日記を書く人

ミニマルな日常

10分だけ使って、暮らしをシンプルにする10のアイデア、後編。

「もっとシンプルに暮らしたい!」と思っているのに、なかなか実行が伴わない方のために、きょう、10分間だけ使って、生活をもっとシンプルにするアイデアを紹介しています。

前編は、以下の提案をしました。

1.郵便物の処理方法を考える

2.キッチンににあるダブっている物を捨てる

3.片割れがなくなった物を捨てる

4.10分捨てチャレンジ

5.きれいな場所を1つだけ作る

やってみてくれたでしょうか?

では、後編、行きます。



6.やらなくていいことを見つけて1つやめる

10分使って、やらなくていいことを見つけてやめます。

やらなくていいことは、それこそいろいろあります。美容面で言えば、

・毎日のシャンプー(頻度を落とす)

・市販の合成シャンプーを使うこと(湯シャンや石けんシャンプーにシフトする)

・化粧(メイク、ポイントメイクだけにする、化粧する日を減らす、完全にやめる)

・化粧(お手入れ、手順を減らす、使う化粧品をへらす

・美容院へ行くこと(セルフカットにする)

以上、私が過去20年ぐらいのあいだに、完全にやめたことを書いてみました。

砂糖やカフェインもやめました。

白砂糖はこんなに体に悪い~私が砂糖をやめた理由とは?

カフェインの本当の恐ろしさにせまる~私がカフェインをやめた理由とは?

砂糖はいろいろな物に入っているし、カフェインは薬に入っていますので、100%完全にやめたとは言えません。

ですが、基本、やめました。

ほかにも、買い物習慣、仕事のやり方、人付き合い、趣味、時間の過ごし方、スマホの使い方(SNS)などいろいろな分野で、やらなくてもいいことが見つかるでしょう。

常々、こんなことをするのはもうやめたい、と思っている人は、きょうがやめるチャンスです。

何も思いつかない人は、この1週間、自分がどんなことをしたのか、考えてみるといいでしょう(紙に書き出すといいですよ)。

無理にやっていること、いやいや、やっていること、義理でやっていることなどあったら、やめてください。





7.去年使わなかった物を捨てる

去年、1年使わなかった物があったら捨てます。

新しい年になったばかりなので、去年使わなかった物を見つけやすいと思います。

私は、今年に入ってから、毎朝1個ずつ、不用品を捨てるという地味なプロジェクトをしております。

たいてい本や書類を捨てていますが、去年一度も手にとらなかったものから、選んでいます。

すでに読んだことがある本は、再読したい箇所にふせんが貼ってありますが、いっこうに読まないので、ふせんを取って捨てています。

どの本も読みたいと思って買った本なので、また読めば、おもしろかったり、ためになったりするとは思います。

また、読めば。

それは、家にある「まだ使える物」と一緒です。

実際に読んだり、使ったりすれば、役立つでしょう。

しかし、読まないので、順番に捨てています。

一度は読んでいるので、たとえ内容をすっかり忘れているとしても、なにがしかのものが、私の脳に残っているのではないでしょうか?

その本を読んだことで、どこかの神経回路が多少太くなったかもしれません。

読んでいたときは楽しかったから、その体験にお金を払ったと考えてもいいですね。

本の捨て方。1年で320冊捨てました。

なお、捨てたくない物は、使うことを心がけています⇒死蔵品を作らないために、すでに家にある物を使う4つの戦略。

8.メルマガ・カタログを止める

10分使って、もう受け取らなくてもいいメールや郵便物を止めます。

メルマガもカタログも、基本、無料なので、みな、気軽に申し込んだり、申し込んだ覚えがないのに、届いているのをそのまま放置してしまうのです。

そこで、「有料でも見るか?」という判断基準を使って、止める郵便物を見つけるといいでしょう。

「ただほど高いものはない」と言いますが、「無料だから」という理由で、どんどん受け取っていると、大事なことをする時間も、大事なものを置くスペースも、その無料のものたちに奪われます。

カタログを止める話⇒カタログを止めることから始めるシンプルライフ。

人によっては、10分も必要ないかもしれませんね。

時間が余ったら、これまで届いたもので、もういらないものを削除したり、捨てたりするといいでしょう。

9.当事者に聞いてみる

聞きたいと思っていたことを、今日こそ聞いてみます。

なぜ、そんなことをするのかというと、聞きたいことがあるのに相手に聞かず、自分の頭の中だけで、「きっとこうなんだろう」と思っていることをなくすためです。

以前、他人が自分の家に置いていった物の始末に困っている方からメールをもらったことがあります。

元彼が家に忘れていった物の処分に悩んでいます←質問の回答

この方は、人から借りた物や、相手が勝手に置いていった物なので捨てるに捨てられない、と悩んでいました。

ほかにも、人から物を預かっているが、いっこうに取りにこない、と困っていた人がいました。

この場合、相手に、「いるのか、いらないのか」聞けばいいわけです。

「◯◯さんが、こんなことをするから、困っている」というたぐいの相談メールをもらうこともあります。

こういうときも、「どうしてそんなことをするのか」、当事者に聞くことで、問題の解決に近づくことができます。

ところが、私たちは、なかなか当事者に面と向かって聞くことができません。

問い合わせるのは手間がかかるし、「変なことを言ってくる」と思われるのは嫌だし、こんな返事が返ってくるとショックだし、聞いても、どうにもならないかもしれないし、などなど、いろいろ考えてしまうからです。

つまり、聞くのが怖いのです。

ですが、こうした問題は、自分の頭の中だけで、どれだけ考えても答えがわかりません。相手に聞いてしまえば、ほどなく解決します。

解決しないまでも、自分の頭の中で、もやもやと考えることから解放されます。

ほかにも、一言、聞けば、問題が解決するケースは多いでしょう。

聞けばすぐに解決するだろうに、言い出しにくくて、ずっと聞かずにいる、しかも、自分はそのことについて、あーでもない、こーでもない、と悩んでいる。

そんなことがありましたら、相手にずばっと聞いてみましょう。

スッキリします。

10.気にかかっていたことを1件片付ける

やらなければいけないこと、ずっとやろうと思っていること、やりたいことがあり、実際はやっていないことを1件だけ処理します。

それは、歯医者の予約、苦手なクライアントに電話すること、フリーザーの掃除など、気の進まないことかもしれません。

逆に、どこかに旅行するとか、何かを作るといった、「やれたらいいなあ」と思っていることかもしれません。

人間は現状維持を好むので、やりたくないことはもちろん、やりたいと思っていることも、なかなかやり始めることができません。

そのような、自分のTo-doリストや、バケットリスト(死ぬまでにやりたいことリスト)にのっていることを1つだけ選んで、10分使って、やります。

こうした案件がいっさい思いつかない人は、ブレインダンプをおすすめします⇒頭の中のガラクタを断捨離するブレインダンプのやり方

「実家の片付け」という大規模なプロジェクトの場合は、タスクを細分化して、10分以内にすむことを1つだけやります。

タスクの細分化が何かわからないときは、こちらの記事をごらんください⇒どうやったら、不用品を捨てられるようになるか?  捨てられないあなたに贈る10の心得。 「4.タスクの細分化・具体化」に具体的なやり方を書いています。

いずれやらねばならないことなら、早めにやっておいたほうが、精神衛生にいいです。

前編はこちら⇒きょう、10分使って、もっと生活をシンプルにする10のアイデア、前編。

******

今回、書いたアイデアの中で、とくにおすすめなのは6番の、何かをやめることです。

今年に入ってから、私は、睡眠時間を長くしたため、やらないことを見つける必要がありました。

そこで、たくさんのことをやるのではなく、その日、どうしてもやりたいことを3つだけ選んで、やるようにしています。

先に睡眠時間を確保して、残った時間で、その3つをやっていく感じです。

その結果、「あれも、これもやれてないなあ」と思うことが減り、「きょうは、予定どおりにできたな」と充実感を感じる日が増えました。

生産性のコンサルタント、デヴィッド・アレン(David Allen)は、“You can do anything, but not everything.” (あなたは、なんでもできるが、すべてはできない)と言っています。

時間にも体力にも限りがあるため、やりたいことをすべてやることはできません。

しかし、本当にやりたいことや、自分が大事にしたいことをやることができれば、満足感が得られるのではないでしょうか?





赤ちゃんグッズ物を増やさないで育児をするコツ。前のページ

やるべきことを後回しにしない7つの方法(汚部屋改善)次のページ食器洗い

ピックアップ記事

  1. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  2. 11月2日にオンライン講座「誰でもできるシンプルライフ」を開催します。
  3. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  4. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  5. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…

関連記事

  1. 子供部屋

    ミニマルな日常

    子供といっしょにシンプルに暮らす9つのポイント(後編)

    子供がいると、物が増えがちですが、それでもシンプルに暮らすコツ。後編で…

  2. セールのショーウインドウ

    ミニマルな日常

    物がたまってしまう暮らし方のクセ、3パターン。

    持たない暮らしや小さな暮らしっていいよね、と思っているのに、部屋の中に…

  3. 若い女性

    ミニマルな日常

    徹底的に断捨離することで得られた5つのメリットとは?

    とことんガラクタを捨てたら、私の人生にどんないいことが起きたのか、ごく…

  4. 着ない服がいっぱい。

    ミニマルな日常

    どんな物にも旬がある。使わない物はさっさと捨てたほうがいい。

    読者のお便り紹介コーナーです。今回は、2018年の5月にいただいたメー…

  5. ティッシュで鼻をかむ女性

    ミニマルな日常

    物とほこりが多い夫の実家に行きたくない。行くのを断る方法を教えて←質問の回答。

    夫の実家は、物とほこりが多いため、年末に泊まりで訪れたさい、アレルギー…

  6. 断捨離してます

    ミニマルな日常

    カチッ!断捨離スイッチが入ってもうどうにも止まらない

    2週間に1度お送りしている読者のお便り紹介コーナーです。今回は、「筆子…

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,588人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 鏡を見て落ち込む若い女性
  2. リラックスタイム
  3. 『8割捨てれば、お金が貯まる』表紙。
  4. 食器棚を見ている女性
  5. 忙しいお母さん
  6. 犬とたたずむ女性
  7. カラフルなマスキングテープ
  8. 秋の公園でたたずむ女性
  9. クリスマスの買い物
  10. 疲れている主婦

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. ラジカセ
  2. 女性用衣類
  3. いる・いらない
  4. 読書
  5. ボーダーのトップス
  6. 本の整理をしている女性
  7. 考えごとをしている人
  8. 積み重なったタオル
  9. 散らかった部屋
  10. 自信のある若い女性

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP