スマホをチェック

ミニマム思考

買い損なった水着にいつまでも執着している。この気持ちを捨てるには?

買い物に関して、ひどく執着しているものがある、この執着心を手放す方法を教えてほしい、という問い合わせをいただきました。

この記事で回答しますね。

まずメールをシェアします。いたずらうさぎさんからです。



買わなかった水着に執着しています

件名:突然の執着にとまどう私。

こんにちは、筆子さん。

お久しぶりです いたずらうさぎです。

以前何をしたらいいかわからないーとご相談させていただきましたが、その後はのんびりしたいことをして過ごしております。

先日はダイエット検定にチャレンジし、合格いたしました。

とても嬉しかったです。

さて、最近の出来事なのですが、子供のプール開きが近づいてきたため、水着を購入しようと思い、いつも購入しているネットショップを見ると売り切れだったため、

実店舗に行って買おうと行きましたが、売り切れでした。

結局他のお店で微妙な水着を買って帰って来ました。

が、家に帰って来てからそのネットショップに水着が再入荷しておりました。

とてもショックでした。

しかもお安くなっており、、最近買い物に対して何も執着なんぞしていなかったのに、その日からです。

毎日のようにそのネットショップ、フリマアプリなどを見て、水着の確認をしてしまいます。

来年の分買ってしまおうかしら、、とまで考えてしまいます。

わかってるんです。

もう水着はあるよ、と。

でも気になって仕方ないし、なぜか買ってしまいたくなるのです。

娘も買った水着はまぁ気に入っているし、なぜ私はそこまでしてその水着にこだわってしまうのか、執着してしまうのかサッパリです。

モーニングページにも毎日書いてますが、すきあらばネットショップなどを見て、欲しかった水着を見てしまいます。

自分が着るわけでもないのに、、なんだか損した気分なのです。

水着くらいで、、損得勘定してるなんて、、

長々と失礼いたしました。

筆子さんだったらサクッと割り切られるのは当たり前なんだろうなぁーと思いますが、私が戸惑っているのは突然子供の水着に執着している自分なのです。

本当に理由がわかりません。

もし、この執着を手離す方法があれば是非ともご教授いただきたいです。

季節の変わり目、体調にお気を付けください。

毎日ブログ楽しみにしています。

いたずらうさぎ





いたずらうさぎさん、お便りありがとうございます。

以前、相談のお便りをいただきましたか? 名前もメールアドレスも違うらしく、以前のメールを見つけることができませんでした。

イチオシ記事にご応募いただいたのはわかりましたが。

ダイエット検定という資格試験があるのですね。合格おめでとうございます。

ご質問に簡単に答えると以下のようになります。

水着への執着の捨て方:短い回答

うさぎさん、まだ水着に執着していますか? お便りをいただいてから、3日ぐらいたちますが。

このような執着は時ととともに、消えます。

うさぎさん、暇だから、ネットショップやフリマアプリを見てしまうんじゃないですか?

あなたの人生に、買わなかった水着よりも、もっと重要なできごとが出現したら、もう水着のことなんて考えないでしょう。

もしかしたら、ほかにもっと優先順位の高い、考えるべきことや、やるべきことがあるのに、考えたくないから、考えないようにしている、つまり現実逃避しているのかもしれません。

あるいは、もっと優先順位の高いことがあることに、気づいていないのかもしれません。

お子さんの水着はもうあるのだから、「この水着が小さくなったら、また購入を検討しよう」と決めて、前に進んでください。

~~~~

もう少し説明を加えます。

執着心は自分でバランスを取るべき

お便りに、「突然、子供の水着に執着している自分にとまどっている」とありますが、人はあらゆることに執着する生き物なのでべつに驚くことはありません。

人は、物だけでなく、自分の考えや、やり方に執着します。場所にも執着しますね。

自分のやり方にこだわりすぎて、他人がそのようにしないと、怒りを覚えたり、軽べつする人もいます。

人間、日々、こだわりや、執着にまみれて生きています。これは当たり前のことです。こだわりがなかったら、自分がないのと同じですから。

ただ、あまりに執着心を持ちすぎると、たいていはストレスになり、暮らしにネガティブな影響があります。

この点に気づき、自分でバランスを取るべきです。

ないものではなく、すでにあるものに目を向ける

よく書いていますが、自分が持っていないもの・足りない部分に目を向けるのではなく、すでに持っているもの・あるものに目を向けてください。

うさぎさんは、もっとも欲しかった水着を買わずに、二番手の水着を買いました。それが残念で、前に欲しかった水着をいつまでも見ているんじゃないですか?

「あっちのほうがよかったのに、こっちを使わないといけないなんて、損した」と思っているのです。

ですが、二番手の水着を選んだのは、うさぎさんです。しかも、この水着はお子さんが使うものです。お子さんが気に入っているのなら、何の問題もありません。

たぶん、「この水着欲しい、買おう」と思った段階で、すでにうさぎさんの中で、「この水着は私のもの」という意識が生まれたのでしょう。

結果的に手に入れなかったので、「失った」と思っています。だから残念な気持ちがうまれたのでしょう。

自分のものを失うと、とてもがっかりする話⇒物を捨てられないのは恐怖のせい~損失回避と、授かり効果の心理をさぐる

うさぎさんが執着しているのは、この水着ではなく、お気に入りの水着を買うことができなかったその事実だと思います。

買うことができなかったので、損をしたと思っているのでは?

「損した、残念だ」という部分に意識を向けすぎているから、ネットショップで、この水着を見てしまうんじゃないですか?

ですが、べつに損はしてないです。

だって、お子さんの水着はちゃんとあるし、お子さんはそれを気に入っているのですから。

もしかしたら、買うタイミングをあやまったのかもしれませんが、そんなこと、生きていれば、いくらでもあります。

それならば、「今回は、ちょっと早まってしまったけど、次はもう少し待とう」と考えればいいだけです。

買えなかった水着ではなく、いま、手元にある水着に意識を向けてください。

世の中に、水着はごまんとあります。いま手元にあるのは、縁あって、お子さんが着ることになった水着です。その出会いを大事にしたほうがいいです。

その水着を愛している場合はこうする

もし、最初の水着を深く愛しているのなら、お子さんが着る・着ないはべつにして、自分が愛玩するものとして、買ってもいいかもしれません。

色や柄があまりにも可愛いから、自分の物にしたい、そばに置いて、毎日、眺めたりさすったり、話しかけたりしたい、と思う場合です。

その水着を見るたびに、気持ちが明るく、前向きになり、きょうも1日がんばろうと思えるし、人生がいいほうに向かう気がする、というのなら。

ただ、私なら、いくらその水着を愛していても買いませんね。私には愛情をそそぐ対象がすでにあるし、ぬいぐるみも持っています。

それに、自分の物にしなくても、それを愛し続けることはできます。

いちいちショップに見に行かず、画像をキャプチャーして、スマホ(携帯電話)の待受画面の背景に使ってみては?

そうすれば、いつでも好きなときに見られます。

うさぎさん、節約したいのですよね?

イチオシ記事のご応募で、「買わないチャレンジ」はむずかしい、と書いておられました⇒これが一番の解決策。買わない暮らしをすればうまくいく。

そのような人は、ネットショップやフリマアプリにはアクセスしないほうがいいです。私だって、始終そんなところを見ていたら、物を買う機会が増えます。

執着を手放すステップをやってみる

以前、物への執着をはずす方法を書いています⇒こうすれば何でも捨てられる。執着を手放す5つの現実的な方法。

この記事を読んで、ご自身の場合にあてはめて、やってみてください。

記事には執着の捨て方を5つ書きました。

1.執着していることを認める
2.執着している理由を考える
3.自分は望む方向に向かっているのか考える
4.執着している対象から焦点をずらす
5.この世の無常を受け入れる

1番はもうできていますから、2番からじっくり考えてください。

「なぜ執着しているのかさっぱりわかりません」と言わず、ご自身で理由を考える時間をしっかりとってください。

水着に対する執着心は、うさぎさんの人間としての本能ではないと思います。そのこだわりは、自分の心が作り出したものです。

ですから、自分の考えていることを、客観的に考えてみれば(これをメタ認知といいます)、自分の身の振り方も、わかります。

メタ認知について⇒なぜ人は嫌なことを後回しにしてしまうのか?(TED)

執着に関する過去記事

いろいろな執着を捨てる方法を書いています。よければ参考にしてください。

物に執着してなかなか捨てられないあなたに。執着心を捨てる方法はこれです

祖母の思い出のアルバムが見つからない。ない物に執着する気持ちを手放すには?

不安や疑いを手放し、再び相手を信頼するためにできること。

捨てなければよかった。後悔の念を解消する6つのステップ。

****

今回は買えなかったものに対する執着心を捨てる方法をお伝えしました。

物や人に執着するのではなく、広い心で愛情をふりそそぐようにすれば、毎日がもっと楽しくなります。





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 悩む人

    ミニマム思考

    小さいことにくよくよする思考のクセは、自分で変えられる。

    読者のおすすめ記事、今回は、ちょっとやそっとのことで、めそめそしないよ…

  2. 買わない

    ミニマム思考

    買い物が止まらない女子必見!服を買わない7つの方法

    洋服を買わないためにできる工夫を7つお伝えします。一般に日本人…

  3. 書いている人

    ミニマム思考

    しないほうがいい言い訳をしていることに気づけば、汚部屋から抜けられる。

    自分のためになっていない言い訳をして、現状に甘んじてしまうことがありま…

  4. 何もかも捨てる

    ミニマム思考

    ミニマリズムに関するよくある誤解を解く。ミニマリストはモノを悪者にしている?

    ミニマリストはモノを悪者にして徹底的に排除している、と考えている人が多…

  5. 悩んでいる人

    ミニマム思考

    心配ごとをしない方法5選。小さな不安はこれで解消できる。

    あなたはいろいろなことを先回りして心配してしまうほうですか?実…

  6. 砂時計

    ミニマム思考

    シンプルで快適な暮らしをするために、限界を意識するすすめ。

    生活の質をあげるために、身の回りにあるさまざまな限界を意識することをお…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

697人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 罪悪感
  2. 落ち葉のしおり
  3. フリマ
  4. ハンガー
  5. 海をいくコンテナ船
  6. 和室
  7. お金を数える人
  8. 迷う人
  9. 古い写真
  10. ぬいぐるみと遊ぶ女の子

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 断捨離
  2. 紙袋を断捨離
  3. ストレスいっぱい
  4. 買い物好き
  5. 不満がちな女性
  6. 空っぽのクローゼット
  7. 雛人形
  8. 古新聞
  9. もう着ない服
  10. 雑誌の山

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP