洋服のチェック

ミニマム思考

捨てない理由やできない理由ばかり探して、いつまでたっても片付けを始めないあなたへ。

毎日のように筆子ジャーナルを読んでいるけれど、今年もろくに捨てないまま1年が終わりそう。ああ、捨てたい気持ちは十分あるのに。

そんな人は、捨てなくてもいい理由や、できない理由、捨てなくてもすむ言い訳を探すことにばかり時間を使っているのではないでしょうか?

多くの人が言い訳として使う、やらなくてもいい理由、できない理由、捨てなくてもいい理由を7つあげるので、そんな言い訳にはしっかり別れを告げましょう。



1.私はうまくやれないから

物を捨てない親に育てられたし、これまで物を捨てたこともないから、うまく片付ける自信がない、私は、断捨離が苦手なの、片付けられない人なの。

そんな理由から、片付けをスタートしない人がたくさんいます。

前に大事なものを捨ててしまって後悔し、その体験が足かせになっていることもあります。

いずれにしろ、ちゃんと不用品を捨てる自信がないわけです。

この場合は、自信を持てば、捨てることができます。





自信を持つ方法

自信を持つ一番の方法は、実際にその行動をやって、小さな成功を、何度も体験することです。

世界的に有名なピアニストも、オリンピックで金メダルをとるアスリートも、最初は、みな初心者でした。

いきなりあんなにすばらしい技ができたわけではありません。何回も練習しているうちに、人がびっくりするようなスキルを身につけたのです。

あなたは、べつに「断捨離世界選手権」で優勝する必要はありません。家の中が片付けばすれでいいのです。

まずは、簡単に捨てられる物から、少しずつ捨ててください。

捨てられない人は、捨てやすい物から捨てて、断捨離を加速せよ。

2.自分の判断に自信がないので

捨てる・捨てないの判断をちゃんとできるかどうか、その点に自信がない人がする言い訳です。

正しい判断をしないことをすごく恐れている人、大事な物を捨てて後悔することをとても恐れている人、とも言えます。

あれを捨てて本当によかったのかしら、これを捨てて本当に大丈夫なのかしら、そんな不安にさいなまれて行動できない人におすすめしたいのは、失敗を恐れないことです。

この点については、きのう詳しく書きました⇒断捨離しすぎて頭が混乱し、判断できなくなったときにやってみるといいこと。

大丈夫です。どんなに、判断能力のない人でも、認知症にでもなっていない限り、本当に大事な物は捨てません。

うっかりお金やパスポートを捨ててしまった、なんてお便りをいただいたことは一度もありません。

長年培った常識があなたを助けてくれます。

それに、自信がない人は、慎重に進むから、大事な物を捨てる可能性は限りなくゼロに近いです。むしろ、捨てたほうがいい物まで、たくさん残してしまいます。

3.誰かに何か言われるから

人の目を気にして物を捨てない人もいます。

贈り物を捨てられない人の中には、礼儀を重んじる義理人情に厚い人もいます。「くれた親の気持ちに報いたい」などと考えて「不用な贈り物」を捨てない人です。

でも、贈り物を捨てたことがばれて、くれた人に「恩知らずな人だ」と思われるのが嫌だから、いらないのにずっとキープしている人もいます。

「相手にどう思われるか」を気にするゆえの行動です。

この場合は、「そんなこと気にしない」と決めれば解決します。

贈り物はもらった時点で自分の物になるので、その後、それをどうするかは自分の裁量で決められます。

それを管理できる人は、自分以外にはいないので、自分のしたいようにするしかありません。

不用品をゴミとして出すと、そのゴミを見た近所の人に、「物を大事にしない人」とか、「やたらとお金に余裕のある人」に思われるかもしれない。こんなことを気にする読者もいました。

これも全く気にする必要ないです。

近所の人が、面と向かって、「あなた、物を大事にしないのね」と言うことはまずありません。仮に言われたとしても、「自分の物を捨てて何が悪いんですか? 分別はちゃんとしてますよ」と言えばいいだけです。

4.あとで必要になるかもしれないから

今はいらないし、これまでも必要になったことはないけれど、あとで必要になるかもしれないので、万が一に備えて捨てないでおきましょう。

そう言いながら、不用品をどっさりかかえこむ人がいます。

もしあなたがそうなら、「必要になったらそのとき考えればいい」と決めてください。

今から先の心配をする必要などないのです。

通信機器や視聴覚メディアの楽しみ方は、どんどん進化するので、今、使えるものでも、数年後には、再生機器を入手できない、なんてことが起きます。

自分も生活環境も社会も、確実に変わるので、「使うこと」を後回しにするのは得策ではありません。

万が一の時のために取っておくのはやめて、今のうちにどんどん使ってしまいましょう。

使えないなら処分がおすすめです。

5.お金を無駄にしたくないから

まだ使える物を捨てるのは、それを購入するのに使ったお金を大事にしない行為である、無駄遣いはよくない、こんな気持ちから、捨てない選択をする人もたくさんいます。

次のように考えましょう。

「すでにお金を支払ったので、お金を大事にしない行為は終わっていて、今さら変えられない」と。

そうです。すでにあなたは無駄遣いをしてしまったのです。買った物を押入れの中にずっと入れておいても、支払ったお金は返ってこないし、無駄遣いをした過去も消えません。

支払ったお金を無駄にしない行為は、実際に使うことであり、押入れにずっとしまっておくことではありません。

自分で使うことができないなら、譲るか売るかして、別の人に使ってもらいましょう。それこそが、真のお金を無駄にしない行動です。

高かったから断捨離できない? 埋没費用はどのみち回収できません

6.時間がないから

忙しくて片付けている暇がない、というのもよくある片付けに着手しない理由です。本人にとっては、とてもまっとうな理由でしょう。

ですが、誰にでも1日24時間あるし、1週間にすると168時間、1ヶ月にすると672時間もあります。

こんなに時間があるのに、本当に片付けをしている時間がないのでしょうか?

1日10時間寝ていても、まだかなりの時間が余ります。

それに忙しい人ほど、片付けの恩恵を得られますよ。

物がたくさんあると、管理に時間を取られますが、捨ててしまえば、もう管理しなくてすみます。

忙しい状態から抜け出したいなら、真っ先に片付けをするべきです。

仕事で忙しい人が断捨離をする7つのヒント。あきらめずにプロセスを楽しむ。

7.捨ててもすぐに家族が物を持ち込むから

どんなに私ががんばって物を処分しても、家族がいらない物を買ったり、もらったりするので、結局また物が増える。片付けるだけ無駄よ。

こう考えて、不用品を捨てない人もいるかもしれません。

家が片付かないのを人のせいにしてはいけません。

まずは、自分の部屋や自分のコントロールできるエリアをきっちり片付けましょう。

人のせいにして、片付けをサボっていた間にたまったガラクタの量に驚くかもしれません。

何かを人のせいにするのは、せっかくある自分の力を放棄することにつながります。

人生には、コントロールできない事柄がたくさんありますが、自分の部屋に何をどれだけ置くかは、自分でコントロールできます。

「私って無力なのよね」とアンニュイな気分に浸る時間があったら、1つでもいいからゴミを捨てましょう。

捨てれば捨てるほど、パワーがみなぎってくるはずです。

*****

片付けを始めないことを選んでしまう正統的に見える理由(実際は言い訳)を7つ紹介しました。

失敗を恐れて、スタートできない人が多いのですが、断捨離に失敗したところで、致命的なことは起こりません。

たいていの物は、買い直すことができるし、「2度と手に入らない物」をなくしてしまっても、あなたの家には、まだ使い切れないほど物があるはずです。手元にある物を使えばいいのです。





頭が混乱している若い女性断捨離しすぎて頭が混乱し、判断できなくなったときにやってみるといいこと。前のページ

「今」を大切にできる本棚にしたい:本の処分(その9)次のページ公園で読書する人

ピックアップ記事

  1. 11月2日にオンライン講座「誰でもできるシンプルライフ」を開催します。
  2. 筆子の新刊『書いて、捨てる! 』3月11日発売。著者による内容紹介。
  3. 筆子の新刊『買わない暮らし。』(6月16日発売)著者による内容紹介。現在予約受付…
  4. ムック本・第2弾『8割捨てれば、お金が貯まる』発売のお知らせ:11月15日です。…
  5. 新刊『本当に心地いい部屋』4月14日発売のお知らせ:現在予約受付中。

関連記事

  1. 素朴なマグに入ったコーヒー

    ミニマム思考

    ミニマリズムが日本人のライフスタイルに与える影響は?←質問の回答。

    ミニマリストは、日本人のライフスタイルにどんな影響を与えると思うか、と…

  2. 悩む人

    ミニマム思考

    悩みすぎて時間を無駄にしているあなたへ。考え過ぎない人になる7つの方法。

    よく人生相談をいただくので、あまり悩みすぎない方法を7つ紹介します。…

  3. 引き出しの中のソックス

    ミニマム思考

    人一倍、損得勘定にこだわる人が、不用品を手放す気になる方法。

    損得に敏感すぎると、誰も使っていないとわかっていても、物を捨てることが…

  4. 安い物が好きな人。

    ミニマム思考

    価格と価値の違いを知れば、余計な物も浪費も減る。

    物の値段にばかり意識がむくと、もういらない物なのに捨てられないし、必要…

  5. マグのコレクション

    ミニマム思考

    もったいなくて捨てられない物をあっさり捨てられるようになる考え方。

    不用品を捨てているとき、「(誰も使ってないんだけど)これを捨てるのはも…

  6. 口紅を塗る若い女性

    ミニマム思考

    もっと自分らしく自然体で生きるコツ。無理は禁物です。

    自然体で生きてみたい。こんなお便りをいただいたので、そうする方法をお伝…

ムック・8割捨てればお金が貯まる

書店かセブンイレブンで買ってね。

 

8割捨てればお金が貯まる・バナー

ムック本・8割捨てればお金が貯まる、発売のお知らせ

新刊「本当に心地いい部屋」

「買わない暮らし。」売れてます(第7刷)

筆子のムック(第5刷)

筆子の本、『書いて、捨てる!』

更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,610人の購読者に加わりましょう

新しく書いた記事を読む

  1. 頭を抱える女性
  2. 忙しいママ
  3. 積み上げられたセーター
  4. ベッドでノートに何か書いている人
  5. 散らかった部屋
  6. 幸せそうな人
  7. 人間関係
  8. メモを書いている手
  9. 古本
  10. 不用品

筆子の本・10刷決定です

オーディオブック(Audible版)も出ました♪ 捨てられない人は要チェック

 

1週間で8割捨てる技術
 
⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」本日より予約開始

 

実物の写真つき紹介はこちら⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

大好評・特集記事

小舟バナー

 

お金を貯める・バナー

 

実家の片付けバナー

 

ファッションバナー

 

フライレディバナー

 

湯シャンバナー

 

ブックレビューバナー

 

TEDバナー

 

歯の治療バナー

今日のおすすめ記事

  1. 寝室
  2. 編み物
  3. チェックリスト
  4. ノートを取る人
  5. お金をわたしている女性
  6. closet
  7. 食品の買い物
  8. スケジュール帳
  9. 毛糸と編み棒
  10. 古いソックス

過去記事、たくさんあります♪

PAGE TOP