ノートパソコンに向かっている人

ミニマルな日常

受ける仕事を選ぶ基準~ブロガー筆子の場合。

どんな基準で仕事を選んでいるのか、という質問をいただきました。

この記事で回答します。

たまに、出版のことや、ブログの運営に関する質問をもらいます。前にも、出版を受けた基準を教えてほしいというメールをいただきました。

そうした疑問は、この記事で解消できると思います。

質問そのものが長いので、回答は短めです。

まずメールをシェアします。差出人はにゃとこさんです。小見出しは私が入れました。



仕事を選ぶ基準を教えて

筆子さま

いつも大変お世話になっています。にゃとこと申します。

以前、食費2万円で質問させていただきました。その節はありがとうございました。

食費は月2万円? なぜこんな話を真に受ける人がいるんですか?←質問の回答。

意外な方向にさざ波が広がったようですが、私自身は筆子さまのご意見、大変面白く興味深く拝見しました。

島国で暮らすというのは、すぐには降りられない船に大勢が乗り合わせているようなものかもしれませんね。だからこそもっと自分の頭で考えて、選び、暮らすことを意識しないといけないな、と思いました。





仕事を受ける・受けないの判断基準を知りたい

今回は、筆子さまが仕事を受ける・受けないの判断基準がもしあれば、教えていただけると嬉しいです。

筆子さまのご著書、何冊か購入させていただいています。(「それって必要」が一番のお気に入りです)

新刊「それって、必要?」本日発売です。読み方、使い方案を紹介。

推測ですが、これまで世に出た本・雑誌や、いろいろなサイトへの寄稿以外にも、たくさんのオファーがあるのではないかと思います。

どの仕事を受けて、どれを断るか、なにか基準のようなものはありますか?

それから「もうこの出版社や依頼主とは仕事をしない!」と思われたことはありますか?

昔の職場にヘルプを頼まれた

この質問をするに至った経緯です。

先日、退職した昔の職場から、忙しいシーズンだけ助けに来て欲しいという依頼があったのですが、ちょっと時間的に無理だったので、お断りしました。

そこは長く務めた職場でしたが、8年ほど前に結婚して退職しました。いまは転勤族の夫と全国を転々としながら在宅ワーク中心で働いています。

数年前、たまたまこの昔の職場に通勤可能な地域に戻ってきたので、月に何日か手伝いに行くようになりました。

無理を言われたり、都合よく使われていると感じることも多く、あまり気は進まなかったのですが、時間的に少し余裕もあったので引き受けました。

それが昨年くらいから、在宅ワークのほうの仕事が軌道に乗り忙しくなったので、月に数日の出勤がかなり負担になってきました。

昨年秋に、昔の職場に「これ以上は時間的に無理、もう手伝えない」旨を伝えて、以降は ヘルプに行くのはやめました。

ところが、今月はじめにまた「この時期だけでいいから手伝って欲しい。人手が足りない」としつこく連絡が来きました。

腹立たしいけど協力したい気もある

それでなんというか・・・、微妙にモヤっとしてしまいまして・・・。

秋に今後の仕事を断ってから、もう半年以上たちます。

増員もせず、何の対策も取らないでここまで来て、ギリギリになってから「助けて」と言われても・・・。この時期が忙しいのは毎年のことなので、分かり切っていたことです。

自分たちは何も努力しなかったのに、私には無理を言うのはおかしくないか? と少し腹が立ちました。

ただ、正直なところなにか協力できないか悩みもしました。

昔のように睡眠時間を削って、休日をゼロにすれば、何日か手伝うこともできます。

ここで断ったら、もう縁は完全に切れてしまうかもしれないので寂しさもあります。

そこまでの悪意はないのでしょうが、結果的にはこういう気持ちをずっといいように利用されてきたのかな、という気もします。

バランスよく暮らしたい

ここ数年、こちらのブログを読み、結婚生活でも鍛えられ、フェアな雇い主に恵まれて働くうち、何事もきちんとバランスをとって心身ともに健やかでいるほうがよっぽど大切だと思えるようになりました。

ブログにもあるように「リソースは有限」なので、あまりフェアでなかったり、利用されていると感じるような相手とは手を切って、今後は仕事をする相手をしっかりと自分で選んでいきたいのです。

もしよろしければ、お時間のある時でかまいません、筆子さまご自身の仕事の選定基準をお聞かせいただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。

にゃとこさん、こんにちは。お便りありがとうございます。

いつも、ブログや本を読んでいただき、重ねてお礼申し上げます。

私がやらない仕事

私が受けない仕事は

1.)やりたくないこと

2.)やりたいけど時間的に無理なこと

この2つです。

そんなに毎日、矢のように仕事のオファーが来るわけではないので、そこまで仕事を選んでいません。

ただ、スルーしている仕事のオファーはあるにはあります。

オンラインサロンなどのコミュニティを作るビジネスのオファー、捨て方のレクチャー(単発ではなくシリーズで行うもの)、物のデザイン、企画に関する仕事(ミニマリストがすすめる物の開発とか)、カナダ情報のコラムの執筆の依頼などは、断りました。

数年前、「テレビ番組で流すインタビューに答えてください」という依頼もありましたがもちろん断りました。私がテレビ嫌いなのを知らないんでしょうね。

筆子ジャーナルに、「こういう記事を書いてください」」「こういう商品・サービスを紹介してください」という依頼もいただきますが、まず受けません。ブログには自分の書きたいことを書きたいからです。

唯一の例外は、こちらの記事で紹介している遺品整理業者の記事に対するコメントです⇒なぜ実家は物だらけなのか? シニアが物をため込む理由(前編)

このとき、実家の片付けについて、何本か記事を書きたいと思っていたし、コメントを入れるだけだったし、コメントを入れる記事の内容を事前に読ませてもらって、私の記事を補足する内容だと確認し、合わせて読むと有益だと思ったからです。

1冊目の本、「1週間で8割捨てる技術」の評判がわりとよかったので、その直後、いくつかの出版社から、出版のオファーをいただきましたが、すべて断りました。

これは、単純に時間がなかったからです。

ブログの書籍化は簡単だと思うかもしれませんが、私の場合はそうではありません。

ブログに記事がありすぎて、どこに何があるのか探すのも大変だし、記事を書いたときと、本を書いているときは、微妙に考えていることが違うので、記事を再構成するより、頭から書き下ろすほうが、私にとっては楽です。

しかし、書き下ろしていると、その分時間がかかるので、そんなに立て続けに本を出すことはできません。

他に何もやっていなかったら、本を書けるでしょうが、私のメインの仕事は、ブログの運営ですから。

2度としたくないと思った仕事はない

この人とは、2度と仕事をしたくないと思った依頼主や出版社、編集者はいません。

これまで仕事をさせていただいた編集者は、皆、いい方でした。

スケジュールがものすごくタイトだったり、「この原稿をチャックしていただき、月曜までにお戻しください」と、週末に仕事をすることを求められるのは、いやですが、たまのことなので、「こんなものか」と思って対応しています。

あと、「本を出しましょう」「取材させてください」と言われたから、そう心積もりしているのに、まったく何の連絡をしてこない人もまれにいます。

こういうときは、「編集の仕事は忙しいからそうなるんだろうなあ、きっと毎日すごく忙しくて寝る間もないんだろう。女性の編集者は乳がんになる人が多いと、このあいだネットで読んだ元編集者の記事に書いてあったっけ」、と思うぐらいで、特に腹は立ちません。

いつも、「自分でコントロールできないことをコントロールしようとするな」とブログに書いていますが、自分自身もそう心がけているので、「あら?」と思うできごとがあっても、そこまで気になりません。

以前、記事の監修料をなかなか支払ってくれなかった編集者(出版社の問題?)がいましたが、この人からまた依頼があったら、受けます。ただ、「監修料の支払いはタイミングよくお願いします」と事前に言います。

あるライターが、ものすごく大量の質問をメールで送ってきて、できるだけ詳しく回答してください、と言われたことがあります。

すべての質問に丁寧に答えたのに、できあがった記事にほとんどのっていなかったときは、「あの山のような質問はいったい何だったんだ?」と思いました。

ですが、質問に答えた体験は、後に、ブログの記事を書くのに必ず役立つので、このときも、腹立たしいとは思いませんでした。

にゃとこさんも、自分がコントロールできることをしっかりするように心がければ、昔の職場の上司の身勝手な行動も、気にならないと思います。

そして、嫌な仕事は、はっきり断ったほうがいいですよ。もう断っているようですが。

誰にでも、ノーと言う権利はあります。

しっかり断らないと、あとで、相手のことを恨むことになり、心のガラクタが増えます。

仕事や付き合いも大事ですが、自分自身の生活(人生)が一番大事ですからね。

断り方は、断ることがテーマの記事に詳しく書いています。たとえば、以下の記事です。

どうしたらはっきり断ることができるか?(質問の回答)

大事なものにイエスというために、ノーと言いなさい(TED)

では、にゃっとこさん、これからもお元気でお暮らしください。

*****

仕事に関する質問に回答しました。

仕事の依頼はすべてメールなので、「断る」というよりも、そのメールに返信しないことが多いです。

今日の記事は片付けとは関係ない話題なので、「何の役にも立たない」と思った方、すみません。明日は、読者の片付けに関するお便りを紹介します。

それでは、あなたも、質問や感想などありましたら、お気軽にメールください。

お待ちしています。





公園捨てにくい思い出の品を手放せるようになる考え方。前のページ

見るたびにストレスを感じていた死蔵品をようやく使うことができて思ったこと。次のページ衣類の整理

ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  2. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  3. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  4. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。
  5. 新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」3月14日発売のお知らせ(現在予約受け付け…

関連記事

  1. ティーカップ

    ミニマルな日常

    不用品を捨てるメリットを考えれば、「売ればお金になるから取っておく」という呪縛から解放される。

    昨日、「売ればお金になったかもしれない」と感じて、物を手放したことを後…

  2. 紙ゴミ

    ミニマルな日常

    大事な書類もどうでもいい紙も床の上で堆積しているときの片付け方(汚部屋改善)

    汚部屋にお住まいの方から片付け方に関するご質問をいただきました。質問は…

  3. ウエス作り

    ファッションをミニマルに

    ウエスにするからしまっておく:着ない服を捨てない理由とそれを乗り越える方法(その9)

    ふだん着ない服なのに、なぜかいつまでも捨てない理由を考察しています。…

  4. セール品を奪いあう女性。

    ミニマルな日常

    どうでもいいことで張り合ったりマウンティングする心を捨てるには?

    心の断捨離シリーズ、今回は「無駄に張り合う気持ち」を捨てる方法を紹介し…

  5. スケジュールを書いている手

    ミニマルな日常

    1つでいいからタスクを減らす:夏休み片付けプロジェクト(2)

    夏休みにおすすめの片付けプロジェクトを紹介しています。今回は、タスクや…

  6. 汚部屋

    ミニマルな日常

    1週間で家を片付けなければならない読者にアドバイス。

    家を1週間で片付けなければなりません。何かアドバイスをください。…

新刊「50歳からのミニマリスト宣言!」

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,790人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 掃除機をかける
  2. ストレスを感じている人
  3. 懐中時計
  4. 考え事をしている人
  5. 懐中時計
  6. 荷物を運んでいる女性
  7. 本を選んでいる人
  8. ワーキングマザー
  9. 財布からお金を取り出す手元
  10. 畳んだ着物

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. タンカーポーターショルダーバッグ
  2. 笑顔
  3. 喪服
  4. 秋の景色
  5. 汚部屋につかれた女
  6. ネガティブな会話。
  7. スマホを使っている若い女性
  8. グレーのパーカを着た人
  9. マグカップを持つ人
  10. フルーツを買う

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP