買い物している若い女性

ミニマム思考

感情的な買い物をしないですむ3つの方法。

感情的な買い物をしていると、衝動買いが増え、ガラクタも増え、断捨離の手間や苦しみが増えます。

生きている限り、買い物を全くしない、という方法は使えないので、できるだけ、理性的な買い物をする道を模索するといいでしょう。

頭を使えば理性的になれます。

使いどころを3つ紹介します。



1.お金を使う痛みを感じる工夫をする

お金を使う痛みをできるだけ具体的に感じられるようにします。

もともとお金は抽象的な概念です。1万円と印刷した紙に、1万円の価値がある、と皆が思っているから、1万円札に価値が生まれます。

つまり、お金は共同幻想にすぎません。それでも実際に、紙幣やコインを使って取引しているときは、「ああ、私はお金を使っている」という感覚があります。

クレジットカードや電子マネーだと、この感覚が希薄になり、お金を使う痛みを感じにくくなります。すると、無駄遣いが増えます。

何かを買って支払いをするとき、紙幣を使うほうが、クレジットカードを使うより、お金とお別れする痛みをより感じますよね?

人間は痛みがあることはあまりしたくありません。

痛みを感じるから洋服を捨てない、というお便りをいただいたこともあります⇒心が痛むから捨てられない~服を捨てない理由とその対策(その3)

ですから、あえてお金を使う痛みが倍増する工夫をしてください。





お金を支払う痛みを感じるには?

・可能な限り現金を使う

・お金を使ったら、毎回記録する

・お金を使うたびにいくら使ったか家族に報告する

・お金を使うたびに、残りの金額を数字にする(予算から使った額をひいて残高を出す)

・クレジットカードやデビットカードを使うなら、使うたびに通知が来るようにする

・使った額を、自分の労働時間に換算する(金額を時給で割る)

・使うたびに支払う(年払いするより、月払い、週払いのほうが、お金を使っている感覚があります)

・お財布にはギリギリの額しか入れない(たくさんお金を入れておくと気が大きくなって使ってしまいがち)

・1週間毎に予算を立てる(先のことは想像しにくいため、予算を立てるスパンが短いほうが、お金を使っていることに臨場感を持ちやすい)

いくら使ったか、残りはどれぐらいか、あたかもメーターがついているかのごとく、金額に敏感になると、痛みがますので、使いすぎを防げます。

2.社会的な影響について考える

自分の買い物に影響を与えている社会的なプレッシャーについて考え、できるだけ取り除きます。

ふだん、「お金がない」「もっとお金がほしい」「ああ、もっと給料があがればいいのに」と思っているのに、なぜ自分はいらない物を買ってしまうのか?

この問題について1度でも考えてみれば、自発的に買っているようで、実は社会的な影響(ソーシャル・プレッシャー)を強く受けて買っていることに気づくでしょう。

本当はあまり買いたくないのに、ソーシャルプレッシャーのせいで買ってしまうのです。

たびたび書いていますが、2018年、私は塗り絵グッズをたくさん買いました。その買い物の多くは、動画で塗り絵グッズを見せていた、ユーチューバーの影響です。

まあ、アマゾンのレコメンド機能(画面におすすめ商品が出てくる機能)を見て買ってしまったこともありますが、ユーチューバーの影響のほうがずっとパワフルでした。

YouTubeを見ていなかったら、そもそもアマゾンにはアクセスしませんでしたから。

あなたも、社会的なプレッシャーのせいで買っているはずです。

買い物に影響を与えるソーシャル・プレッシャーは大きく分けて2つあります。

協力せよ

「他の人と足並みを揃えたほうがいいよ」というプレッシャーです。

所属している集団に受けいれてもらうために、ある程度の協力は必要です。しかし、クレジットカードを使いすぎてまですることではありません。

経済的に破滅したら、受け入れてもらえる、もらえない以前に、生活できなくなります。

雑誌やSNSで見た物を買ってしまうのは、このプレッシャーのせいでしょう。

ツアー旅行で、お土産を買ってしまうのも、ほかの人が買っているし、お土産は買うものに決まっているし、お土産持っていかないと、みなが変に思うかもしれないし、という気持ちがあるからです。

皆とおそろいの物を買って盛り上がったり、クリスマスパーティにプレゼントを持ち寄ったり、誕生日プレゼントをあげたり、もらったりするのも協力に入ります。

協力するのはいいことですが、しなくてもいい協力をしているかもしれません。

競争せよ

ほかの人(世間?)に負けないように、という気持ちから競争が生まれます。

親や先生など、他人から競争するように促されることもありますが、多くは、自分から競争をしています。

親、兄弟姉妹、配偶者、友人、ママ友、同僚、隣の人、セレブ、趣味の集まりの仲間、SNSのみで見る実際には知らない誰か。

競争相手はたくさんいます。

物を使って競争相手に勝とうとすると、よけいな買い物が増えます。

物理的な物だけでなくサービスを買うこともあります。

自分1人で競争している分にはまだいいのですが(それでも、かなり不毛なことですが)、家族を巻き込んでしまうと、悲惨です。

競争心のせいで、子供の育て方が変わることもあります。

貯金できないのは見栄を張るから。よく見せようとすることの恐ろしさとは?

・・・社会的な影響やプレッシャーをゼロにすることはできませんが、その圧力を重要視しなければ、よけいな買い物しなくてもすみます。

たいていの場合、自分の本当の気持ちより、社会的な圧力(暗黙のルール)のほうを、大事にしているだけです。

しかも、そのルールは、自分の頭の中にだけあります。

自分の気持ちを優先する生活をしてみると、このことに気づくでしょう。

世間体を気にするから物もストレスも増える。気にしない方法教えます。

3.感情を整える

感情にふりまわされない生活を心がけます。

平常心でいるときは、無駄遣いをしない人も、いったん感情的になってしまうと、衝動買いをします。

先日、トカゲ脳(爬虫類脳)の話が出てくるTEDを紹介しましたが⇒恐怖を「克服する」方法(TED):恐怖心に対する新しいアプローチを知ろう。

感情的になるとは、人間の本能の部分であるトカゲ脳が活発になることです。

このとき、人間らしい知性や理性を司る前頭葉はお留守になります。

だから、欲望のまま突っ走ります。

買い物に関して言えば、次から次へと欲しいものが出てきて、あれもほしい、これもほしいと、クレジットカードでどんどん買う状態です。

これは、避けたいですから、無駄に爬虫類脳を活性化させないようにしましょう。

感情を整えるには?

激情にふりまわされないためにできることを書いておきます。

ストレスマネジメント

ストレスをためすぎると、前頭葉の働きが鈍ります。

買い物はやめられる。お金を使わないシンプルなストレス解消法

やりたくないことを無理にやっているとストレスがたまるので、好きなことをやってください。

健康の底上げ

脳の機能がうまく働くように、全身の健康に気を配ります。

睡眠をしっかりとる、栄養のあるものを食べる(ジャンクフードを避ける)、運動をする、空気のいいところに住むなど、基本的なことをやるだけです。

メタ認知

自分が考えていることについて考えます。爬虫類脳が活発になっているさまを、言葉にしてください。

いま、こういうことがあって、私はこういうふうに感じているんだ、というように。

紙に書くととより効果的です。

すぐに反応しない(反応を遅らせる)

何か頭に来ることがあっても、すぐに反応してはいけません。時間をおきます。

クレームメールが来たり、SNSで、ネガティブなコメントが入ったりすると、「え、それは誤解よ」とか、「私はこう言いたかったのよ」とすぐに反論したいかもしれません。が、ぐっとこらえて、一晩ぐらいおいてから返答します。

感情の波を感じてひくのを待つ

かっとなったり、カチンとしたり、イライラしたり、おろおろしたり、という感情がわきおごったら、その気持ちを感じて(そのまま受け止めて)それがひくのを待ちます。

具体的なやり方はこちらのTEDを参考にしてください⇒いやな気分こそ大事にして、自分の感情とうまくつきあう(TED)

瞑想をする

『必要なのは10分間の瞑想だけ』~物より心が大切です(TED)

落ち着いて、注意を向けて、ありがとうと言う、その方法(TED)

モーニングページを書く

やり方⇒ネガティブ思考改善にモーニングページがいい~今月の30日間チャレンジ

大局的な考え方をする

短期的・近視眼的なものの見方ではなく、長期的、大局的なものの見方を心がけます。

いまの状況を、人生のゴールと照らし合わせて、俯瞰(ふかん)して見ることができると、ささいなことに、ピリピリすることがなくなります。

関連記事もどうぞ

家計を黒字にするために感情的な買い物を減らす4つのコツ

感情的になりすぎないようにする7つの方法。

衝動的に断捨離しないために、気持ちを整える具体的な方法。

瞑想 – 今日もっとも重要なたったひとつのスキル(TED)

幸せは自分の心の中にある、幸せをアウトソーシングしてはいけない(TED)

******

できるだけ理性的な買い物をするために考えることを3つ紹介しました。

考えることは、特にお金もいらないし、時間だってそんなにかかりません。

コストパフォーマンスのいい方法なので、一度、試してください。





ランプをチェックしている若い女性物がたくさんありすぎて、片付ける気になれない? 重い腰をあげる方法、教えます。前のページ

正社員からパートにしたら、前より幸せ。お金の無駄遣いも見直せた。次のページイチョウの葉とブーツの足元。

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. 不思議の国のアリスの靴

    ミニマム思考

    物に対する強いこだわりを手放す方法。

    「大好きな物だけに囲まれて暮らしたい!」といった、物に対する強いこだわ…

  2. ショーウインドウ

    ファッションをミニマルに

    1年間服を買わない生活をするすすめ:お金も自由も手に入る。

    服がありすぎて悩んでいるすべての人に、1年間服を買わない生活をおすすめ…

  3. クレジットカードで買い物する女性

    買わない

    クレジットカードでの買い物のしすぎをやめるには(後編)

    カードで物やサービスを買いすぎて、借金は減らず、貯金はできない。…

  4. パワフル

    ミニマム思考

    運気より強力。究極のパワーはいらない物を捨てると手にはいる。

    何年も汚部屋で悩んでいる人は、ほとほとうんざりしているかもしれません。…

  5. ソファでノートパソコンをする女性

    買わない

    ついで買いや合わせ買いをしない方法~ネットショップ編

    オンラインショップで、ついで買いをしない方法を8つ紹介します。…

  6. お皿

    ミニマム思考

    なぜ日本人はこんなに食器を持っているの?~食器が増える理由と増やさない方法

    食器がやたらと増える理由と、食器を増やさない秘訣をお伝えします。…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,178人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 1人たたずむ若い女性
  2. スマホを見ている人
  3. ノートパソコンに向かっている女性
  4. 紙束
  5. 祈る人
  6. 石ころ
  7. 何かを書いている女性
  8. 木枕
  9. 小さな女の子
  10. アンティークなベッド

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 気分がうつうつする人。
  2. 小豆
  3. 迷う人
  4. ぐしゃぐしゃの机
  5. 汚部屋
  6. 紅茶
  7. 考えごとをする人
  8. スニーカー
  9. 古い家と水路
  10. バイキンにやられる歯

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP