散らかった部屋

ミニマルな日常

物が多いから捨てたいけど、できなくてストレスがたまる一方です←質問の回答。

物がいっぱいあるけど、捨てられないし、ほかにもいろいろ問題があって、ストレスマックスです、まず何からしたらいいですか?

この質問に回答します。

まずメールをシェアしますね。やや長いので、今回の記事は少々長くなりますこと、ご了承願います。小見出しは私がいれました。

差出人はるかさんです。



捨てたいんだけどできなくてイライラ

件名:ご相談です。

筆子さま

何年か前にもご相談させていただきましたことがあります。

私の近況

本当にコロナ禍で、何もかもが不自由、不条理、筆舌に尽くし難い状態が続いている東京です。

夫の在宅ワークのリモート会議が続き、家では犬猫たちと息をひそめて暮らす毎日にも疲れ、これだけ予防と外出を避けていても何ら変わらず、やはり「子供に思い出を」だとか理由を作って旅行に行って感染を広げる多くの母親たちや、様々な理由をつけて結果的に広がり続ける現状にも疲れています。

父の突然の吐血、救急搬送や私自身の脳腫瘍を始めとした多くの病気の通院もままならず、出かけたら人間も犬たちも全て消毒という生活や、反面オリンピックパラリンピックの開催(終わりましたが)にも憤りしかありません。

近所の両親の元にも行けず、友達ともゆっくり話せず、やはりおしゃべりは顔を見て話したく、アナログ人間はどこまでも苦痛ばかりが増えるデジタル化の進み方にも追いつけず、また追いつこうとも思えません。





家をきれいにしたいが思うようならない

さて、ご相談なのですが、とても広かった2LDKから3回の引越しを経て、現在は1DKに夫と私、犬2頭猫2匹というかなりカオスにたどりつきましたが、夫の収入が11万円も減り、日本の多くの方々と同じように苦境が増える一方になりました。

そんな中でも「家をきれいにしたい!もっとモノを減らしたい!」と日々切実に思い続ける毎日ですが、思うようにはなりません。

私の衣類は引越しにより必然的に恐らく1/3以上減ってきています。

また、太ったこともあり「この服…大切に保管すればやせたら」なんて悩みつつも「いつ脳腫瘍で死ぬかもなのに」と思うとわりと洋服に関しては処分できています。

ただ、まだやはり思い入れのある、夏冬で使い分ける服やバッグなどや、靴、まだまだ引き出しはパンパン。服の制服化に憧れながらも現実はデブった事によりサイズアップの服が増えたり。

メルカリへの出品も進まない

それから、わりと良きモノたちをメルカリに、とひとつの袋や空いている収納ボックスにためてありましたが、メンタルが落ちているせいもあり、写真をきれいに撮ったり、送付したりの手続きのアクションがまるでできません。

ミニマリストの「もうぼくたちにモノは必要ない」だったかの「オススメは代行オークション」を、家電からブランドから何から何まで委託をチャレンジして大失敗してからは、売り上げの金額のショックの方が大きくて、2度とやりたくなく、さすればやはり「捨てる」の一択しかないのではないかとも思います。

ただ、近所に住む少し年上の友人は、コロナ禍になる前まで毎年バザーをしていたこともあり「るかちゃんが処分するモノはいいものが多いから絶対に捨てないでちょうだいね」と。

物が増えた

以前は助かっていましたがバザーは今後最早ないと分かっていますが、まさかの新品のお財布や化粧品(マスク生活で全く使いません)、また増えた本たち、もう書き切れないほどの雑多な小物や犬猫たちのモノで、

一度踏み場のない超カオス写真を撮り、必死に片付け、地面に置くクセのある夫にも地べた置き厳禁を徹底したものの、やはり夫も過度のストレスでメンタルは疲弊している中、チクチクと地べた置きやそこらじゅうに引っかける事を指摘しづらく我慢しています。

様々な理由で増えた「エコバッグ」は現在の結論で言うと、不衛生きわまりなく毎回洗濯することもしないのにエコ精神満タンの夫はマイバッグを忘れる度にカルディなどで購入しマイバッグだらけの異常事態です。

ただでさえ犬猫たちで、ラグからベッド周り、何もかもが大物の洗濯で乾かないのに、夫の服への異常な執着からTシャツも増えるばかり。「他人のモノには手をつけてはならない」は守っていますが、エンドレス洗濯も物凄くストレスです。

自分を大事にできていない

こうなってくると「ふたつ以上あるものや迷いのあるモノは全て捨ててしまいたい!」病に発狂しつつある私の精神もかなりまずいです。

カウンセラーの妹からは「そうなるシーズン(があるらしく把握してくれています)」

本当に捨てまくりたいならそうして気分良くなればいいけれど、まずは自分を大切にできてないでしょう。まずはご自愛ご自愛。

とメールがきます。

たしかに自愛できていません。

いつも「夫、いぬねこ優先」生活です。

嫌でやっているのではなく、元来の奉仕精神が直りません。

公務で限界突破したのも、この限界を超える奉仕からでした。

街ではやたらと倒れる人や何かしら救急対応が必要な人と出逢う頻度が異常で、結果的に救命救急資格の上級まで取ってしまい、自分を助けられないのに人ばかり助けています。

息抜きもできない

せめて、瞑想や呼吸、マインドフルネスなど取り入れようとアプリから始めましたが、コロナ禍による犬猫のストレスも半端なく、いつも誰かしら具合が悪くなり異常気象も相まって通院や手当、ゴハンの管理その他でとても息抜きはできません。

夫がほぼ在宅なので「狂ったようにゴミの日の前に心を無にして捨てまくる」もやりづらく(捨てようとすると必ず文句が入ります)、このネガティヴスパイラルにいよいよ緊張性頭痛と片頭痛ダブルパンチで何度か救急搬送される始末。

持病だけでもウンザリする大量の薬に加えて更に増える不調の連続に。

長々と何をお伝えしたいのか的を得ていないかと思います。

夫の服のように私には本への執着があり、まだ読んでいない本、読み終わっても処分したくない本の多さ。

文具ほどの小物たちについてもどんどん捨てて「住所」を決めたはずなのに、また増えて、やれマステ、テープ、付箋、あちこち探す始末。狭い家なのになぜこんなに探しているのかイライラMAX。

捨てたい。風通し良く、洗濯の回数も減らしたい。

以前ご相談した犬猫たちのモノのストックはなくなりました。無論、ストックできる場所がないからで、都度都度ペットシートから猫砂からなくなる寸前に買いに行きます。

「もうぼくたちにモノは」の筆者は「お店がストック場所」とも仰っておいででしたが、それはいくらなんでも極端過ぎて、これほど外出を規制されると、そんな悠長なことは言っていられないのが現在も続く東京であります。

八つ当たりの当てどころもストレス発散の場所もなく、心の疲労困憊の限界の近さ、と割れるほどの頭痛が起こると「このまま死ねればいいのに」なんて思ってしまう自分もいます。

そんな中、やはり天寿までは生きなければ我が子達を路頭に迷わせられない、と前向きになると家をきれいにしたくてたまらなくなり、このスパイラルから抜け出すには、いえ、まずは一体なにから着手し始めたらよいですか。

どうぞ、厳しくてもかまいませんのでご助言賜わりたく宜しくお願い申し上げます。

乱筆乱文、恐れ入ります。

るかさん、こんにちは。お便りありがとうございます。

るかさんって、こちらで回答している台風のフー子さんですか?

ペットがいるから家が片付かない問題の解決法。

ブログをご愛読いただき、重ねてお礼申し上げます。

このお便りの返信でも書きましたが、質問があるときは、できれば、その質問を、わかりやすく端的に書いてください。

愚痴や不満を書いていただいてもかまいませんが、「愚痴・不満パート」として質問と明確に分けてくれると助かります。

ふだんから、今回のメールのような文章をモーニングページに書いていると、気持ちの整理をつけやすくなると思います。

ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ

では、まず何からやるか、を考えてみましょう。

以下の4つに取り組んでください。順番はお好きなように。ただし、最終的に、全部やってください。

1.プロのカウンセリングを受ける

るかさんは、ストレスがたまって、心が疲れており、冷静に考えることができないので、まず身内ではない、プロが提供するカウンセリングかセラピーを受けてください。

妹さんは、カウンセラーだそうですが、身内だと、客観的なアドバイスをすることがむずかしく、プロとして対応できないので、おすすめできません。

妹さんからもらったというメールの文章、いかにも、身内や親しい友人相手に書いている無責任な文面です。

2.今日から1日15分、不用品を捨てる

るかさんの家、今、物だらけなんですよね? 

きれいにしたいなら、捨てるしかありません。

そもそも、1DKに、夫婦2人、犬2匹、猫2匹で住んでいて、ご主人は在宅ワークをしているのであれば、物の置き場所なんて、そんなにありませんよね。

その家に住む人間と動物の生活の質をあげたいなら、今使ってない物なんて、即捨てです。

友達に「捨てないで!」と言われたからって、それが、何ですか? 自分の物なのだから、自分の裁量で処遇を決めて、何ら問題ありません。

思い入れのあるものがたくさんあるかもしれませんが、大事なのは今の生活でしょう?

今の生活がガタガタのぐしゃぐしゃで、毎日イライラだらけなのに、「思い入れのある素敵なものたち」を家の中に詰め込んでいても、全く意味がないこと、わかりますよね?

だからといって、いきなり何もかもがーっと捨ててしまう必要はないし、そんなことをするのは時間も体力も取られるから、1日15分だけ、確実に捨ててください。

3.一番望んでいることを見極める(ブレインダンプ)

前回の質問の回答にも書きましたが(「優先順位について」のところです)、るかさんの一番の願いや希望を見極めてください。

るかさんが、今、一番望んでいることは何ですか?

一番の望みを見極めて、それを手にするために、今できることを、少しずつ行っていきます。

すると、もっと前向きになれますよ。

本当に大事にしたいものがわかれば、些末なものやことはどうでもよくなるので、物や買い物に対する執着もなくなります。

「私の求めていること・もの」というタイトルでブレインダンプをするといいでしょう。

頭の中のガラクタを断捨離するブレインダンプのやり方

望みがわかれば、今の自分の課題もわかります。

るかさんのメールがまとまりのない長文になってしまうのは、自分が解決したい問題が、わかっていないからではないでしょうか?

課題を見つけることができれば、問題解決に近づきます。

4.他人のせいにするのをやめる

るかさんのメールには、こんなことやあんなことのせいで、ストレスマックスです、と書いてあります。

その「こんなことやあんなこと」は、全部外的状況です。

新型コロナウィルスの発生とそれによる生活の変化(両親に会えない、友人とゆっくりおしゃべりできない、夫が在宅ワークでずっと家にいる)、代行オークションで失敗したのは、片付け本のアドバイスのせい、

近所の友人が、「捨てないで、私にちょうだいね」と言ったから、捨てることができない、家族の通院、異常気象、犬猫のメンタルのせいで、瞑想ができない、気持ちが落ち着かない。

夫がTシャツばかり買うし、床置きするから、物が増えて片付かないし、洗濯ばかり。

夫が家にいるからゴミの日の前に片付けができない。

このように、自分の身に起こったよくないことを、全部他人や外的なできごとのせいにしながら生きていると、イライラが増える一方です。

この考え方を変えないかぎり、るかさんは、悩みの沼から抜け出せませんよ。

るかさん、好きでペットを飼っているわけだし、物を増やすご主人とだって、好きで生活してるんですよね?

物が増えたのも、自分でたくさん買って、捨てないからでしょ?

今の生活は自分のせいなんだ、と思ってください。

「自分のせいだ」、と思えば、自分の責任で、状況を改善することができます。

病気になったことや、新型コロナウィルスが発生したこと、他人が勝手気ままに暮らして感染を広げている(とるかさんには思えること)は、自分ではコントロールできないことなので、そのことでイライラする必要はありません。

あれこれ思い悩んだところで、自分でどうにかできるわけではないので、自分でコントロールできるところにエネルギーを使ってください。

他人のせいにするのをやめると、ストレスも半減します。

この記事、必ず読んでください⇒いつもストレスや不安でいっぱいですか? あなた自身があなたの最良の医者です(TED)

ほかにも心の片付け方や、物の捨て方はたくさん書いていますから、過去記事を1日1~2記事、自分ごととして読むことをおすすめします。

それでは、るかさんの病気が早く治ることをお祈りしています。

お大事に。

******

物を一気にきれいさっぱり捨てたいという人はたくさんいますが、そういうやけっぱちな断捨離をしても、心のガラクタはなくなりません。

それよりも、一見地味で、まだるっこしいですが、日々、モーニングページやブレインダンプをしながら、少しずつ捨てていくほうが、物を増やす思考や生活習慣を改めることができます。こちらのほうが、効果的ですよ。

ぜひ、お試しください。

それでは、あなたも、質問、感想、近況などありましたらお気軽にメールください。

お待ちしています。





笑顔の子供知られざる笑顔のパワー(TED)~笑顔が気持ちを変える。前のページ

60代主婦、筆子が台拭きに使っているもの。次のページ

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  2. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…

関連記事

  1. 会話する友達同士

    ミニマルな日常

    人との会話がうまくできているか不安です、というメールに回答。

    人付き合いや、会話が不安になりました。何かアドバイスください、という読…

  2. ブラウンが基調の居間

    ミニマルな日常

    汚部屋の住人向け、週に1度はきれいにしたほうがいい場所7つ。

    もっとシンプルに暮らしたいけれど、あまり物を捨てたくないし、捨てたくて…

  3. 手芸する人

    ミニマルな日常

    さっさと捨てたほうがいい理由:古い作品を残すメリットとデメリット

    自分や家族が作った作品や創作物を残すメリットとデメリットを紹介していま…

  4. 考えごとをする女性

    ミニマルな日常

    考えたくないことを考えるのをやめる方法。

    恥ずかしくて消えてしまいたいと考えるのを止める方法を教えてください、と…

  5. 他人の意見に耳を傾けすぎの人。

    ミニマルな日常

    悩みの8割はこれで解決。他人の目を気にしすぎるのを今すぐやめるすすめ。

    必要以上に他人の目を気にしすぎて、よけいなストレスを抱え込む人がそれは…

  6. 台所

    ミニマルな日常

    掃除が楽になる便利グッズを100均で買って、掃除がしにくい家を作っていた。

    読者のお便り紹介コーナーです。2018年11月にいただいたメールから3…

筆子のムック、重版しました。

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,359人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. タブレットを見ている女性
  2. 片付けている女の子
  3. 迷っている女性
  4. 買い物している女性
  5. おばあさんと花
  6. 流し
  7. 話し合いをしている女性
  8. 買い物する女性
  9. 光の差し込む部屋
  10. 残りもの

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 祝儀袋を持っている人
  2. 髪の毛がきれいな女の子
  3. 観葉植物
  4. 焼き物
  5. 松ぼっくり
  6. 掃除
  7. 黒いスニーカーを持つ女性
  8. カウンターの掃除
  9. 買い物
  10. ボーナス

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP