シニア目前、主婦でミニマリストなブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

なぜ日本人は何でも包みたがるの?今すぐ断捨離できる家の中のカバー類


家の中にはいらないカバーがいっぱいです。今回はすぐに断捨離できそうなカバー類をリストアップしました。

海外にいると、「ああ、これは日本独特だな」という点に気付くことがあります。以前、日本人は、やたら袋物が好きだという話をしました。

袋物と似てるのもので、日本人が好きなものにさまざまなカバーがあります。カバーは、本来、その中身を保護するものですが、「特に保護する必要のないものにまでカバーをかけている」のではないでしょうか?

たとえば、きのうお話した、トイレのフタカバーと便座カバー。本当に必要でしょうか?

過剰包装の国、日本

日本はもともと包装が過剰気味です。ずっと日本にいるとこれが普通と思いがちですが、世界基準で見ると、過剰包装というより、異常包装と言ってもいいぐらいです。

たとえば、市販のお菓子は1つ1つアルミホイルのような包み紙で個別包装されており、さらにそれが袋や箱に入っています。箱の場合はその上をプラスチックフィルムできっちり包みます。

おせんべいも1枚1枚個別の袋に入れられてから大きな袋に入っています。

和菓子屋さんで菓子箱を買うと、すでにきれいな化粧箱に入っているのに、包装紙で包んでくれ、さらにそのお店の紙袋に入れてくれます。

家に帰って、そのお菓子を食べようと箱を開けると、すべて個別に包装されています。和菓子はきれいな和紙風の薄紙や、表面がコーティングしてあるちょっとちぎりにくい紙で包んであることが多いです。

包装されたお菓子が1つ1つ仕切りのついたトレーにのっていることもあります。

また、黒文字(おまんじゅうを切る専用のスティック、木でてきた爪楊枝のちょっと大ぶりなやつ)が、これまた小さな封筒に入っていたり、黒蜜をかけるお菓子なら、黒蜜はべつの袋に入っていたり、とにかく、お菓子1つ食べるだけで、ゴミがどっさり出てしまうのです。

なぜ日本はこんなに過剰包装になってしまったのでしょうか?

湿度が高いから?それとも伝統的に風呂敷があるから、包むのが好きなのでしょうか?あるいは、折り紙の国だから、紙で包装する文化が発達しているのでしょうか?

市販の食品については、日本の人は、ちょっとでも汚れていたり、形がくずれていたりすると、その品物を買わないから、輸送の段階で、できるだけ形がくずれないように気を配っているうちに過剰包装になってしまった、という説を聞いたことがあります。

それもあるかもしれませんね。

関連:通販も包装資材のゴミを増やします⇒物を増やしたくないなら要チェック!危険な通販の7つのワナ

とにかく、そのように何でも二重、三重に包みたがる国民性があり、家の中のものや所持品にもやたらとカバーをかけてしまうのです。

しかしこのようなカバーはよく考えると不用なことが多く、今すぐに断捨離しても困らないものばかりです。

袋物が好きな話はこちら⇒なぜ日本人はこんなにバッグ、袋、ケースをたくさん持っているの?

今すぐ捨てられる家の中にあるカバーたち

量が多過ぎたら、少し間引きしたり、あるいは完全に断捨離してもよさそうなカバーを集めました。

枕カバー
枕は木枕にするとカバーは不用です⇒木枕でウソのように肩こり解消~健康にいいし、小さいし、床に寝るミニマリストには理想の枕です

ざぶとんカバー

ふとんカバー

クッションカバー

ピアノのカバー

椅子のカバー

ソファーのカバー

ドアノブのカバー

ティッシュの箱のカバー
ティッシュは使わないという選択肢もあります。

水筒のカバー

ブックカバー
文庫本にはすでにカバーがかかっているのに、本屋さんはカバーをかけてくれます。

植木鉢のカバー

カゴのカバー

トースターのカバー

カーシートのカバー

ハンドルのカバー

ナンバープレートのカバー

スマホのカバー
スマホはカバーで覆わないほうが、放熱できて、電池の安全性が確保できる利点があります。

キンドルのカバー

電子辞書のカバー

電卓のカバー

手帳のカバー

パスポートのカバー

保険証のカバー

鍵のカバー

grey dot line

ほかにも何かカバーがあるでしょうか。

家にはカバーがないので、実家にあるものを思い出して書いてみました。

母は手芸が好きなのでいろいろなものにカバーをつけるのです。まあ、楽しみの1つではあるし、人の家のことですから、「やめろ」とは言いません。

ですが、ドアのノブにカバーをかけるのは、正直やめてもらいたいです。

実家はほとんどが畳の部屋ですが、裏の防音をしてある部屋と、私の部屋(もと応接間)とトイレにはドアがついています。

母はすべてのドアノブにカバーをつけています。手編みのカバーです。

夏場それを握るたびに暑いし、なんだか汚いので、自分の部屋のドアノブのカバーは取り去ってしまいました。

ドアノブはとても汚れやすい場所です。風邪の季節には、私もよくユーカリをちょっと落とした水や、アルコールでふいています。

母の家では、カバーがドアノブ代わりに汚れているのでしょうが、もう何年も洗ってない感じなんですよね。

トイレマットの記事でも書きましたが、敷物やカバーがないほうが本体をきれいに保つことができるんじゃないでしょうか?

1度、家の中のカバーについて再検討することをおすすめします。


関連記事

「お気に入り」に登録

ブックマークしてまた遊びに来てね。 Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。解除もご自身で簡単にできます。

このブログの運営者

筆子

こんにちは。昭和34年生まれの50代主婦、筆子(ふでこ)です。持たない暮しを心がけているミニマリストです。好きなものは、小豆とナッツ。さらにくわしい自己紹介はこちらからどうぞ⇒はじめまして。筆子です

このブログはリンクフリーです。筆子へのお便りや、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ⇒お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

アーカイブ

筆子の本・9版発売中

オーディオブック(Audible版)も出ました♪
捨てられないなら要チェック
1週間で8割捨てる技術⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

実物の写真つき紹介はこちら
「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

このブログの中を検索