シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

部屋が汚いのを人のせいにしていると、いつまでも汚部屋のままと知れ。


汚部屋に悩んでいる方から、片付けるきっかけをいただけませんか、というメールをいただきました。この記事で回答します。

まず、メールをシェアしますね。N子さんより。

片付ける気持ちはあるけど汚部屋のままで困っています

件名:本当に困っています。

はじめまして。

ワンルームマンションに1人暮らしの55歳です。

息子の独立と共に1人暮らしになったのですが、部屋の収納家具はなく、キッチンの収納もなく、洗濯機もベランダで洗濯物も干せない不便なマンションで、いつの間にか‥汚部屋になってしまいました。

精神的な事も影響しているのかもしれなく、とても困り果てています。

何か良い方法はないかと、片付ける気持ちはあるし、このままではいけないとの気持ちもあるので、何とかならないかとため息ばかりの日々で、いっこうに改善せず、困っています。

こんな私に何かキッカケを頂けないかとメッセージさせて頂きました。
どうぞよろしくお願い致します。

N子さん、メールありがとうございます。

このメールだけでは、状況がよくわかりませんが、私が感じたことを以下に正直に書きます。

もし、見当違いのことを書いていたらお許しください。

自分の家が片付かないのは自分のせいです

メールを拝見して、まっさきに気になったのはこの箇所です。

>部屋の収納家具はなく、キッチンの収納もなく、洗濯機もベランダで洗濯物も干せない不便なマンションで、いつも間にか‥汚部屋になってしまいました。

汚部屋になったのは、自分のせいではなく、マンションのせいである、と書いているように思われるのですが、違いますか?

確かに、世の中、不便なマンションはたくさんありますが、そのようなマンションに住んでいる人が、みんな汚部屋に住んでいるか、というと違います。

試しに、両隣の部屋の中を見てください(できないかもしれませんが)。物は多いかもしれませんが、汚部屋じゃない可能性のほうが高いです。

問題は、部屋が汚くなってしまった理由を、無意識に自分以外の何かのせいにしているその思考です。

そもそもその不便なマンションに住んでいるのだって自分が選んだことです。もしかしたら、ご主人が買ったか、借りたのをそのまま住んでいるのかもしれませんが。

そんなに嫌いなマンションなら引っ越せばいいんじゃないですか?

もちろん引越前に、部屋をきれいにしなければならないので、今すぐというわけにはいかないでしょうが。


本当に収納スペースがないのか?物が多いのでは?

収納スペースがないから片付かない、と書かれていますが、本当にないんですか?最近の家はどんどん収納スペースを作る傾向にあるので、「ない」と思い込んでいるだけかもしれません。

一度、自分の家の収納スペースを数えてください。

以前、私の家の収納スペースを数え上げて、記事に書いたことがあります。どの記事に書いたか忘れてしまったのですが、数え上げてみたら、意外とたくさんある、と思いました。

我が家だって収納スペースが多い方ではありません。ベランダもないし(そもそも地下です)、洗濯物は外に干せないので、ユーティリティルームに干しています。ユーティリティルームと書くとかっこいいですが、ここは、キッチンの横にある洗濯機と乾燥機とファーネス(暖房設備)のある小さなスペースです。

ほとんどの場合、収納スペースが少ないのではなく、物が多すぎるのです。50代の1人暮らしだったら、もう物はそんなにいりません。物を減らしてください。

それに、もし本当に収納スペースがなくて困っているのなら、収納家具を買えばいいのです。個人的には、収納家具があると、かえって物が増えると思うので、おすすめはしませんが、最低限の収納スペースは必要ですよね?

私も、個人用の収納スペースとして、机(引き出し4つ)、本箱、クローゼットのスペースを持っています。

私のクローゼットの画像

私のクローゼットの画像

もしこれらの収納スペースがなかったら、私の物も散らばるでしょう。

とは言え、私の場合は、本とパソコンとプリンターとミニトランポリンとふとんと書類をファイルしているバインダー数冊以外の所持品は、たぶんスーツケースとボストンバッグにおさまります。

そこで、本と書類をまとめるために簡易な棚を買うか、本はあきらめて断捨離します。

N子さんの部屋の現状は、物が散乱していて、収納家具を入れるところはないかもしれません。ですが、簡易タイプを導入することも検討してください。

ただし、収納スペースを増やすと物は増えるので、ある程度片付いてからの導入をおすすめします。

収納スペースを増やすと物が増える話はこちら⇒ズボラな人、必読。最小限の労力で部屋をきれいに保つ4つの秘訣。 「1.収納場所を作りすぎない」をお読みください。

なぜ自分以外のもののせいにしてはいけないのか?

汚部屋に至った原因を、たとえ無意識にしろ、自分以外のもののせいにしていると部屋はいつまでたってもきれいになりません。

「マンションのせいで片付かないんだ」と思っていたら、マンションに変わってもらうしかありません。

しかし、当然ですが、マンションはリフォームでもしない限り、きのうも今日も明日も同じ間取りです。

いきなり、マンションの間取りを変えるのは、魔法使いにでもならなければできないワザです。

何か問題が起きたとき、自分以外の人や物のせいにする行動は、自分の力を放棄することにほかなりません。

つまり自分のパワーを自分で封印してしまうのです。

自分以外のもののせいにしていると、周囲の人や状況が変わらない限り、自分にはどうすることもできなくなります。

自分以外のものをどうこうするなんて、どだい無理な話です。

自分でコントロールできるのは、自分の思考や行動だけ。

自分の責任を認めて、自分で何とかしようと思ったとき、はじめて自分のパワーが生まれます。自分でコントロールできるのですから。

汚部屋になってしまった原因が自分にあるなら、自分で何とかできますよね?だから、ほかのもののせいにするのは、ただちにやめてください。

息子さんがいた時は、部屋はきれいだったようなので、元に戻すことは充分可能です。

関連記事⇒自分の家を好きになる6つの方法:汚部屋にしてしまうのは愛情が足りないから

片付けを先延ばしせずすぐに行動に移す

>何とかならないかとため息ばかりの日々で、いっこうに改善せず、困っています

ため息をついているだけでは部屋は片付かないのです。部屋をきれいにするためには、誰かが片付けるしかありません。

この場合はN子さんですが。

先日、悩んでばかりいても、何も解決しない話を書きました。お金の悩みの記事ですが、「問題解決の7つのステップ」はそっくりそのまま、汚部屋脱却にも使えるので参考にしてください⇒お金に関する不安を手放す方法。悩んでいても何も解決しない。

N子さんは、実際に少しは片付けているのでしょうか?それとも、物が多すぎて、途方にくれているだけなのでしょうか?

考えていても何も変わらないので、行動をおこしてください。

いきなりすべてを片付けようとはせず少しずつ片付けてください。

とりあえずは、もういらない物をゴミ袋に入れて、ゴミの収集日に、そのゴミ袋を収集場所まで持っていってください。

ゴミ袋はありますよね?なかったら買ってください。

こちらに汚部屋を掃除するやり方をステップバイステップで書いています⇒ものすごく散らかった部屋を1日で片付ける方法(汚部屋改善)

1日でやるプランですが、作業の流れは参考になると思います。

片付けたいのに行動を開始できないときの解決法

片付けたい気持ちはあるけど、実際に片付ける行動に出ることができないのは、あまりに汚部屋すぎて、とんでもなく時間がかかりそうだから、怖気づいているのだと思います。

ガラクタに圧倒されているのです。

確かに、すべてをきれいにするのは、とても時間がかかるでしょう。

でも、すべてを1日で片付ける必要はありません。

膨大なガラクタの山にめまいがしそうになったら、自分で作業を区切ってください。すべてを片付ける作業を100とすると、きょうやるのは、そのうちの0.5とか0.3でいいのです。

「きょうはとりあえずここだけきれいにしよう」という場所を見つけてください。自分が最もよく使っている場所から片付けるといいです。

明日はまた別の小さな場所を片付けてください。

毎日コツコツ片付けていくうちに、加速がついてきます。

何をどうしたらいいのかわからなくなって、動きが止まるようなら、上に私が「ごみ収集日にゴミを出す」と書いたように、やるべき作業を紙かノートに書き出してください。

たとえば、
◯まずゴミ袋を買う。軍手もあったほうがよさそうだ。
◯8月12日は流しの中のお皿を洗って、食器棚に入れる(シンクの中はきれいかもしれませんが、これはあくまで例です)。

ここまで書いたら、「あ、でも食器棚は、ガラクタでいっぱいでお皿が入りそうにない」と気づくかも知れません。

それならば、
◯8月12日は、食器棚の中にあるガラクタを全部ゴミ袋に入れて捨てる。
と書いてください。そして実際に行動に移してください。

紙に書かなくてもさくさく行動できるなら、作業リストを書く必要はありません。でも、行動が起こせないということは、何をやったらいいのかわかっていないということなので、書いたほうがいいのです。

頭の整理にもなります。

「汚部屋をきれいにする」と思っても、あまりに漠然としすぎているので、脳は何をどうしたらいいのかわかりません。

特に汚部屋に悩んで途方に暮れている人の脳は。

しかも、これまでマンションのせいにしてきたから、自分には何の力もないと思っているし、自分を信じることもできない状態です。

そこで、「汚部屋をどうしよう?」と考えるのではなく、ゴミ袋を買う、とか、ダイニングテーブルの上にのっている物を捨てる、など、今の自分にすぐに簡単にできる行動を考えて、ノートに書くのです。

難しくてできそうにないことは書かないでください。できることだけです。実際、汚部屋脱却は、そういう、誰でもできる小さな行動をたくさん積み重ねることで成功します。

小さなタスクを完了するたびに、自信が生まれ、自分を信じることもできるようになっていきます。

N子さんの場合は、マンションのせいにするのをやめれば、その瞬間から、もっと自分の人生や自分の環境をコントロールすることができるようになるでしょう。

モチベーションが下がったら、ほかの記事を読んで下さい。物を捨てる話ばかり書いているので、いやでも意識が変わると思います。

成功をお祈りします。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索