シャムロック

ミニマルな日常

セントパトリックデーに緑色のものを身につけると幸運が訪れると言われる理由。

3月17日はセントパトリックデー(聖パトリックの日)。アイルランドにキリスト教をひろめた守護聖人、聖パトリックの命日です。この日、何か緑色のものを身につけると、その年1年、幸運に恵まれるという言い伝えがあります。

そこで、筆子も毎年身につけていますが、度重なる断捨離の結果、緑色の物は3つしかないことに気づきました。



セントパトリックデーとは?

聖パトリックは、アイルランドの守護聖人。彼は5世紀半ばに、アイルランドにキリスト教を布教しました。それ以前はアイルランドは多神教でした。

聖パトリックは布教をするとき、三つ葉のクローバー(シャムロック)を使って、キリスト教の三位一体を説きました。このシャムロックは厳密に言うとクローバーじゃないそうですが、まあクローバーみたいなもんです。

そこでシャムロックはアイルランドの国花となり、またアイルランド政府が商標登録しています。アイルランド=シャムロック というイメージが世界中に行き渡り、アイルランドのイメージカラーはグリーンに。

アイルランドを「エメラルド・グリーンの島」と呼ぶのも、このシャムロックの色から来ています。

3月17日は聖パトリックの命日なので、アイルランドではもちろんのこと、アイルランドの移民が多い場所では世界中でパレードなどをして盛大にお祝いされます。アメリカでは、宗教色が薄れて、カソリックじゃない人もパレードに参加して楽しんでいますね。

ラッキーアイテムは緑色のもの

最近は、日本でも多少は知名度があがってきたセントパトリックデー。しかしもともとカソリック教のお祝いなので、日本ではイベントをする理由が全くありません。

クリスマスのようにプレゼントを交換したり、ハロウインのようにかぼちゃやお菓子が出てこないので、メーカーが売上に利用できるポイントもあまりないですね。

筆子も、カナダに来るまで、こんな日のことは、見たことも聞いたこともありませんでした。

ところがカナダに来てみると、学校の友だちにアイルランド系の人が多く、3月17日に緑色のものを身につける習慣に。

ただ、何か緑色のものを身につけるだけだから簡単だし。冬が終わって、だんだん春になる、気分が上向く季節なので、「幸運」という言葉にもなびきます。

子供が小学生のときは、この日は学校でポテトランチを食べるイベントがありました。アイルランドの妖精であるレプリコーンが、人間に奪われた金貨を取り戻すために悪さをする日でもあるので、朝、学校に行くと、いつも教室が荒らされていたものです。

もちろん荒らすのは先生ですが、小さい子は本当に妖精が来たと思っていましたよ。

うちでも、おやつにこんなミントゼリーを作ったことがあります。

ミントジェリー
シャムロックの形にするべきなのですが、型を持っていなかったので菊型で抜いてます。

ベースは寒天でここに砂糖とミントリキュールを入れます。水200ccに砂糖300グラム。煮詰めるのでその実体はほとんど砂糖。長年我が家で人気のおやつでしたが、白砂糖を断捨離したので、今年は登場しません。

関連⇒白砂糖はこんなに体に悪い~私が砂糖をやめた理由とは?

筆子のグリーンアイテム~3つあるけど2つは断捨離できるかも

私はもともと緑色が好きで、洋服はもちろん、緑色の靴や、ネイルカラー、アクセサリーをたくさん持っていた時もありました。けれど、すべて断捨離しました。

ついこのあいだまで緑色のインクのフリクションボールを持っていましたが、先日使いきって捨てました。

今持っている緑色の物はピアスとお財布(☆2017/07/20追記:財布はだいぶ前に断捨離しました)

purse and earring

このお財布はサブで、日本に里帰りしたとき、日本の通貨を入れるのに使っており、ふだんは出番がありません。

ピアスも実はふだんは全然せず、「セントパトリックデーに使うから」という理由だけで残してあります。

30年以上前にエイボンで買った貝パールのピアスをつけっぱなしなのです。

ところが、今朝、セントパトリックデーのことをすっかり忘れて、ピアスを取り替えず、先ほどニュースを見ていて気づきました。

グーグルで検索すると、こんなのが出ていたのに、

Googleセントパトリックデーのドゥードゥル

「この緑のはなんだ?全国緑化運動?」なんて思っていたのです。老眼がはげしいのでこれがシャムロックであることに気づいていませんでした。

関連⇒ついに老眼が

あわててピアスを付け替えましたが、実はもう1つ緑色のアイテムを持っていることに気づきました。

iPhoneのケースです。

これは娘が買ってきてくれたのですが、きれいなターコイズグリーン。きょうはこれを持ち歩いていたから、幸運のアイテムは身につけていたのです。

このiPhoneのケースがあるなら、もうピアスは断捨離していいかも。あるいは、貝パールのピアスの軸がすごくはげてきたので、こちらを断捨離すべきでしょうか。





テーマカラーを決めて断捨離してみる

物の捨て方はいろいろありますが、テーマカラーを決めて捨ててみるのもおもしろいかもしれませんね。

きょうは赤い色のものを捨てる、青い物を見なおしてみよう、といった具合に。

こちらの記事では青い物を捨てるすすめを書いています⇒幸せになるために4つ捨てる。サムシングフォーのプチ断捨離

特に洋服を持ちすぎている人は、色に注目してみるのも目先が変わって、断捨離モチベーションのアップになるんじゃないでしょうか?

このように季節のイベントも、すぐに断捨離にからめて考えるクセがついたミニマリスト筆子なのです。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 1週間で8割捨てる技術

    ミニマルな日常

    「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

    私、筆子の初の書籍、「1週間で8割捨てる技術」、本日3月18日に発売さ…

  2. iPhone

    ミニマルな日常

    iPhoneで違う人にテキストメッセージを送って恥ずかしかった

    去年の春、娘にiPhoneを支給するついでに自分の分も買いました。…

  3. 体重ベア

    ミニマルな日常

    親がくれた物を捨てたいのに捨てられない、そんな悩みの解決法。

    読者の方からいろいろなメールをいただきます。最近、相談メールで多いのは…

  4. 気分はスッキリ

    ミニマルな日常

    いらない物を捨てる断捨離は、自分らしい生き方を見つけるいい方法。

    筆子ジャーナルにいただいた読者のお便りを紹介します。今回は3通紹介しま…

  5. バレンタインデー

    ミニマルな日常

    バレンタインデーの由来とその日女性が男性にチョコレートを贈る理由

    そろそろバレンタインデーの季節ですね。今回はバレンタインデーがいつから…

  6. 花輪

    ミニマルな日常

    物のない不便を楽しむ気持ちが、生活をより豊かにする

    「筆子ジャーナル」にいただいた、読者4名の方のお便りを紹介します。…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

499人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. チャートを描く
  2. 封筒
  3. ガーデニンググッズ
  4. 家族
  5. パソコンワーク
  6. クローゼットをチェック
  7. 長い髪
  8. ゴミ収集車
  9. ギフト
  10. 松ぼっくり

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. お茶
  2. 1週間で8割捨てる技術
  3. 果物
  4. クローゼット
  5. 1週間で8割捨てる技術
  6. マスキングテープ
  7. 引っ越し前に出したゴミ
  8. 白いバッグ
  9. Tシャツの収納
  10. 捨てられない女

過去記事、たくさんあります♪

  1. お片づけする女性

    レオ・バボータ

    まずはここから~レオ・バボータに学ぶスッキリ空間を手に入れる7つのステップ
  2. 基本の断捨離21のルール

    ミニマリズムの参考書

    やましたひでこの『基本の断捨離21のルール』をミニマリストの視点で読んだ感想
  3. ネットショッピング

    買わない

    よけいな買い物をしないために身に着けたい4つの新しい習慣。
  4. 捨てる女。

    ミニマルな日常

    木枕の使い方やハンドルネームの由来など質問にまとめて回答します。
  5. 乳製品

    健康・アンチエイジング

    牛乳はからだに良いのか悪いのか?私が乳製品を食べない理由
PAGE TOP