不用品

ミニマム思考

なぜ物が多すぎると、人の生活は不自由になるのか?

多すぎる物は足かせになり、私たちの暮らしを不自由にします。

なぜ、そうなってしまうのか、改めてその理由を説明しますね。



1.よけいな仕事が増える

所有している物が多すぎると、よけいな仕事が増えます。

何かを所持してしまうと、それを管理する必要が生まれるからです。

数がたくさんあると、きれいに並べたり、整理したり、たたんだり、取り出しやすくする工夫をしたりといった作業が生まれます。

収納が好きな人は、整理整頓を楽しんでやっているかもしれませんが、物が少なかったら、こんな仕事は発生しないのです。

持っている物の中には、ときには表面をふいたり、油をさしたり、たまにはちゃんと使ったり、というメンテナンスが必要なものもあります。

物は腐りませんが、劣化するので、時々引っ張りだして、風にあてたり、ほこりをはらったりしなければなりません。

こうした仕事はすべて、時間を奪います。

そんな手入れを繰り返した物でも、不用なら出番は来ず、持ち主がその気になったとき、断捨離されるか、持ち主が死んだあと、親族が捨てるでしょう。

「いや、私は押入れや開かずの間に入れっぱなしだから、管理はいっさいしていません」という人もいるかもしれません。

これは、大事な物(ちゃんと使っている物)も、使わない物も、ごちゃごちゃにしている状態です。

何かが必要になったとき、その都度、ごみの山をあさって、見つける暮らしをしているのでしょう。

明らかに、余計な仕事が発生しています。





2.よけいな考えごとが増える

不用品をたくさん持つと、考えるべきことが増えます。

物を持っていると、新たな欲望が生まれます。

たとえば、

●失いたくない⇒物を捨てられないのは恐怖のせい~損失回避と、授かり効果の心理をさぐる

●汚したくない

●こわしたくない

●上手に使いたい

●いい買い物をしたと思いたい(私は買い物上手よ、セールでゲットしたんだもの、というセルフイメージを保ちたい)。

●うまく収納したい

こうした欲望が、新たな考えごとを生みます。

失いたくないから、使っていなくても、手放さない理由や言い訳をあれこれ考えて、捨てません。

汚したくないから、使うつもりで買ったのにしまいっぱなしにします。そして、ちゃんと使っていないことに罪悪感を感じます。

こわしたくないから、思う存分使うことができません。買ってあげたおもちゃを子供が乱暴に扱うと、怒りがわいてきます。「こら! そんな使い方しちゃだめ!」と怒鳴ったりします。

完璧主義の人は、「お金を払って買ったんだ、ちゃんと使わなきゃ損だ、これについてる機能を100%使わなきゃ損だ」と思うから、使い方をあれこれ調べたり、実際に使っている人のブログを探したりします。

いい買い物をしたと思いたいから、使い道がないのに、無理やり使いみちを探すのに時間を費やす人もいます。

これらの考えごとは、そんなに高くなかった物や、ごく単純な物を所有しても発生します。

私もそうでした⇒2度と付録目当てで雑誌を買わないと誓った日:ミニマリストへの道(53)

人によっては、ただでもらってきた物、人からもらった物に対しても、いちいち考え込み、多大なメンタルエナジーを注ぎ込みます。

もらい物の処遇に関して、悩んでいる人がいかに多いかは、過去記事を読んでいただければ、わかります。

2つだけリンクしておきます。

不用な贈り物を捨てられないのは、世の中の人全員に好かれたいと思っているから。

贈り物を捨てたことが相手にばれそうでとても心配です←質問の回答

高価な物や、手に入れるのが難しい物、複雑な物を持つと、すべての考えごとが増大し、心のエネルギーが奪われ、疲れ果てます。

3.よけいなストレスが増える

物がたくさんあって、視覚的にごちゃごちゃしていると、とてもストレスを感じます。

無意識にしろ、意識的にしろ。

私の夫はタメコミアンで、使っていない物を捨てません。

夫の部屋の中を見るたびに、「うわーっ!」と耳をおさえて叫びたくなります。

叫び(ムンク)

「よく毎晩、こんな部屋で眠れるなあ」と思うのですが、考えてみると、夫は、ソファの上で昼寝(夕寝)している時間がずいぶん長いです。

寝室では、質のいい眠りを得られないからだと思います。

彼は、もともと、眠りが浅いほうで、昔、私の扉の開け方がうるさいと言われ、ノブの回し方の指導を受けたことがあります。

いったん寝てしまうと、大雨が降っても聞こえない私は、できるだけ音をたてずにドアノブを回す練習をしながら、「この人、何言ってるのかしら? わけわからないんですけど」と思っていました。

夫の部屋は、人並み外れてぐしゃぐしゃですが、そこまでいかなくても、ストレスは生まれます。

自分では整理整頓しているつもりでも、物が多すぎると、ごちゃごちゃはまぬがれません。そして、知らないうちに視覚的ストレスをかかえてしまうのです。

ぐちゃぐちゃの部屋にいると、ストレスホルモンの分泌が増える、というリサーチ結果もあります⇒集中できないのはぐしゃぐしゃの部屋にいるから。ガラクタは脳にも悪影響を与えています

うそだと思うなら、家のどこかに何もないスペースを作ってみてください。引き出し1つでも、棚1つでも、テーブルの上でもいいです。

何もないスペースを見ると、いかに安らげるか実感していただけるでしょう。

1番と2番に書いたように、仕事や考えごとが増えれば、ストレスも増えます。それにプラスして、視覚的ストレスも増大するのです。

4.ガラクタが行動を制限する

ガラクタがたくさんあるせいで、自由に行動できなくなります。

部屋がごちゃごちゃすぎて、お客さんを呼べない、と思うなら、ガラクタが、「お客さんを呼ぶ」という行動を妨害しています。

先日、ミニマリストのコリン・ライトのプレゼンを紹介しました⇒いらないものを手放し、基本に戻れ:コリン・ライト(TED)

彼は、旅行に行きたいと思ったとき、所有している物をどうしたらいいのか、考えあぐねました。

家にある物を手入れしなきゃならないから、長期間、家を開けることはできないと思う人は多いと思います。

コンスタントに手入れの必要な物を持っていたり、空き巣に入られないかな、留守中、火事にならないかな、という心配が生まれるのでしょう。

私の母も以前、「2週間も家を開けられない」と言っていました。郵便が来るし、庭の草を抜いたりしないとだめだから、というのがその理由です。

誰か家を管理してくれる人を雇えばいいのですが、物が多すぎると、他人を家に入れることもはばかられます。

やりたいことがあるのに、「とりあえず、汚部屋を片付けてからよ、それから、そっちをやろう」「片付けが一段落してからそっちに取りかかろう」と思っている人もいます。

ローンで物を買っていたら、そのローンを払い終わらないうちは、その物に行動を制限されることになります。もちろん、心の重荷にもなっています。

結論:多すぎる物は、足かせになる

こんなふうに、物は私たちの暮らしを不自由にしてしまうのです。

「これ、使ってないけど、捨てるのはもったいない。だって、そのうち使う時が来るかもしれないし」と思って捨てない決断をするのは、わざわざ自らを不自由な檻(おり)に閉じ込めるようなものです。

私たちは、子供のときから、物をたくさん買って、家にためこんだり、消費したりするほうが、物がない生活より幸せだ、と教えられて育ちます。

服やバッグはたくさんあったほうがいいし、車や家も大きいほうがいい。常に最新の物に買い換える生活が豊かなんだよ、というように。

確かに、生きていくのに必要な物がないと困ります。けれども、このブログを読んでいる人は、書いている私を含め、生活を営むのに必要な物は、もう充分持っています。

それ以上、所有してしまうと、物は私たちの重荷になります。

そういう物は、自分の暮らしを便利にしてもいないし、心楽しくしてくれるわけでもありません。

貴重な時間やエネルギーを奪い、罪悪感や恐怖、不安を生み出しているのです。

****

先日、老前整理に関する相談のお便りを紹介しました⇒老前整理しようとしていた矢先に遺品整理をすることに。物が多すぎて困っています。

この方から返事のメールをいただきました。

ピアノはあきらめる方向になったが、今度は、お気に入りの絵本(子供時代のもの)を捨てられないそうです。

見ると子供時代を思い出して懐かしいし、体調が悪いとき、自分の心を癒やしてくれる効果があるとのこと。

検索しても、同じ絵の本は見つからないし、図書館にもないようだ。気に入った部分をコピーして、本体は親戚の子供にあげようかな、とも書かれていました。

思い出の品が捨てられないという人、ほかにもたくさんいて、同様のメールを何通ももらいました。

なぜ多くの人が、こんなに「思い出の品」にこだわるのか、正直、よくわかりません。

なぜ、そこまで所有したがるのか? 思い出はこころの中にあるから、物なんて、1つもなくたって大丈夫ではないですか?

物を所有したがる人ほど、物を持っていると、よけいな思いわずらいが増えると思います。

すべてを捨てて、引越して、体調がよくなれば、わざわざ特別な癒やしを求める必要はなくなります。心も体も身軽になり、楽しくなりますから。

所有しないほうがずっと楽なこと、どうやったら気づいてもらえますかね?





ピックアップ記事

  1. 筆子の新刊「それって、必要?」7月20日発売のお知らせ。著者による内容紹介です。…

関連記事

  1. 笑顔

    ミニマム思考

    物に執着してなかなか捨てられないあなたに。執着心を捨てる方法はこれです

    「持たない暮し」をしたくて、物を捨てるときに、しばしば邪魔になるもの。…

  2. 海を見る女。

    ミニマム思考

    ミニマリストブームの背後にあるものとは?なぜ今ミニマリズムなのか。

    ミニマリストをテーマに卒業論文を書いている大学生のKさんからの質問に答…

  3. 断捨離してます

    ミニマム思考

    50代主婦の私がどんどん物を捨てることができた3つの理由とは?

    私が大量の物を断捨離できた理由を3つお伝えします。今の若い人は…

  4. お年寄りの手

    ミニマム思考

    超高齢化社会を乗り切る答えはミニマルライフにあった

    今回のテーマは高齢化社会です。日本はすでに高齢化社会になっていますが、…

  5. きれいな部屋

    ミニマム思考

    ミニマリストのこと誤解してませんか?持たない暮らしを楽しめない4つの理由。

    ミニマリスト暮らしを始めたけど、なんだか楽しくない。そんな人は、ミニマ…

  6. 書き初め

    ミニマム思考

    新年の誓いをより効果的に立てる7つのコツ。確実に実現に近づくために。

    できるだけ効果的に新年の目標を立てる秘訣を7つお伝えします。新…

「お気に入り」に登録する

ブックマークしてまた遊びに来てね。

Ctrl+D 同時押しで登録できます。

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

807人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 洋服屋さん
  2. アルツハイマー病
  3. 春の野原
  4. 掃除道具
  5. スリフトショップ
  6. ランドリーバスケット
  7. 家計簿
  8. 窓際
  9. ストレスをかかえている人
  10. ゴミ出しする人。

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 服を買う女性
  2. 夏の少女
  3. お買い物中毒
  4. 友達
  5. グレーのセーターの女性
  6. 空と海
  7. マステでラベリング
  8. 貯金箱
  9. ジーンズ
  10. チョコレートケーキ

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP