Tシャツ

ファッションをミニマルに

服の数も、洗濯の回数も大幅に減らした理由:ミニマリストへの道(49)

私が物を減らして行く過程をお伝えしているミニマリストへの道。ただいま2011年1月あたりまで来ています。この頃私は、服の数も洗濯の回数も大幅に減らしました。



プロジェクト333とは?

当時の私は、フライレディのメールを購読しながら、家の中を片付けつつ、海外のミニマリストのブログを読み、おもしろそうな企画があれば、自分も試していました。

ミニマリストのファッションプロジェクト、「プロジェクト333」をやってみたのもこの頃です。

プロジェクト333は、3ヶ月間、33アイテムのみ身に付けるという企画です。すでに以前記事にしています。

私がこのプロジェクトについて知ったのは、2010年の10月に入ったばかりの頃。最初、ジョシュア・ベッカーというミニマリストのブログで読み、ついで提唱者のコートニー・カーバーの記事を読みました。

2人のことはこちらに書いています⇒いかにして私は「物を買わないミニマリスト」になったのか?

☆プロジェクトの概要はこちら。
期間:2010年の10月1日から12月31日まで
内容:33点の洋服、アクセサリー、靴のみを着用する。ただしパジャマ、部屋着、運動用の服、下着は含まない。開始までに自分で33点選んで、残りの服などはすべて箱にしまいこんでおく。

プロジェクト333は、その後、どんどん有名になっていくのですが、これは初回です。参加表明をした人たちは、それぞれのブログに、自分が選び出した33点のリストや、画像をのせていました。

このプロジェクトのみそは「33点選ぶ」ところです。カプセルワードローブを作るわけですね。

しかし、私はズボラだったので、この「33点選び」をはしょりました。だから、私のは「プロジェクト333もどき」です。

詳しいルールはこちらを読んでください⇒3ヶ月33アイテムでおしゃれを楽しむ方法~アメリカの女性ミニマリストに学ぶ、プロジェクト333

すでに毎日着る服は2パターンになっていた

コートーニーの記事を読んだとき、すでに私はほぼ毎日同じ格好をしていました。だいたい2セットの服を着まわしていたのです。

だから、自分は33点も着ていないだろう、というのが最初の反応でした。ただ、寒いところに住んでいたし(今も住んでいますが)、そのころはまだユニクロのヒートテックを重ね着していたので、もしかしたら33点よりはあるのか?とも思いました。

今はもうヒートテックを着ていない理由⇒超乾燥肌でカサカサでかゆい、そんなときの改善法

この当時の私の定番ファッション(ユニフォーム)は、上はTシャツ(気候によって重ね着する)、下は綿のスパッツ、ソックス、かぶりのエプロン(カジュアルな割烹着ふう)でした。

外出するときは、エプロンを脱ぎ、代わりにパーカーやダウンジャケットをはおります。まあ、今とほとんど同じです。私の定番ファッションは5,6年前には、完成していたのです。ただ、よけいな服をまだ持っていました。

現在のワードローブ⇒ミニマリストの服全14着公開~非おしゃれ系50代主婦の場合(写真あり)

筆子がプロジェクト333もどきから学んだこと

私は、着る服をゆるめに限定し、自分が、3ヶ月に何アイテム使うのか調べてみました。

毎日その日着たものをノートに書いたのです。といっても1つの服をノートに書き、次にその服を着たら、チェック印を入れただけです。

3ヶ月やってみたところ、私の着用した衣類、アクセサリー、バッグ、靴は28点でした。自分で思ったより多かったです。先にも書いたように、ふだんの組み合わせは2パターンですが、重ね着をしていたからです。

今は、昔ほど重ね着をしなくなりました。





このプロジェクトを終えて気づいたことは
●着るものを決めてしまうと、その日何を着ようか考えなくていいので、とても楽である。

●3ヶ月間着なかった服で、着ている服と重複しているものは処分してもよさそうだ。

この2点です。当時は、フライレディの毎日のルールで、明日着る服は前の晩にレイアウトしておく、というのをやっていました。

毎日同じものを着ていれば、脱いだ服をハンガーにかけるだけでレイアウトが終わりました。

フライレディについて⇒アメリカのお片づけ指南サイト、フライレディに関する記事のまとめ

さらに、3ヶ月のあいだ、新たに衣類を買う必要がなかったので、買い物もしませんでした。重複アイテムは断捨離しました。

服が多すぎる人は、プロジェクト333をやってみると、減らせると思います。

洗濯の回数を減らした理由

333をやりながら、洗濯の回数も減らしました。その前から洗濯は控えめにしていましたが、もっと意識的に減らしたのです。

以前は、1日着たらすぐに洗っていました。プロジェクトをきっかけに、毎日洗うのは下着や肌にあたる服だけにして、上に着るものは汚れ具合に応じて洗うように変えました。

すると冬場は1週間に1度か2度洗えば事足りるように。服は洗い過ぎないほうが長持ちします。洗濯の頻度が下がれば資源の使用も減り、水道代も電気代も節約でき、家事の手間も減ります。以後、このやり方を継続しています。

洗濯の回数を減らす方法⇒洗濯物の量と洗濯の回数を減らす簡単な方法~服の数が少なくても大丈夫

洗濯の記事で、ある有名なデザイナーが「服はあまり洗濯しないほうがいい」と言っているのをネットで見た話を書いていますが、そのデザイナーの名前を思い出しました。1980年代にHALF MOON(ハーフムーン)の服をデザインしていた横森美奈子さんです。

横森さんは、服は「賞味期限」を見定めて、適宜整理、着ない服は持たない主義なので、数もそんなにないそうです。

さらに、日頃のメンテナンスのポイントはいろいろしないこと。それも「なるべく洗わない」のだそうです。クリーニング屋の利用は年に数回、手洗いも1週間に1回するかしないか。

横森さんは、洗濯機は使いません。

多少の汗の輪ジミには水をスプレー、あるいはしわ取りスプレーを使用。ほかにハンドスチーマーや毛玉カッターなども使用。

ジーンズやデニムも、好みの色あせぐあいになったらもう洗濯はストップ。くたっとしたら水をスプレーするそうです。

横森さんは服を大事にしているから、あえて余計な洗濯をしないのです。多くの人は汚れも確かめずに1回着た服を盲目的に洗濯機に放り込んでいます。

「服は洗濯すればするほど劣化する」。当たり前のことなのですが、気づいていませんでした。横森さんの記事を見てから、私はめったに洗濯しない人間になりました。

☆ミニマリストへの道を最初から読む方はこちらからどうぞ⇒何度も失敗したけど、今も前を見て進んでいます~「ミニマリストへの道」のまとめ(1)

☆次のミニマリストへの道の記事はこちら⇒これで捨てたつもりになっていた(写真あり):ミニマリストへの道(50)

洗濯物を干す

洗濯しなくても大丈夫な話が後押し

同じころ、地元のニュースサイトで、「学生が15ヶ月、毎日同じジーンズをはいた」という記事を見ました。

男子学生が1本のジーンズを、洗濯せずに、15ヶ月着用したあと、バクテリアの数を調べたそうです(調べたのは大学の先生)。その後洗濯して、また2週間着て、バクテリアの数を調べたら、15ヶ月はいた時とたいして変わらなかったとのこと。

バクテリアの数が多かったのが股のあたり。しかしこの学生は健康だし、肌のトラブルもないため、なんら健康上の問題はないとありました。

実検開始後、2、3ヶ月でジーンズが匂うようになったそうですが、学生はビニール袋にジーンズを入れて冷凍庫にほうりこんでこの問題を回避しました。

この学生がこんな実験をした理由は「科学(バクテリアの数を調べる)」と「ファッション」のため。そのジーンズはRAW(ロウ)というタイプで、まったくケミカル加工がほどこされていないものだったのです。

ロウデニムの新品は、ずいぶん硬いそうですが、最低6ヶ月、洗濯をしないで毎日はいていると、だんだん自分のからだにあった形になり、とてもおしゃれな雰囲気になるのだとか。

ちなみに、冷凍庫に服などを入れてばい菌を殺す方法は、ライフハック系のサイトで見たことがあります。臭い靴はジップロック袋に入れて、冷凍庫に入れておくと匂いが取れるそうです。試したことはありません。

それにしても、1年3ヶ月、毎日はいても大丈夫なジーンズはとても便利なアイテムですね。洗濯しなかったから、生地もさほど傷まなかったのでしょう。でも裾のあたりとか汚れなかったのでしょうか?

いずれにせよ、この記事を見て、私は、洗濯機で洗っても、その服の清潔さ加減は、洗わないときとたいして変わらないんだ、なるべく洗濯はしないでおこう、と考えるようになりました。

「健康」という観点から見ると、洗剤のほうが、よっぽどからだによくない化学薬品が入っています。ちょっとした汚れは、横森さんの言うように水スプレーで対応したほうがよさそうだ、と思ったのです。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 黒いリボンを巻いた帽子

    ミニマリストへの道

    使わないリボンをいつまでも持ち続ける人:ミニマリストへの道、番外編8

    いまはミニマリストな私が、若いころ、無駄に集めていた物を振り返っていま…

  2. 買い物

    ファッションをミニマルに

    服を大量に断捨離して手に入れた5つのもの:脳内スペースが空いたのが最大のメリット

    服を少し捨てなければ、と思っているけど、重い腰があがらずぐずぐずしてい…

  3. 身軽な猫

    ミニマリストへの道

    捨てるものがないと思っても、視点を変えればまだまだある:ミニマリストへの道(95)

    「もう、これ以上捨てられない」と断捨離が停滞した日がいったいこれまで何…

  4. 衣類圧縮袋

    ミニマリストへの道

    布団圧縮袋って本当に必要なの?:ミニマリストへの道(84)

    衣類や布団を圧縮袋に入れて自宅に保管する必要が本当にあるのでしょうか?…

  5. オフィス

    ミニマリストへの道

    私の浪費が止まったきっかけとは?~ミニマリストへの道(6)

    27歳で会社をやめて、物を大量に断捨離。失業しているときは、買い物をす…

  6. バックパック

    ミニマリストへの道

    あったら便利な物はなくても平気な物:ミニマリストへの道(79)

    引っ越し前に、たくさんの雑貨を捨てることになりました。私は、「あったら…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

889人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 自然の中でただずむ人
  2. かわいいマグ
  3. 海岸
  4. オンラインショッピング
  5. 木製の食器いろいろ
  6. お金の計算中
  7. 積み重なったタオル
  8. 貯金箱
  9. ティッシュペーパー
  10. 買い物

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 白いバッグ
  2. パーソナルケアグッズ
  3. 捨てる女。
  4. 『モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術 』
  5. 汚部屋
  6. カウンターの掃除
  7. 指輪
  8. 老朽化した実家
  9. ティーセット
  10. ハーブティ

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP