お皿

ミニマム思考

なぜ日本人はこんなに食器を持っているの?~食器が増える理由と増やさない方法

食器がやたらと増える理由と、食器を増やさない秘訣をお伝えします。

ふつうに暮らしていると、どんどん食器が増えます。その理由を考え、増やさない対策をしましょう。



日本人が食器をたくさん持っている5つの理由

日本の家庭に食器が多いのは、こんな理由のせいです。

1.食文化が豊かだから
2.四季があるから
3.結婚式の引き出物でもらうから
4.食パンの景品に食器があるから
5.100円均一ショップがあるから

1つずつ説明します。

1.食文化が豊かだから

日本人は和食、洋食、中華、エスニック、B級グルメといろんな種類の食事を楽しむので食器が増えてしまいます。和食器、洋食器、はし、ナイフ、フォーク、このあたりはどのご家庭でもあるでしょうね。

2.四季があるから

同じ和食でも季節にあわせたテーブルコーディネートをして楽しもうとしますね。
夏はガラスの容器を使い、冬は土鍋を使ったり。

3.結婚式の引き出物でもらうから

引き出物で食器をもらうことが多いですね。1つ1つはブランドものの「よい物」なのでしょうが、それぞれの家庭にすでにある食器と合うかというと、なかなか合いません。

1つ1つがいいものなので、捨てるのがもったいないと思ってしまいます。

4.食パンの景品に食器があるから

シールを集めて皿と交換するのを楽しみにしている人がいます。
カナダにはこんなのありません。

そうやってもらった食器と自分の家にある食器がうまくコーディネートできるかというと、そうも行きません。

5.100円均一ショップがあるから

日本の100円均一ショップの品揃えはとても豊富です。100均で買ったグッズや食器を見せているブログを拝見していると、よさそうなものがいっぱい。

カナダにも似たようなのでダラーストア(Dollar Store)というのがあるのですが、見た目も質も典型的な「安かろう悪かろう」の食器が多いので、うっかり買ってしまうことはありません。

100均のみならず、アウトレットや通販で激安食器を買えてしまうのも増やす要因の1つです。

では、食器が増える原因がわかったところで、増やさない対策を考えてみましょう。

食器を増やさない5つの秘訣

1.用途の拾い食器を選ぶ
2.季節感は食器以外のもので出す
3.引き出物は辞退するか、もらったらすぐによそにまわす
4.景品をもらうクセをたつ
5.100円均一ショップに行かない

こちらも1つ1つ説明します。

1.用途の拾い食器を選ぶ

以前、筆子の使っている食器をお見せしたとき、「シンプルライフをめざす基本の家事」という本をご紹介しました。

こちらの記事⇒ミニマリストの食器の数は?~50代節約系かつ粗食系の主婦の場合

この本によると、結婚して夫と妻の2人が新生活を始めるときにそろえるべき、食器の適正な数として、85個とありました。

これは筆子的にはすごく多い数です。

たぶんこの本を編集した人が食器好きなんだと思います。本には「食器は長い文化と歴史をもつ工芸品」と書いてありました。

私としては、食器は工芸品というよりただの道具です。

よって85個は多いと思いますが、ミニマリストではないふつうの人の目安はこのぐらいでしょうね。

この85個を選ぶとき、和洋中、何にでもあう白やオフホワイトの食器をそろえるといいとありました。色も形もベーシックにするのです。シンプル・イズ・ザ・ベストです。

我が家にあるのもほとんど白かベージュです。そういう色のほうが料理が映えます。また、取り出しやすく、しまいやすい形にしておいたほうが無難です。

2.季節感は食器以外のもので出す

冷や麦を食べるときガラスの容器に入れて食べると少しは涼しくなるでしょうか?白い容器でいいと思います。

海外住みの私に言わせれば、冷や麦とかおでんといった食事内容そのもので、充分季節感が出ています。それから旬のものをテーブルに並べるといいですね。

箸置きで季節感を出すという方法もありますが、箸置きもたまりがちなので、うかつに手を出さない方がいいです。

そもそも、テーブルにそこまで季節感を出す必要があるのでしょうか?というのも、日本の夏は暑いし冬は寒い。春も秋もしっかりわかります。

冬と夏とその他しかないようなところに住んでいる身としては、日本人は季節感にこだわりすぎているかも、という気がします。

季節感を出すのと、食器棚がいらない食器でパンパンで、出し入れするたびにストレスを感じるのとどちらがいいですか?



3.引き出物は辞退するか、もらったらすぐによそにまわす

人が自分の都合で選んだ引き出物が、あなたの家の食器のラインナップに合うほうが奇跡的です。引き出物は辞退しましょう。

うっかりもらってしまったら、この方法で処分するといいです。
人からもらった贈り物を捨てる3つのコツ、罪悪感を感じる必要なし

4.景品をもらうクセをたつ

日本の典型的な販売促進戦略に、「おまけをつける」、という方法があります。おまけは、おまけであるというそれだけでよく見えるということを知っておきましょう。

おまけをほしいと思ってしまうのは、ちまたで買えないから。しかし、そのおまけの中身そのものを冷静に考えてみると、ちまたで売っていても買わないものが多いのもおまけの真実です。

子供の頃、金のエンゼルマークが出るとおもちゃの缶詰がもらえるから、お店でキョロちゃんを見たり、遠足のお菓子を用意するたびに、筆子は母に「森永チョコボール」を買ってくれ、とせがんでいました。

金のエンゼルどころか銀も出ませんでした。買う量が少なすぎたんでしょうね。今思うと出なくてよかったです。もし金が出たら、断捨離するものが増えていただけです。

おもちゃのカンヅメの中身を知らなかったのに、すばらしいお宝がもらえるんだと錯覚していた筆子。

今、おもちゃのカンヅメの中身をネットで公開している方がいますが、見てみるとすばらしくも何ともありません。

ほんとに単なるおまけ。キョロちゃんがついてるところが他のおもちゃ(と言えるのか?)と違うけど、全然たいしたことありません(森永製菓さん、すみません)。

私たちは、「おまけ」「景品」は何かすごいいいものなんだと思い込んでいるのです。

山崎春のパン祭りで、毎年春になるときれいな女優さんが白い皿やらを持ってほほえんでいるポスターがスーパーやコンビニに貼られます。

もちろんこの女優さんたちは、こんな皿、家では使っていません。仕事だから、とっておきの笑顔を作って皿を持っているんです。

女優ですから、演技はうまいです。

その白い皿、本当に必要ですか?似たような白い皿なら、100均に売っています。ということで5番行きます。

5.100円均一ショップに行かない

食器のみならず、とかく無駄なものを買ってしまうのが100円均一ショップです。100均にしょっちゅう行く習慣のある人は、改めたほうがいいと思います。

100円ショップはいろいろなものが安いと思うかもしれませんが、実はそんなことはありません。スーパーやホームセンターのほうが安いこともあります。

確かにデパートで買うと高いものが、100均だと安いというケースは多いのですが、100均のワナは、目当てのもの1つの買物ですませられない、というところです。

100均に行って、100円のもの1つだけ買って帰るという人は少ないのではないでしょうか?

100円という切りのいい値段と「100均はお得」という思い込みから、不要なものまで買ってしまいます。

どうしても必要なものがあるときだけ100均に行くべきでしょう。

参考⇒5つの思考で「買わない」を習慣化~お金をためる生活にシフトする

*******

洋服の多さに悩んでいる人も多いですが、食器の断捨離が進まなくて困っている人も多いことでしょう。たくさん持っているのに、意外と自分の気に入ったものを使ってなかったりします。

1つ1つのアイテムが軽い洋服と違って、食器は割れ物が多く、集まると重いので、断捨離するのも一苦労。

ですが、たとえ少しずつでも、使わない食器は捨てたほうがいいです。食器棚にぎゅうぎゅうに入れておくと使い勝手が悪くて本当にストレスです。

もしいつも使う食器を、さっと1つの動作で取り出せない場合は、少し間引きしたほうがいいでしょう。

食器も量より質。自分の本当に気に入った食器を少しだけ持つほうがずっと暮しやすいです。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…
  2. プレゼント企画:あなたの一押し記事を教えてください。

関連記事

  1. お金が足りない

    ミニマム思考

    こんな考え方が貧乏を引き寄せる。お金がたまらない恐怖のマインドとは?

    人を確実に貧乏にする思考を紹介します。それは、「あれが足りない…

  2. ショッピング

    ミニマム思考

    ブラックフライデーとは?大勢のアメリカ人が命がけで買い物をする日の由来

    ブラックフライデーをご存知でしょうか?英語で書くと Black Fri…

  3. クリスマス

    ミニマム思考

    買わない人の贈り物。ミニマリストのクリスマスプレゼント選び

    クリスマスまでそろそろ1ヶ月となりました。きょうは物を増やしたくない人…

  4. チューリップ

    ミニマム思考

    人生がつまらない人に。4つのものを捨てて生活を一変させてみる。

    人生がつまらない、何もかも面倒くさい。そんな気持ちで2016年を終わろ…

  5. ベンチで読書

    ミニマム思考

    使わない物をためこむのをやめ、好きなことを楽しむ方法

    使わない物をためこみ過ぎて苦しむ生活から、自分の好きなことを楽しむ生活…

  6. 買い物好き

    ミニマム思考

    元浪費家のミニマリストが教える衝動買いの心理とそれを防ぐ5つの方法

    断捨離をしてシンプルライフを目指しているけど、なかなか家が片付かないと…

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

407人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事です♪

  1. あなたが買い物する理由、この中にありますか? 浪費で消耗する…
  2. 子供が成長すると物が増えるのは本当? など読者の質問3つに回…
  3. どんなふうに服を断捨離していったか?:ミニマリストへの道(1…
  4. 大々的に変えようとしないこと。小さな習慣から始めよう(TED…
  5. 私がせっかく断捨離した物を母親が使っているのでモヤモヤします…
  6. テレビを捨てて、断捨離が終わりました(読者の捨て体験紹介)。…
  7. 思い出の品を捨てるのが苦手な人は、こんなふうに考えてみては?…
  8. シンプルに暮らすために余白を取ることを意識したい7つのもの。…
  9. 楽しいはずのことが楽しいと思えない。毎日が楽しくない。こんな…
  10. あれもこれも必要だから買う!この気持を手放して、無駄遣いをや…

今日のおすすめ記事

  1. 古い家
  2. 肩こり
  3. 忙しいママ
  4. ポンポンたわし
  5. 絹ごし胡麻
  6. シンク
  7. 散らかった部屋
  8. レモン
  9. スケジュールをチェックする女。
  10. 家事をする主婦

過去記事、たくさんあります♪

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪

捨てられない人は要チェック

1週間で8割捨てる技術

⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

筆子のおすすめ記事

  1. お金
  2. いちご
  3. タフマグ
  4. 捨てられない女
  5. 体重が増えた
  6. 買い物
  7. ガラクタを片付ける
  8. 心配するおばさん
  9. ボーダーのトップス
  10. セールのメール
  1. テーブルを拭く

    断捨離テクニック

    家族に片付けを促す一番いい方法は、自分ができることにフォーカスすること。
  2. 家計簿をつける主婦

    お金を貯める

    もっとも簡単で効果的な節約術は不用品を捨てること。特に主婦におすすめです
  3. 段ボール箱

    ミニマリストへの道

    モノを減らす一番の方法は収納しないことだと気づく:ミニマリストへの道(55)
  4. 主婦

    フライレディ

    汚家脱出計画。31日でものにする小さな片付け習慣(2)
  5. beauty salon

    ミニマルな日常

    湯シャンの私が美容院に行ってふつうのシャンプーをしてもらった体験談
PAGE TOP