比較

ミニマム思考

人と自分を比べるのをやめる方法。比較をやめれば物を減らせる。

「あの人が持っているから、自分も買う」。こんなふうにして、多くの人はいらない物をためこんでしまいます。

今回は、他人と自分を比較するのをやめる方法をお伝えします。

完全にやめることはできないでしょうが、少しでもましになれば、よけいな買い物をしてお金を失い、ガラクタをためこむ生活から脱却できます。もちろん、今より幸せな気分にもなります。



人と比較するから物が増える(そしてお金が減る)

人の買い物に影響を受けて、いらない物を買ってしまうこと、よくありませんか?

たとえば、多くの人が毎年争って買っているアップル社のガジェット。これにしたって、「他の人より早く買いたい」という気持ちがあるから、さして必要でもないのに買ってしまうのです。

ついこのあいだ買ったiPhoneやiPadで充分間に合うのに。

もし誰もアップル社の製品を買わなければ、自分も買わないでしょう。

英語に、Keep up with the Joneses(直訳:ジョーンズ家に追いつく)という表現があります。これは、隣人に負けまいとして見栄をはること、周囲の人と同じような物を持って、自分も同じぐらいの生活水準なのだと証明しようとすることです。

現代社会において、多くの人が、家の中に数々の不用品をため込んでしまったのは、多分にこの「隣人と張り合う」心理があるからです。

人はきわめていい加減な比較をする

人間はもともと人と自分を比べるようにできています。社会的動物なのだから仕方ありません。

いつも何かを比べて、「よりよい物」「ベストな物」を選ばないと、進化もなかったでしょう。人はいつも、周囲の状況に、相対的に反応しながら生きているのです。比較するのはいいのですが、問題はそのやリ方です。人は時に、きわめていい加減な比較をしています。

サルの経済の動画でも、人間は物事を絶対的なものとして比較することができない、と言っていました。これは、いろいろなものを比較するとき、比較する条件などが、どんどん変わってしまうんだ、と言うことでしょう。

サルの経済の話⇒私たちがお金に関して愚かな決断をしてしまう理由(TED)

人は、自分の都合の言いように、比較するベースや尺度を変えてしまうのです。

本来何かを比較する時、一定の条件のもとでした実験や調査を、数値を使って比べます。

ところが、人は、自分とは全く性格も環境も違う他人と自分の何かを比べて、1人で喜んだり、落ち込んだりするのです。

考えみればすごく馬鹿げています。ずいぶんいい加減な比較をしているのに、その結果が自分の心に与えるダメージは相当深刻です。





比較するメリット、デメリット

比較することが、メリットを生むこともあります。

平均と比べて、自分はこのぐらいだからもう少しがんばろう、と前向きになれたり、他の人が自分より優れているその理由を探って、新しいやり方を見つけたり、といったことです。異文化を比較すれば、自国や自分のことがよくわかります。

このように、他人と比較することで、ポジティブな効果が生まれているのならいいのです。ですが、現代社会では、比較することがネガティブな作用を持つほうが多いです。比較すればするほど、不幸せになるのです。

人と自分を比較するとこんなデメリットがあります。

物が増えてしまう⇒お金がなくなる。

人が持っているから、自分も持つ、という考え方をしていると、「自分以外の人が欲しいと思った物」で、自分の部屋の中がいっぱいになります。

浪費も増えるので、自分が本当に欲しいものやしたいことに使うお金が残りません。

時間がもったいない

他人と自分を比較して、あーでもない、こーでもない、とうじうじしているなら、その時間が非常にもったいないです。

特に兄弟や姉妹と自分を比べる人って多いですね。

子供の頃はもちろん、大人になっても、いまだに自分とお兄さんを比べて「やっぱり兄貴には勝てない」とくやしがったり。「妹のほうがかわいくて、恵まれた生活をしている」と妬んだり。

もう大人なのですから、親の愛情を争う必要はありません。

不安や罪の意識にかられ、時にはうつ病に

今は兄弟姉妹がいない人でも比較する対象は、無限にあります。

インターネットやソーシャルメディアがありますから。それこそ、毎日、いろいろな物を世界中の人と比べることができます。

成績や学歴、仕事はもちろん、収入や家の大きさ、住んでいる場所、持っている服、乗っている車、休暇の過ごし方、恋人や配偶者の素晴らしさ加減、子供やペットの可愛さ加減、今日食べたお昼ごはんまで。なんでもありです。

SNSばかりやっていると、知らず知らずのうちに自分と人を比べて、うつになったり、不安になります⇒SNS依存に注意。FOMO(フォーモー:取り残される不安)を捨てる方法

他人に自分の生活をコントロールされる

比較した結果行動していると、それが本当に自分のやりたいことなのか、他人と差をつけるためにやりたいことなのか、わからなくなってきます。

中には、いつも判断基準が他人のものさしになっている人もいます。こういう人は、比較する対象がなくなると、自分も消失します。完全に自分の生き方を周りの人や何かにコントロールされてしまうのです。

何かがうまくいかないと、他人のせいだと考えるようになります。この考え方は危険です。なぜなら、自分の中にあるパワーに気づくことができないから。

自分が変わればうまくいくこともたくさんあるのに、全部他人のせいなので、他人が変わってくれなければ、自分の問題も改善されないのです。ですが、もちろん他人はそんなに都合よく変わってはくれません。

このように他人と自分を比べてばかりいると、自分らしさを楽しむミニマルライフ的には、ろくなことがありません。

人と自分を比べることが多い人は、ぜひそのその思考のクセを手放してください。こんな考え方をすれば、「比べグセ」を断捨離できます。

人と自分を比較しない6つの方法

1.比べている、その事実に気づく

たいていの人は、わざわざ「比べてみよう」と思って、他人と自分の何かを比べたりしません。これは考え方のクセです。

自分にその傾向がないか、客観的にチェックしてください。まず自分で気づかないと、思考のクセを手放すのは難しいです。

人と自分を根拠なく比べるクセは、完璧主義や、先延ばしグセと同様、すっかり習慣になってしまった思考の1つなのです。

2.比べるのをやめる(努力をする)

「どうやら自分は、やたらと人と自分を比べるところがある」、と気づいたら、その行為をやめてください。

そういうことを考えだしたら、「はっ、いかん。比べてはいかん」と自分で自分を制し、何か別のことを考えるのです。

自分の思考の流れがよくわからない人は、紙に考えていることを書き出すのも有効です。

ブレインダンプがおすすめ⇒頭の中のガラクタを断捨離するブレインダンプのやり方

3.比べやすい状況から逃れる(インターネットを切断)

すぐに人と自分を比べてしまう人は、テレビを見たり、ブログを読んだり、SNSをやるべきではありません。そういうメディアには、比べる対象がゴロゴロいるからです。

昔の人が、生涯に知ることのできた人の数は、今の人と比べてずいぶん少ないでしょう。テレビもネットも大きな新聞社もなかったのですから。

せいぜい、自分の家族と、近所に住んでいる人とお殿様ぐらい。あとは、本の中で出会う偉人などでしょうか。

ところが今はネットがあるので、会ったこともない大勢の人が、Instagramにのせている華麗な私生活や、素敵な持ち物と自分のそれを比べて落ち込んでしまうのです。

4.人と自分は違うことをしっかり確認

Robert Zend(ロバート・ザンド 1929-1985)という、ハンガリーで生まれて、すぐにカナダに移住した詩人の有名な言葉にこんなのがあります。

People have one thing in common. They are all different.
人々には、共通点が1つある。それはみんな違うことだ。

この通りなのです。自分と人は違うので、そもそも比べることは不可能です。

5.人ではなく自分にフォーカスする

人と自分を比べている人は、多くの時間を他人について考えることに費やしています。

その行動をやめて、自分のことを考えてください。自分のことと言っても、自分の至らないところを考えるのではなく、自分のいいところを考えるのです。

「こんなところは、私はなかなかいいよね」とか。

また、これまで自分が成し遂げたことを考えてみるのもいいでしょう。小学校のとき、持久走で歩かずに最後まで走った、とか。

すでに自分の持っている物を数え上げるのも有効です。そして感謝の気持ちを持ちます。感謝するコツはこちらに書いています⇒もっと幸せになるために今すぐ捨てたい5つのもの(心の断捨離)。 「4.感謝できない気持ち」を読んでください。

このようなことをすると、セルフエスティームがあがるので、自分に自信を持つことができます。

6.自分を成長させる方に注力する

他人と人を比べるのではなく、きのうの自分と今日の自分を比べて、何か少しでも良くなったこと、成長したことを見つけるようにします。

常に自分をバージョンアップさせる感じです。

きのうの自分と今日の自分なら、比べる条件はほぼ同じです。
~~~~~
私たちは、自分自身を生きたとき、もっとも充実感を感じ、幸せになれるのだと思います。

人と自分を比べることは、自分を生きることを邪魔してしまいます。

「きのうより、ちょっと進歩した」という小さな成功を積み重ねていくと、もうそんなに他人の人生に影響を受けることはなくなるでしょう。





家族6人の子持ちミニマリスト、レオ・バボータのシンプルライフの秘訣前のページ

家中に紙がたまる5つの理由。これがわかれば、書類の整理は簡単になる。次のページ紙袋を断捨離

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 砂時計

    ミニマム思考

    シンプルで快適な暮らしをするために、限界を意識するすすめ。

    生活の質をあげるために、身の回りにあるさまざまな限界を意識することをお…

  2. 窓ガラスふき

    ミニマム思考

    年末年始が大嫌いな主婦のための7つのストレス対策。

    年末年始をイライラとストレスいっぱいで過ごさない方法を7つお伝えします…

  3. 落とし穴にはまる

    ミニマム思考

    あなたは大丈夫?捨てすぎてミニマリストの落とし穴にはまるべからず

    あなたは、ミニマリストになるために、毎日せっせと物を捨てていますか?…

  4. アイスクリーム

    TEDの動画

    バリー・シュワルツに学ぶ『選択のパラドックス』(TED)~所持品をミニマムにすると生きやすくなる理由…

    TEDトークスから、心理学者、バリー・シュワルツの『選択のパラドックス…

  5. 焼きたてのパン

    ミニマム思考

    道具が少ないほうがお菓子やパン作りは楽しめる

    昔、お菓子やパンを作るのが好きで、いろいろな道具や型を買い集めていまし…

  6. 自然の中にいる女性

    ミニマム思考

    不用品を捨てることはゴールではなく、スタートにすぎない。

    断捨離が進むと焦りや不安を感じる人がいます。それは片付けがゴー…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,220人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. ランニングをする女性
  2. 食器棚
  3. 本屋にいる女性
  4. 冷蔵庫の扉を開ける若い女性
  5. 手帳に目標を書いている人
  6. 忙しい女性
  7. 洗面所
  8. お茶を飲んで休憩している人
  9. 紙袋に入れた資源ごみ
  10. お金の計算をしている若い女性

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ダブル
  2. 小銭
  3. ウインドウショッピング
  4. ティーセット
  5. 多すぎる食器
  6. ポケモンGO
  7. 悩む人
  8. 赤ちゃんグッズ
  9. 服をチェック
  10. 高齢者の世話

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP