ゴミ屋敷

ミニマルな日常

実家の片付けが大変すぎて母は病気になりました

読者の方からのお便りを紹介します。ブログの感想を書いてくださっているメールを3通選びました。

話題は、実家の片付けスロージョギング、女性が若さにしがみつくこと(アンチエイジング)、たんすの捨て方です。すべて去年の10月の終わりごろにいただいたメールです。



実家の片付けが大変すぎて母は病気になりました

おかじ~さまより
タイトル: 初めまして

筆子さま

初めまして、おかじ~と申します。私は40代前半の専業主婦です。

一ヶ月ほど前から筆子さんのブログを拝見しております。ここ最近は毎日のように拝見してます。

私が断捨離するようになったのは家事が苦手で(特に掃除)、なるべく掃除や炊事を楽にできたらいいなと思うようになり、断捨離されてる方の方法や、ミニマリストの方のブログを見させていただいて参考にするようになりました。

筆子さんは海外にお住まいですが、実家が名古屋ということで、私も生まれも育ちもそして現在も名古屋在住です。栄のスカイルのユニクロもよく行きます(^^)

実家の片付けの様子は本当に大変そうですね。私は実家の母がその両親(私から見て祖父母)が押入れや物置にため込んだ大量の物の遺品整理で大変な思い(帯状疱疹になりました)をし、母自身はその後狭いマンションに引越し、私にそんな思いをさせないように少ない物で生活しています。

ただ、夫の実家の方は義父母(特に義母)が大量に物をため込んでおり、いづれは生前整理か遺品整理しなくてはならないです。

最近は昔に比べてただで物をもらえることは経費削減で少なくなりました。(街角のポケットティッシュや化粧品の試供品、銀行預金でお皿やタッパー、ラップ、カレンダー、手帳など)でもCMやチラシなどで大量に買わせようとする企業の姿勢は相変わらずです。誘惑がすごいです。

初めてメールで長々とすみません。

後ひとつだけ、10/24のTBS(名古屋だとCBCテレビ)の「朝チャンサンデー」で、スロージョギングが特集されましたよ。私はダイエットや健康になりたいのに運動が苦手なのでなかなか踏ん切りがつかなかったのですが、なんと両陛下も実践されてるということで80代の方がされてるのに!と思って先日挑戦してみたらとっても楽しい!疲れも歩くのと変わらないし!

散歩はよくしてたのですがこれからはスロージョギングしてみます!

名古屋は今朝は冷え込みましたがカナダの方はもう寒いですかね?風邪などに気を付けてくださいね。

これからもブログを楽しみにしてます!

 おかじ~より

おかじ~さま、ありがとうございます。

お母さんは、シンプルライフなんですね。それはいいですね。結局、少なめの物で暮したほうが楽だし、暮しの質があがると思います。

私の実家の片付けは終わったわけではないのです。

里帰りしたときしかやれませんので、今頃また物が増えているのでは、と想像しています。

母の場合、昔は4人家族が住んでいた平屋の一軒家に住んでいるため、昔の物はあるわ、新しく買ったものはあるわで、とんでもなく物が増えています。

ただ、本人は「うちはまだ物が少ない方だ」と思っているのですよね。いつも私が帰る前は、意識的に物を捨てているらしいです。

10年ぐらい前も、義理の妹に「お義母さん、相当捨てましたよ」と言われました。でもね、まだまだあるんですよ。

母は今年83才なので、家の中をきれいにしておくのも負担だと思います。昔の母は、家事が好きで(私基準)、押入れに物がいっぱいだったとしても、見えるところはきれいに掃除していたのです。

しかし、70歳過ぎるころから、家が汚くなってきました。老眼でゴミが見えないと思うし、やはりもう、そんなにしっかり家事をするのは無理なんですね。

1人暮しなのに部屋が6つありますからね。でも自分の家には愛着があるようだし、「まだ1人で暮したい」、と言っているので、好きなようにしてもらっています。

あの家に住む限り、相当意識を変えないと物は減らないでしょう。母にミニマリストの友だちでもできないかな、と願っています。

おかじ~さま、スロージョギングは続いているでしょうか?別にジョギングでなくても、何か軽い運動をしておくといいと思います。

家事もけっこう運動になりますが、家事とは違う筋肉を使いますので。

おかじ~さまが、感想を書いてくださった記事はこちらです。
「実録・親の家を片付ける」のまとめ

生前整理のススメ~すべてを遺品整理に回すより、少しでも生前整理をしておくべき理由とは?

スロージョギングの5つのメリット~50代でも大丈夫

オードリー・ヘップバーンのように生きたい

タイトル: あなたは若さにしがみついていませんかを読んだ感想
ロンドンのゆみさんより。

筆子さん

お元気ですか?ロンドンのゆみです。

今日はあなたは若さにしがみついていませんか?を読ませてもらいました。

笹本恒子さんすごい方ですね!でも、女の人の価値は若さにあるというのは日本特有ではないですか?私はロンドンに24年住んでますが、こちらではそこまで酷くはないですけど。。。

さて、昨日偶然他の看護婦さんと話していて、私自身オードリー・へップバーンのような人生が送りたいと話したところなんです!オードリーは若い頃は大スターでしたが最後はアフリカの難民のために働いていました。

その写真を見たときは化粧もしていなく普通のポロシャツを着ていました。もちろん、まだ十分に美しくて。。。それに比べてエリザベス・テーラーは美容整形を繰り返し、過去の栄光に過去の若さにしがみついていたようで醜いなと感じました。

私も、51歳ですが、今の自分を受け入れて人生を楽しみそして、終わりたいと思います。

この記事はとても励まされました。今、これからの15年先について常に考えていて、少し疲れていましたがやる気と元気が出ました!有難うございます!それから断捨離と掃除は毎日続けてますよ!(今日も着てないドレスとCDをチャリティーへ寄付して気分いいです!)それでは、読んでいますので続けてください!



ゆみさん、メールありがとうございます。

>女の人の価値は若さにあるというのは日本特有ではないですか?

そうですね。私もそうだと思います。日本文化では「若々しさ」がとても重要視されますね。

たとえば、女子高校生は、すごく大きなぬいぐるみ(マスコット?)をかばんにつけて、制服のスカート短くして、ルーズックスはいて、これから大学へ行こうというより、幼稚園に向かっている雰囲気があります。

この風俗は、10年ぐらい前のことだと思うので、今は違うかもしれませんが。

北米の女子高生はよくも悪くも早く大人になりたいと思っています。あまりかばんにマスコットなんかぶらさげないし、化粧も濃いです。

日本では「かわいいこと」「若いこと」に価値があるので、40歳過ぎた女性の居場所がない気がします。そこで、中高年の女性はよけい若さにしがみつくのかもしれません。

誰でも年をとるのは当たり前なので、もう少し年をとることに寛容な文化になってほしいと思います。

ところで、ゆみさんはエリザベス・テーラーに辛いですね。

テーラーのこと、私よく知りませんが、とても性格のいい方だったみたいですよ?病弱で、70回ぐらい入院しているので、人の気持ちがわかる人だったのではないかと想像しているのですが。

ハリウッドの大女優なので、実像とイメージには相当のギャップがあると思われます。

とは言え、自分らしさを受け入れる暮しのほうが、本人は楽でしょうね。

笹本恒子さんについては記事をお読みください⇒あなたは若さにしがみついていませんか?~阿部絢子流自分整理のススメ

タンスの捨て方で悩んでいます

たんす
タイトル: たんすの捨て方
Yさんより

いつも、楽しくブログ拝見しております。

今、せっせとものを捨てているのですが、タンスについて質問です。

家には、重たいタンスと軽い安物のタンスがあります。重たいのは上側と下側を分けておくこともできます。上下合わせて150センチぐらいあります。

軽いタンスは、こちらも高さ150センチぐらいありますが、上下に分けることはできません。

どちらか1つを捨てたいのですが、おすすめはどちらを捨てる方がいいでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

Yさん、お問い合わせありがとうございます。

ふだんよく使っており、今後も便利に使えそうだと思うほうを残せばいいと思います。

​洋服や食器を捨てるときと要領は同じで、
●好きなもの
●生活に役立っているもの
この度合いが高いほうを残すといいのではないでしょうか?両方ともそうでないなら2つとも捨てるべきでしょう。

家具は機能性を重視して選ぶことが多いと思いますが、好き、嫌いという気持ちも大事にしてください。

* * * *

あなたもブログの感想や質問がありましたら、お気軽にこちらからメールください⇒お問い合わせフォーム | 筆子ジャーナル

いつもたくさんのお便りありがとうございます。いただいたお便りはすべて拝読しております。お返事も今のところ、全部出しております。ただ、たまにメールが戻ってきてしまいます。

最近で言えば、宮城在住の31歳のシングルマザーのミーコさん。メールが返ってきてしまいました。もしこれをごらんになっており、なおかつ返事を待っておられるのなら、またメールください。

たまに、返信はいらないのか、わざと不正なメールアドレスを入力される方もいるので、なんとも言えないのですが。

それでは、今月も筆子ジャーナルをよろしくお願いいたします。





ピックアップ記事

  1. プレゼント企画:あなたの一押し記事を教えてください。
  2. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 探しものをする男性

    ミニマルな日常

    こんな口癖がある人は物を持ちすぎ。断捨離どきのサイン、6パターン。

    日々の生活で、こんな言葉をよく言っているなら、たぶん家の中に物が多すぎ…

  2. 葬式の心配

    ミニマルな日常

    大がかりな葬式やお墓は必要でしょうか? シンプルな葬儀はこんな感じです。

    読者のお便りコーナー。今回は葬式とお墓特集です。お母さんをシンプルな火…

  3. 海岸でひとりぼっち

    ミニマルな日常

    恋人への執着や依存を手放し自分の人生を生きる7つのヒント。

    恋人がいないと、とても寂しくて無理に予定をいれて、やらなくてもいいこと…

  4. 粗大ごみ

    ミニマルな日常

    多すぎるモノは人生に不幸をもたらす。少ないモノで快適に暮らしたい。

    皆さまからいただいたお便りを紹介するコーナーです。今回は2017年の3…

  5. タンポポ

    ミニマルな日常

    物を大量に捨てて、思考もスッキリ、生活がとても快適に

    筆子ジャーナルにいただいた読者のお便り紹介コーナーです。今回は、物を捨…

  6. テレビ

    ミニマルな日常

    家族が好きなテレビ番組、それはリアリティショー

    私はテレビは見ません。しかし、家族が見ている居間にパソコンを置いてある…

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

407人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事です♪

  1. プレゼントの応募についてメールをいただいたHさんへの返事です…
  2. あなたが買い物する理由、この中にありますか? 浪費で消耗する…
  3. 子供が成長すると物が増えるのは本当? など読者の質問3つに回…
  4. どんなふうに服を断捨離していったか?:ミニマリストへの道(1…
  5. 大々的に変えようとしないこと。小さな習慣から始めよう(TED…
  6. 私がせっかく断捨離した物を母親が使っているのでモヤモヤします…
  7. テレビを捨てて、断捨離が終わりました(読者の捨て体験紹介)。…
  8. 思い出の品を捨てるのが苦手な人は、こんなふうに考えてみては?…
  9. シンプルに暮らすために余白を取ることを意識したい7つのもの。…
  10. 楽しいはずのことが楽しいと思えない。毎日が楽しくない。こんな…

今日のおすすめ記事

  1. 散らかった部屋
  2. 主婦
  3. シュガークッキー
  4. ストレス
  5. 不満がちな女性
  6. きれいな部屋
  7. 家族
  8. 海岸にて
  9. 白いTシャツ
  10. カウンターの掃除

過去記事、たくさんあります♪

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪

捨てられない人は要チェック

1週間で8割捨てる技術

⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

筆子のおすすめ記事

  1. ブルーベリー
  2. 考えごとをする女性
  3. 野菜
  4. マスキングテープ
  5. シャンプー
  6. 交通事故
  7. 女の子
  8. ベンチで読書
  9. お菓子の型
  10. 筆立て
  1. お片づけする女性

    断捨離テクニック

    私の経験した断捨離の副作用とそれを乗り越えた方法
  2. 花を愛でる

    健康・アンチエイジング

    小さな工夫が違いを生みます。長生きできる15の生活習慣
  3. ブレスレット

    ファッションをミニマルに

    アクセサリーはピアスだけ、3組持っています~カジュアル系主婦ミニマリストの持ち物…
  4. 頭痛

    ミニマム思考

    物が多いとストレスがたまる7つの理由
  5. お風呂

    断捨離テクニック

    いらないものがたくさん!お風呂場とトイレの断捨離のコツ
PAGE TOP