『PHPくらしラク~る♪』7月号表紙

ミニマルな日常

物の片付けに関する記事を『PHPくらしラク~る♪』7月号に執筆しました。

掲載誌のお知らせです。

6月10日発売の『PHPくらしラク~る♪』7月号に、私の記事が2つのっています。

この号の巻頭特集は、『スッキリ8割捨て』で、この特集の最初の2つの記事です。

・持ちすぎ注意報:物を持ちすぎている兆候を9つ紹介、書き下ろし。

・「1週間で8割り捨てる」プログラム:物の捨て方。1冊目の本を編集部の方がまとめたものを監修。

それぞれの記事の紹介と、ほかに気になった記事について書きます。



あなたも物を持ちすぎている

最初の記事は、「こんな状態だったら、きっと物が多すぎますよ」と書いたものです。

こんなふうにイラストつきです。

掲載記事1

私の母もそうだったのですが、物をいっぱい持っているのに、そのことに気づいていない人が意外といます。

むしろ、「我が家は物が少ないほうだ」と思っています。

物が少ない。数が足りない。

こう思っているから買い物するわけですよね?

「もう私は充分持っている」と認識していたら、買い物するスピードも落ちます。

わざわざ、買わない挑戦をする必要もなくなるでしょう。

どんどん買っているとしたら、どこかで、「足りない、少ない」と思っているわけです。

この認識を改めるためにも、一度、持ちすぎのサインが出ていないか調べてください。

家の中をじっくり見てみると、想像以上に物があることに気づきます。





1週間で8割捨てる

1冊目の著書に書いた1週間で捨てるプログラムを、イラスト付きでコンパクトにまとめた記事です。

筆子の1冊目の本⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」3月5日より予約開始

物の捨て方がよくわからない、と思ったら、読んでみてください。

月曜日は服を捨てる、火曜日はバッグを捨てる、というように日替わりで捨てる物を提案し、どんな物を捨てるべきか具体例を書いています。

掲載記事2

ではここから、私が興味をもった記事を3つ紹介します。

まあ、『PHPくらしラク~る♪』は毎回、どの記事もおもしろいし、発見がありますが、その中でも、特に気になった記事です。

「無意識」にお任せで勝手に”片付く人”になる!

心理カウンセラーの方が書いた記事で、頭でいろいろ考えすぎるから、片付けられないので、いったん考えるのはやめよう。

思考をストップするために自分で自分に暗示をかけたまえ、という内容です。

確かに、片付けられない人って、いろいろ考えますね。

たとえば、

なぜ、私はこんなこともできないのか。

なぜ、私は片付けられないのか。

いったいどこから片付ければいいのか。

今日こそ片付けなければ。

など。

このような暗い考えは、右脳がやっており、その結果、感覚や直感を認識する左脳の出番が減っているので、動けなくなるそうです。

考え込みすぎるのをやめるため、特定の言葉をつぶやいて、自分で自分に暗示をかけます。

紹介されているつぶやきには、ちょっと長いものがあり、私には覚えられないので、唱えませんが、自分で自分に暗示をかけるという考え方には賛成です。

私たちは、いつも自分自身に暗示をかけていますから。

私は片付けられない人、というのもそうです⇒断捨離中に言ってはいけない12のNGワード。言葉が思考を作り現実を変える。

まずい暗示をかけてしまうと、まずい結果になります。

この記事には、片付けられない人は、「私は片付けられない女」という言葉で、自分に催眠をかけている、とあります。

片付けられないというイメージを自分で自分に植え付けて、日々そのイメージどおりの行動をしているわけです。

イメージや思い込みは、人の行動に大きな影響を与えます。自分の思い込みについて、考えるきっかけになる記事です。

マネーの”常識”を捨てれば貯まる家計になる!

ファイナンシャルプランナーの方が書いた記事で、世間一般でよく言われる、貯蓄や節約に関する常識に従うより、自分に合った方法をとったほうが、お金が貯まる、という内容です。

まあ、そのとおりです。

お金に関する思い込みで、捨てたほうがいいものが5つ紹介されています。1つめは、「家計簿をつけなければならない」、という思い込みです。

お金の出入りが把握できているなら、家計簿をつけることにこだわらなくてもいいのです。

家計簿って、どんなノートにつけるか、どういうふうにつけるかにこだわる人がいるし、単に惰性でつけているだけで、数字を分析・検討しない人もいます。

お金の出入りを把握し、改善につなげることができれば、無意味な家計簿つけをする必要はありません。

家計簿をつける習慣があるのは、日本だけだと思います。

主婦が、日々の収入や支出を細かい品目ごとに記帳する、というのは、カナダではありません。

収支の把握をしている人はいるでしょうが、「家計簿」というフォーマットはありません。

数年前から、ドミニック・ローホーさんが、Kakeibo という名の、金銭出納帳を発売していて、毎年、新しいものが出ています。

ほんのちょっと前は、カナダのアマゾンで見つかる Kakeibo というタイトルの本は、ローホーさんのものだけでしたが、いまはほかの著者や、会社から複数出ています。

Kakeibo: The Japanese Art of Saving Money (家計簿:日本のお金を貯める技術)や、Kakebo: The Japanese Art of Mindful Spending(家計簿:日本のマインドフルな消費の技術)のように、アートや技術として、紹介されることが多いです。

近藤麻理恵さんの本が、ベストセラーになったので、その影響でしょうね。

説明を読むと、「日本人はミニマルな暮らしの達人で、生活のすべてにおいて、少ないもので暮らしている。所持品を捨てたり、季節に合わせて上手に料理をしたり。そうした暮らしを支えているのは、家計簿なのだ」なんてことが書いてあります。

海外の人は、禅のイメージにひっぱられて、日本人全員がミニマリストだと思いがちですね。

実際は、全然違うのに。

一方、BBCのニュースで、何通も報告書を書いたり、印鑑を押したりしなければならないから、安倍政権のもとでは、なかなか新型コロナウイルスに対する対応策が決まらない、という話も聞きました。

イメージや思い込みっておもしろいですね。

にゃんしゃりで脂肪のお片付け

ダイエットに関する連載マンガです。

やせたい猫とオカンの絵がかわいいです。

やせたい猫が、いろいろ試行錯誤する中、オカンがアドバイスしています。

最初、雷さまだと思いましたが、両方とも猫なんでしょうね。

ニャンシャリのオカン

ほかにも、掃除のハードルの下げろという漫画や、年6万円トクする買い物術、など、興味深い記事がたくさんあります。

目次の1ページめです。

『PHPくらしラク~る♪』目次

『PHPくらしラク~る♪』は、きのう『婦人公論』と一緒に届きました。

『婦人公論』は2週間に1回出るらしく、すでに店頭にはないため(アマゾンでは手に入ります)、ブログでレビューを書くことはありませんが、こちらにも、私の記事がのっています。

よかったらコンビニなどで見てください。

*****

巻頭のグラビアの、「作り置き食堂」というレシピのページにも作ってみたいものがありました。

『婦人公論』も、読むところがたくさんあるので、きょうから少しずつ読みます。この号の特集も、物を捨てることです。

新型コロナウイルスに関する記事に、リモートワークをするご主人が、「テレビ会議で家の中が映るから、片付ける」と言い出した、という話があって、笑いました。

デスクトップなんでしょうか?

よほどの汚部屋じゃない限り、映らないと思いますが。

以前、YouTubeで、汚部屋で(筆子基準)で塗り絵している人を見て(アメリカの方)、ぎょっとしたことを思い出しました。





タイプライター断捨離や片付けのゴールの決め方。目的地がわかっていると、捨てる物に迷いにくい。前のページ

せっかく片付けても夫が散らかすから腹が立つ。この問題の解決法。次のページ夫婦喧嘩

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。

関連記事

  1. ミニマルな日常

    モノを増やさない「父の日」のプレゼント。ミニマリスト志望のお父さんにおすすめ。

    毎年6月の第3日曜日は「父の日」です。2016年の父の日は6月19日。…

  2. 集中してリスニング

    ミニマルな日常

    すぐに気が散るあなたへ。片付けや家事にしっかり集中する秘訣(後編)

    片付けたい気持ちはやまやまだが、なぜか集中できず、思ったよりはかどらな…

  3. 探しものをする男性

    ミニマルな日常

    探し物(鍵など)を見つける効果的な方法。10のステップで着実に探す。

    なくした物を探す方法を紹介します。鍵やスマホ、イヤリング、時計、メガネ…

  4. 博多人形

    ミニマルな日常

    人形供養をして、大事な人形を手放して思ったこと。

    家の中を片付けて、シンプルライフを追求している読者のお便り紹介コーナー…

  5. ゼロ・ウェイストな暮らし

    ミニマルな日常

    ゼロ・ウェイストな暮らしの始め方。ふつうの人向けの現実的なプラン。

    ゼロ・ウェイスト(Zero Waste)とは、できるだけゴミを出さない…

  6. 洗濯

    ミニマルな日常

    洗濯物の量と洗濯の回数を減らす簡単な方法~服の数が少なくても大丈夫

    洗濯という家事をミニマムにし、節電、時短家事を実現する方法をお伝えしま…

新刊、出ました。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,165人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 本のコレクション
  2. スクラップブッキング
  3. チェストの上に積み重ねてセーター
  4. 仕事で忙しい女性
  5. シュレッダー
  6. 服選び
  7. 雑誌の山
  8. 実家の片付け
  9. 砂時計
  10. 新しいドレス

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. いらないちらし
  2. 意思決定のワナ
  3. 水
  4. ハンカチ
  5. 散らかった部屋
  6. 美肌
  7. シンプルに生きる
  8. なんだか不調
  9. 汚部屋
  10. 罪悪感を感じる人

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP