨離するブレインダンプのやり方

体験したいことを書き出すのは、自分の将来のために時間を使うことだから、これだけで十分、自己投資になります。

3.新しいスキルを身につける

何か新しいスキルを身につけるのは、典型的な自己投資です。

どんなスキルでもいいですよ。

メディアでは、「20代のうちに英語やプログラミングをマスターすると、将来、年収がこれだけ変わる!」なんてよく出てきますが、あくまで自分が興味があって、自発的に身につけたいと思うスキルを選んでください。

インターネットがあるから、たいしてお金をかけなくても、手軽に学ぶことができます。

先日、塗り絵グッズを買いに、娘と画材屋さんに行きました。

いろいろな画材を試し書きしている娘に、「これはこうやって使うんだよ」とか、「これは、こんな道具なんだよ」「これはめちゃくちゃ高いんだよ」、「これとこれは、こんなふうに違うんだよ」などと、何気なく話していたら、

「ママ、そんなこと、いったいどこで覚えたの?」と娘に聞かれました。

べつに私は、とくに勉強はしていません。

塗り絵やアートに関する動画をYouTubeで見て、自分でもまねできそうなことを、実際に試しているうちに、勝手に知識やスキルがついたのです。

すばらしいアートを作り上げるというスキルは身についていませんが、色鉛筆には相当詳しくなりました。

YouTubeで、ギターの弾き方を学んだ人が、自分が歌っている動画をYouTubeに投稿してスターになる時代です。

やる気さえあれば、高いお金を出して習い事教室に行かなくても、さまざまなスキルが身につきます。

やる気さえあれば。

4.人に教える

誰かに何かを教えることも、自己投資になります。

「何かを学びたかったら、人に教えろ」とよく言いますよね?

教えることは、とても勉強になります。

自分がちゃんとわかっていなかったら説明できないし、教える質や分量が野球のボール1個分だとすると、サッカーボール1個分ぐらいは余分に知っていないと(できないと)、わかりやすく教えることはできません。

教え続けるためには、日々、新しい知識やスキルを身につけなければならないので、必然的に、勉強したり練習したりすることになります。

つまり、毎日成長し続けます。

人に教えることは、教えてもらったほうは、うれしいし、自分は成長できるし、Win-Win(ウインウイン)の自己投資法です。

教える内容はなんでもかまいません。

料理でも、掃除の仕方でも、クラフトでも、スマホの使い方でも得意なことを教えてください。

有料で教えれば、老後資金もできます。

5.健康的な生活を送る

先々、健康でいるために、今、時間やお金を投資することは、ひじょうに意味のある自己投資です。

若いうちはピンと来ないかもしれませんが、病気になると、よけいな出費が増えます。

私がしょっちゅう歯医者に行っていることは、古くからの読者はよくご存知でしょう。

歯に関する記事のまとめ:歯肉炎、根管治療、そしてインプラント体験。

今も3ヶ月に1回、インプラントの施術を受けたクリニークに、クリーニングに通っています。

このクリーニング、保険がないと、1回、385ドル~419ドルぐらいです(ポリッシュをすると高い)。年に1度、歯茎のエバリュエーションがあり、歯周ポケットの深さを一つひとつはかって、先生が、歯茎の状態をチェックしますが、このときは、285ドルプラスされます。

(実際のレートは違いますが、私の体感的には、1ドル100円です)。

先日、美容にたくさんお金をかけている読者のお便りを紹介しましたが⇒美容やサプリにお金をかけすぎるのをやめる方法。

私は、歯の治療やケアにものすごくお金、時間、心のエネルギーを使っています。

子供の頃、虫歯を作らなければ、私の人生は今とはまったく違ったものになっていたでしょう。

もちろん、虫歯になるかならないかは、100%、自分でコントロールできるわけではありません。

唾液の質や生まれつきの歯並び、炎症に対する免疫の働き方といった先天的要因があるし、生まれた時代や場所の影響もあるでしょう。

ですが、もし子供のころに戻れるなら、私は、ほかのことはすべてうっちゃって、ひたすら歯のケアをがんばると思います。

健康でいることは、100%、コントロールできないkれど、自分でなんとかできることもたくさんあります。

定期的に運動する、ジャンクフードを食べすぎず、野菜をいっぱい食べるなど。

今、気をつけると、特に投資になるのは、メンタルヘルスです。

うつ病だって、早めに診察を受けて、医者にアドバイスをもらい、運動したり、ストレスをかかえこまない暮らしの工夫をしたりすることで、悪化を防ぐことができます。

ポジティブ思考は学習できる。前向きになる4つのポイント教えます。

****

お金をかけなくてもすぐにできる自己投資を5つ紹介しました。

部屋の片付けも自己投資です。

日々、自分が長時間すごす部屋は、心と体に大きな影響がありますから。

よく書いていますが、カオスになっている場所を片付けると、金目(かねめ)のものが出てくることがあるし、自分が何を持っているか把握できるから、今後、無駄買いがなくなります。

長期的に見たら、ものすごい投資効果があるのではないでしょうか?

それでは、感想などありましたら、またお寄せください。お待ちしています。





スマホを見ている人習慣を科学的に説明してみると(TED)前のページ

今日、不用品を捨てる7つの理由。過去にしがみつかず、前に進め。次のページ旅立つ若い女性

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 豚の貯金箱

    ミニマルな日常

    身の丈に合った暮らしをする3つの方法。

    身の丈に合った暮らしとは、無理をせず、分相応に暮らすこと。それ…

  2. クリスマスツリー

    ミニマルな日常

    なぜクリスマスにプレゼントを贈る習慣があるのか?

    クリスマスプレゼントの起源についてお話しします。クリスマスはキリストの…

  3. 窓辺

    ミニマルな日常

    ミニマリストの生き方ってどんな感じ? どんなメリットがあるの、と疑問に思う人へ。

    「そもそもミニマリズムって何なの?」「ミニマリストってどんな人たちなの…

  4. ラバーダック

    ミニマルな日常

    石けんシャンプーのコツを習得:私が湯シャンへ至るまで(6)

    筆子が湯シャンをするに至った道のりを書いています。前回は石けんでシ…

  5. 海辺のゴミ

    ミニマルな日常

    ゴミを減らす生活をしたいのに、うまくいかずうつうつとします←質問の回答。

    ゴミを減らしたいけどうまくできなくて気分がめいるという相談メールをいた…

  6. ドライフラワー

    ミニマルな日常

    見て見ぬふりをしていた扉。思い切って開けて中を片付けたら、気持ちが本当にスッキリした。

    余計な物を持たず、身軽に暮らすことをめざしている読者のお便りを2通紹介…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,359人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. ハーブティを淹れている女性
  2. タブレットを見ている女性
  3. 片付けている女の子
  4. 迷っている女性
  5. 買い物している女性
  6. おばあさんと花
  7. 流し
  8. 話し合いをしている女性
  9. 買い物する女性
  10. 光の差し込む部屋

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 『すてきなあなたに』
  2. 何か描いている人
  3. クローゼット
  4. たくさんあるマグカップ
  5. シンプルな画像
  6. 貯金箱
  7. 砂糖
  8. 考える女。
  9. ランドリーバスケット
  10. ケンカ

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP